美作旅 つやま自然のふしぎ館 前編

津山といえば「鶴山公園(かくざんこうえん)」
津山城のことで、中国地方有数の桜の名所で有名です。
鶴山公園には最後に向かうとして、とりあえず我々がやってきたのは、そのすぐ近くにある津山の観光センター。まずはそこに車を停めます。

その隣に、こんな洋館がありました。

森本慶三記念館2

森本慶三記念館です。
森本慶三氏については★こちら★に簡単に書かれております。

森本慶三記念館

津山には洋館がチラホラあるので、またあらためて洋館探訪のため来ないといけないなぁ・・・。
今日のところは、ここが目的ではないのでこれだけw

その森本慶三氏。
彼が設立したもう一つの建物が、今回の最大の目的地。
ここに来るために津山に来たようなもの。

つやま自然の不思議館 (1)

それが、ここ!写真右の建物、「つやま自然のふしぎ館」です(∩´∀`)∩ワーイ
B級スポット界では超有名。西の大関くらいのポジションではないでしょーか。もしかすると横綱かもしんない。
自然史の総合博物館なのですが、現代ではワシントン条約で禁止されている希少な動物の実物のはく製をはじめとして、化石・昆虫・人体などなど、あわせて22000点もの展示物があるんだそうです。(注:生きてる動物は全くいません)

そしてここは写真撮影OKな博物館なのも素敵(人´∀`).☆.。.:*・゚
入場券売り場の真横にも、すでにはく製が飾られてます・・・。すげー。

さっそく艦内に入ると、そこにはシロクマのはく製がどーん。
爪とか触ってみてくださいと書かれてあり、あけぼうはノリノリでその場で友人に写真を撮ってもらったのでした☆
そこには、あたかも「ペットのシロクマと・・・」てな感じで、2013年最大級のドヤ顔でポーズを決めるあけぼうが写っていますw(ここには載せられませんがw)

色々な展示物があったんですけど、はやる気持ちを抑えてw
比較的穏やかなところから紹介しましょうか。

fc2blog_20130423125057ba1.jpg

貝類ね。世界のいろいろな貝が数多く展示されてます。
膨大な数・・その一つ一つに、手書き(であろう)プレートがついてるのが味わい深いです。

fc2blog_20130423125135117.jpg

ゾウゲツノガイ(フィリピン)・・・まるでネギ。

fc2blog_20130423125114506.jpg

この緑のマイマイの貝殻はめっちゃ美しい緑色☆

今度は「虫のゾーン」をご紹介。

fc2blog_201304231251496ce.jpg 

ぎゃあ―Σ(゚Д゚ノ)ノ 
一青窈の「ハナミズキ」が「ハナムグリ」だったら。(IFの世界・・)

fc2blog_2013042312520628d.jpg  

写真で見るとわかりづらいですが、PCのマウスくらい。
んもう、とんでもなくデカいです( ;∀;)
あけぼうは、ただただ「ひえええぇぇ」って感じでしたが、虫好きの人にはたまらんのでしょーな。

fc2blog_20130423125219257.jpg 

こんなやつに出くわしたら、100%泣く自信があるよ・・・。もう号泣するよ。

fc2blog_201304231252380a8.jpg 

こんなかんじで、一つの部屋にぎっしりと虫の標本が展示されてます。
好きな人は、いつまでもここに留まっていられるんだろうね・・・。うへぇ。

fc2blog_20130423125254e7b.jpg 

こういう蝶々はね、比較的「きれ~」とか言って、見てられますけどね。

fc2blog_20130423125306df8.jpg 

でも、蝶々だって体の部分を見たら、結構グロいからなぁ・・・(;´Д`)

fc2blog_201304231253170a8.jpg 

あ、これは枯葉に擬態してる蝶々ですw
こういうのは面白いよね☆

人体についても、創設者の森本慶三氏の遺言によって残されて展示されている、彼の内蔵のホルマリン漬けとか、色々展示されてあってそちらもかなり見応えがあったんだけど、なんとなく写真に撮る気になれなくて。実際に来館して見てほしいですね。

というわけで、続きます。
今回は軽いジャブのようなもの。
次は、動物編です~(^_^)/


ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事

テーマ : 中国・四国
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

広報ミヨッさん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

あらま。ミヨッさんの新たな一面ですね=虫好き。
いやもうね、擬態してて気づかずに触っちゃったり・・・
とか、想像しただけで、全身鳥肌っす( ;∀;)ヒョエー

misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

ぐえぇぇ・・・。巨大なG・・・(;´Д`)
ここの展示にもなんとなくいそうな気がして
なるべく見ないように見ないようにしてました。
大人になると「見たくないものは見ない」という
スキルが上がってきて、こういう時に助かりますよね☆

しかし「ふれあい昆虫館」。
ググッたらかなり立派な博物館でビックリしました。
「虫カフェ」とか、何を食べさせるんだぁ~と思って
一瞬ドキドキしちゃったε-(´∀`*)

動物編はあけぼう的にはすごく楽しかったんだけど
みんなにとってはどうなのか
ちょっと不安になって来ましたw

あの〜

こんな博物館があるとは
まったく知りませんでした。
僕としては虫好きなので、
虫コーナーにはまりそうです。
ナナフシとか、羽根ひろげたら
ぐろいけど、木の枝の擬態をして
軽く揺れてるとことか、
めっちゃかっこいいんですよ!

No title

へぇ〜!写真OKとは太っ腹だねぇ!!
いいねいいね〜
石川にもふれあい昆虫館っていうのがあって、
虫とかの標本を展示してあるところあるよ〜
巨大なGとか(; ^ω^)
蝶は美しくてきれいだよね〜集めたくなる人の気持ちも
ちょっとは想像できるね。

動物編が楽しみ〜
どんなのが出てくるのか(*´∀`*)ワクワク

少々次郎さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

よーし、カレンダーにしてくばっちゃうぞー☆
そうですね、逆にあけぼうがそんなカレンダー貰ったら即、落書きですw
蛾のコサージュは衝撃的なので、確かに舞踏会のファッションリーダーになれるかも。会場までエスコートしてくれる男性募集中です( ´艸`)ムププ

No title

うわ〜 次回は辞退しようかな うそです。
でもジャブでこれだと館内のニオイ嗅いでないのに想像だけで気絶できるかもしれません
ナナフシみたいなガはシックですからちょっとしたパーティに付けて行くと羨ましがられそうですし ペットの白熊と撮ったドヤ顔写真は来年のカレンダーにして得意先にくばるといっぱい落書きされると思います(笑)
プロフィール

あけぼう

Author:あけぼう
性 別:女(毒)
血液型:A型
住 居:広島県
特 徴:ご朱印女子...
近 況:
Instagram(別名)

最新記事
過去記事の検索はこちら
☆カテゴリ☆
コメントありがとうございます
Comments<>+-
Trackback <> + -
リンク(遊びに行ってね)
RSSリンクの表示
あけぼうの木
FC2カウンター
フリーエリア