「食堂かたつむり」 読んだよ 



同棲していた恋人にすべてを持ち去られ、恋と同時にあまりに多くのものを失った衝撃から、倫子はさらに声をも失う。山あいのふるさとに戻った倫子は、小さな食堂を始める。それは、一日一組のお客様だけをもてなす、決まったメニューのない食堂だった。巻末に番外編収録



とても丁寧。
とにかく周囲の自然、店内のしつらえ、料理の素材について・・・とにかく一つ一つの些細な事をとても丁寧に大切に描かれていて、そんなしっとりとした日々が小説になっているような本でした。魔法や妖精が出てくるのとは違うけど、優しいファンタジーといった雰囲気があります。雑貨好きの人とか好みそうなお話だな。

新しく良い服や靴を購入すると、それを大事に大事に、丁寧に扱って、ず~っと使っていこうみたいな気持ちになる。
私は毎回、懲りもせずそうやって、決意を新たにしてるんだけど
そう思ってはいるものの、気がつけばあっという間に服はその辺の普段着と同じ扱いに
靴も「あぁ・・・」と内心思いながらも、クリームも塗らずそのまま・・・・みたいな感じになってしまう
ところがこの物語の主人公はず~っっとその気持ちを持ち続けて、何もかもを大切にピカピカに保ちながら生きて行く人なので、ちょっと眩しいです・・・。

前半は「こんなんで採算合うのかよ~」とか思いながら読んでいたけど、後半から段々シリアス度が高まり、命について考えさせられる一冊でした

このお話は、映画化されたけど、エルメスのくだりを映像で見たくはない・・・


人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
ポチッと押していただけると小躍りします☆

関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bonryo.blog6.fc2.com/tb.php/89-a3d13d2f