初上陸美作! 作楽神社で祭りと遭遇♪

3月に岡山市へ出かけたときに、美作国建国1300年記念の年、ということを知りまして。

美作
これですね(クリックでやや拡大)

さっそく、美作へ行ってみようではないか!ということで・・・
やって来ました。岡山県・津山市!
津山というところはなかなか歴史のある町で、ご朱印が貰えそうな神社仏閣も多そうだったし、前からチェックしていた場所だったんですが、実際に行くとなるとなかなか機会が無くてね~。今回、とうとうやってまいりました。本当はチェック入れてた中に「桜・花見」という重大なキーワードがあったんだけども、今年の桜は早すぎて・・・( ;∀;) そのタイミングには合わなかったですね。

作楽 (1)

最初に訪れた場所は、「作楽神社(さくらじんじゃ)」という神社です。
なんか広いね・・・と思ったら、ここは鎌倉時代に美作の守護職の館があった場所なんだそうです。その史跡でもあるらしい。

桜はすっかり葉桜になりかけ・・・( ´△`)

作楽 (13) 

だけど足元にはレンゲが・・・次の季節の訪れを告げに来てますねー(´∀`)

作楽神社は道路から、ちょっと入ったところにあるんだけど、「史跡」とか「作楽神社」とか大きく看板や石碑があったりして、迷うことなく到着しました☆ しかも、近づくにつれ人で賑わってる!ハッピを着た地元消防団の人が交通整理をしてるし、それにピ~ヒャラドンドン!と音が聴こえてくる・・・。

そう!(・∀・)

この日はたまたま、お祭りをやってました!ラッキー!!

参道にはこんなものが・・・

作楽 (2)

作楽 (3)

ここらあたりは後醍醐天皇がらみの史跡がホント多いんだよね( ´艸`)
隠岐に流される途中、ここの館に宿をとったそうです。

その時、備前の児島高徳(たかのり)は、天皇を奪い勤王の義兵をあげようとして、いろいろ企てたんだけどすべて失敗に終わり、最後に単身この館に忍び込もうとしたんだけど、それもかなわず・・・。
せめて思いのたけをお伝え申し上げ、後醍醐天皇を少しだけでもお慰めしたいと思った高徳は、館の門前に咲いていた桜の幹を削って、中国の故事になぞらえた詩をつくり、そこへ刻んだのち、立ち去った・・・。
翌朝、教養のない兵士たちはその詩の意味を解さなかったけど、ひとり後醍醐天皇その人だけが理解し、「ここにも忠義な家来がいたのか」と頼もしく思われた・・・みたいなエピソードが残っているそうです。
(注:例によってエピソードはかいつまんでいる)

作楽 (4) 

その後・・・後醍醐天皇にもいろいろあり。
当然、児島高徳にもいろいろあって・・・。
なんやかんやあって・・・それは「太平記」という物語になり語り継がれました。

で、時代は下って江戸時代。
津山藩の家老さんが、荒廃していたここの館跡に碑を顕彰して、高徳の遺徳を顕彰したそうです。
さらに幕末になって、ここに神社を建てようという声が起こり、朝廷の許可を受け、明治二年に「作楽神社」が出来ました。

というわけで・・・

このお祭り、「院庄 たかのり まつり」 って言います☆彡

作楽 (5)

駐車場まで聴こえていた太鼓の音は、チビッ子たちの演奏でした。

作楽 (12)  

作楽 (6) 

意外に社殿の周りには人がいなかった。
まぁここで騒がれても困るけれども。

作楽 (7) 

現在の社殿は大正十五年に再建されたもので、昭和にも大修理が行われているそうです。

作楽 (9) 

そのわきに、「さざれ石」がありました。物知り爺さんのような顔をしてます。
よ~~~~く、見てみると・・・

作楽 (8) 

なんと!石の中央に小さなスミレの様な花が咲いてるではありませんか(・∀・)
なんか、めでたい感じがするー。

作楽 (10) 

そんなわけで、作楽神社のご朱印で~す。

作楽

ブログランキング・にほんブログ村へ
次は、津山と言えば外せないB級グルメ・・のあれ・・・。
関連記事

テーマ : 日帰りお出かけ
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

玉さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

そうそう、逆に、あけぼうも地元の神社のご祭神とか、ご朱印めぐりをするようになって初めて知ったもんw
「たかのり」さんは、確か前に由加神社という所に行った時にその名前を見た事があったので、ちょっと再会した気分。しかし由加神社は沿岸部、こちらは内陸部なので、広範囲に名前がとどろいてた人なんだなぁと。

No title

地元のおまつり。
たまたま居合わせた旅人がその由来をちゃんと把握してるって、神様も嬉しいことでしょう(^^)。そんで案外地元の人は、その辺いい加減だったりするよね。私も氏子の八幡神社の由来って、把握したの、ごくごく最近wそれも大づかみww

さざれ石の巌となりてスミレ咲くなり。

いいね♪

よきちのひろさん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

鳥居の下で、アイスをたべるお姿があまりにもカッコよく、
まるでモデルさんのようでした☆(´∀`)
この日は特に暖かい陽気だったんですが、
また少し、寒さがぶり返しています。
もうゴールデンウィークが近いというのに、
いまだにコタツから出られません・・・。

古も 今も変はらぬ 禿の世に
心のテカリを 残す言の葉

きぼう丸さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

そうそう!今年は伊勢も出雲もだからお祭り年だよね~~~。
両方は無理だけど、せめて出雲には行こうと思っているよ☆
あけぼうはレンゲよりシロツメクサで作ることが多かったっす(首飾り)
肥料が発達したのか?最近はレンゲって見ない事も多いですよね。
さざれ石の周辺にはスミレはひとつもないのに、
よりによって石の真ん中に生えてるところが面白かったよ。
じわじわくるよねー・・・。

広報ミヨッさん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

ああ!そうか例の養蜂場近いですもんね。
道路に看板ありましたわー。
遊び場かぁ~蜂と戯れるっていうのは?w
まぁそれは冗談として。
じっさい津山で遊び場と言われても、
グリーンヒルくらいしか思い浮かばないかもなー。

misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

そうですよね~、まさかとは思うけど、
もしかして来てる人みんな
知りあいどうしなんじゃないかって思うくらい、
ほのぼのしたお祭りでしたよ~(´∀`)
桜が咲いてたらもっと良かったけど、
なんか良い風情でしたよ~♪

ぴりかあけぼう・おはようございます

大きな鳥居の下で、アイスをペロリのカワイコちゃん・・
西国はレンゲ咲き、もう初夏のような陽気なのでしょうか??
さざれ石のスミレ??を発見する観察眼に感心しております。

あわれとはなれも見るらむ我禿を
おもうこころはいまも禿らず

No title

今年日本は色々な祭事とかありますね♪

レンゲって幼い頃はたくさん摘んで首飾りとか作ったな〜。
最近みかけていませんよ・・・多摩川の土手とか行ってみようかな。
もう見頃はおわりかな・・・。

ちょうどお祭りに遭遇なんて今年はついているのかもね♪

「さざれ石」のスミレさん!
可憐な花かと思いきやたくましさも備え付けていらしゃったのね。

あの〜

津山のほうは
一回だけ行ったことあります。
某、養蜂場の仕事で。
遊び場がなくて困りましたよw

No title

桜惜しかったですねぇ!
満開だったら見応えありそうなくらいに
桜がたくさんですね。
だけども、訪れた神社が祭りだったのは
ラッキーでしたね。
こういう地元の方たちに愛されてる神社って
祭りの日なんてにぎわっていて
あったかい感じがしていいですよね〜
プロフィール

あけぼう

Author:あけぼう
性 別:女(毒)
血液型:A型
住 居:広島県
特 徴:ご朱印女子...
近 況:
Instagram(別名)

最新記事
過去記事の検索はこちら
☆カテゴリ☆
コメントありがとうございます
Comments<>+-
Trackback <> + -
リンク(遊びに行ってね)
RSSリンクの表示
あけぼうの木
FC2カウンター
フリーエリア