FC2ブログ
おでかけブログ。神話や妖怪、UMAが好き。その他、日々のふしぎや、おバカな出来事・読書感想などを、つらつらと。
高野山レポ第8回。(∩´∀`)∩ワーイ

奥の院参道へやってきました。

kouya oku (1) 

大木が並んでおります。
早朝ということもあって、すがすがしいことこの上ない

kouya oku (2) 

一の橋を渡ります。ここが参道の入り口となります。

kouya oku (5) 

奥の院まで続く、長い参道の左右にはえんえんと墓場が広がってます。

kouya oku (7)  

そこに立つ一本一本の木が、どれもみな立派。

kouya oku (8) 

ちょっと残念なのは、写真で撮ると高さ、幹の太さが今一つ伝わらないんですよね。
道が狭くて引いて撮れないし、引きすぎてもなんか普通の木みたいに写っちゃって~。

kouya oku (9) 

奥の院には歴史上の人物たちの墓がたくさんあるんですが、それは次回に後回しするとして・・・。
なんかこういうお地蔵さん系が、意外と印象に残りましたね。

kouya oku (12) 

夜、奥の院参道を歩いたら、楽しそう。実は阿字観の時にお坊さんに「奥の院に夜行ってみるのも面白いかも」って言われたんですよね~( ´艸`)ムププ その時は「えー!Σ(゚ロ゚;)」って思ったけど、昨夜のナイトツアーに参加し終えた今では「それもありかも・・・」って思う自分がいますw 

kouya oku (13)

バオパブ・・・まではいかないけど、ちょっと面白い枝ぶり。

kouya oku (15) 

神社仏閣の大きな魅力は「大木」にあると思うんですよー。
あけぼうにとっては魅力ポイント第1位ですね。
大木、大好きですわ~ 
あれですよね、盆栽鑑賞の楽しみ方って「自分が小人になって大木を見上げる」って言いますよね。NHKの「美の壺」で、前やってました。
それを見たときには、「わかる~」って思いましたよ。

それじゃあ、本物の大木を前にしたときの楽しみ方とは?
木の形を楽しむ。緑で目を癒す。樹から発せられるリラックス成分フィトンチッドを吸い込む。長い年月を生きてきた森の長老に敬意を払う・・・などなど、いろいろあります。

そんななか、あけぼうのオススメは、
自分も水分になって、根っこから大木のてっぺん、葉の一枚一枚まで行き渡たっていくイメージをする (妄想ともいうw)
です☆ 
土中からしゅわ~って吸い上げられるんですよ で、大木だからどこまでも高く上がっていくわけです。おお~!! そして昇りきった後はあの細かい葉の葉脈・・・隅々へ、うねうねと届けられていき、最後は大気へと放出されてく・・・そんな旅です。
んもう「しゅわ~」のところがたまりませんよ(;゚∀゚)=3ムッハー

これはですね、ちょっと「空を飛ぶ(飛びたい)」イメージと似てますね。でも似て非なるものなんですけどね。空を飛ぶのは能動的に、自分の意志でバッ・・・って飛ぶわけじゃないですか。それにたいして、これは受動的なんですよね。自分とは別の力によってひゅうううう~って上昇するっていうか・・・そこが大きな違いなんですよね~・・・ってアレ?みんな、付いてきてるか~w??

kouya oku (6) 

彼らもあと何十年かしたら、立派な大木になるんでしょーか。
その頃まで、あけぼうも生きるぞーっ。


つづく。


ブログランキング・にほんブログ村へ


追記を閉じる▲
kouya oku (7)  

そこに立つ一本一本の木が、どれもみな立派。

kouya oku (8) 

ちょっと残念なのは、写真で撮ると高さ、幹の太さが今一つ伝わらないんですよね。
道が狭くて引いて撮れないし、引きすぎてもなんか普通の木みたいに写っちゃって~。

kouya oku (9) 

奥の院には歴史上の人物たちの墓がたくさんあるんですが、それは次回に後回しするとして・・・。
なんかこういうお地蔵さん系が、意外と印象に残りましたね。

kouya oku (12) 

夜、奥の院参道を歩いたら、楽しそう。実は阿字観の時にお坊さんに「奥の院に夜行ってみるのも面白いかも」って言われたんですよね~( ´艸`)ムププ その時は「えー!Σ(゚ロ゚;)」って思ったけど、昨夜のナイトツアーに参加し終えた今では「それもありかも・・・」って思う自分がいますw 

kouya oku (13)

バオパブ・・・まではいかないけど、ちょっと面白い枝ぶり。

kouya oku (15) 

神社仏閣の大きな魅力は「大木」にあると思うんですよー。
あけぼうにとっては魅力ポイント第1位ですね。
大木、大好きですわ~ 
あれですよね、盆栽鑑賞の楽しみ方って「自分が小人になって大木を見上げる」って言いますよね。NHKの「美の壺」で、前やってました。
それを見たときには、「わかる~」って思いましたよ。

それじゃあ、本物の大木を前にしたときの楽しみ方とは?
木の形を楽しむ。緑で目を癒す。樹から発せられるリラックス成分フィトンチッドを吸い込む。長い年月を生きてきた森の長老に敬意を払う・・・などなど、いろいろあります。

そんななか、あけぼうのオススメは、
自分も水分になって、根っこから大木のてっぺん、葉の一枚一枚まで行き渡たっていくイメージをする (妄想ともいうw)
です☆ 
土中からしゅわ~って吸い上げられるんですよ で、大木だからどこまでも高く上がっていくわけです。おお~!! そして昇りきった後はあの細かい葉の葉脈・・・隅々へ、うねうねと届けられていき、最後は大気へと放出されてく・・・そんな旅です。
んもう「しゅわ~」のところがたまりませんよ(;゚∀゚)=3ムッハー

これはですね、ちょっと「空を飛ぶ(飛びたい)」イメージと似てますね。でも似て非なるものなんですけどね。空を飛ぶのは能動的に、自分の意志でバッ・・・って飛ぶわけじゃないですか。それにたいして、これは受動的なんですよね。自分とは別の力によってひゅうううう~って上昇するっていうか・・・そこが大きな違いなんですよね~・・・ってアレ?みんな、付いてきてるか~w??

kouya oku (6) 

彼らもあと何十年かしたら、立派な大木になるんでしょーか。
その頃まで、あけぼうも生きるぞーっ。


つづく。


ブログランキング・にほんブログ村へ

FC2blog テーマ:神社・仏閣巡り - ジャンル:旅行

【2012/10/22 17:00】 | 2012 高野山
【タグ】 旅行    高野山  和歌山  観光  
トラックバック(0) |

てらてらてるさん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ
あけぼう
どうなんでしょうかね~~~。
あけぼうは霊感的なものは全く無いので、何も感じませんでしたが、そのへんの感覚が鋭い人にはなにかあるのかもしれませんが・・・でも、その場合ほかのお寺の近くでも気分悪くならないとおかしいですよね?うーん?
案外、高野槇のアレルギーとかそっち系とか・・・(;´∀`)

No title
てらてらてる
高野山に行くといつも気分悪くなるんですよ~~
邪念の多い僕には入るなって事ですかね(笑)


広報ミヨッさん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ
あけぼう
ま~実際のリアルな木の中身は
あけぼうもよくわかんないんだけどなw
そこは「なんとなく」で楽しんでるよ☆
地球の生物で一番長生きなのって木なんかな?
切られて木材になっても「呼吸」とかするもんね。
だいたい、心臓みたいにバクバクしてるわけじゃないのに、水を吸い上げる力があるのも、いろいろ不思議だわ~( ゚д゚)

きぼう丸さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ
あけぼう
そう!なんなら神社仏閣より前から、
この土地に根を張ってた可能性だって高いもんね☆
日本の昔の神社仏閣はほとんど木でできてるせいか、
周辺の自然とマッチしまくりで、
自然信仰!って感じがするよ~。

確かにこの妄想はちょっとしたストレス解消になるかも~。
多分、人によって幹を通過するスピード感とか色々なんだろうなぁ。


misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ
あけぼう
分かっていただけますか~。わーい(ノ´∀`*)
うんうん。
トトロの木みたいなこんもりした枝ぶりの大木もナイスですよね~。
その場合は太い幹を進んだ後、一体どの枝に引っ張られていくのか
複雑な「あみだくじ」みたいで、面白いですよね~(´∀`)

よきちのひろさん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ
あけぼう
あけぼうの妄想内では、不思議と土の中からのスタートでそれ以前は無く、葉っぱから出た後は特に何も考えなかったのですが、なるほど、大気になった先は極楽浄土でしたか☆ 入ったことのない所に女子ひとりで入るのは結構勇気がいりますので、知り合いが先に居てくれると助かります(^Д^)ゞ

ピー助さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ
あけぼう
いや、木によっては30年くらいでそこそこの大きさになりますって。
まあここに写ってる高野槇は何百年クラスでしょうけどねw
しかし、医療の進歩によって長生きできる可能性もあるし
あけぼうはあと80年くらい生きる予定ではありますが、
もっと延ばす野心も抱いておりますので・・・( ̄ー ̄)☆

サムライ銅像研究会さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ
あけぼう
かといって、雲から雨となって落ち、地下水脈を通って・・・ってあたりは結構どうでもいいんですよねw そういう妄想はあまりなくて、あけぼうの場合、どうやら木の中を通りたいっていうのが、第一のようです。
だから、わー美しいなぁ立派だなぁという気持ちも勿論あるんですけど、妙なワクワク感をもって大木を見てる自分がいますね☆

玉さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ
あけぼう
そう(´∀`)☆ そしてその「音」を聴診器で聴いてる
樹木医のオッチャンも、妄想の中には出てきますww
それにしてもあの吸引力がいったいどこから出てくるのか
木って不思議ですわ~~~。


あの〜
広報ミヨっちゃん
そういえば確かに
自然の中で、いちばん
歴史を感じられるのんて
木ですね〜。
かといって、水になって
根から葉先までいくのは、
僕の想像力ではムリですw

No title
きぼう丸
そうなんだよ!
神社仏閣の大きな魅力は「大木」にある!!!
昔々から神社仏閣とかを見守っているんだよね!
しかし水分になるって考えたことはなかったなw
でも想像すると楽しいぞ!
気持ち良さそうだな〜こりゃ♪
ストレス解消になりそうだよこの妄想w

No title
misachi68
しゅわ~~っと、
いいですねぇ。
脱力してなすがまま状態で
ふわぁ~~っと吸い上げられるんですね!
なんか気持ちよさそう♪
瞑想っぽい。

大木は私も好きかも~トトロを思い出します。

森ガールになってますねぇ、あけぼうさん。


ぴりかあけぼう・おばんでした
よきちのひろ
さすがはぴりかひめ・・
だてに数多く神社仏閣を訪ねたわけではありません。
「しゅわ~思想」に深く感銘を受けました。
幹から葉に「しゅわ~」そして大気に・・
大気の先は黄泉の国・極楽浄土でございます。
「お酒は何を??肴はなんにいたしましょうか??」
vipルームでお先にお待ちしております。

立派!
ピー助
あけぼうさん こんばんは!

大杉の樹齢は数百年ですね~

確認方法するは簡単です!

まずは試しに一本切り倒してみましょう。
そして年輪の数を数えればいいだけですよ。

こういう大木の傍を歩くと癒されるのですが、近所の山林にそびえる杉林の傍に近づくとクシャミが止まりません。。。不思議だ~

明日もご安全に!(^◇^)m

大きさを表現するには・・・
あけぼうさんが傍に立っているところを是非!

No title
サムライ銅像研究会
 こんばんわ。
 自分もまた水となって木に吸い上げられる・・面白いこと考えますね。そんな風に考えたことはありませんでした。私も大木を見上げるのは好きですが、やはり人の数だけ「思い」はあるということですね。

No title
玉坂めぐる 
しゅ・・・しゅ?
しゅ~・・・・うーーん、しゅわ~~^^・・・・。

うーん、考えてみたこともなかったですわ・・・(^ん^)

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
てらてらてるさん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ
どうなんでしょうかね~~~。
あけぼうは霊感的なものは全く無いので、何も感じませんでしたが、そのへんの感覚が鋭い人にはなにかあるのかもしれませんが・・・でも、その場合ほかのお寺の近くでも気分悪くならないとおかしいですよね?うーん?
案外、高野槇のアレルギーとかそっち系とか・・・(;´∀`)
2012/10/23(Tue) 17:03 | URL  | あけぼう #-[ 編集]
No title
高野山に行くといつも気分悪くなるんですよ~~
邪念の多い僕には入るなって事ですかね(笑)
2012/10/23(Tue) 10:09 | URL  | てらてらてる #-[ 編集]
広報ミヨッさん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ
ま~実際のリアルな木の中身は
あけぼうもよくわかんないんだけどなw
そこは「なんとなく」で楽しんでるよ☆
地球の生物で一番長生きなのって木なんかな?
切られて木材になっても「呼吸」とかするもんね。
だいたい、心臓みたいにバクバクしてるわけじゃないのに、水を吸い上げる力があるのも、いろいろ不思議だわ~( ゚д゚)
2012/10/23(Tue) 09:45 | URL  | あけぼう #-[ 編集]
きぼう丸さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ
そう!なんなら神社仏閣より前から、
この土地に根を張ってた可能性だって高いもんね☆
日本の昔の神社仏閣はほとんど木でできてるせいか、
周辺の自然とマッチしまくりで、
自然信仰!って感じがするよ~。

確かにこの妄想はちょっとしたストレス解消になるかも~。
多分、人によって幹を通過するスピード感とか色々なんだろうなぁ。
2012/10/23(Tue) 09:40 | URL  | あけぼう #-[ 編集]
misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ
分かっていただけますか~。わーい(ノ´∀`*)
うんうん。
トトロの木みたいなこんもりした枝ぶりの大木もナイスですよね~。
その場合は太い幹を進んだ後、一体どの枝に引っ張られていくのか
複雑な「あみだくじ」みたいで、面白いですよね~(´∀`)
2012/10/23(Tue) 09:33 | URL  | あけぼう #-[ 編集]
よきちのひろさん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ
あけぼうの妄想内では、不思議と土の中からのスタートでそれ以前は無く、葉っぱから出た後は特に何も考えなかったのですが、なるほど、大気になった先は極楽浄土でしたか☆ 入ったことのない所に女子ひとりで入るのは結構勇気がいりますので、知り合いが先に居てくれると助かります(^Д^)ゞ
2012/10/23(Tue) 09:29 | URL  | あけぼう #-[ 編集]
ピー助さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ
いや、木によっては30年くらいでそこそこの大きさになりますって。
まあここに写ってる高野槇は何百年クラスでしょうけどねw
しかし、医療の進歩によって長生きできる可能性もあるし
あけぼうはあと80年くらい生きる予定ではありますが、
もっと延ばす野心も抱いておりますので・・・( ̄ー ̄)☆
2012/10/23(Tue) 09:22 | URL  | あけぼう #-[ 編集]
サムライ銅像研究会さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ
かといって、雲から雨となって落ち、地下水脈を通って・・・ってあたりは結構どうでもいいんですよねw そういう妄想はあまりなくて、あけぼうの場合、どうやら木の中を通りたいっていうのが、第一のようです。
だから、わー美しいなぁ立派だなぁという気持ちも勿論あるんですけど、妙なワクワク感をもって大木を見てる自分がいますね☆
2012/10/23(Tue) 09:19 | URL  | あけぼう #-[ 編集]
玉さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ
そう(´∀`)☆ そしてその「音」を聴診器で聴いてる
樹木医のオッチャンも、妄想の中には出てきますww
それにしてもあの吸引力がいったいどこから出てくるのか
木って不思議ですわ~~~。
2012/10/23(Tue) 09:13 | URL  | あけぼう #-[ 編集]
あの〜
そういえば確かに
自然の中で、いちばん
歴史を感じられるのんて
木ですね〜。
かといって、水になって
根から葉先までいくのは、
僕の想像力ではムリですw
2012/10/23(Tue) 01:21 | URL  | 広報ミヨっちゃん #-[ 編集]
No title
そうなんだよ!
神社仏閣の大きな魅力は「大木」にある!!!
昔々から神社仏閣とかを見守っているんだよね!
しかし水分になるって考えたことはなかったなw
でも想像すると楽しいぞ!
気持ち良さそうだな〜こりゃ♪
ストレス解消になりそうだよこの妄想w
2012/10/23(Tue) 01:04 | URL  | きぼう丸 #skMrwbAU[ 編集]
No title
しゅわ~~っと、
いいですねぇ。
脱力してなすがまま状態で
ふわぁ~~っと吸い上げられるんですね!
なんか気持ちよさそう♪
瞑想っぽい。

大木は私も好きかも~トトロを思い出します。

森ガールになってますねぇ、あけぼうさん。
2012/10/22(Mon) 21:42 | URL  | misachi68 #-[ 編集]
ぴりかあけぼう・おばんでした
さすがはぴりかひめ・・
だてに数多く神社仏閣を訪ねたわけではありません。
「しゅわ~思想」に深く感銘を受けました。
幹から葉に「しゅわ~」そして大気に・・
大気の先は黄泉の国・極楽浄土でございます。
「お酒は何を??肴はなんにいたしましょうか??」
vipルームでお先にお待ちしております。
2012/10/22(Mon) 21:11 | URL  | よきちのひろ #-[ 編集]
立派!
あけぼうさん こんばんは!

大杉の樹齢は数百年ですね~

確認方法するは簡単です!

まずは試しに一本切り倒してみましょう。
そして年輪の数を数えればいいだけですよ。

こういう大木の傍を歩くと癒されるのですが、近所の山林にそびえる杉林の傍に近づくとクシャミが止まりません。。。不思議だ~

明日もご安全に!(^◇^)m

大きさを表現するには・・・
あけぼうさんが傍に立っているところを是非!
2012/10/22(Mon) 20:06 | URL  | ピー助 #-[ 編集]
No title
 こんばんわ。
 自分もまた水となって木に吸い上げられる・・面白いこと考えますね。そんな風に考えたことはありませんでした。私も大木を見上げるのは好きですが、やはり人の数だけ「思い」はあるということですね。
2012/10/22(Mon) 18:35 | URL  | サムライ銅像研究会 #-[ 編集]
No title
しゅ・・・しゅ?
しゅ~・・・・うーーん、しゅわ~~^^・・・・。

うーん、考えてみたこともなかったですわ・・・(^ん^)
2012/10/22(Mon) 18:27 | URL  | 玉坂めぐる  #WCSj23LI[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック