FC2ブログ
香川県

うどん県 崇徳上皇の足跡をめぐるコース その4

8 0
崇徳上皇の足跡をめぐるコース続行中~。

雲井御所 (1)

続いてやってきたのは、雲井御所跡です。
保元の乱に敗れて、讃岐に配流された崇徳上皇が御所が完成するまでの間の3年間を過ごした讃岐国国司の館があった場所だそうです。
御所建てるのに3年かかるとか、やっぱ違うね~~。
って、そういう問題じゃないか

雲井御所 (2)

立派な石碑が建ってます。
でも、御所跡は諸説あるらしいのです。
というのも、崇徳上皇がお亡くなりになって数年で跡形もなくなったらしく。・゚・(ノД`)・゚・。。

後年、高松藩主の松平頼恕さんが「ここであ~る」と、認定したことによって、この場所に石碑があるそうです(;´∀`)

雲井御所 (4)

ここもまた あらぬ雲井と なりにけり
空行く月の 影にまかせて


このような歌を詠まれたため、雲井御所という名がついたとか。(´Д⊂ヽ
古文ニガテでも、なんとなく「これ絶対哀しいだろ!」って雰囲気でわかる歌だよね。

雲井御所 (5)

門には菊のご紋が・・・。

雲井御所 (6)

でも、その門の前はこんな感じ。
ちなみにすぐ横に小さな観音堂がある。閉まってたけど。

知らなかったら、何だろう?この場所は・・・って思いそう。



ブログランキング・にほんブログ村へ 
人気ブログランキングへ 

Comments 8

There are no comments yet.

あけぼう  

玉さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

そうそうw
あけぼうはそっちの方面の事はあまり知らなくて、今回、このコースをめぐるにあたって詳細を検索しようとググッたら、まさかの落語化。そのギャップにびっくりしたよww 

2013/02/13 (Wed) 13:27 | EDIT | REPLY |   

玉坂めぐる   

うんうん。
悲しい人だけど…怨霊でも有名だけど…。
でもさ。百人一首の「せをはやみいわにせかるるたきがわの」の歌は、上方落語の題材にもなってますよね。「崇徳院」ってタイトルでググると出てきます。枝雀師匠の口演はサゲも明るくおめでたくて、楽しいです。こういうことがなにか供養にもなってるといいなとふと思ったりしました。

2013/02/13 (Wed) 13:11 | EDIT | REPLY |   

あけぼう  

広報ミヨッさん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

寒いし寂しかったです(´ДÅ)
なんか、無理にでもテンションあげないと
こっちまでしょげてしまいそうでした(;´∀`)
考えてみたら、御所ができるまで3年かかったっていうのも
受け入れ体制が全くない所だったことの表れだし、
そもそも御所みたいな建物をつくれる大工がそんなに居たのかも怪しい。
もしかしたら「負けた人」にかかわりたくなくて
なかなか人が集まらなかったのかもしれないし・・・。

2013/02/13 (Wed) 09:31 | EDIT | REPLY |   

あけぼう  

サムライ銅像研究会さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

まず、身分どうのこうのじゃなしに、
この歌を読んだ人は絶対悪い人では無い、って思いますよね・・・。
数々の名歌を残した貴公子として名前が残ればよかったのに、
怨霊としてだなんて。・゚・(ノД`)・゚・。

2013/02/13 (Wed) 09:26 | EDIT | REPLY |   

あけぼう  

きぼう丸さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

そうだね~。そして寒かったよw
ちょっと明るく「あけぼう達が来たよ~☆」って話しかけてみたら、一緒に来てた友人がウケてましたw

2013/02/13 (Wed) 09:17 | EDIT | REPLY |   

広報ミヨっちゃん  

あの〜

いろんな御所がありますけど、
こんなに寂しい御所もあるんですね。
曇り空のせいもあるかもしれませんが、
寒そうやし、寂しすぎる…
配流されるっていうのは、上皇にとって
そうとう過酷な刑やったんでしょうね。

2013/02/13 (Wed) 02:13 | EDIT | REPLY |   

サムライ銅像研究会  

 こんばんわ。
 石碑が立派なだけに、物寂しさが半端ないですね。和歌がまた美しくも物悲しい・・・。

2013/02/13 (Wed) 02:05 | EDIT | REPLY |   

きぼう丸  

菊の御紋があっても何か寂しい門だね〜。

2013/02/13 (Wed) 01:58 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply