おでかけブログ。ご朱印を集めてます。その他、日々のおバカな出来事・読書感想などを、つらつらと。
山口市、瑠璃光寺に来ています。続きです☆

瑠璃光寺 (1) 

瑠璃光寺は、大内氏全盛期の「西の京」と言われた大内文化を代表する観光地でございます。

瑠璃光寺 (2) 

中でも有名なのが、国宝のこの五重塔です。

瑠璃光寺 (3) 

この近くに湯田温泉っていう温泉があって、昔泊まったことがあるんですが、宿のオプションツアーみたいなかんじで、夜ここに連れてきてもらったことがありまして。五重塔をライトアップしてるんです。今もずっと継続中みたいでしたね。大きなライトが設置されてました。
しかし、あけぼう的には五重塔が照らされてる様子をなんとなく覚えているだけ。だから初めて来たようなもんです。

瑠璃光寺 (4) 

紅葉と五重塔を一緒に撮ろうと頑張ってみました。
でも、目の前にでっかい蜘蛛の巣が・・・(ノ∀`)アチャー

瑠璃光寺 (6) 

大内氏って名前は聞くけど、実際どんな感じなのか、どうもイメージがわかない。
大河ドラマの主人公にならないかなあw 
今までの大河ドラマだと「毛利元就」でちょろっと出たくらいだよねえ?
その毛利氏ですら、何となく地味だもんな。無理かw

そんな五重塔の前に、でん、と立ってる司馬遼太郎の「街道をゆく」の文章が刻まれた石碑。

瑠璃光寺 (7) 

(長州は、いい塔をもっている) と、惚れぼれするおもいであった。長州人の優しさというものは、山口に八街九陌をつくった大内弘世や、ザビエルを保護した義隆などの大内文化を知らねばわからないような気もする



あけぼう達、この石碑を見た後

「なにしろ (長州は、いい塔をもっている) からさぁ~」

とか、

長州人のやさしさというもの) だよねえ~ 」

などと、

これらの文句を「使いたくてしょうがない病」にかかりましたw

瑠璃光寺 (8) 

ところで、この瑠璃光寺は紅葉はそれほど「名所」になるほどたくさんは無かったのですが。

瑠璃光寺 (9) 

ところどころ、バッチリ色づいている木がありましたので、おさえときました☆

瑠璃光寺 (10)

後で調べたら、梅林や桜の木ならあるみたい。春がベストなのかもしれないですね。

瑠璃光寺 (11)

では、五重塔はこれくらいにして本堂へ。

瑠璃光寺 (12) 

かなり人で賑わってました。

瑠璃光寺 (13) 

歴史ロマン・・・ってな五重塔とは対照的に、こっちは庶民がいろんな事をお願いする現実的(?)なお寺・・・って感じ。
 本堂横に「一畑薬師」があったり「仏足石」とか・・・。

瑠璃光寺 (14) 
 
ここに、あけぼうの立てた線香もあるよ☆

お寺といえば、お墓がつきものだけど、このお寺の隣には毛利家のお殿様たちのお墓があるみたいなので、ちょっとそちらのほうへ行ってみたいと思います。 

瑠璃光寺ご朱印   
 
ブログランキング・にほんブログ村へ 
人気ブログランキングへ
関連記事


追記を閉じる▲
瑠璃光寺 (3) 

この近くに湯田温泉っていう温泉があって、昔泊まったことがあるんですが、宿のオプションツアーみたいなかんじで、夜ここに連れてきてもらったことがありまして。五重塔をライトアップしてるんです。今もずっと継続中みたいでしたね。大きなライトが設置されてました。
しかし、あけぼう的には五重塔が照らされてる様子をなんとなく覚えているだけ。だから初めて来たようなもんです。

瑠璃光寺 (4) 

紅葉と五重塔を一緒に撮ろうと頑張ってみました。
でも、目の前にでっかい蜘蛛の巣が・・・(ノ∀`)アチャー

瑠璃光寺 (6) 

大内氏って名前は聞くけど、実際どんな感じなのか、どうもイメージがわかない。
大河ドラマの主人公にならないかなあw 
今までの大河ドラマだと「毛利元就」でちょろっと出たくらいだよねえ?
その毛利氏ですら、何となく地味だもんな。無理かw

そんな五重塔の前に、でん、と立ってる司馬遼太郎の「街道をゆく」の文章が刻まれた石碑。

瑠璃光寺 (7) 

(長州は、いい塔をもっている) と、惚れぼれするおもいであった。長州人の優しさというものは、山口に八街九陌をつくった大内弘世や、ザビエルを保護した義隆などの大内文化を知らねばわからないような気もする



あけぼう達、この石碑を見た後

「なにしろ (長州は、いい塔をもっている) からさぁ~」

とか、

長州人のやさしさというもの) だよねえ~ 」

などと、

これらの文句を「使いたくてしょうがない病」にかかりましたw

瑠璃光寺 (8) 

ところで、この瑠璃光寺は紅葉はそれほど「名所」になるほどたくさんは無かったのですが。

瑠璃光寺 (9) 

ところどころ、バッチリ色づいている木がありましたので、おさえときました☆

瑠璃光寺 (10)

後で調べたら、梅林や桜の木ならあるみたい。春がベストなのかもしれないですね。

瑠璃光寺 (11)

では、五重塔はこれくらいにして本堂へ。

瑠璃光寺 (12) 

かなり人で賑わってました。

瑠璃光寺 (13) 

歴史ロマン・・・ってな五重塔とは対照的に、こっちは庶民がいろんな事をお願いする現実的(?)なお寺・・・って感じ。
 本堂横に「一畑薬師」があったり「仏足石」とか・・・。

瑠璃光寺 (14) 
 
ここに、あけぼうの立てた線香もあるよ☆

お寺といえば、お墓がつきものだけど、このお寺の隣には毛利家のお殿様たちのお墓があるみたいなので、ちょっとそちらのほうへ行ってみたいと思います。 

瑠璃光寺ご朱印   
 
ブログランキング・にほんブログ村へ 
人気ブログランキングへ
関連記事

FC2blog テーマ:寺巡り - ジャンル:旅行

【2013/01/22 17:33】 | 山口市(瑠璃光寺周辺)
トラックバック(0) |


あけぼう
よきちのひろさん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

あけぼうなんて、脳細胞がすべてをシャットアウトしました。
鞍馬天狗のおじさんは、そんなこと言うてたんですかー。
いや、たしかに未来を明るくしてくれるのはエライ人達です。
ありがたや~ありがたや~☆

ぴりかあけぼう・おばんでした
よきちのひろ
前回は難解・・脳細胞が混乱しております。
世界中にはエライお方がたくさんいらっしゃるので・・
「人類の未来は明るい」とたしか鞍馬天狗のおじさんもエンディングでおっしゃられたような??
毛利さんの墓巡り紀行、期待しております。



あけぼう
玉さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

そうそう。昨日は「エレガント」使いたい病だったw
高野山の石碑のほうは、なんかエライ荘厳で、すごい場所のように書いてあったけど、今回の(いい塔をもっている)のほうが我らにとってキャッチーだったのか、重度の病にかかっていたよw
司馬遼太郎の石碑、この調子で探せばあちこちあるのかも・・・。
「街道をゆく」がある意味、司馬遼太郎の本の中で一番好きだわー。数冊しか読んでないケド(;´∀`)
どこかへ行く前に読むと絶対良いよね。ただ、本に触発されて本来のツアーの行程とは違う所へ無性に行きたくなったり、1泊2日じゃ物足りなくなったり極端な効果・・・( ´艸`)
薩摩の人ww まーでも玉さんの言うとおりだよ。本当のガイドブック書いてるわけじゃないんだし、大先生がどう感じたかが大事なんだよ( ´∀`)bグッ! 
薩摩人の気質は縁側的玄関なんだぜ!!!(←覚えたw)

冬の特別拝観いいなー。東寺っていつでも行ける気がしていまだに中に入ったことないんだよね。
こういう超さぶい時期に公開するあたりが、京都め~!って感じだわw


あけぼう
きぼう丸さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

五重塔の中、気になる!なる!
セキュリティが心配になるくらい、簡単に入れそうだったよw
そもそも五重塔じたい、無料で拝観出来ちゃうし。
あ、でも鍵があるから無理か。┐(´∀`)┌

司馬遼太郎の言い回しって独特だよね。
「~というものは」っていうのも、よく使うイメージ(・∀・)


あけぼう
広報ミヨッさん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

おお。
かつての文学青年がよみがえってるじゃないですか☆
湯田温泉、なぜか夜と早朝の様子しか
記憶に残ってないんですが
中原中也の記念館たしかにありました。
かなりメイン扱いされてた印象・・・。
あと、井上馨の出身地ですネ☆


玉坂めぐる 
おお長州はいい塔をもっているねえ(^へ^)
「街道をゆく」はその土地の見方をバシンとガイドしてくれるから、面白くなっちゃうよね。玉坂一行も高野山で同じような石碑を見て、その病にかかりましたよ。でも、司馬先生ご逝去直後ぐらいのNHKの特集で、「薩摩の家の玄関は縁側のようで、そういったところにも薩摩人の気質がうんぬん」とか書いていたのを薩摩の人が「あの日先生は縁側からいきなりいらして誤解したようだ、普通の玄関もあるでごわす」みたいな…。爆笑しました。わはは誤解もありだよ、かまわず主観で街道を行こうぜ、先生(^^)。
そういえば先日は、私もあけぼうちゃんも「エレガント」を使いたい病にかかりましたね。あれも旅に惑ったようなものかもしれません。分かんない時も誤解や曲解がたよりになるさ。
あ、そうそう。きぼう丸さんきぼう丸さん。いま京都の東寺のあの超有名五重の塔、冬の特別拝観で内部に入れるらしいです! 行きたかったんだけど時間がなくていけなかったよう。




きぼう丸
いや〜この五重塔かっこいいね〜♪
無理だろうけど、中に入ってみたいな〜!

「使いたくてしょうがない病」はよくかかります。
時には重傷でしつこいぐらい言っては娘を冷めさせる
自身がど〜んとありますw
しかし司馬遼太郎の言い方って・・・好きだな!

あの〜
広報ミヨっちゃん
ちゃんと行ったことない
山口県ですが、
湯田温泉だけは
一度いってみたいと思ってました。
僕の好きな詩人
中原中也の出身地…
中也記念館もありますよね。


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
よきちのひろさん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

あけぼうなんて、脳細胞がすべてをシャットアウトしました。
鞍馬天狗のおじさんは、そんなこと言うてたんですかー。
いや、たしかに未来を明るくしてくれるのはエライ人達です。
ありがたや~ありがたや~☆
2013/01/23(Wed) 17:11 | URL  | あけぼう #-[ 編集]
ぴりかあけぼう・おばんでした
前回は難解・・脳細胞が混乱しております。
世界中にはエライお方がたくさんいらっしゃるので・・
「人類の未来は明るい」とたしか鞍馬天狗のおじさんもエンディングでおっしゃられたような??
毛利さんの墓巡り紀行、期待しております。
2013/01/23(Wed) 16:17 | URL  | よきちのひろ #-[ 編集]
玉さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

そうそう。昨日は「エレガント」使いたい病だったw
高野山の石碑のほうは、なんかエライ荘厳で、すごい場所のように書いてあったけど、今回の(いい塔をもっている)のほうが我らにとってキャッチーだったのか、重度の病にかかっていたよw
司馬遼太郎の石碑、この調子で探せばあちこちあるのかも・・・。
「街道をゆく」がある意味、司馬遼太郎の本の中で一番好きだわー。数冊しか読んでないケド(;´∀`)
どこかへ行く前に読むと絶対良いよね。ただ、本に触発されて本来のツアーの行程とは違う所へ無性に行きたくなったり、1泊2日じゃ物足りなくなったり極端な効果・・・( ´艸`)
薩摩の人ww まーでも玉さんの言うとおりだよ。本当のガイドブック書いてるわけじゃないんだし、大先生がどう感じたかが大事なんだよ( ´∀`)bグッ! 
薩摩人の気質は縁側的玄関なんだぜ!!!(←覚えたw)

冬の特別拝観いいなー。東寺っていつでも行ける気がしていまだに中に入ったことないんだよね。
こういう超さぶい時期に公開するあたりが、京都め~!って感じだわw
2013/01/23(Wed) 10:26 | URL  | あけぼう #-[ 編集]
きぼう丸さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

五重塔の中、気になる!なる!
セキュリティが心配になるくらい、簡単に入れそうだったよw
そもそも五重塔じたい、無料で拝観出来ちゃうし。
あ、でも鍵があるから無理か。┐(´∀`)┌

司馬遼太郎の言い回しって独特だよね。
「~というものは」っていうのも、よく使うイメージ(・∀・)
2013/01/23(Wed) 10:04 | URL  | あけぼう #-[ 編集]
広報ミヨッさん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

おお。
かつての文学青年がよみがえってるじゃないですか☆
湯田温泉、なぜか夜と早朝の様子しか
記憶に残ってないんですが
中原中也の記念館たしかにありました。
かなりメイン扱いされてた印象・・・。
あと、井上馨の出身地ですネ☆
2013/01/23(Wed) 09:58 | URL  | あけぼう #-[ 編集]
おお長州はいい塔をもっているねえ(^へ^)
「街道をゆく」はその土地の見方をバシンとガイドしてくれるから、面白くなっちゃうよね。玉坂一行も高野山で同じような石碑を見て、その病にかかりましたよ。でも、司馬先生ご逝去直後ぐらいのNHKの特集で、「薩摩の家の玄関は縁側のようで、そういったところにも薩摩人の気質がうんぬん」とか書いていたのを薩摩の人が「あの日先生は縁側からいきなりいらして誤解したようだ、普通の玄関もあるでごわす」みたいな…。爆笑しました。わはは誤解もありだよ、かまわず主観で街道を行こうぜ、先生(^^)。
そういえば先日は、私もあけぼうちゃんも「エレガント」を使いたい病にかかりましたね。あれも旅に惑ったようなものかもしれません。分かんない時も誤解や曲解がたよりになるさ。
あ、そうそう。きぼう丸さんきぼう丸さん。いま京都の東寺のあの超有名五重の塔、冬の特別拝観で内部に入れるらしいです! 行きたかったんだけど時間がなくていけなかったよう。

2013/01/23(Wed) 06:46 | URL  | 玉坂めぐる  #WCSj23LI[ 編集]
いや〜この五重塔かっこいいね〜♪
無理だろうけど、中に入ってみたいな〜!

「使いたくてしょうがない病」はよくかかります。
時には重傷でしつこいぐらい言っては娘を冷めさせる
自身がど〜んとありますw
しかし司馬遼太郎の言い方って・・・好きだな!
2013/01/23(Wed) 01:21 | URL  | きぼう丸 #skMrwbAU[ 編集]
あの〜
ちゃんと行ったことない
山口県ですが、
湯田温泉だけは
一度いってみたいと思ってました。
僕の好きな詩人
中原中也の出身地…
中也記念館もありますよね。
2013/01/22(Tue) 23:28 | URL  | 広報ミヨっちゃん #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック