FC2ブログ
おでかけブログ。神話や妖怪、UMAが好き。その他、日々のふしぎや、おバカな出来事・読書感想などを、つらつらと。
うどん県に来ております。

「崇徳上皇の足跡をめぐるコース」ということで、最初にやってきた場所は、

白峯宮・高照院天王寺 です。天皇寺とも。あかりの宮とも。 

天皇寺 (3)  

崇徳上皇が崩御されたのち、
都からの連絡があるまでの間安置したのがここなのだそう。
ご遺体を八十八(やそば)の清水に浸しておいたところ、
神光が輝いたところから、二条天皇の宣旨で建立されたとか。
(八十八・・・次回出てきます)

都からの連絡・・・なかなか来なかったらしいですけどね(´Д⊂ヽ

なんでも都から遠いところに葬られてる天皇って、
崇徳上皇と安徳天皇、淳仁天皇だけなんだって。
3人のうち、淳仁天皇は奈良時代の人だそう。
崇徳上皇と安徳天皇は・・・。 ( ̄- ̄) シーン…
これってやっぱ後白河法皇がヒドイってことなのだろーか・・・・。

天皇寺 (2) 

先に隣の社務所でご朱印貰って。

そしたら、なんとなくメルヘンな門があったので撮影☆
いちご?ぶどう?
この門は、社務所から神社の境内へつながるようになっているのですが、
やっぱり正面の鳥居から入りたいぞ、ということで・・・。

天皇寺 (5)

鳥居です。大小3つの鳥居がくっついたみたいな、ちょっと変わった形の鳥居です。

天皇寺 (6)

この「下乗」の石は、源頼朝寄進なんだとか。
「乗」の字が華みたいですね。

天皇寺 (7)

さっそく出てくる「崇徳天皇」の文字・・・。

天皇寺 (9)

第2の鳥居は、石柱に縄が張ってあるタイプ。

天皇寺 (10)

階段左手には、皇族下乗の文字が。おお・・・。
明治天皇、崇徳上皇の祟りを気にしてたらしいですもんね。
即位の際に使者を出して、崇徳上皇の霊を京都に呼び戻したそうです(京都:白峯神宮)

天皇寺 (11)

逆に言うと、その明治天皇即位の時に至るまで、結局、崇徳上皇は都に帰ることを許されなかったと。
崇徳上皇はこの近くの白峯山に埋葬されることに。。・゚・(ノД`)・゚・。

天皇寺 (12) 

この神社には、様々なご神木がありました。こちらは樹齢500年。
最近、ご神木の不審な立ち枯れが問題になってるじゃないですか。四国で。
神社の大木が好きなあけぼうからしたら、もうマジで腹が立つんですけど、実際、大木が足りないから高く売れるんでしょうね。

天皇寺 (16)

伊勢神宮も遷宮だし、出雲大社の本殿もそうだし。
那智のほうも台風被害で壊れたりしてたし。
近年、需要が高まってたかもね。
立派な神社仏閣の修繕には大木がたくさん必要なのに、調達するのは大変そう。
ホントは国内の森林で神社の建て替えの材木が余裕でまかなえるくらい、ちゃんと森を保全しとかないといけないんだろうね。
ある程度人が手入れして切るべき木は伐らないと、影になって木が育ちにくくなったりとか、健全な山の状態にはならないらしいじゃん?
広島の牡蠣も、山からの栄養が川を下って海に流れ出てるから、美味しいんだよ・・・。
森が良くなれば、崖崩れとか防げるし。猪の出没も少なくなるかもしれないし。去年の秋なんて、市街地のど真ん中の中学校に鹿が現れたからね、我が町w 異常事態ですよ。

ちょっとカッとなって色々書いてしまいましたが、よーするに何が言いたいかというと、
ここのご神木に手を出しやがったら、犯人は確実に・・・
(ΦДΦ)呪まーす

天皇寺 (18) 

このご神木のさ、うしろに石灯籠が建ってるでしょ?
そこに、ソフトボールくらいの丸い石がいっぱい置いてあったんですけど(びっしりと、たくさん)、このご神木の名前が「招魂の木」ということもあって、ちょっと意味深な感じがしました・・・(気のせいかもしれませんが・・・)

天皇寺 (19)     天皇寺 (20) 

ここの狛犬は、とにかく天を見上げてましたね~。
上を見過ぎで、我々からは顎しか見えないくらいにw

天皇寺 (15)

拝殿です。
崇徳上皇は色々あって讃岐に流され、この地でお亡くなりになったわけですが。
地元の人達には、愛されてたみたいです。
地元民にとって、突如田舎に現れた大スター以上のインパクトだったのは間違いない・・・。

天皇寺 (17) 

最初にも書きましたけど、ご遺体を清水に浸して安置していたわけですよ。
それが神光を発したということで、【あかりの宮】とも言うそうなのですけれども。
なかなか返事をよこさない朝廷の態度とか。
結局、死してなお京への帰還を許されなかったりとか。
地元民達はきっと、義憤に駆られたんじゃないかな。
自分たちが敬愛した崇徳上皇のために。
ご遺体は光っておったのだぞ~バカーヾ(゚д゚)ノと、悔し紛れに言ってやった!って気がすると思いました。
あ、いや、本当に光ってたのかもしれないけどね・・・?(;´∀`)
なにしろ八十八の水は霊水だそうなので・・・。

白峯宮と隣接して、お寺の本堂もあります。

天皇寺 (21)

高照院。
その昔、弘法大師(空海)が修行中、八十八の霊水の前を通りかかった時、霊気を感じ十一面観音像と阿弥陀如来、愛染明王を刻んで寺を建立したと伝えられています。
弘法大師は様々な地でビビビッときてるよねー・・。
その後、天皇にゆかりがあることから、天皇寺と言われるようになったとか。

天皇寺 (22)

あけぼう達が、うろうろしてると、お遍路さんの一団が訪れてました。
一気に「四国だなぁ・・・」と感じさせられる光景でしたw

天皇寺 (24)

なので、こっちは弘法大師さまがメインな感じ。あたりまえながら。

天皇寺 (25)

ここで、アプリ「ふらっと案内」の電子スタンプゲット。
単純だけどなんとなくやる気が出ますw

このコース巡りはまだまだ続きますー。

天皇寺

ブログランキング・にほんブログ村へ

えーと、気になる人は気になるかもしれませんが、
今回はコース名にならって「崇徳上皇」の呼び方で通す予定っす。


追記を閉じる▲
崇徳上皇が崩御されたのち、
都からの連絡があるまでの間安置したのがここなのだそう。
ご遺体を八十八(やそば)の清水に浸しておいたところ、
神光が輝いたところから、二条天皇の宣旨で建立されたとか。
(八十八・・・次回出てきます)

都からの連絡・・・なかなか来なかったらしいですけどね(´Д⊂ヽ

なんでも都から遠いところに葬られてる天皇って、
崇徳上皇と安徳天皇、淳仁天皇だけなんだって。
3人のうち、淳仁天皇は奈良時代の人だそう。
崇徳上皇と安徳天皇は・・・。 ( ̄- ̄) シーン…
これってやっぱ後白河法皇がヒドイってことなのだろーか・・・・。

天皇寺 (2) 

先に隣の社務所でご朱印貰って。

そしたら、なんとなくメルヘンな門があったので撮影☆
いちご?ぶどう?
この門は、社務所から神社の境内へつながるようになっているのですが、
やっぱり正面の鳥居から入りたいぞ、ということで・・・。

天皇寺 (5)

鳥居です。大小3つの鳥居がくっついたみたいな、ちょっと変わった形の鳥居です。

天皇寺 (6)

この「下乗」の石は、源頼朝寄進なんだとか。
「乗」の字が華みたいですね。

天皇寺 (7)

さっそく出てくる「崇徳天皇」の文字・・・。

天皇寺 (9)

第2の鳥居は、石柱に縄が張ってあるタイプ。

天皇寺 (10)

階段左手には、皇族下乗の文字が。おお・・・。
明治天皇、崇徳上皇の祟りを気にしてたらしいですもんね。
即位の際に使者を出して、崇徳上皇の霊を京都に呼び戻したそうです(京都:白峯神宮)

天皇寺 (11)

逆に言うと、その明治天皇即位の時に至るまで、結局、崇徳上皇は都に帰ることを許されなかったと。
崇徳上皇はこの近くの白峯山に埋葬されることに。。・゚・(ノД`)・゚・。

天皇寺 (12) 

この神社には、様々なご神木がありました。こちらは樹齢500年。
最近、ご神木の不審な立ち枯れが問題になってるじゃないですか。四国で。
神社の大木が好きなあけぼうからしたら、もうマジで腹が立つんですけど、実際、大木が足りないから高く売れるんでしょうね。

天皇寺 (16)

伊勢神宮も遷宮だし、出雲大社の本殿もそうだし。
那智のほうも台風被害で壊れたりしてたし。
近年、需要が高まってたかもね。
立派な神社仏閣の修繕には大木がたくさん必要なのに、調達するのは大変そう。
ホントは国内の森林で神社の建て替えの材木が余裕でまかなえるくらい、ちゃんと森を保全しとかないといけないんだろうね。
ある程度人が手入れして切るべき木は伐らないと、影になって木が育ちにくくなったりとか、健全な山の状態にはならないらしいじゃん?
広島の牡蠣も、山からの栄養が川を下って海に流れ出てるから、美味しいんだよ・・・。
森が良くなれば、崖崩れとか防げるし。猪の出没も少なくなるかもしれないし。去年の秋なんて、市街地のど真ん中の中学校に鹿が現れたからね、我が町w 異常事態ですよ。

ちょっとカッとなって色々書いてしまいましたが、よーするに何が言いたいかというと、
ここのご神木に手を出しやがったら、犯人は確実に・・・
(ΦДΦ)呪まーす

天皇寺 (18) 

このご神木のさ、うしろに石灯籠が建ってるでしょ?
そこに、ソフトボールくらいの丸い石がいっぱい置いてあったんですけど(びっしりと、たくさん)、このご神木の名前が「招魂の木」ということもあって、ちょっと意味深な感じがしました・・・(気のせいかもしれませんが・・・)

天皇寺 (19)     天皇寺 (20) 

ここの狛犬は、とにかく天を見上げてましたね~。
上を見過ぎで、我々からは顎しか見えないくらいにw

天皇寺 (15)

拝殿です。
崇徳上皇は色々あって讃岐に流され、この地でお亡くなりになったわけですが。
地元の人達には、愛されてたみたいです。
地元民にとって、突如田舎に現れた大スター以上のインパクトだったのは間違いない・・・。

天皇寺 (17) 

最初にも書きましたけど、ご遺体を清水に浸して安置していたわけですよ。
それが神光を発したということで、【あかりの宮】とも言うそうなのですけれども。
なかなか返事をよこさない朝廷の態度とか。
結局、死してなお京への帰還を許されなかったりとか。
地元民達はきっと、義憤に駆られたんじゃないかな。
自分たちが敬愛した崇徳上皇のために。
ご遺体は光っておったのだぞ~バカーヾ(゚д゚)ノと、悔し紛れに言ってやった!って気がすると思いました。
あ、いや、本当に光ってたのかもしれないけどね・・・?(;´∀`)
なにしろ八十八の水は霊水だそうなので・・・。

白峯宮と隣接して、お寺の本堂もあります。

天皇寺 (21)

高照院。
その昔、弘法大師(空海)が修行中、八十八の霊水の前を通りかかった時、霊気を感じ十一面観音像と阿弥陀如来、愛染明王を刻んで寺を建立したと伝えられています。
弘法大師は様々な地でビビビッときてるよねー・・。
その後、天皇にゆかりがあることから、天皇寺と言われるようになったとか。

天皇寺 (22)

あけぼう達が、うろうろしてると、お遍路さんの一団が訪れてました。
一気に「四国だなぁ・・・」と感じさせられる光景でしたw

天皇寺 (24)

なので、こっちは弘法大師さまがメインな感じ。あたりまえながら。

天皇寺 (25)

ここで、アプリ「ふらっと案内」の電子スタンプゲット。
単純だけどなんとなくやる気が出ますw

このコース巡りはまだまだ続きますー。

天皇寺

ブログランキング・にほんブログ村へ

えーと、気になる人は気になるかもしれませんが、
今回はコース名にならって「崇徳上皇」の呼び方で通す予定っす。

FC2blog テーマ:旅日記 - ジャンル:旅行

【2013/02/08 13:10】 | 香川県
トラックバック(0) |


あけぼう
玉さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

今の皇族方はお参りしてなさそうですよねー。
まあ東京在住だし。
関西に来るときは、もっと他に色々行くべきところがあるし・・・
(そう思う事にしようw)
京都の御陵はそんなに質素なかんじなのね。
この後、こちらの御陵に行くから、その時見比べてみてくだされ~。
まあそこに到着するまで、まだまだ色々あるんだけど(;´∀`)


玉坂めぐる 
勉強になるな。学生だった頃に京都で玉坂が出くわした崇徳天皇御陵・・・明治天皇が作ったんですか。さっきネットで調べました。サイトの画像よりも、もっともっと質素な印象でした。普通の道路にいて低い格子からひょいと覗いたらそこに見えちゃう。そこに木があって石碑があってそこが御陵・・・それだけか☆えーって。 天気も悪い日で、怖かったです。
ネットで見たらあそこも「皇族下乗」。皇族も乗物から降りましょう。敬意をしましましょう。でも、ほんとこんな道端で降りなきゃなんないと考えると「恐れ」と「敬い」を逆に感じます。でもいまの皇族方も、お参りしてるのかな? 
でもここでみんなにだいじにしてもらってるんだね。崇徳さん。よかったなあと思います。
井浦新さんのインタビューってたぶん私テレビでみたよ。埼玉の鉱泉宿に泊まってた時にいきなり始まって酔っ払ってみてた。NHKローカルの制作だったみたい。




あけぼう
よきちのひろさん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

全然レベルは違いますが、森は怖いです。
虫いるし。毒キノコあるし。
小動物がガサガサッて走っただけで、うひーって思いますし(ToT)
そんな超モヤシっ子のあけぼうですが、自分は安全なところ(※)から森の木がそよそよしてるのを「ほへー」と眺めるのは好きなのですw

※の部分は超大切。

ぴりかあけぼう・はろ~
よきちのひろ
「ごもっとも、エライ」
ピリカの森や樹木に対するお考えをしみじみ拝聴いたしました。
森となれば・・手前味噌で一家言を持つ桂恋村ですから、一言、
「森は怖いところです」
山道で迷って自宅に帰れず、何年も道に迷いッぱなしの経験があります。
「怖いけれど、楽しい夢のような日々でもありました」



あけぼう
広報ミヨッさん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

そんな仕事をしてらっしゃるとは、さすがモリメイツw
そういえば、ウチの両親なんかも言ってますけど、子どものころは山は綺麗だったんですって。なんでかっていうと、子どもたちがそこらじゅうのマキを拾い集めてたからw
今、岡山の真庭市では端材や木の皮を燃やして発電するシステムがあって、たまにエコエネルギーの一つとしてTVで紹介されたりしてますが、それで周辺の森も元気になってきてるらしいです。そういう技術とのコラボで良い結果が生まれるのって素敵ですよね。


あけぼう
サムライ銅像研究会さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

あけぼうも今回の事をきっかけとして知りました。
今まで、香川県坂出市は瀬戸大橋を渡った最初の町、という印象しかなかったです。
興味の方向によって、さまざまなものが見えてくるなぁと不思議なような面白いような気持ちです。


あけぼう
ピー助さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

ん~~~あけぼうは公共事業について、そこまで極端な事は考えられないですね。
土木建設業の従事者、多いですし。
公共事業なんかしなくても国が潤うくらい、ピー助さんが外貨を稼いできてじゃんじゃん浪費してくれるならオッケーです☆

しかし、そのへんの事を考えたとき、
限界集落の人達をどうするのかという問題に行き当たりませんか。
たかだか、数十件の為に電気をひき、道路を敷く。
それを無駄と断じ、町へ移転させれば、管理もまとめて出来るようになります。
しかしその土地の風習・伝統も同時に失われます(´ε`;)

まあでも人口減少と共に、やがて失われていくものは失われていくのでしょうから、ここは長期的な目で考えなければなあと思いますね。

あの〜
広報ミヨっちゃん
山紫水明の国。
森林があるからこそですよね。
実は僕もいま仕事で
森林について勉強しておりまして、
まったく、あけぼうさんの言う通りです。
森のライフサイクルにあわせた伐採こそが
森を救う、ということで、
国産木材の使用を推進しておりますw
(某大手建材会社の仕事w)



サムライ銅像研究会
 こんばんわ。
 崇徳上皇を巡って、そのような神社やお寺、お話があるとは存じませんでした。いつか訪れたいと思います。勉強になるなぁ・・・。

自然界との調和
ピー助
あけぼうさん こんばんは!

釣りをしながら

流星を撮影しながら

思います。。。。

日本の政治が道を切り開き、ダムをおっ建て続けたおかげで、山に住む彼らは住処を追われ、仕方なく人里に下りてしまったのです。

景気回復の手段から公共事業を除かないかぎり、日本は破滅へ向かってっちゃうんですよ~

公共事業が不可欠と言うのであれば、これからは

今あるダムや堰堤、不要な道路を撤去して自然の姿を取り戻す活動が重要です。。。と思う。

明日もご安全に!(^◇^)m




あけぼう
misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

あけぼうもミサさんに教えてもらって、高松局HPのインタビュー読んだんですけど、本当に崇徳院のこと、めちゃくちゃ大好きみたいですよね。大好きだから役に呼ばれたのかもって思うくらい。運命ってかんじ。
森については、そりゃモリメイツですからね~ww
っていうのは冗談で、広島県もいちおう森林県だったりするんで、そういったニュースとか話題をよく耳にすることがあるんですよね。あとイノシシは島から島へ海を泳いで渡ります!


misachi68
そうそう、NHKの高松局のHPで平清盛特設コーナーに
井浦新さんのインタビューがあって面白かったですよ。
崇徳上皇が地元民に慕われていたってエピソードも話してましたよ。

それはそうと、あけぼうさんったら森についても詳しいですね~
私は先日読んだ林業小説のおかげで、
あけぼうさんが書いてる通りの実情を知った感じです^_^;

やっぱり四国行ってみたいわ~


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
玉さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

今の皇族方はお参りしてなさそうですよねー。
まあ東京在住だし。
関西に来るときは、もっと他に色々行くべきところがあるし・・・
(そう思う事にしようw)
京都の御陵はそんなに質素なかんじなのね。
この後、こちらの御陵に行くから、その時見比べてみてくだされ~。
まあそこに到着するまで、まだまだ色々あるんだけど(;´∀`)
2013/02/10(Sun) 18:45 | URL  | あけぼう #-[ 編集]
勉強になるな。学生だった頃に京都で玉坂が出くわした崇徳天皇御陵・・・明治天皇が作ったんですか。さっきネットで調べました。サイトの画像よりも、もっともっと質素な印象でした。普通の道路にいて低い格子からひょいと覗いたらそこに見えちゃう。そこに木があって石碑があってそこが御陵・・・それだけか☆えーって。 天気も悪い日で、怖かったです。
ネットで見たらあそこも「皇族下乗」。皇族も乗物から降りましょう。敬意をしましましょう。でも、ほんとこんな道端で降りなきゃなんないと考えると「恐れ」と「敬い」を逆に感じます。でもいまの皇族方も、お参りしてるのかな? 
でもここでみんなにだいじにしてもらってるんだね。崇徳さん。よかったなあと思います。
井浦新さんのインタビューってたぶん私テレビでみたよ。埼玉の鉱泉宿に泊まってた時にいきなり始まって酔っ払ってみてた。NHKローカルの制作だったみたい。

2013/02/10(Sun) 11:46 | URL  | 玉坂めぐる  #WCSj23LI[ 編集]
よきちのひろさん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

全然レベルは違いますが、森は怖いです。
虫いるし。毒キノコあるし。
小動物がガサガサッて走っただけで、うひーって思いますし(ToT)
そんな超モヤシっ子のあけぼうですが、自分は安全なところ(※)から森の木がそよそよしてるのを「ほへー」と眺めるのは好きなのですw

※の部分は超大切。
2013/02/09(Sat) 16:26 | URL  | あけぼう #-[ 編集]
ぴりかあけぼう・はろ~
「ごもっとも、エライ」
ピリカの森や樹木に対するお考えをしみじみ拝聴いたしました。
森となれば・・手前味噌で一家言を持つ桂恋村ですから、一言、
「森は怖いところです」
山道で迷って自宅に帰れず、何年も道に迷いッぱなしの経験があります。
「怖いけれど、楽しい夢のような日々でもありました」
2013/02/09(Sat) 14:50 | URL  | よきちのひろ #-[ 編集]
広報ミヨッさん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

そんな仕事をしてらっしゃるとは、さすがモリメイツw
そういえば、ウチの両親なんかも言ってますけど、子どものころは山は綺麗だったんですって。なんでかっていうと、子どもたちがそこらじゅうのマキを拾い集めてたからw
今、岡山の真庭市では端材や木の皮を燃やして発電するシステムがあって、たまにエコエネルギーの一つとしてTVで紹介されたりしてますが、それで周辺の森も元気になってきてるらしいです。そういう技術とのコラボで良い結果が生まれるのって素敵ですよね。
2013/02/09(Sat) 09:48 | URL  | あけぼう #-[ 編集]
サムライ銅像研究会さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

あけぼうも今回の事をきっかけとして知りました。
今まで、香川県坂出市は瀬戸大橋を渡った最初の町、という印象しかなかったです。
興味の方向によって、さまざまなものが見えてくるなぁと不思議なような面白いような気持ちです。
2013/02/09(Sat) 09:29 | URL  | あけぼう #-[ 編集]
ピー助さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

ん~~~あけぼうは公共事業について、そこまで極端な事は考えられないですね。
土木建設業の従事者、多いですし。
公共事業なんかしなくても国が潤うくらい、ピー助さんが外貨を稼いできてじゃんじゃん浪費してくれるならオッケーです☆

しかし、そのへんの事を考えたとき、
限界集落の人達をどうするのかという問題に行き当たりませんか。
たかだか、数十件の為に電気をひき、道路を敷く。
それを無駄と断じ、町へ移転させれば、管理もまとめて出来るようになります。
しかしその土地の風習・伝統も同時に失われます(´ε`;)

まあでも人口減少と共に、やがて失われていくものは失われていくのでしょうから、ここは長期的な目で考えなければなあと思いますね。
2013/02/09(Sat) 09:24 | URL  | あけぼう #-[ 編集]
あの〜
山紫水明の国。
森林があるからこそですよね。
実は僕もいま仕事で
森林について勉強しておりまして、
まったく、あけぼうさんの言う通りです。
森のライフサイクルにあわせた伐採こそが
森を救う、ということで、
国産木材の使用を推進しておりますw
(某大手建材会社の仕事w)
2013/02/09(Sat) 04:13 | URL  | 広報ミヨっちゃん #-[ 編集]
 こんばんわ。
 崇徳上皇を巡って、そのような神社やお寺、お話があるとは存じませんでした。いつか訪れたいと思います。勉強になるなぁ・・・。
2013/02/09(Sat) 00:51 | URL  | サムライ銅像研究会 #-[ 編集]
自然界との調和
あけぼうさん こんばんは!

釣りをしながら

流星を撮影しながら

思います。。。。

日本の政治が道を切り開き、ダムをおっ建て続けたおかげで、山に住む彼らは住処を追われ、仕方なく人里に下りてしまったのです。

景気回復の手段から公共事業を除かないかぎり、日本は破滅へ向かってっちゃうんですよ~

公共事業が不可欠と言うのであれば、これからは

今あるダムや堰堤、不要な道路を撤去して自然の姿を取り戻す活動が重要です。。。と思う。

明日もご安全に!(^◇^)m

2013/02/08(Fri) 22:38 | URL  | ピー助 #-[ 編集]
misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

あけぼうもミサさんに教えてもらって、高松局HPのインタビュー読んだんですけど、本当に崇徳院のこと、めちゃくちゃ大好きみたいですよね。大好きだから役に呼ばれたのかもって思うくらい。運命ってかんじ。
森については、そりゃモリメイツですからね~ww
っていうのは冗談で、広島県もいちおう森林県だったりするんで、そういったニュースとか話題をよく耳にすることがあるんですよね。あとイノシシは島から島へ海を泳いで渡ります!
2013/02/08(Fri) 17:38 | URL  | あけぼう #-[ 編集]
そうそう、NHKの高松局のHPで平清盛特設コーナーに
井浦新さんのインタビューがあって面白かったですよ。
崇徳上皇が地元民に慕われていたってエピソードも話してましたよ。

それはそうと、あけぼうさんったら森についても詳しいですね~
私は先日読んだ林業小説のおかげで、
あけぼうさんが書いてる通りの実情を知った感じです^_^;

やっぱり四国行ってみたいわ~
2013/02/08(Fri) 16:42 | URL  | misachi68 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック