FC2ブログ
おでかけブログ。ご朱印を集めてます。その他、日々のふしぎや、おバカな出来事・読書感想などを、つらつらと。
香川県。
もう夕方です。



最近、海に来ていなかった。海大好きなのに。



うっすら見えるのが、瀬戸大橋。



今回は、休暇村讃岐五色台、という宿に来ました。



風光明媚なところで、宿の駐車場からでも瀬戸内海一望です。



着いたときがちょうど日暮れの時間帯で、早朝とならんで、瀬戸内海が美しい時間帯です。



写真だと、太陽が小さく映ってしまいますが・・・



肉眼で見た時の感じはこれくらいだよ。(これは拡大したものですが)


夜はこうして坂出のほうがきらきらしてました。



急きょ決まって、ぎりぎりで予約できた宿なので、食事はビュッフェスタイル。
なので、写真は撮りませんでしたが、四国のお料理、結構食べられましたよ。家庭料理なんかもありました。

休暇村讃岐五色台

ブログランキング・にほんブログ村へ 



追記を閉じる▲

FC2blog テーマ:国内旅行記 - ジャンル:旅行

【2016/06/03 19:28】 | うどん県(香川県)
【タグ】 四国  香川  瀬戸内海  五色台    
トラックバック(0) |

Re: No title
あけぼう
玉さん、いらっしゃい(*ˊᗜˋ*)ノ゙

海はどこを撮ってもいい感じに撮れるから好きです~♪
波や潮がいつも変化していて、なんかずーっと見ていられる。

No title
玉坂めぐる 
絵葉書みたいな写真がいっぱいだねえ。
海は表情がいろいろで嬉しくなります。



コメントを閉じる▲
うどん県。高松市にある四国村に来ております。
建物をメインとした「プチ・四国」みたいな場所でございます。
(ざっくりな説明w)



お遍路道の気分になれる、道端の石像。
弘法大師とその母上だと思われます。

各地の古民家が多数ある四国村ですが、実はこんなのもあったり。



広島の大久野島から移築された燈台だそうです。
明治27年5月に点灯されたそうです。



で、すぐ横には「退息所」といって、燈台の守りをしてる人の住まう施設もありました。
当時のもので、2棟ありました。洋風建築です。
面白いのは、2棟のうち、古いほうがより洋風なんですよね。時代が下ったほうが和風テイストが強くなる。
最初は西洋のものを丸写しという感じだったのが、段々アレンジする余裕が出てきたっていう感じ。
ホント、すべてにおいて日本ってそういうところありますよね。

燈台はこれくらいにして。

お次は四国の偉人です。



伊能忠敬さんより早く日本の実測地図を作った方で、塩田開発に多大な功績のあった方なんだそうです。
あと、国産マッチを発明したりして「讃岐のエジソン」とも言われてるらしいです。
全然知らなかったけど、江戸時代って日本の地方のいたるところに、めっちゃ偉い人が出てますよね。



こちらがその邸宅の内部。普通に武士のお宅という感じ。
中庭があります。



中庭ってなんかいいですよね、憧れます。
この建物は文化財なので、お庭の中には入れず見るだけなんですが、気になる像を発見しました。



なんとなく、通賢先生なんじゃないかと思いました。
お地蔵さんにしちゃあ個性があるというか、モデルがいそうな石像だと思いません?
てか、中庭にお地蔵さんって置いたりするもんなん?
いやしかし、本人モデルの石像をおくのも変か。
じゃ、誰なん?
(自問自答)



あと、四国のほうは小豆島とか有名ですが、醤油が特産だったりしますよね。
四国村には、醤油蔵などの建物もありましたよ。



もうね、完全にこれ「工場」でした。
全てが木製ってだけで。



うどん県に来てお土産売り場を見ると、醤油とかよく売ってまして、いつも悩みます。



瓶だし、重くて割ったりしたらいやなので、悩んだ末に結局毎回、うどんばっか買っちゃうんですけどね。



次は醤油を買ってみようかな。

最後に、ちょっと悲しかったのは。



この建物。
神戸の異人館を移築したものなんだって。
中はティールームになっていて、ここにも入りたかったんですが。



何故かこの日は貸切りで、入れなくて。
残念~~~~。

てなわけで、四国村でした。
しろとり動物園だけでは、せっかく瀬戸大橋を渡ったのにもの足りないっていうことで、立ち寄ってみたけど良かったです。
今回は建物しか紹介してませんが、お花もあちこちに咲いてるから季節感も感じられるよ。


ブログランキング・にほんブログ村へ


追記を閉じる▲

FC2blog テーマ:四国旅行 - ジャンル:旅行

【2016/05/02 16:37】 | うどん県(香川県)
トラックバック(0) |

Re: タイトルなし
あけぼう
玉さん、いらっしゃい(*ˊᗜˋ*)ノ゙

そうなんですよね、全国区で有名じゃないってのが渋いですわ。
そしてあけぼうもあの像の顔でインプットされちゃっていますww
なんだかもう「違うわけはない!」くらいの確信がありますw


玉坂めぐる 
道ばたの石造の男女ペアを見ると「あー道祖神さんだあ」と思ってしまうんだけど、弘法大師とおかあさんっていうの
あるんだね。知りませんでした。
きっとあちこちで、誤解して「ちがうのにな~」と偉い親子を困惑させていたのかもしれません(^^)。スイマセン。

ここの偉い人も、知りませんでした。全国区で有名じゃないけど、そこがまたほんとに偉いですね。もうあの石造の顔でインプットしてしまいました。(^^)チガウカモシレナイノニナ~

Re: タイトルなし
あけぼう
りんご村のシルルさん、いらっしゃい(*ˊᗜˋ*)ノ゙

そうなんですよーこういう洋館が大好きなので、
なかで紅茶飲みながら雰囲気に浸りたかったー。

うん、日本人だからってのもあるけど、
やっぱり昔の人の「世の中のために何かする」という姿勢がすごいなぁって思う。
今でも、誰にも何も言われないのに、道の掃除する高齢者の方とかいるけど、そういう教育をうけた最後の世代なのかもね。
ちゃんと受け継いでいきたいとは思うんだけどなかなか・・・やっぱり頭が下がります。

Re: タイトルなし
あけぼう
misachi68さん、いらっしゃい(*ˊᗜˋ*)ノ゙

灯台があるの、意外だったでしょ?
ミサさん、灯台の小説読んでたから、きっとこれ見たら面白かったと思うよー。
そうなんだよね、最初の建築は全部お雇い外国人だから、まんま!ってかんじなの。
で、後のほうが縁側っぽいものが出来たりしていってんの(笑)

おじさん像、なかなか味あるよねー。
ホント、いったい誰なんだw


りんご村のシルル
こんばんは。ティールーム素敵ですね♪中に入れなくて残念ですんー。
凄く興味あります♪

本当に先人達の努力と勤勉さには頭が上がらないです。日本人だから思うのでしょうが、日本て地味にスゴイですねー(しみじみ)。。。


misachi68
やっぱりいいですね!四国村!
灯台があるのも面白い。
灯台守のお住まいは、最初は海外の人に来てもらって建築したから古い方がより洋風なのでは?

あ〜やっぱりお地蔵さんには見えないなぁ
ガーデニングのアイテムの小さいおじさんとも違うしァ '`,、'`,、'`,、'`,、(´▽`) '`,、'`,、'`,、'`,、
よくわからんけど、遊び心だったりして。

コメントを閉じる▲
四国村続きです。

四国各地から古い民家を移築復原した野外博物館、四国村。



しょっぱなからこんな感じです。
これは小豆島の農村歌舞伎舞台 なんだそうです。
地元民が役者となって出演する舞台なんだって。



もう4月だったけど、ひな人形がどーんと。ちょっと圧倒されました。



建物もそうですが、こうして山の中にポツポツと点在して建てられていて、周辺の風景からしてリアルな感じ。



建物内も、土間の部分には入ることが可能です。

そして、ビックリしたのがこの建物。



まるで、ヨーロッパの田舎の建物っぽくないですか?



三角のとんがり屋根に、円筒形の建物。
これ、砂糖締め小屋っていうんですって。



屋根もうまいこと造られてて、ちょっとモンゴルのパオみたい。



昔の写真はこんな感じ。

ここは、砂糖を作るために、原料となるサトウキビをギューッ!と絞る場所なんです。



これをね、押して中心をぐるぐると回していくと、ネジが締まるみたいに、ギューッとなって中のサトウキビから余すことなく汁が出ると。
そして、この作業は牛さんが担っていたみたいです。
だから建物が円形になっていたと。

そういう必要性から、建物がこの形になったんだと思うと、なんかすごい。


ブログランキング・にほんブログ村へ


追記を閉じる▲

FC2blog テーマ:日帰りお出かけ - ジャンル:旅行

【2016/04/28 17:29】 | うどん県(香川県)
トラックバック(0) |


玉坂めぐる
ありゃ。( ´△`)鍵コメントになってました? 秘密なんてないのにね。すいません。


Re:
あけぼう
鍵コメさま、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ


あ、そうか。
あれも考えてみれば、同じ理屈で円筒形なんだねぇ。
建て方の違いとか比べてみたいかも。

Re:
あけぼう
misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

食べちゃうね(笑)
そこはやっぱり現代っ子な我々♪

建物を見て楽しめる人なら、楽しいと思います、ここ。
花も咲いてるし。
ニワトリとか飼ったら、よりリアルな田舎になりそう(^^)


misachi68
ここで映画のロケでもできそうなくらい本格的な雰囲気。
電線も見えないし現実世界から隔絶されてるみたいな気がする。
それにサトウキビ絞る建物はジブリアニメにも出てきそうな無国籍ないい感じだよね〜〜

とか、そんな雰囲気にどっぷりはまりたいくせに、
もしここでソフトクリーム売ってたら食べちゃうね。

コメントを閉じる▲
2016年、香川県。

屋島神社すぐ横にある「四国村」という施設にやってきましたよ。



駐車場にも車がいっぱい。
みんな気候が良くなるとどこかへ出かけたくなるもんなんだね。



まずは、ちょっと腹ごしらえ。
うどん屋さんです。



四国村には、食事処がうどん屋さん



うどん県でうどん食べるの、久しぶりだわー。

で、この四国村。
敷地内に、いろんな四国の昔の民家などが移築されて保存・展示されてます。

入ってすぐに、



かずら橋もありましたww 

本物の「かずら橋」についてちょこっと説明すると、
四国の徳島県の奥の方に、祖谷(いや)渓谷っていうとても深い谷が続くところがあるまして。
平家の落人などが隠れ住んだりしたような、とにかく人里離れた山奥・・・みたいなところで、とにかく谷間がすごい場所。
そこに葛を編んで架けた、昔ながらの「つり橋」があって、それを「かずら橋」って言います。

ちょっと短いかもしれないし、本物は川の水面がもっと下のほうだけど、
橋の形状は、すごいリアル。足元スッカスカなところとかwww

ここを渡って、これから四国のいろんな建物を見て回りたいと思います!


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 


追記を閉じる▲

FC2blog テーマ:旅の写真 - ジャンル:写真

【2016/04/27 08:00】 | うどん県(香川県)
トラックバック(0) |

Re: タイトルなし
あけぼう
misachi68さん、いらっしゃい(*ˊᗜˋ*)ノ゙

そうそう、かずら橋ってなんだかんだ出てくるんだよね。
実際にわたってみるとね、スカスカだけど、強度に不安はないかんじだよ。
ただ、結構高いので、高所恐怖症の人は苦手だろうなあ。
ミサさんはすいすい渡っちゃいそうな気がするー♪


misachi68
四国村ってすごいね!全部見てきたような気になれるってことでしょうかw
そういえば、かずら橋は見たことないのに
なんで知ってるんだろうかと思ったら、
小説で読んでたのだった。

足元スッカスカの吊り橋って、
アトラクション感覚だね〜怖いけど楽しそう。

Re: タイトルなし
あけぼう
小々次郎さん、いらっしゃい(*ˊᗜˋ*)ノ゙

あ・・・そういえば「ちん○橋」のレプリカは無いwww
いや、それはやっぱり、
しまなみ海道を通って四国へ来いや~という
橋の神様の思し召しなんじゃないでしょうかねw


小々次郎
えーー「かずら橋」のレプリカがあるんですね^^
四国村すごい!ここに行けば四国を全部回らなくてもすみますね 当然「ちん○橋」のレプリカも架かってるんですよね。

コメントを閉じる▲
2016年、香川・屋島神社にやってきました。

前回までの東かがわ市にある「しろとり動物園」から少し戻って来て、ここは高松です。



一度、たぬきがいっぱいの「屋島寺」目指して、屋島に来たことはあったんですが、その時ここは気になりながらもスルーしたんですよね~。



讃岐東照宮と呼ばれる神社です。
東照宮なので、祀られてるのは大権現・徳川家康公ですね。



この神社、山の斜面にあるためか、かなり階段登ることになります。
すごくきれいにしてある階段なんですけどね。
登りきった!と思ったらまだ続く・・・みたいな階段です。
境内は広いんですが、時間帯なのか、休日ですがほとんど人気が無くて。



さすが、東照宮ってかんじの、彫り物がすごい神門が印象的でした。
特に目がいいです。



この鳥なんかも。



すごい、目が素敵じゃないですか?
この写真、拡大したせいでかなり粗くなっちゃってますが。
実物を直接見たほうが、印象深いですよ~☆



ほんとに誰もいなくて、ご朱印ももらえませんでしたー。
また来なきゃ。
それにしても、頑張って階段を上ったおかげで、見晴らし抜群でした。



ブログランキング・にほんブログ村へ


追記を閉じる▲

FC2blog テーマ:旅先での風景 - ジャンル:旅行

【2016/04/25 08:00】 | うどん県(香川県)
【タグ】 神社  香川  
トラックバック(0) |

Re: タイトルなし
あけぼう
玉さん、いらっしゃい(*ˊᗜˋ*)ノ゙

うん、緑青だろうと思います、多分。
金色の目立ったのが、青くなるのも、これまたいいよね。
東照宮もめでたい動物園ですな。
いつも彫りで楽しませてくれる場所だわ♪


玉坂めぐる
東照宮も動物園だ(^^)。
しかし、この目はさずがの聖獣たち。ただ事じゃないですね。やっぱり銅製でピカピカだったのが緑青ふいたのかな。職人はこのへんの変化の効果も狙ったんじゃないかなとか思うとドキドキしますよ。
いいところだねえ。

Re: タイトルなし
あけぼう
misachi68さん、いらっしゃい(*ˊᗜˋ*)ノ゙

そうなんだよね、瞳のところはもともとは金色で、
時間の経過でこういう色になったんじゃないか?と睨んでいるよ~
この目、なんとなく神聖なかんじがして、
あけぼうは気に入っています。

このロケーション、いいよね。
やっぱり神様は高いところがお好きなのかもね♪


misachi68
彫りものはどれも目が青いのね。
不思議な威力がありますね。

階段をひたすら登る山手に神社って多いものなんですかね。
見晴らしが良くって素敵。

コメントを閉じる▲