FC2ブログ
おでかけブログ。ご朱印を集めてます。その他、日々のふしぎや、おバカな出来事・読書感想などを、つらつらと。
前回の箆取神社から少し移動してきました。
やってきたのは、岡山県倉敷市笹沖という、これまた、昔海だったっぽい地名の場所にあります。

足高 (3)

足高神社。
やっぱり小高い山の上にありました。
公園が隣接してあって、野球部の少年たちがランニングしてました。

足高 (6)

階段正面。
登ったところに狛犬がいるのですが、それは後ほど。

足高 (4)

まずは参拝から~。

足高 (7)

ご祭神は、
大山津見命・石長比賣命・木之花咲耶比賣神 だそうです。

足高 (10)
≪由緒はクリックで拡大♪≫

醍醐天皇の時代から記録に残っている、古い歴史を持つ神社なんだそうです。
ちょっと岡山県神社庁のHPから引用させていただくと、

足高山は、4百年前は、海中に浮かぶ一孤島であり、小竹島、笹島、戸島、藤戸島、吉備の小島、奥津島とも呼ばれ、東西航行の要路であり、潮流が激しく鳴門の如く、渦が巻いていたといわれており、通る船は、全て帆を下げ、島上の足高の神に、敬意を表し難を逃れた為、「帆下げの宮」と称して、崇め奉られた。古の海路は、現在、国道2号線(旧バイパス)となり、船に代わり、車の交通安全が盛んとなっている


とあります。
ちなみに、戦国時代から江戸時代の間に干拓されて陸続きになったそうです。

足高 (1)

本殿。横から。

ご朱印をお願いした時に、いろいろ神社について伺いました。
むかし、ここが島だったこととか・・・

なかでも見どころとして、ぜひ見てみてほしいと言われていたのが、江戸時代の職人さんの「あそびごころ」。

足高 (13)

屋根のてっぺん、波模様になってます。
これは、むかし海があったことを知っているからこそのデザイン。

足高 (14)

その海には、めでたい象徴・カメさんが泳いでます♪
それを、見つめてる・・・獅子も後ろ足を高く上げて躍動感あるぅ~。

足高 (15)

ウサギも飛び跳ねてます。

足高 (17)

そして、狛犬もすごく人間臭い顔つきでw

足高 (8)

足高 (18)

イケメンの笑い方だと思います、とってもw

足高 (16)

見つめてるのは昔の海かもしれません・・・。

山を降りたところにある鳥居のところの狛犬は、ちょっと面白いから帰りに要チェックと教えてもらい、さっそく向かってみました。
(来るときは違う道からあがったので、全然気づきませんでした。)

足高 (21)

ちょい悪狛犬と表現されてましたが、たしかに笑顔がかっこいいw
なんか全体としてはちゃんとした狛犬なのに、どこかラフなところがあって。

足高 (22)

こっち!阿吽の吽(うん)のほうなんですけど、ニッて歯が出てるのわかりますかww
歯が出てるパターン、今まで見たことないかも。
どうしてこういうのを作ったんだろ、昔の職人さん・・・( *´艸`)

足高 (20)

となりの足高公園への階段。椿が咲きこぼれて、ちょっといい感じでした。
ご朱印もゲットできました、わーい。
2014年、ラストのご朱印だわ☆

fc2blog_20141228193021054.jpg


ブログランキング・にほんブログ村へ


追記を閉じる▲

FC2blog テーマ:神社・仏閣巡り - ジャンル:旅行

【2014/12/28 09:35】 | 倉敷市
【タグ】 岡山  神社  倉敷  
トラックバック(0) |


あけぼう
misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

めでたいものをたくさん乗っけた屋根なんだよね~♪
あけぼうもウサギとカメ、ちょっと思いましたw
狛犬もたくさん見てきて、だいぶ個性を見出せるようになってきたよ。
今後は狛犬や鳥居の撮り方を今後は工夫していきたいなぁ~(抱負)


あけぼう
玉さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

江戸時代の200年の平和が作り出したものって凄いなぁと改めて感じました。
だって、海なんて全然見えませんからね、今。
波とウサギ・・・なんか前にも玉さんに教えてもらったような気がする。鳥頭だから忘れてた(;´∀`)
当時の大工さんもそのへん意識してたのかなー。あけぼうより学があるぢゃないか☆

No title
misachi68
おお。玉さんのコメントを読むまでは
なんでウサギなんだ?ウサギとカメじゃないよね?などと
思っておりました(;゚∀゚)
スゴいな、めでたい文様なんだね。

それにしても狛犬コレクションも相当な数になっているのでは?



No title
玉坂めぐる 
訪れた地で、詳しい人に話が聞けると、二倍か三倍面白くなりますよね。ラッキーでしたね。
昔の埋め立て事業の凄さにはちょっと驚きます。
東京も大阪も、時代をさかのぼればここもあそこも海の上。。。ブルトーザーもないのにホント偉いなあと思います。
神様っていうのは、そういう名もない土木の人足の人たちのことなんじゃないかと酔っ払って力説したこともありますよう。(^^:)
そうそう「波と兎」は「竹生島文様」っていうんだって。あの琵琶湖のあの竹生島だよ。


コメントを閉じる▲
岡山県倉敷市。
箆取神社に来ております。前回からの続きです。

なかなかの回廊だと思いません?
まさかこんなのがあるなんて、思いませんでしたよ~~。

箆 (7)

階段を上るのも、これならちょっと楽しい。
上にのぼりきると、まずは絵馬殿が建っています。

箆 (9)

そこからも、なかなかいい景色が見られます♪
回廊は、絵馬殿の先へ、さらに続きます。
箆 (11)

その廊下の途中に、

箆 (12)

大山祇神社があったりします。もちろん参拝。

箆 (13)

回廊は拝殿前までありました。
これが拝殿ですね!

箆 (15)

まずは参拝・・・。
この時、とにかく、強風がすごかった。
なにも遮るものがないせいかな。((((;゚Д゚))))サムー

箆 (14)

拝殿も戸が閉まっちゃってます。
でも、さすが海上に「箆」の文字が顕れたことが由緒にあるだけあって、

箆 (16)

いろんなところに「箆」の字がありました~

箆 (17)

旧字体・・・(たぶん)

箆 (19)

瓦もこんな感じ!
徹底してるというか、手が込んでるというか。すごいですよね。

残念ながら、この日はどなたもいなくて、ご朱印はいただけませんでした~。
いつかまた再チャレンジしたいと思います。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 



追記を閉じる▲

FC2blog テーマ:神社・仏閣巡り - ジャンル:旅行

【2014/12/26 16:29】 | 倉敷市
【タグ】 岡山  倉敷  神社  
トラックバック(0) |


あけぼう
玉さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

うん、なんで「箆」?っていう、ね。
そもそも本当に海上に浮かんだのは箆だったんだろうか・・・。
「箆じゃ!あれは箆にちがいない!」って
よく確信が持てたなあって思うんだよ。
そして周囲もよくそれを納得したよなって思うよ。
箆の攻撃能力はそこそこありそうではあるねw
あけぼうもぶたれたくはないから、これ以上は言うまいw
うん、それは箆だから箆なのだ。


あけぼう
misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

徹底してブレてない感じが清々しいというか、好ましいですよねw
全部が箆箆してますから( ´艸`)
多分ここ、他県には全く知られてない神社なんじゃないかと。
今回はたまたまヒットしたわけなんですけど、全国には個性的な神社、まだまだありそう。楽しみが広がるわあ。



No title
玉坂めぐる 
風が強くでも雨が降っても、
屋根があるから大丈夫だね。

とにかくどんな天候であっても
高いところに上がって
「箆」の字、出現を待ちたい、と。
そういう構えなんでしょうかね。
(^^:)ウーン そんで・・・
奇跡なんだろうけど
箆の字出現のありがたみがいまひとつ
玉坂にはわかりません(^^:)
バチあたるかな・・・箆でぶたれたらやだな。


No title
misachi68
すごーい!篦の文字に徹底してこだわってますね〜
瓦のしつこさには、なんだかもう
おかしさもこみ上げてくるわ(*´∀`*)

こんなこだわりの神社がまだまだありそうですよね、
日本って。面白いなぁ



コメントを閉じる▲
2014年12月、今年もラストのおでかけです。
天気予報は「大寒波がくるぞ!」だったので、近場で探しました~。

というわけで、やって来たのは岡山県倉敷市。
といっても、ガイドブックによく載ってる「美観地区」があるあたりではなく、もうちょっと南のほうです。
皆さんは、社会の時間のときに「太平洋ベルト」とか、各地の工業地帯(地域)について習ったと思うんですけど。京阪工業地帯・中京工業地帯・・・阪神・・・北九州・・・今は工場萌えの人が夜景を撮ったりするのでおなじみかも。
そんな工業地帯が瀬戸内にもございます。
大きな所で、山口の周南と、そしてここ、倉敷の南部に広がる水島地域。水島コンビナート。

んで。
前置きが長くなりましたが。
そういう工業地帯っていうのは、仕事以外ではあまり行くことってないじゃないですか。
つか、あけぼうは仕事でも関係がないので、今まで行ったことがありませんでした。

今回、調べたらご朱印をもらえそうな神社があるということで、やって来てみたところ・・・

箆 (22)

なんか、結構趣のある古い建物が、ちらほら建ってたりして、面白いんですよ。

箆 (21)

道せまいから、車で通るのは、ちょっと大変だけどね(;^ω^A

ちなみに、倉敷の南部の地名は「児島」「水島」「玉島」など、島の付くところが多いです。
なぜって、むかしは海だったんだって。このへん。
瀬戸内海の一部みたいな。
だから、島がついてるところは、本当に島だったらしいです。
小さな島がたくさんある風景だったみたい。
今から行く神社も 岡山県倉敷市連島町西之浦という住所。
そう。やはりここも、島だったそうです。

なので山の中腹あたりに、へばりつくように建ってました。
それはもう、車で上がっていくのが恐ろしい場所にありましたよ・・・。
今となってはよく行ったよな~って思います。
(((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

箆 (2)

到着。駐車場はまた神社の横のほうにあるのですが、こっちが正面になります。
徒歩だとこの階段を下から延々と上がってくるんだろうな・・・。

箆 (1)
≪クリックで拡大≫

駐車場からの景色。頑張った甲斐あって、かなり見晴らしがいいです。
そして遠くに、水島コンビナートの煙突が見える・・。

この神社の名前は「箆取神社」。
問題なく読めた人はえらい!正解は、へらとりじんじゃです。

箆 (4)

ご祭神は
豊玉姫命、大綿津見命(海神也)、玉依姫命、神使七十五社眷族(霊狐)

もとは海若宮と呼ばれていたそうなんですけど、かつて壬申の乱の頃、あるとき神官が目の前に広がる瀬戸内海を眺めていたところ、海上に「箆」のご神文が顕れたところから、箆取大権現と称したということです。今は火難・盗難除の神社として有名とのこと。
海上に箆(へら)の字って!
字が顕れるのもびっくりだけど、いろんな文字がある中でなんで「箆」なんだろ。
箆(へら)って、わかりますよね?
お好み焼きひっくり返すやつとか、ああいうのだよ。
古代では「箆」には特別な意味があったとか、そういうのがあるのかな・・・ちょっとググッてみたけど、良く分からなかったよ。

この箆取神社、拝殿までの坂道が、回廊になっています。

箆 (5)

想像以上にこの回廊が立派で。
同じ岡山にある「吉備津神社」の回廊を思い出してしまうほどです。

箆 (6)

ちょっと長くなったので、つづきまーす。

ブログランキング・にほんブログ村へ 


追記を閉じる▲

FC2blog テーマ:神社めぐり - ジャンル:旅行

【2014/12/25 13:21】 | 倉敷市
【タグ】 岡山  倉敷  神社  
トラックバック(0) |


あけぼう
玉さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

そうなんですよ、こんな字の存在、まったく知らなかったですよ箆箆箆w
余裕で変換してくれるPCなくして、このブログ記事はありえない・・・なんちってw


No title
玉坂めぐる 
箆・・・・!
漢字変換できるんですね!
PCさん物知りだわ・・・。
こんな字全然しらんかったです。
びっくりして、(^0^)
それから笑う・・・(^i-204^)箆箆箆。


あけぼう
misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

とっても晴れてるんですけど、ここって全然さえぎるものが何もないから、なんかすごい強風が吹いててですね・・・体感温度としてはかなり寒かったです。
まぁ、寒い地方の人からすると「へっ」て言われちゃうかもしれないけど(;^ω^A

そもそも「へら」っていう漢字があることにもびっくりでした。
ひらがな(もしくはカタカナ)しか無いと勝手に思ってた・・・。
でも「箆」という文字を構成する具をバラバラにして、よく見てみると、波の形に見えなくもないかもって思い始めてきました。でもなんで箆?っていう疑問は分からないままなんですけどね・・・昔の人、それでよく納得したよな~~。

メリーさんとクリスさん&トーマスさん イェ~イ
あけぼう
小々次郎さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

奥様、石神さんのお守り買いました?あれ良いですよねー。
あけぼうはもったいなくてまだ持ってるw
思うんですけど、神様はもっと前から、ありがたい文字を浮かび上がらせてたのかもしれません。でもなかなか人間が気づいてくれなくて、あれこれ文字を変えてみたり試行錯誤してたんだけど、だんだんどうでもよくなってきて、テキトーな感じを浮かび上がらせていた時に、たまたま「箆」の文字になった時に、宮司さんがキュピーン☆と海上の文字に気づいたのかも・・・。



misachi68
読めなかったわ〜(; ^ω^)
ふだんはひらがなでしか使わない言葉が
漢字であらわれちゃうと想像もできん形ですよね。
そんな難しい字が海上に顕われるって面白い。

大寒波が来る前だったんですね、いいお天気。
小春日和?っていうくらいの。



メリーとクリスマスぅー
小々次郎
おお さっそくです 先日、嫁がご朱印をいただいた鳥羽の石神さんにも 玉依姫命 の文字がありましたよ 同じなんですね 何が? まぁゆっくり勉強したいと思います 漢字の読みも。 海上に箆って浮かんだとしても 自分が見てたら ただの柄あつかいです^^ 

コメントを閉じる▲
倉敷の美観地区に来ております。



この石橋があるところに・・・倉敷館が建っています。



倉敷館でございます。



ここは、映画「るろうに剣心」で舞台になったところです。
観柳が「赤べこ」で剣心に絡んできた後、
なんやかんやあって、剣心と左之助が橋の上で戦うじゃないですか。
あのシーンです。



この橋で剣心がびょーんって飛んだりしていたわけよ~w



このことを知っていて、あの映画のシーン観ると、
ほんと、もろに「あ~ここだわぁ」って思うよ☆



で、話を戻しまして「倉敷館」。
大正時代の建物だそうです。もともとは町役場だったそうです。



この日はうだるような暑さでしたが、
なんとなくこう、白い洋館って涼しげな気がするわ~。
現在は観光案内所になっていて、
涼を求めてか、たくさんの観光客が座ってました。
入るとすぐ、いかにも役場の待合っぽいスペースになってまして、
そこには自動販売機もあるので、あけぼうも座って一息つきました。



とはいえ、中はあっさりとした建物の造り。
役場なので、そんなにゴージャスさはないですけど、
これはこれで、木造の良さが出てて、ほっこり。
今はたくさんの観光案内のパンフレットが並んでます。



人もいっぱいいるし、どこを撮影していいのかわかんないから、
窓からの景色を撮ってみました(;^ω^A

やっぱあれだな~・・・
近くまで来たから、急に思い立ってノープランで来てみたけど、
暑すぎて夏はダメですねw 
洋館探訪には向いてない季節だわ(;´∀`)
立ち止まってじっくり鑑賞する気持ちが、
どんどん蒸発するニッポンの猛暑。つか酷暑。



おまけ。
倉敷美観地区の町並みになじんでるパン屋。
帰りにパンを買って帰りました。


ブログランキング・にほんブログ村へ
台風18号がやっと終わったかと思ったら、台風19号発生だって。
最近は本州の被害ばっかニュースになるけど、
逆に沖縄や台湾ルートの台風は減ってるんだろか?( ´_>`)...

FC2blog テーマ:いってきました^^ - ジャンル:ブログ

【2013/09/17 09:19】 | 倉敷市
【タグ】 レトロ  建物  洋館  岡山県  
トラックバック(0) |


あけぼう
広報ミヨッさん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

いいね!
夏でもキッチリした恰好なのよね。白紳士。

そういえば、昨日、神戸にいる友達に
久々にメールしたら
シルクハットをかぶった
ありとあらゆるブランドバックをさげた紳士が
目の前を歩いている…
という返信が届きました。


あけぼう
misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

金沢こそ、いろんなロケ地になってそう~。
やっぱり最近の映画のロケ地のほうが
「ここだあ~!」ってアガる感じはあるよね。

ミサさんへ前に写メした映画が、公開されてますw
地元の観光大使を引き受けてくれてるんだよ~!

あの〜
広報ミヨっちゃん
白い洋館は僕も好きです。
そこに立つ
白いスーツと白いハットの紳士。
明治時代あたりのドラマに
ありがちな風景ですがw



misachi68
なるほど〜るろ剣のロケ地ね!!
わかるわかる!!
橋、あったあった!
いいねぇ、ロケ地めぐりの旅。
そういうのだったら、
私も地元でできそうだな。
しかし、どれも大人向けのしぶい映画の
ロケ地が多いか(^_^;A
誰もピンとこないような。






あけぼう
小々次郎さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

木造の教会は近いものがあるかもしれないですね。
建物の中は、まさに役所的な感じで、受付のカウンター的なところには、今も観光案内のお姉さんが、たくさんのパンフレットに囲まれて座ってましたし。
あけぼうは逆に、幼少時は造成されたばかりのピカピカした団地に住んでいたので、逆に木造の建物には縁が無かったです。田舎で「いかにも」な木造校舎を見るのが当時から好きでしたね。新鮮だったんですよね~。



あけぼう
玉さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

そうそう、あのシーンですw
ロケ地めぐりをしてるみたいで、
なんか濃い「るろ剣」ファンの人のようですね(ノ´∀`*)
チャンバラに橋のシチュエーションは様式美・・・☆彡


小々次郎
木造の教会を思い出しました 午後からのミサは怠いし やっぱり真夏だったけど中は2度ぐらい涼しくて 天井近くに取付けられた扇風機だけが首を動かして 居眠りをするぼく達を監視してるようでした ぼくの小さい頃は、学校とか公民館とか木造の洋館はすごく身近だったはずなのに 今じゃ残ってるのがありがたいですね^^


玉坂めぐる 
はあはあ、あのシーンですな。左之助が大刀ぶんぶん振り回す。「るろ剣」ロケ地、たしか二つ目だよね(^^)。琵琶湖のほとり、三井寺の橋の下、刃衛との決戦。あのシーンも印象的でした。やっぱチャンバラに橋は大事。欠かせないよう。


コメントを閉じる▲
岡山県・倉敷美観地区を歩いています。



左手は前回の中国銀行の建物です。



さすが美観地区ってな町並みを横目に見つつ。



美観地区のメインの通りに出ました。
石橋も龍が掘られてたりして、ちょっと凝ってます。



で、お次の洋館はどこかというと・・・・



美観地区のメインコンテンツ的な存在。大原美術館。
今までにもう何回も来た、大原美術館。
めちゃくちゃ立派な洋館ですが、
今回は建物がメインで来てるので美術鑑賞はせず、
あくまで外から写真を撮るのみ(;^ω^A



でも確かに、美術館の建物が美しくなかったら、お話にならないよね。



何度も来たって書いたけど、
そういえばここ10年近く中に入ったことはないかも。
来てた頃って学生時代だからね(;´∀`)昔々・・・。



なので、良く考えてみると建物内部のことは、あまり覚えてないかも。
建物内の「洋館ぽいところ」が、どんな感じだったのかとか・・・。

そのうちまた来よう・・・。

☆大原美術館HP☆


大きな地図で見る

ブログランキング・にほんブログ村へ

FC2blog テーマ:いってきました^^ - ジャンル:ブログ

【2013/09/16 16:59】 | 倉敷市
【タグ】 レトロ  建物  洋館  岡山県  
トラックバック(0) |


あけぼう
きぼう丸さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

わお☆彡
そりゃーもう、洋館の質・量ともに
東京が一番だもん!
楽しみにしてるよ~~~(∩´∀`)∩ワーイ


あけぼう
広報ティファニー、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

あーそれ~夢ね。
まさにドリームね。
ご近所に胞子とばしまくったろか!w


あけぼう
misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

展示されてる絵もとっても豪華なんですよ~。
最近は現代美術の特別展をやっていて
それもかなり見応えがありそうでした~。
倉敷は江戸幕府の直轄地であったことや
明治以降は紡績業でブイブイいわせて歴史があって
和洋折衷な町並みが良い感じなんですよ~。


きぼう丸
おっ! 洋館シリーズやね♪
一昔前の美術館とか銀行とか
もう、素晴らしく立派な建物が多いよね!
あたしもちょっとだけど洋館紹介を次からしようかと・・・。

ウチ、
広報ティファニー
あけぼうも
金ためて、
ごっつい洋館を
つくったらよろしいやん!
もちろん、庭園は
キノコの庭で(わら)


misachi68
やっぱり倉敷って町並みがいいですねぇ。
憧れるわ〜

これは歴史を感じる美術館ですね!!
昭和5年って戦前じゃないですか。
しかも私立って!
立派ですね。

壁付けの照明器具が可愛いですね(*´∀`*)




コメントを閉じる▲