FC2ブログ
おでかけブログ。神話や妖怪、UMAが好き。その他、日々のふしぎや、おバカな出来事・読書感想などを、つらつらと。
高野山レポ15回目。

長かった高野山レポも今回がラストになりますw
今回はほとんど回想みたいな形で、写真はほとんどなくて申し訳ないです。

奥の院から、壇上伽藍(大伽藍)を明るい日の光の下で見学したのち、我々がラストに体験した仏教体験が「お授戒」と「写経」でした☆
実は、昨日の「阿字観体験」の際、「お授戒」を受けられるチケットのようなものをもらっていて「これは何?」と思っていたんですよ。
その時はあまりよくわかってませんでした(;´∀`)

もともと写経体験をしてみようということで、この日の予定を組んでたんですけど、写経の受付で「お授戒」の事を聞き、せっかくチケットを貰ったことでもあるし、急きょ写経を後回しにして、先に「お授戒」へ参加することにしたんです。

2~30人くらいの人たちが集まってたかな。
アメリカから1人でやってきていたジョンソン君(仮名)もいたよ。
申し込みの時、あけぼう達とちょうど前後になってたので、知ってるんだよw

広いお堂の中に通され、畳の上で仏像をなんとなく眺めながら、「お授戒」の始まりを待っていると、やってきた若いお坊さんに誘導され、我々一団はさらに奥のお堂へと導かれました。

そこは「授戒堂」という場所で、正面壇上に仏像があり、いわゆるフツーのお寺の本堂みたいな感じなんですが、大きく違うのは、四方の戸が閉められ、建物の外の光がほとんど遮断されていて、仏像の前のローソクの光で、ぼんやりと周辺の様子が見える程度の薄暗さだということですね。

全員が入って座ると、静かに入口の扉も締められちゃいまして、いよいよ中は真っ暗になりました。
儀式が始まると、終わるまではこの戸が開くことはありません。
しばらくして、しずしずと阿闍梨様が入ってこられました。阿闍梨様の法話が始まります。法話といっても仏教の難しい事ではなくて、我々にもわかるような ( ;∀;) イイハナシダナー って思うようなお話を聞くことができました。
それから阿闍梨さまに従って、お経・・・菩薩十善戒を唱えます。不殺生~不偸盗~不邪淫~不妄語~不綺語~不悪口~不両舌~不慳貪~不瞋恚~不邪見・・・ってやつです。大体みんな一度や二度は法事とかで唱えたことあると思う。あれです。

で、最後に阿闍梨さまから、「菩薩戒牒」を頂きます。
上の菩薩十善戒が書かれたお守りのようなものです。

ここに集まった様々なグループの代表者の名前が順番に呼ばれ、その人が前に出て、阿闍梨さまから頂戴するんです。
このことは事前に言われていたので「代表者」だったあけぼうは緊張してました。
なぜなら・・・
足のしびれが・・・!! 足のしびれがマジやばい・・・

だって、あれじゃないですか。
いざ呼ばれたとき、自分の時に足がもつれてモタついたり、阿闍梨さまの前で「はぐぐ・・・とか言いながら進み出るわけにはいかないじゃないですか。カッコ悪いじゃないですか。

法話の間もずっとそのことを意識して、終始ビミョーに重心をずらしていたおかげで、足は少ししびれていたものの、なんとか平静を装って菩薩戒牒を頂くことができました。ちなみにジョンソン君は平然と歩いてました。アイツすげーわ。

一方、もろに正座し続けていたのが、あけぼうの友人。
お授戒の儀式が終了し、お堂から人々が出ていく時、最も苦悶の表情を浮かべていたのが友人でしたww 

016.png


お堂から広間に出たときも、アウアウ言いながら廊下をそ~っと、そ~っと、歩いていたんですが、あけぼうは、ふと、その友人の姿を「じ~・・・っ」と見ているジョンソン君の姿に気づきました。
ジョンソン君は、あけぼうと目が合うと、ニヤッと笑い、鼻歌でも歌いそうな風情で足を遊ばせながら、出口へと歩いて行きました。
・・・そう。
完全にドヤ顔でした。  

オレはしびれなかったぞ、と。
日本人よりオレのほうが、足、しびれてないぞ、と。
そう言わんばかりの、てか、アピールしまくりの、ジョンソン君のドヤ顔だったのでした・・・。
くっ・・・。

まあ、それはともかく。
お授戒はせっかくこういう場所に来たのなら、体験しておいたほうが良いかも。
何だかんだ言って、一番仏教体験らしい仏教体験だったな~って思いました。

そのあと、場所を移して(大師教会内ですが)、今度は写経にチャレンジです。
写経用紙と筆ペン(・・・。)をもらって、おのおの机に向かって一心不乱に書き写します。
写経の用紙に薄く、お経の文字が印刷されてあるので、それをなぞる感じなのですが、とにかく集中力を要します。気が付くと息止めてるくらい集中してます。一文字書くのにめっちゃ時間かかる。漢字の「はらう」所とか超キンチョーするし。

半分くらい書いたところで、「これでまだ半分なのかぁ~(;´Д`)」って思ってる自分がいました。
心折れる・・・ってワケじゃないケド、ちょっとそれに近い感じw 
ものすごい疲れるし。肩こるし。

それで思ったよ。
奥の院であけぼう達、戦国チャンピオンのお江さまのこと、ちょっとバカにしてた・・・。
(あくまで大河ドラマのお江さまのことですが・・・)
アイツ、写経してただけじゃんw、とかさ・・・。

ogochan.jpg

正直スマンかった・・・。
いや、写経スゲーよ。写経マジしんどいわ(;´Д`)

すべて書ききった時には、本当に消耗しきってたよ・・・。

CIMG1312_20121010134427.jpg

そんなあけぼうの力作(?)がこちら 
たったこれだけでも、この疲労感・・・。 もうグッタリ・・・。(ヽ´ω`)

ちなみに、あけぼうの書いたこの写経は奥の院にて奉納されます。


さて!今回の高野山では「阿字観体験」「宿坊に泊まる」「お授戒」「写経」と、なかなか他所ではいっぺんに体験できないような体験をすることができました。ちなみに写経やってるとき、外で「声明ライブ」をやっていて、BGMみたいに聴こえてましたし。
なんていうか、いろいろ貴重な2日間でしたよっ

高野山はまた平成27年の開創1200年記念の時に訪れたい地でございます。
その時は50日間毎日法要が営まれるそうですから。すごいすごい。

最後に、この2日間で頂いた高野山のご朱印の数々。

高野山1   高野山2


高野山3  高野山4


高野山5    高野山6


ブログランキング・にほんブログ村へ


追記を閉じる▲
2~30人くらいの人たちが集まってたかな。
アメリカから1人でやってきていたジョンソン君(仮名)もいたよ。
申し込みの時、あけぼう達とちょうど前後になってたので、知ってるんだよw

広いお堂の中に通され、畳の上で仏像をなんとなく眺めながら、「お授戒」の始まりを待っていると、やってきた若いお坊さんに誘導され、我々一団はさらに奥のお堂へと導かれました。

そこは「授戒堂」という場所で、正面壇上に仏像があり、いわゆるフツーのお寺の本堂みたいな感じなんですが、大きく違うのは、四方の戸が閉められ、建物の外の光がほとんど遮断されていて、仏像の前のローソクの光で、ぼんやりと周辺の様子が見える程度の薄暗さだということですね。

全員が入って座ると、静かに入口の扉も締められちゃいまして、いよいよ中は真っ暗になりました。
儀式が始まると、終わるまではこの戸が開くことはありません。
しばらくして、しずしずと阿闍梨様が入ってこられました。阿闍梨様の法話が始まります。法話といっても仏教の難しい事ではなくて、我々にもわかるような ( ;∀;) イイハナシダナー って思うようなお話を聞くことができました。
それから阿闍梨さまに従って、お経・・・菩薩十善戒を唱えます。不殺生~不偸盗~不邪淫~不妄語~不綺語~不悪口~不両舌~不慳貪~不瞋恚~不邪見・・・ってやつです。大体みんな一度や二度は法事とかで唱えたことあると思う。あれです。

で、最後に阿闍梨さまから、「菩薩戒牒」を頂きます。
上の菩薩十善戒が書かれたお守りのようなものです。

ここに集まった様々なグループの代表者の名前が順番に呼ばれ、その人が前に出て、阿闍梨さまから頂戴するんです。
このことは事前に言われていたので「代表者」だったあけぼうは緊張してました。
なぜなら・・・
足のしびれが・・・!! 足のしびれがマジやばい・・・

だって、あれじゃないですか。
いざ呼ばれたとき、自分の時に足がもつれてモタついたり、阿闍梨さまの前で「はぐぐ・・・とか言いながら進み出るわけにはいかないじゃないですか。カッコ悪いじゃないですか。

法話の間もずっとそのことを意識して、終始ビミョーに重心をずらしていたおかげで、足は少ししびれていたものの、なんとか平静を装って菩薩戒牒を頂くことができました。ちなみにジョンソン君は平然と歩いてました。アイツすげーわ。

一方、もろに正座し続けていたのが、あけぼうの友人。
お授戒の儀式が終了し、お堂から人々が出ていく時、最も苦悶の表情を浮かべていたのが友人でしたww 

016.png


お堂から広間に出たときも、アウアウ言いながら廊下をそ~っと、そ~っと、歩いていたんですが、あけぼうは、ふと、その友人の姿を「じ~・・・っ」と見ているジョンソン君の姿に気づきました。
ジョンソン君は、あけぼうと目が合うと、ニヤッと笑い、鼻歌でも歌いそうな風情で足を遊ばせながら、出口へと歩いて行きました。
・・・そう。
完全にドヤ顔でした。  

オレはしびれなかったぞ、と。
日本人よりオレのほうが、足、しびれてないぞ、と。
そう言わんばかりの、てか、アピールしまくりの、ジョンソン君のドヤ顔だったのでした・・・。
くっ・・・。

まあ、それはともかく。
お授戒はせっかくこういう場所に来たのなら、体験しておいたほうが良いかも。
何だかんだ言って、一番仏教体験らしい仏教体験だったな~って思いました。

そのあと、場所を移して(大師教会内ですが)、今度は写経にチャレンジです。
写経用紙と筆ペン(・・・。)をもらって、おのおの机に向かって一心不乱に書き写します。
写経の用紙に薄く、お経の文字が印刷されてあるので、それをなぞる感じなのですが、とにかく集中力を要します。気が付くと息止めてるくらい集中してます。一文字書くのにめっちゃ時間かかる。漢字の「はらう」所とか超キンチョーするし。

半分くらい書いたところで、「これでまだ半分なのかぁ~(;´Д`)」って思ってる自分がいました。
心折れる・・・ってワケじゃないケド、ちょっとそれに近い感じw 
ものすごい疲れるし。肩こるし。

それで思ったよ。
奥の院であけぼう達、戦国チャンピオンのお江さまのこと、ちょっとバカにしてた・・・。
(あくまで大河ドラマのお江さまのことですが・・・)
アイツ、写経してただけじゃんw、とかさ・・・。

ogochan.jpg

正直スマンかった・・・。
いや、写経スゲーよ。写経マジしんどいわ(;´Д`)

すべて書ききった時には、本当に消耗しきってたよ・・・。

CIMG1312_20121010134427.jpg

そんなあけぼうの力作(?)がこちら 
たったこれだけでも、この疲労感・・・。 もうグッタリ・・・。(ヽ´ω`)

ちなみに、あけぼうの書いたこの写経は奥の院にて奉納されます。


さて!今回の高野山では「阿字観体験」「宿坊に泊まる」「お授戒」「写経」と、なかなか他所ではいっぺんに体験できないような体験をすることができました。ちなみに写経やってるとき、外で「声明ライブ」をやっていて、BGMみたいに聴こえてましたし。
なんていうか、いろいろ貴重な2日間でしたよっ

高野山はまた平成27年の開創1200年記念の時に訪れたい地でございます。
その時は50日間毎日法要が営まれるそうですから。すごいすごい。

最後に、この2日間で頂いた高野山のご朱印の数々。

高野山1   高野山2


高野山3  高野山4


高野山5    高野山6


ブログランキング・にほんブログ村へ

FC2blog テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

【2012/11/02 17:11】 | 2012 高野山
【タグ】 高野山  和歌山  旅行  観光    
トラックバック(0) |


あけぼう
玉さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

高野山、京都のお寺よりも宗教施設的要素が強いわりに、外人さん多いですよね。逆に、それゆえだろうか。
あけぼう、押し入れで反省させられたことがないから、ただただワクワクしてたw
(ウチはベランダに出す、とか、外に追い出す、とか、やいと据えるで!っていう脅しとか、そっち系でした・・・)
そうかーそういう効果もありかもしれんなぁ・・・。
外人さんが一緒だったこともあるかもしれないケド、キリスト教ミサと比較しながら受けてたよ~。宗教施設って舞台効果みたいなのを、すごく意識してうまいこと作られてるもんねぇ。


あけぼう
きぼう丸さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

まったく・・・正座に対する、我々中年女性・・・もとい昭和女子の恨みは深いぜよ!!!w
(☼ Д ☼) クワッッ!!!
高野山、不気味でしたか・・・きぼう丸さんをはじめ、きぼう丸さん周辺は、霊感の強そうな人が多いから、案外そう感じるのかも・・・あけぼうは楽しいばかりでしたが(;´∀`)
でも是非行ってみてほしいです。
きぼう丸さんなら、お授戒とか受けてたら、光が見えてくるかもしんない・・・。




あけぼう
ピー助さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

いや~頑張りました、マジで!
一つ一つの漢字を味わう、という意味では
写経もおもいのほか、良いものだ・・・とは思いました。
疲れるけどね・・・(;´∀`)


あけぼう
広報ミヨッさん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

え、行ったことない?マジで?
でも大阪からでも思った以上に遠いもんねぇ。
地図で見る以上に遠かった・・・。
このブログはあけぼうの日記だから、
将来、足腰が立たなくなって旅行に行けなくなったら
これを読んでいろんなことを思い出すつもり~w




あけぼう
misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

お寺のご朱印のほうが基本的にカッコいいんだよね~。
でも、神社の素朴な感じも捨てがたいしw

写経はしんどいですよ~~~~(;´Д`)
ホント、ここまでしんどいか?ってくらいに。
それに、この一枚にかなり時間がかかったんだよね。
帰りの時間が予定より遅れちゃいました。
でもその分、達成感はあったよ。
なぞってるだけだけど、だんだん筆運びが分かってくるんだよね。
いつもやっていれば、習字が上達するだろうな~って思いました。
だから、お寺のお坊さんはみんな字が上手なんだなあ・・・。




あけぼう
よきちのひろさん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

お悔やみ申し上げます・・・。
そんな面白い事件が起きるような告別式に参列してたら、あけぼう、絶対爆笑をこらえるために、腹筋が割れるほど鍛えられてしまいますw ダメだw 想像しただけで笑ってしまう・・・。僧侶が「カッ」と引導を投げるシーンすら笑えるのに・・・それが・・・(*ノ∀^)ノ゛))アヒャヒャ




あけぼう
サムライ銅像研究会さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

写経があれほど疲れるものだとは、夢にも思いませんでしたよ。
途中で、なんとなく自分の字がきれいになったような錯覚に陥りました(;´∀`)
本当に錯覚でしたが・・・・。

ジョンソンは、なんであんなに平気な顔していたのか。
アイツのドヤ顔、いまだに脳裏に焼き付いています・・・(;´∀`)
まさか正座してなかったワケではないと思うんですよね。
鈍いだけ・・・っていうのは実際そうかも(笑)




玉坂めぐる 
思い出します。
玉坂一行もお授戒いただきました。
外人さんもご一緒しました(^^)
外国人むけのガイドブックに紹介文があるのかな。

暗いところに閉じ込められる感覚…
とても良い経験でしたね。
いっきにメンタルが反省モードになったのは
ひょっとしたら、押し入れで反省させられながら
大きくなったせいなのかもしれないなあ(--)

写経は経験ないや…やってみたくなってきた~



きぼう丸
いい経験しましたね。めちゃ羨ましいわい・・・。
あたしもセーラーミヨっちゃんと同じく行ったことがないから色々勉強になったよ。
この前高野山に行ったばかりの人からも聞いていて是非と思っていたんだ。
でも彼女が言うには「なかなか不気味でした」とのことw

足のしびれねw あたしね正座で育てられたから座りコブシがあるのよ!
なのに母は娘に「正座したら足のかたちがおかしくなるからしてはダメ」って言っていた・・・。

ご朱印の数・・・凄いね〜。
やはり、いつか行かなくては・・・。

ワンダホー
ピー助
あけぼうさん おはようございます!

なんとすばらしい丁寧な文字でしょう!!!

羨ましいです。

なんて書いてるかなんて全然意味不明ですが、綺麗な字を書けるのは最高の特技ですよ~

本日もご安全に!(^◇^)m

脱PC作業で・・・目がよくなった。


広報ミヨっちゃん
あけぼうさんの旅行記で
高野山のことが
いろいろ分かりました。
ありがとうございました。
ちなみに僕、高野山は
一回も行ったことないねんw


misachi68
すごい、写経頑張ったね~~!
これはいくらなぞるだけっつっても、
かなり大変だわ~
ちゃんと美しく仕上がって、達成感もありそうですねぇ(*^^*)

そして、御朱印素晴らしい!!
カッコいいよね~、達筆過ぎてて読めんけど(^^;;




よきちのひろ
ありがたい「ボサツカイチョウ」と6枚ものお札、
ピリカはまた1段、菩薩にお近づきになられました。

手前味噌ですが10年ほど前、親戚の告別式で最前列でお参りしていて、
僧侶が「カッ」と気合いもろとも祭壇のお棺に投げた【引導】の札、
コントロールわるく、お棺から跳ね返って私を直撃です。
その結果私が引導を受け、不本意ながらあの世に旅立ちました。
だから今の私は、浮世では仮の姿なのでございます。
【浄土真宗西本願寺派 法名・洋然】


サムライ銅像研究会
 こんばんわ。
 ジョンソンに私まで負けたような・・なんか悔しいですね。単に日本人より鈍いだけでは・・。
 習字が苦手だったので写経は無理です。1枚でもあけぼう殿、すごい!長い高野山レポ、お疲れ様でした。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
玉さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

高野山、京都のお寺よりも宗教施設的要素が強いわりに、外人さん多いですよね。逆に、それゆえだろうか。
あけぼう、押し入れで反省させられたことがないから、ただただワクワクしてたw
(ウチはベランダに出す、とか、外に追い出す、とか、やいと据えるで!っていう脅しとか、そっち系でした・・・)
そうかーそういう効果もありかもしれんなぁ・・・。
外人さんが一緒だったこともあるかもしれないケド、キリスト教ミサと比較しながら受けてたよ~。宗教施設って舞台効果みたいなのを、すごく意識してうまいこと作られてるもんねぇ。
2012/11/05(Mon) 10:13 | URL  | あけぼう #-[ 編集]
きぼう丸さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

まったく・・・正座に対する、我々中年女性・・・もとい昭和女子の恨みは深いぜよ!!!w
(☼ Д ☼) クワッッ!!!
高野山、不気味でしたか・・・きぼう丸さんをはじめ、きぼう丸さん周辺は、霊感の強そうな人が多いから、案外そう感じるのかも・・・あけぼうは楽しいばかりでしたが(;´∀`)
でも是非行ってみてほしいです。
きぼう丸さんなら、お授戒とか受けてたら、光が見えてくるかもしんない・・・。

2012/11/05(Mon) 10:05 | URL  | あけぼう #-[ 編集]
ピー助さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

いや~頑張りました、マジで!
一つ一つの漢字を味わう、という意味では
写経もおもいのほか、良いものだ・・・とは思いました。
疲れるけどね・・・(;´∀`)
2012/11/05(Mon) 10:00 | URL  | あけぼう #-[ 編集]
広報ミヨッさん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

え、行ったことない?マジで?
でも大阪からでも思った以上に遠いもんねぇ。
地図で見る以上に遠かった・・・。
このブログはあけぼうの日記だから、
将来、足腰が立たなくなって旅行に行けなくなったら
これを読んでいろんなことを思い出すつもり~w

2012/11/05(Mon) 09:49 | URL  | あけぼう #-[ 編集]
misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

お寺のご朱印のほうが基本的にカッコいいんだよね~。
でも、神社の素朴な感じも捨てがたいしw

写経はしんどいですよ~~~~(;´Д`)
ホント、ここまでしんどいか?ってくらいに。
それに、この一枚にかなり時間がかかったんだよね。
帰りの時間が予定より遅れちゃいました。
でもその分、達成感はあったよ。
なぞってるだけだけど、だんだん筆運びが分かってくるんだよね。
いつもやっていれば、習字が上達するだろうな~って思いました。
だから、お寺のお坊さんはみんな字が上手なんだなあ・・・。

2012/11/05(Mon) 09:48 | URL  | あけぼう #-[ 編集]
よきちのひろさん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

お悔やみ申し上げます・・・。
そんな面白い事件が起きるような告別式に参列してたら、あけぼう、絶対爆笑をこらえるために、腹筋が割れるほど鍛えられてしまいますw ダメだw 想像しただけで笑ってしまう・・・。僧侶が「カッ」と引導を投げるシーンすら笑えるのに・・・それが・・・(*ノ∀^)ノ゛))アヒャヒャ

2012/11/05(Mon) 09:48 | URL  | あけぼう #-[ 編集]
サムライ銅像研究会さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

写経があれほど疲れるものだとは、夢にも思いませんでしたよ。
途中で、なんとなく自分の字がきれいになったような錯覚に陥りました(;´∀`)
本当に錯覚でしたが・・・・。

ジョンソンは、なんであんなに平気な顔していたのか。
アイツのドヤ顔、いまだに脳裏に焼き付いています・・・(;´∀`)
まさか正座してなかったワケではないと思うんですよね。
鈍いだけ・・・っていうのは実際そうかも(笑)

2012/11/05(Mon) 09:47 | URL  | あけぼう #-[ 編集]
思い出します。
玉坂一行もお授戒いただきました。
外人さんもご一緒しました(^^)
外国人むけのガイドブックに紹介文があるのかな。

暗いところに閉じ込められる感覚…
とても良い経験でしたね。
いっきにメンタルが反省モードになったのは
ひょっとしたら、押し入れで反省させられながら
大きくなったせいなのかもしれないなあ(--)

写経は経験ないや…やってみたくなってきた~
2012/11/04(Sun) 22:29 | URL  | 玉坂めぐる  #WCSj23LI[ 編集]
いい経験しましたね。めちゃ羨ましいわい・・・。
あたしもセーラーミヨっちゃんと同じく行ったことがないから色々勉強になったよ。
この前高野山に行ったばかりの人からも聞いていて是非と思っていたんだ。
でも彼女が言うには「なかなか不気味でした」とのことw

足のしびれねw あたしね正座で育てられたから座りコブシがあるのよ!
なのに母は娘に「正座したら足のかたちがおかしくなるからしてはダメ」って言っていた・・・。

ご朱印の数・・・凄いね〜。
やはり、いつか行かなくては・・・。
2012/11/04(Sun) 03:12 | URL  | きぼう丸 #-[ 編集]
ワンダホー
あけぼうさん おはようございます!

なんとすばらしい丁寧な文字でしょう!!!

羨ましいです。

なんて書いてるかなんて全然意味不明ですが、綺麗な字を書けるのは最高の特技ですよ~

本日もご安全に!(^◇^)m

脱PC作業で・・・目がよくなった。
2012/11/03(Sat) 09:30 | URL  | ピー助 #-[ 編集]
あけぼうさんの旅行記で
高野山のことが
いろいろ分かりました。
ありがとうございました。
ちなみに僕、高野山は
一回も行ったことないねんw
2012/11/03(Sat) 02:17 | URL  | 広報ミヨっちゃん #-[ 編集]
すごい、写経頑張ったね~~!
これはいくらなぞるだけっつっても、
かなり大変だわ~
ちゃんと美しく仕上がって、達成感もありそうですねぇ(*^^*)

そして、御朱印素晴らしい!!
カッコいいよね~、達筆過ぎてて読めんけど(^^;;

2012/11/02(Fri) 23:24 | URL  | misachi68 #-[ 編集]
ありがたい「ボサツカイチョウ」と6枚ものお札、
ピリカはまた1段、菩薩にお近づきになられました。

手前味噌ですが10年ほど前、親戚の告別式で最前列でお参りしていて、
僧侶が「カッ」と気合いもろとも祭壇のお棺に投げた【引導】の札、
コントロールわるく、お棺から跳ね返って私を直撃です。
その結果私が引導を受け、不本意ながらあの世に旅立ちました。
だから今の私は、浮世では仮の姿なのでございます。
【浄土真宗西本願寺派 法名・洋然】
2012/11/02(Fri) 22:05 | URL  | よきちのひろ #-[ 編集]
 こんばんわ。
 ジョンソンに私まで負けたような・・なんか悔しいですね。単に日本人より鈍いだけでは・・。
 習字が苦手だったので写経は無理です。1枚でもあけぼう殿、すごい!長い高野山レポ、お疲れ様でした。
2012/11/02(Fri) 18:44 | URL  | サムライ銅像研究会 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック