FC2ブログ

タイムスクープハンター「ドリーム 石油発見!」みたよ~

今回は、江戸時代の石油発掘のお話。
当時の石油は「臭水(くそうず)」と呼ばれてたらしく・・・なんだろう、確かに臭いけどさ、なんかイヤな呼び名だねw
貴重な燃える水ということで、石油は天皇に献上されたり、庶民の間でも売買されていたと。
石油を掘り当てる=金の湧き出る泉ゲット、みたいな感じだったのは、昔も同じだったみたいですね。

新潟の貧しい村の住人・幸助がじり貧の村を救う為に、ひょんなことから発見した地図(石油のありかが描かれた地図と推定)をもとに、石油を探すっていう話なんだけど、雲をつかむような話に、村人は誰も手伝ってくれない。期限も10日と区切られちゃうし。付き合いのある行商人に手配してもらった助っ人は、ヨボヨボの爺さんと前科者の2名だけ。皆、ドライだよね~(;´Д`)

でも、村人ドライだな~と言いつつ、自分も助っ人の2人がもしかして話の途中で裏切るかも・・・ってちょっと心配しながら見てたから、そこそこ心が汚れてきてるかもしれないw

しかし今回見ていて、石油のありがたみを再確認できたというか。
それは、最終的に「火」のありがたみ、ということになるんですけど。
確かに、油ってことなら菜種油とか鯨油とか、ほかのものもあると思うけど、それらが油になるまでにいろんな手間やリスクがかかることを思えば、石油って掘り当ててしまえば、もう完成品状態で勝手に出てくるわけだから、そりゃすごいことだよね、助かるよね。

肉を焼く、灯りをともす、身体を温める…火の恩恵と、
火をおこす、炎をキープする、ってことの大変さって、
現代に生きてると忘れがち。
でも今、スイッチ一つで火が手に入るってこと、良く考えたらスゴイよなって思いました。

ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : NHK
ジャンル : テレビ・ラジオ

タイムスクープハンター「白熱議論!亀は誰のモノ?」見たよ~

今回の取材対象は、江戸時代の亀売りさん。
ひょんなことから亀を譲られます。高値で売れるヤツ。
その亀をめぐって所有権を主張する大人たちのドタバタが今回のお話。
これ、現代ならば、四角い仁鶴にまぁーるくおさめてもらわなければならない案件ですわw

放生会(ほうじょうえ)といって、旧暦の8月15日に、各地の神社やお寺で、捕えられた生き物を放すことで殺生を戒める宗教行事があるんだそうで。現代でもやってる所はやってるみたいです。
放す生き物は、別に亀だけって訳でも無いみたいです。

で、今回の取材対象の亀売りさんも、放生会にあわせて川から亀をとってきて、街で売り歩いてました。
この時期が儲け時!!って感じです。
みんなが、「放生会だから」ということで、亀を買うんですね。
そしてすぐ川へ放しちゃうの。
なんか、季節のイベントって感じでしたね~
(少なくともこの時代は)

神様仏様、見てる?
亀を自然に返してやる σ(゚∀゚ )オレ
ちょっと良い事してる σ(゚∀゚ )オレ
って、感じw

この時期、生類憐みの令が発布されていて、生き物がらみの商売や、ペットに関して、庶民にどんな影響が出ていたか・・・そのあたりが見どころでした。犬が有名だけど犬だけじゃないんだよね・・・。

今現在、いろんな神社仏閣の池に亀さんがいるけど、もしかすると放生会で放たれた亀さん達の、何代目かの末裔がいるかもしれないね・・・。

ブログランキング・にほんブログ村へ
亀側の目線になって一連のドタバタを見るのも面白いかも・・・

テーマ : NHK
ジャンル : テレビ・ラジオ

タイムスクープハンター 「恋のヒゲ大作戦」見たよ~

冒頭から、江戸男子のムダ毛のお手入れ事情www
せっせと毛抜きで脱毛する姿は、涙なしには見られないよ~.
( ;∀;)
手間かかりますよ、ムダ毛のお手入れって・・・ねえ?
ていうか、毛を処理しているときの人の姿って・・・マヌケと言うかなんというか。
見てたら、ちょっと我に返ってしまい、若干ブルーになりましたw

日本人の毛に対する美意識は、行ったり来たりで。
濃いヒゲ、体毛が男らしくてステキ☆っていう時代と、
いや、モジャモジャなんて言語道断、男もつるっつるがマスト!ていう時代と。

江戸末期、
風呂屋でせっせと毛抜きで処理する若者の祖先は・・・
江戸初期、
意中の女の子を落とさんと、付け髭までしていたという・・・

それくらい、時代によって違っています、という。

そんなちょっと必死な男子たちの取材でした・・・。
江戸って男の方が余ってたんだよね・・・たしか。
だから、そこまでやるのも無理もないのかもね・・・。
子孫を残すためにw

まあでも現代も
若い男の子なんて、足とかツルツルな子、多いもんね。
女子なんて、もうハイジニーナというレベルに至って・・・。
平成もなかなかキテますわ~~~(;^ω^)


ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : NHK
ジャンル : テレビ・ラジオ

タイムスクープハンター「真剣勝負!弓バトル」見たよ~

今回は、江戸時代のお話。
神社が行っている勧進的(かんじんまと)という弓の競技で優勝し、浪人からの脱却を図ろうとする侍の半次郎に密着。

最初は、どっかのお殿様から召し抱えられるチャンスがあるくらい注目されてるのか~すごいな~って思っていたんだけど、取材を見てるとむしろ庶民が観戦に来てるんだよね。だから、半次郎がどこかの藩に召し抱えられるためには、たくさんの勧進的で優勝し続けて、世間の話題にのぼるくらいにならないとダメだっていうことなんだよね。あーなんて遠い道のりなんだ。やっぱ世の中そう甘くない・・・(;^ω^A

ところが半次郎、真面目に練習に取り組んでるものの、いまひとつ結果に結びつかない。
そこに、浮浪者みたいな怪しいおっさんが現れて、弓の指導をするかわりに、優勝したら賞金を半分よこせと提案してきたところから話は動き出しますw

なんか今回は特に少年漫画か~って展開で( ´艸`)ムププ
絶対王者の独眼竜清兵衛の存在とかw
しかし実は清兵衛には秘密が!とかw
そして、おっさんと清兵衛の因縁の過去が明らかに!とかw
楽しかったですw たまにはこういういのもいいね。


ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : NHK
ジャンル : テレビ・ラジオ

タイムスクープハンター「眼鏡売りベンチャー魂」見たよ~

江戸時代の日本のメガネ事情を取材、ってことでした。
取材対象となったのは眼鏡売りの甚平と、超・ド近眼の侍、窪田惣十郎。
メガネ、一部の人にしか手に入れられない高級品だったみたいです。
だから甚平がメインで扱ってたのは、上方から仕入れた中古品。
しかも全部老眼鏡。
年配の職人さんにとってはメガネは大事だったみたいですね。
もともとの視力がいくらよくても、劣化だってあるし、誰もが老眼からは逃れられないですもんね・・・。
惣十郎からの依頼があって、甚平はなんとか地元で近視用レンズを作れないかと、模索を始めるんですが・・・。
あとは観てのお楽しみ♪
惣十郎は裸眼だと、まっすぐ歩くのもおぼつかないくらいだけど、そんな彼が最後の最後でメガネをゲットしてからの活躍は、ほとんど「変っっ身っっ!!」って感じでニヤニヤしちゃいましたさw 
眼鏡をかけた時と、外した時のギャップは、メガネ萌えの基本ですよね( ´艸`)ムププ

ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : NHK
ジャンル : テレビ・ラジオ

プロフィール

あけぼう

Author:あけぼう
性 別:女
住 居:広島県
特 徴:とうふメンタル
近 況:Instagram(別名)

家のWi-Fiがダメなまま5月が終わりそうだ。

最新記事
過去記事の検索はこちら
☆カテゴリ☆
コメントありがとうございます
Comments<>+-
Trackback <> + -
リンク(遊びに行ってね)
FC2カウンター
◆◆◆
「Amazonが販売・配送」の商品のみ推奨
**

RSSリンクの表示