FC2ブログ
おでかけブログ。神話や妖怪、UMAが好き。その他、日々のふしぎや、おバカな出来事・読書感想などを、つらつらと。
うどん県。坂出市に来ております。

八十八 (1)

天皇寺の近くは、ところてんが有名みたいでして。

八十八 (2)

というわけで、1月の寒い中ところてん!?って感じですが、お店を目指して歩き出す我々。
せっかく来たのだから、無理をしてでも食べようぜ。
冷え切った後でうどん食べてあったまればイイわけだし、うんうん。

八十八 (3)

ところてん・・・。
考えてみたら、ところてん食べるのって、何年ぶりだろう?しかも店で。
そんな話をしつつ、ちょっと歩いたら、あっという間にお店に到着しました。

八十八 (8)

えー・・・。 

店、閉まってました・・・(;´∀`)

八十八 (13)

ひゅううううううう~・・・(北風) 
えーとですね。春までお休みだそうです。
フツー、考えたら分かりそうなもんだろというツッコミ、ごもっとも・・・。

そんな常識はあけぼう達には通用しないんだよヽ(`Д´)ノ
こちとら、思い立ったら吉日生活なんだよ。
行き当たりばったりなんだYO!

アレなんですよね~~~・・・。
調べ方が甘いっていうか~~~~・・・。
ところてんがある!ってことは調べても~~~・・・。
店が開いてるかどうかは調べてないという・・・。 

ん~~~~~~~・・・。

ん~~~~~~~~~・・・。

・・・・まっ☆ いっか!!
(・∀・)

八十八 (9) 

で、前回も触れました、崇徳上皇の件。

八十八 (11) 

この霊水にひたして遺体の損腐を防いだとありますね。
霊水は今もこんこんとわき出てました。

八十八 (14) 

我々も、腐れ防止にお水のご利益にあずからなきゃwww
山から来てる地下水だからか、触ってみるとほんのり温かかったですよ。
夏は逆に冷たいんだろうね。

八十八 (15) 

もちろん温水ってほどじゃないけど、鯉も居心地良いと思うよ。

八十八 (10)

全体的にはこんな感じ。
この左手にさっきの水が出てるところがあります。
ここはまた再訪して、ところてん食べなきゃ。宿題だなー。

それはそうと、お店にゆく途中、不思議なものがありました。

八十八 (4)

「まないた石」だそうです。

八十八 (5)

側に石碑があるものの、特に説明らしい説明が無くて、この「まないた石」なるものが、一体なんなのかよく分からず。
しかもひとんちの畑の続きみたいな場所だし。
通りすがりの地元のおばちゃんに「まないた石って、なんなんですか?」と聞いてみたのですが、「はて(-ω- ?)??」といった感でした。
帰宅した後ググッたところ、近くに「城山」といって、古代の朝鮮式山城があるそうです。
そういえば確かに「城山」っていう標識は見た覚えが・・・。
ハッキリとしたことは分からないらしいのですが、天智天皇が白村江の戦いに敗れた後、朝鮮からの侵攻にそなえて西日本各地には山城が築かれたそうです。
城山もそういった場所の一つで、「まないた石」というのはその山城の遺跡のひとつらしいです。
これも、きっとそういうものなんでしょう。

八十八 (6) 

とはいえ、この石の上で魚さばいたりできそうなくらい、平べったいね。
これを「まないた」として使えるのは鬼か天狗か・・・そんなかんじだよね。
しかしまさか、古代の遺構がこんなところにひょっこりあるとは。
ところてんは残念だったけど、無駄足ではなかった♪


ブログランキング・にほんブログ村へ


追記を閉じる▲
八十八 (3)

ところてん・・・。
考えてみたら、ところてん食べるのって、何年ぶりだろう?しかも店で。
そんな話をしつつ、ちょっと歩いたら、あっという間にお店に到着しました。

八十八 (8)

えー・・・。 

店、閉まってました・・・(;´∀`)

八十八 (13)

ひゅううううううう~・・・(北風) 
えーとですね。春までお休みだそうです。
フツー、考えたら分かりそうなもんだろというツッコミ、ごもっとも・・・。

そんな常識はあけぼう達には通用しないんだよヽ(`Д´)ノ
こちとら、思い立ったら吉日生活なんだよ。
行き当たりばったりなんだYO!

アレなんですよね~~~・・・。
調べ方が甘いっていうか~~~~・・・。
ところてんがある!ってことは調べても~~~・・・。
店が開いてるかどうかは調べてないという・・・。 

ん~~~~~~~・・・。

ん~~~~~~~~~・・・。

・・・・まっ☆ いっか!!
(・∀・)

八十八 (9) 

で、前回も触れました、崇徳上皇の件。

八十八 (11) 

この霊水にひたして遺体の損腐を防いだとありますね。
霊水は今もこんこんとわき出てました。

八十八 (14) 

我々も、腐れ防止にお水のご利益にあずからなきゃwww
山から来てる地下水だからか、触ってみるとほんのり温かかったですよ。
夏は逆に冷たいんだろうね。

八十八 (15) 

もちろん温水ってほどじゃないけど、鯉も居心地良いと思うよ。

八十八 (10)

全体的にはこんな感じ。
この左手にさっきの水が出てるところがあります。
ここはまた再訪して、ところてん食べなきゃ。宿題だなー。

それはそうと、お店にゆく途中、不思議なものがありました。

八十八 (4)

「まないた石」だそうです。

八十八 (5)

側に石碑があるものの、特に説明らしい説明が無くて、この「まないた石」なるものが、一体なんなのかよく分からず。
しかもひとんちの畑の続きみたいな場所だし。
通りすがりの地元のおばちゃんに「まないた石って、なんなんですか?」と聞いてみたのですが、「はて(-ω- ?)??」といった感でした。
帰宅した後ググッたところ、近くに「城山」といって、古代の朝鮮式山城があるそうです。
そういえば確かに「城山」っていう標識は見た覚えが・・・。
ハッキリとしたことは分からないらしいのですが、天智天皇が白村江の戦いに敗れた後、朝鮮からの侵攻にそなえて西日本各地には山城が築かれたそうです。
城山もそういった場所の一つで、「まないた石」というのはその山城の遺跡のひとつらしいです。
これも、きっとそういうものなんでしょう。

八十八 (6) 

とはいえ、この石の上で魚さばいたりできそうなくらい、平べったいね。
これを「まないた」として使えるのは鬼か天狗か・・・そんなかんじだよね。
しかしまさか、古代の遺構がこんなところにひょっこりあるとは。
ところてんは残念だったけど、無駄足ではなかった♪


ブログランキング・にほんブログ村へ

FC2blog テーマ:史跡巡り - ジャンル:旅行

【2013/02/09 16:35】 | 香川県
トラックバック(0) |


あけぼう
玉さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

そうそう。こっちもまったく同じで夏のすっぱ辛い間食のひとつですw
甘いところてんは考えられない。
かといって、まったく黒蜜が売られてない訳では無いので、広島県を代表して酢醤油であーる!とまでは言えないですけどね・・・(;´∀`)

ご遺体の水は、別のところで読んだ文章では、せっせとここのお水をかけていたと書いてました。なんせ亡くなったのが夏だったそうなので、そうでもしないとねぇ(;´Д`)かけたとしても、浸したとしても、時間の経過とともにえらいことに・・・ごにょごにょ。
ホント、玉さん言うとおり、相当都からの返事を待ちわびたと思うんですよね。サッと返事を返してこいや!と思ったと思いますよ。色んな意味で。うんうん。


あけぼう
広報ミヨッさん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

せっかく行ったのにめちゃくちゃ残念でした。
きっと、八十八の霊水をたっぷり使用していて
我々の腐れ防止に体内から効きそうだったのにぃ。
でも、ところてんを「あたたか~く」すると
多分、溶けてしまうんじゃ・・・。
それに、なんとなく海藻臭さが
モワッとしそうで
美味しい気がしない(;´∀`)


あけぼう
ピー助さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

恐い恐いw
それ、続けていくと「まないた石」転げ落ちちゃいますよw
坂になってますから、ゴロンゴロン・・・。
そうか!
敵が来た時にゴロンゴロンすれば、武器になりますね・・。
当たらずしも遠からずなのかもしれませんねピー助さん説☆
( ´∀`)bグッ!


あけぼう
よきちのひろさん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

確かに「ヤッコ」って何?って思いますよね。
全然人が居なかったので、だれにも聞くことができませんでした(;´∀`)
霊験あらたかな水、すぐにもお送りいたします。
流氷は夏にお送りください。かき氷にして食べたいと思います☆


あけぼう
misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

完全に酢醤油ですね。うん。酢醤油です。
とにかく、もとは海藻だという意識なので、
黒蜜、とか考えもしなかったですよ。
京都に住み始めたころ、初めて見てビックリでした。

今はスーパーにいくと、黒蜜のところてんも
売ってることは売ってますよ。
でもやっぱ少数派みたいです。
あけぼうもいまだに黒蜜で食べたことが無いw


玉坂めぐる 
ところてん、東京は、酢醤油とからしがほとんどで、甘いところてんには驚きました。かといって「ごはんのおかずの一品」もあんまりないかも。「すっぱい夏の間食」ってポジションです。

ご遺体の水漬け。切ない話ですね。多少防腐効果はあったかもしれませんが、水を吸って丸く膨らんじゃったかもしれませんね。前回にあけぼうさんが書いてた伝説「ご発光なさったぞ」の話くらいないと、遺体のお守りをしてた人は気持ちがもたなかったかもしれません・・・(涙)。あ。。。霊水だから大丈夫なのかな、そうだね。そうだとしよう・・・

あの〜
広報ミヨっちゃん
関西ではスイーツっぽくも食べるし、
たしか酢醤油で食べるのもありですよ。
しかしよく考えたら、
ところてんの「あたたか〜い」が
あってもいいような気もしますね。

きっと。。。
ピー助
あけぼうさん こんばんは!

ところてんはスーパーで売っているものとどう違うのか興味深いものですね~

きっと夏であれば美味しく感じるでしょうけど・・・今はチョット。。。

「まな板石」の正しい使い方について考えました。

下にやや小さめの石があるでしょ!?

博打好きの輩が集まり、まな板の上にそれぞれ同額の賭け金を載せます。

ジャンケンをして勝てば「まな板石」の下の小さな石をひとつ抜くことが出来ます。

そして「まな板石」を傾け賭け金を落としたものが~総取り!

どうです!この説!

明日もご安全に!(^◇^)m

ぴりかあけぼう・おばんでした
よきちのひろ
「やそばの水はドンドン落ちる
 つるべでくんで ヤッコでかやせ」
意味は判りませんが、何だか魅せられるコピーです。
何やら霊験あらたか・・黒髪戻しに効能が??
カモメールで10トンほど送っていただけませんか??
お返しに、流氷10トンほど送りますので?? 


misachi68
そっか〜ところてんは残念だったね(^^;;

ところで、そのところてんですが、
どんな味で食べるんですか?
実は金沢ではところてんは酢醤油で
ご飯のおかずの一品として食べるんだけど、
関西は黒蜜でスイーツとして食べるんですよね?
中国地方、四国は関西に近いのでしょうか?


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
玉さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

そうそう。こっちもまったく同じで夏のすっぱ辛い間食のひとつですw
甘いところてんは考えられない。
かといって、まったく黒蜜が売られてない訳では無いので、広島県を代表して酢醤油であーる!とまでは言えないですけどね・・・(;´∀`)

ご遺体の水は、別のところで読んだ文章では、せっせとここのお水をかけていたと書いてました。なんせ亡くなったのが夏だったそうなので、そうでもしないとねぇ(;´Д`)かけたとしても、浸したとしても、時間の経過とともにえらいことに・・・ごにょごにょ。
ホント、玉さん言うとおり、相当都からの返事を待ちわびたと思うんですよね。サッと返事を返してこいや!と思ったと思いますよ。色んな意味で。うんうん。
2013/02/10(Sun) 18:57 | URL  | あけぼう #-[ 編集]
広報ミヨッさん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

せっかく行ったのにめちゃくちゃ残念でした。
きっと、八十八の霊水をたっぷり使用していて
我々の腐れ防止に体内から効きそうだったのにぃ。
でも、ところてんを「あたたか~く」すると
多分、溶けてしまうんじゃ・・・。
それに、なんとなく海藻臭さが
モワッとしそうで
美味しい気がしない(;´∀`)
2013/02/10(Sun) 18:49 | URL  | あけぼう #-[ 編集]
ピー助さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

恐い恐いw
それ、続けていくと「まないた石」転げ落ちちゃいますよw
坂になってますから、ゴロンゴロン・・・。
そうか!
敵が来た時にゴロンゴロンすれば、武器になりますね・・。
当たらずしも遠からずなのかもしれませんねピー助さん説☆
( ´∀`)bグッ!
2013/02/10(Sun) 18:38 | URL  | あけぼう #-[ 編集]
よきちのひろさん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

確かに「ヤッコ」って何?って思いますよね。
全然人が居なかったので、だれにも聞くことができませんでした(;´∀`)
霊験あらたかな水、すぐにもお送りいたします。
流氷は夏にお送りください。かき氷にして食べたいと思います☆
2013/02/10(Sun) 18:37 | URL  | あけぼう #-[ 編集]
misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

完全に酢醤油ですね。うん。酢醤油です。
とにかく、もとは海藻だという意識なので、
黒蜜、とか考えもしなかったですよ。
京都に住み始めたころ、初めて見てビックリでした。

今はスーパーにいくと、黒蜜のところてんも
売ってることは売ってますよ。
でもやっぱ少数派みたいです。
あけぼうもいまだに黒蜜で食べたことが無いw
2013/02/10(Sun) 18:31 | URL  | あけぼう #-[ 編集]
ところてん、東京は、酢醤油とからしがほとんどで、甘いところてんには驚きました。かといって「ごはんのおかずの一品」もあんまりないかも。「すっぱい夏の間食」ってポジションです。

ご遺体の水漬け。切ない話ですね。多少防腐効果はあったかもしれませんが、水を吸って丸く膨らんじゃったかもしれませんね。前回にあけぼうさんが書いてた伝説「ご発光なさったぞ」の話くらいないと、遺体のお守りをしてた人は気持ちがもたなかったかもしれません・・・(涙)。あ。。。霊水だから大丈夫なのかな、そうだね。そうだとしよう・・・
2013/02/10(Sun) 18:21 | URL  | 玉坂めぐる  #WCSj23LI[ 編集]
あの〜
関西ではスイーツっぽくも食べるし、
たしか酢醤油で食べるのもありですよ。
しかしよく考えたら、
ところてんの「あたたか〜い」が
あってもいいような気もしますね。
2013/02/10(Sun) 16:08 | URL  | 広報ミヨっちゃん #-[ 編集]
きっと。。。
あけぼうさん こんばんは!

ところてんはスーパーで売っているものとどう違うのか興味深いものですね~

きっと夏であれば美味しく感じるでしょうけど・・・今はチョット。。。

「まな板石」の正しい使い方について考えました。

下にやや小さめの石があるでしょ!?

博打好きの輩が集まり、まな板の上にそれぞれ同額の賭け金を載せます。

ジャンケンをして勝てば「まな板石」の下の小さな石をひとつ抜くことが出来ます。

そして「まな板石」を傾け賭け金を落としたものが~総取り!

どうです!この説!

明日もご安全に!(^◇^)m
2013/02/10(Sun) 01:41 | URL  | ピー助 #-[ 編集]
ぴりかあけぼう・おばんでした
「やそばの水はドンドン落ちる
 つるべでくんで ヤッコでかやせ」
意味は判りませんが、何だか魅せられるコピーです。
何やら霊験あらたか・・黒髪戻しに効能が??
カモメールで10トンほど送っていただけませんか??
お返しに、流氷10トンほど送りますので?? 
2013/02/09(Sat) 18:46 | URL  | よきちのひろ #-[ 編集]
そっか〜ところてんは残念だったね(^^;;

ところで、そのところてんですが、
どんな味で食べるんですか?
実は金沢ではところてんは酢醤油で
ご飯のおかずの一品として食べるんだけど、
関西は黒蜜でスイーツとして食べるんですよね?
中国地方、四国は関西に近いのでしょうか?
2013/02/09(Sat) 18:29 | URL  | misachi68 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック