下関 亀山八幡宮2  カメとフクの競演

山口県下関市の亀山八幡宮に来ています。

亀山八幡宮 (13)

神亀さま。こちらも御影石で出来てるそうです。
なでると長寿になるとか・・・でも両手がふさがっております。雨めぇ・・・。

亀山八幡宮 (14)

伊藤博文と奥様のなれそめの地・・・。
「そうですか・・・」としか、リアクションのしようがない・・・w
(;´∀`)

亀山八幡宮 (15)

あっ、これが世界一のふくの像ですか!!!
う・・う~~~ん・・・。
なんというか、ちょっと「世界一」と聞いてイメージしてたものより小さい・・・かも・・・(;´∀`)
いや、そもそも世界にふくの銅像を建ててる所が、下関のほかにどれくらいあるのだろうか・・・。
そう思って、ちょっと「ふぐを食べる国」を検索したところ、日本以外でも食べる国ってあるんですね。
中国の一部、韓国、東南アジアの一部、太平洋の島々などなど・・・

亀山八幡宮 (16)

まぁでも、「ふく愛」で言ったらやっぱり下関なんでしょうね!
それは、なんとなく伝わってきますよね!☆
毎年9月29日にはふく祭りがおこなわれるそうです!



ところで。

ここの境内にはもう一つ明神社があります。
その名も「お亀明神社」。

もともと、この神社の地は島だったそうでして。
江戸時代初めに陸続きにする工事をしたらしいんですが、急な潮の流れがあって、工事は難航したんだとか。
そこで、「お亀」という女性が人柱になり、工事が完成したのだそうです。
ひいいぃ。(;´Д`)・・・ひとばしら・・・・。

亀山八幡宮 (18)

あけぼうの住む町にも「人柱」の昔話がありまして・・・
小学生の時にそいういう話を聞いて、
もう何でそんなことしちゃうかな~(´Д`) と
昔の迷信の不条理さに子ども心を痛めてましたよ。
ヽ(`Д´)ノ

それだけじゃなくて、自分が人柱として選ばれてしまう!
とか、
生きながらに埋められる!
みたいな想像して、夜眠れなくなったりね(´;ω;`)ヤダヤダ

亀山八幡宮 (19)

そんな「お亀」さん。
こうして立派だ立派だと顕彰され、お宮まで建ててもらってますけど。
実際どんな人物だったか分かんないし、彼女にとって死んだ方がましなくらい辛い世の中だったのかもしれないけどさ。はーっ( ´Д`)=3

平成の世の中に生まれて良かったよまったく。
科学万歳!超ばんざい!

亀山八幡宮 (20)

今は「亀」がのんきに暮らす場所。ほのぼの。

亀山八幡宮 (22)

で。遅まきながらw 拝殿でございます。
本当は、鳥居の所から階段上がって正面なんだけどね。
つい、世界一のふく像のほうに引き寄せられちゃってたから(;´∀`)

やっと参拝。


ブログランキング・にほんブログ村へ 
すみません。忙しすぎて一週間もブログ放置しておきながら続きますw
関連記事

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

よきちのひろさん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

なんちゅうことをしたんじゃ~~~。
(*`▽´*)ウヒョヒョ
S氏にかわってフク様に説教されるのが良いと思います。
忘れかけてた過去って、予期せぬところで、ひょっこり顔を出してくるもんなんですね。
あけぼうも気を付けることにしますw

玉さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

うーん、高野山のあのあたりにフク像・・・あったっけ(´σ `)?
鳥頭だから去年の事すらマトモに思い出せないw
シロアリの供養塔はなぜ蟻の像を造らなかったんだろうね。
やっぱキモいからかな~ww
それで思い出したんだけど、下関には、たしかどこかに「くじらの墓」もあるはずなんだよね。なんかで読んだことがあるわー。死闘を繰り広げてクジラをゲットし、全部余すところなく食べたり、使ったりしつつ、深い同情も寄せて供養する・・・素敵☆って思うわー。

中米のあの辺もすごいよね・・・いちおうハッピー人柱な感じがするけど、「その時」は痛いわ苦しいわなワケで絶対後悔したと思うんだけど、どうなのかなー。
日本の場合も今よりは仏教をみんな信じてたはずだし、根底には「皆の為に人柱になったら、来世は絶対良い所に行けるはず」っていうのがあったんじゃないかなとは思うんだけども。でもいざ穴の中に入る時や、どんどん土が入れられて、自分の視界が見えなくなった時・・・土の圧力で苦しくなった時、息が出来なくなってきた時・・・もう想像しただけで、恐怖で発狂するよッって思うんですけど。・゚・(ノД`)・゚・。

ぴりかあけぼう・おはようございます

4枚目のショット・・フグさんの大アップ、
「・・??・・????」
しばらく考え込んでしまいました。
最初に勤めた会社の上司にそっくりなのです。
瓜二つとはこのこと・・Sさん、
可愛がってもらったのに、感謝すべきを・・
反対にいじめてしまいました。
今頃になって、しかもピリカのブログをお借りして、
「どうも、すいませんでした」

なつかしき日々に連れ戻していただき、
フクさまのご真影に感謝しております。
ヒロちゃん泣いているよ・・
【ZOO・ココアちゃん】

No title

ふくの像、たぶん一個知ってる。たぶんだけど、上野の不忍の池の弁天様のとこにあると思う。ふく料理屋の組合の建てた供養塔だとおもう。
となりにウナギのとか魚のとか、何故かメガネ供養のもあるよ。
みんな祟りが怖いじゃねw(メガネがどう祟るのか知らんけど)
あ、たぶんだけど。あけぼうちゃんも行った高野山のあの墓地エリアにもきっとフク像ありそな気がするよ。シロアリ駆除会社のシロアリ供養塔のとなりあたりね。(^^)

人柱・・・あの本によれば、中米の死者大好き文化のあのあたりのは、すごい数だよね。あそこは本当に陶酔してトランストランスの状態でハッピー人柱なのかな。
日本のはどうだったんだろう、やっぱり涙涙でめちゃめちゃつらかったかもね。
肉体はもちろん精神的にも・・・そして周りの人たちも。ふえええ(><)

きぼう丸さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

この時代の日本人で良かったとは
すご~~~~く、同意だよ~~~~。
昔とか、仮にお姫様として生まれても、
人生しんどいもんなw

広報ティファニーちゃん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

(lll゚Д゚)ヒイィィィ!!
ひとばしらだけはカンベンしてくで!

あけぼうとしても「29」といえば「肉」だったので
フクの日、最初は理解するまでに30秒くらいかかったわ~。

えっ。でもケンミンショーで
大阪人はフグをやたら食う的なこと言ってたで~w

サムライ銅像研究会さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

動物系の銅像集め、それいいかもしれませんね。
あけぼうも考えてみたんですけど、正直これといって思い当りません。
今度から、どこかへ出かけた時には意識してみようと思います。

misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

こうして祀られてるってことは、英雄的行為だったからってことなんでしょうけど、あけぼうだったら絶対に無理だわー。仏教の輪廻転生とか本心から信じてたからできるのかなー。考えられないわー。
関係ないけど、子供の頃って怖いことばかり考えてたなぁ。
スタンダードなところで、焼死と凍死と溺死、どれが一番マシなのかな・・・とかさ。

ピー助さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

すみませんご心配をおかけして(∀`*)ゞイヤァ
ま、ある意味、
迷宮をさまよってたような日々でしたが(ノ∀`)アチャー
急いては事を仕損じるのは確かですよ!
あけぼうだって、
こういうバタバタしてイライラしてる時に、
ブログ書いてもロクなことがないと思って、
更新しませんでしたもん☆(どや顔)←!?

嘘です、冗談ですw
まだ落ち着いてなくて、更新も不定期になるかもですが
見捨てないで~っ(´Д⊂ヽ

No title

おぬしも放置であったかw
わしも放置でござったわいw

本当にこの時代に生まれてこれて良かった。
それも日本人で良かった。

ウチ、

おまえも
ひとばしらにしたろか!
じょうだんはさておき、
29にちって、
ニクのひ、としかおもってなかったけど、
なるほど、
フクのひ、なんや〜
そんなにしょっちゅう、
フグ、たべへんけどな。

No title

 こんばんわ。
 フクの銅像とは福福しい・・・コホン・・・動物系の銅像を集めてみるのも一興かと思いました。さて・・関東にあったかな。
 人柱伝説は悲しいですね。こっちではあまり聞かないような・・知らないだけかもしれません。いずれにしろ、現代でよかった。

No title

亀もふくも愛されておりますね〜(*´∀`*)

人柱って伝説ばっかりなのかと思ったら、
物証が残ってるものもあるらしいですね〜
怖いなぁ。
私も科学の発達した現代に生まれて良かったとつくづく思うわ〜

捜索願

あけぼうさん こんばんは!v-283

いや~ほんと久しぶりの更新ですね~

もしかして

ひょっとして・・・

なにか

悪いことでもして・・・とか

いろいろ妄想して心配しておりました。

仕事が忙しくて・・・なんて、羨ましい限りです!

そろそろ神頼みにでも行って、おみくじを引いて

フグの銅像をナデナデして

決めねばならぬ!・・・と思うだけ。


ま~急いては事をし損じる!って言いますからね~

明日もご安全に!v-222v-512

てっきり・・・カーナビが故障してどこかをさ迷っているものかと
プロフィール

あけぼう

Author:あけぼう
性 別:女(毒)
血液型:A型
住 居:広島県
特 徴:ご朱印女子...
近 況:
Instagram(別名)

最新記事
過去記事の検索はこちら
☆カテゴリ☆
コメントありがとうございます
Comments<>+-
Trackback <> + -
リンク(遊びに行ってね)
RSSリンクの表示
あけぼうの木
FC2カウンター
フリーエリア