FC2ブログ
2012 高野山

高野山 3  霊宝館

10 0
高野山レポ、第3回。(∩´∀`)∩ワーイ

宿坊に荷物を置いて、身軽になったところで出かけます。
目指すは「霊宝館」。高野山にあるいろんな文化財が一堂に展示してある博物館です。

その前に、高野山の全体的な雰囲気みたいなのをご紹介したいと思います☆

高野山 道 (4) 

写真の時系列はバラバラです
なぜかというと、「ここは京都!?」って思ってしまうくらい、日中は観光客がうろうろしてるんで、どこを撮っても人の顔がいっぱい写っちゃう。必然的に早朝の写真が多くなっちゃってます。早朝の人が少ない時間帯を撮影できるのも、泊まった人の特権みたいな感じですよね。

高野山 道 (6) 

ありとあらゆる、旅行会社のプレートが壁にくっついてる仏具屋さん。
かなり観光地化されてる高野山ですけど、やっぱり全体的に安全な感じはありますよね。このエリア全体が。夜の一人歩きにも抵抗が少ないです。

高野山 道 (2) 

こういう、漢方薬系の薬屋さんも印象的でした。何軒かありました。 

謎のお店__   

多分、いろんな人がブログに載せてるでしょうけど、謎のお店ww 
それ系の本屋さん?
でも、営業してる様子はなかったんですよね・・・・このお店に入ることじたいが異世界への扉かもしれませんw なんちゃって(*≧m≦*)

高野山 道 (5) 

細い通り道の向こうにスナックがありました。
実は宿坊でもお酒って注文できるんですよ~。ややびっくりでしたが、スナックがあることにもびっくり。でも、修行とか関係ない人もいるんだし、そんなもんか・・・。 実際、今回の高野山観光中、さぞかし昨夜はハジケたんだろうなぁって思うくらい、酒くさ~いツアー客のオジサンにチラホラ遭遇したよ(;´∀`)

高野山 道 (1)

霊宝館まであとわずか・・・石畳の道を歩きます。

こぼうず (1) 

ベンチの両脇には小坊主さんが。木魚を枕にしてお休み中でした

こぼうず (2) 

かわいい

こうやくん 

こうやくんにも会いました
存在は知っていたのですが、まさか会えるとはw
直に見ると、想像していたよりかわいかった
一緒に記念写真も撮りましたさ~。

CIMG1099.jpg 

さて、到着です。この奥が霊宝館になります。
でも、残念なお知らせ 写真撮影NGなんですよね。
(そりゃそうよね、やっぱり・・・)

CIMG1100.jpg 

ここには、国宝・重要文化財などの文化遺産が膨大な数が所蔵されています。
建物自体も大正10年に建てられた日本現存最古の木造博物館建築なんだって。
表現するのが難しいけど、江戸時代の蔵と、大正の洋館を足して2で割ったみたいな、不思議な建物だったよ。
あと、シャープのプラズマクラスターがあちこちに設置されてた。カビ予防かな?

仏像も素晴らしいものがたくさんあって、快慶作の四天王立像も素晴らしかったけど、深沙大将立像が面白かったなー。
三蔵法師が砂漠で水が無くて行き倒れてたのを、助けたのが深沙大将なんだって。
「西遊記」で言う、沙悟浄のポジションらしいわ。でも、河童の姿をしてるわけじゃなくて、髪の毛は逆立ち、7つのドクロのネックレス、おなかに顔があり、膝から象さんが出てるという、とんでもないお姿でした。

パンフ 
≪せめてパンフからの写真でも・・・≫

で、血曼荼羅なんですが、これもまた素晴らしくて。
まず巨大!思ってたよりひとまわり巨大! 対で2枚あるんですけど。
これは、描くの大変だわ・・・この広さを2枚も広げられるスペースが、まずウチの家にはないわーw
この感想のスケールの小ささよ・・・w)

それにまさか、ガラス越しではなく、直に見られるとは思ってなかった。感動~
古すぎてかなり色あせていて、本来は赤が基調・・・なのでしょうが、もう全体的に茶色というか黒いです。
ですが、清盛が頭の血を混ぜて描かせたといわれる、仏の部分とかは判別つきました。

そのほかにも、白河院・鳥羽院・美福門院・後白河院・八条女院・西行・平家一門の人たちなど、清盛周辺の人々にまつわるものがいっぱい。参詣記録とか、書状とか、仏像とか。いやーあの人たち、やっぱ時代を動かす権力者だったんだねー生きてたんだねえ。身近に思えていたのが急に遠くなったような?逆に近くなったような?不思議な 気持ちになりました・・・。

建物が近代的な博物館とは違うせいなのか、展示物と客が妙に近いというか、全体的にアットホームな空気感があって、いつもなら、博物館を出るときにはとんでもなく疲労してるところなんですが、なんだか良い気持ちですべて見て回ることができました☆



ブログランキング・にほんブログ村へ
まだまだ観光は続きます☆

Comments 10

There are no comments yet.

あけぼう  

広報ミヨッさん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

中の人も修行中の小坊主さんだったら萌えますね。
連休中だと会える確率高そうです。
深沙大将は興福寺の阿修羅像と同じくらいの
人気があってもおかしくない仏像界の逸材だと思いますw

2012/10/12 (Fri) 17:27 | EDIT | REPLY |   

広報ミヨっちゃん  

あの〜

こうやくんの中には
やっぱり坊さんが
入ってるんでしょうか。
それと深沙大将、さすがに
岸部シローとは比べものにならない
迫力ですねw

2012/10/12 (Fri) 14:33 | EDIT | REPLY |   

あけぼう  

misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

こうやくん、動きも可愛かったよ~。なんか癒されましたw
今回の展示はもろ大河を意識してて、ホント見てて楽しかったよ!
これミサさんも見たらいいのに~って思ったよw

で、まえにブログでレポした広島県世羅町の「今高野」。
あの辺が高野山の荘園(太田荘)になってるんだけど、その関係の書類もあって、我々としてはそのあたりも楽しかった(*´∀`)

2012/10/12 (Fri) 09:54 | EDIT | REPLY |   

あけぼう  

マナサビイさん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

本屋さん気になりますよね~!
でも、あけぼうが気づかなかっただけなのかもしれないんだけど、通りに面したガラス戸全面にこんな感じで謎の本のラインナップが並べてあるんだけど、どこから入るのか全然わからなかった…(;´∀`)いったい、どこが入り口なのか・・・e-263 でもマジで一度入ったら二度と出られなさそうな怪しさww
高野山はホント遠かったですよ~(;´Д`)地図で見るより遠かった・・・。高速降りてからが遠かった・・・。伊勢に行った時と変わんないくらい時間かかりました。

いやっw虫は嫌いですよっ
でも、なんかやたら虫関係の話題があけぼうに寄ってくる…そんな時期だったんです(ノ∀≦。)

2012/10/12 (Fri) 09:50 | EDIT | REPLY |   

あけぼう  

玉さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

わかる!どの仏像のポーズもすごくて、まさにジョジョ立ちw
あたりまえっちゃ、あたりまえなんだけど、それでも立体感ハンパねぇ~っ!!!て思った。
血曼荼羅wは・・・東京とか大阪とかの大都市の博物館には出張したこともあったらしいよ~。きっとまたそういう機会がくるはずだよ~~( ´∀`)bグッ!

2012/10/12 (Fri) 09:45 | EDIT | REPLY |   

あけぼう  

サムライ銅像研究会さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

般若湯ですか~w ナイスなネーミングですね~。
お酒ってミサや神道の神事にも使うし、お坊さんにとっても抵抗ないのかもしれませんね。それに、高野山って冬はすごく寒いらしいので、酒でも飲まんとやってられない・・・のかも!?
仏像はほかにも面白いのがてんこもりで、どれもメジャー級ってかんじでした(´∀`)
長い年月、何回か消失して大事な仏像も焼けて無くなったりしたらしいんですけど、まだこれだけのもんが残ってるんだから、すごいです。

2012/10/12 (Fri) 09:42 | EDIT | REPLY |   

misachi68  

No title

こうやくん可愛い~
ゆるキャラ界の中でもかなりイケメンの部類じゃないですか!?


いいないいなー!!清盛の血曼荼羅以外にも
白川院、鳥羽院、美福門院などなどまつわる本物の
書状とかもろもろって
大河ドラマ見てたら、めっちゃ見てみたくなるんですけど~!
イメージ広がりそう(((o(*゚▽゚*)o)))

続きも楽しみです(≧∇≦)

2012/10/12 (Fri) 09:03 | EDIT | REPLY |   

マナサビイ  

No title

本屋さんがイカす〜〜!(笑)潜入してみたいわ〜。
高野山に行ってたんですね〜。ワタシ、まだ行った事ないんですよ。遠かったでしょ〜?!
次回も、楽しみです♪

最近、虫が気になりますか??(笑)
でも、微生物のところで書かれてたことはワタシもそうかもなあと思ってますよん♪

2012/10/12 (Fri) 01:31 | EDIT | REPLY |   

玉坂めぐる   

No title

れいほうかん!
うん、すごいよね。
あけぼうさんも魅了された深沙大将立像をはじめとする異形の仏像のコーナーは、同行者に「もういこうよ」といわれるほどにずっと見てて嵌まってしまいました。モンスターいっぱい。道で会ったらたぶん泣く。
それに途方もないポーズをとっているお方もいて、鎌倉期のものだったとは思うけど、すごい技術だなと。うひょひょでしたわ。

でも血曼荼羅みてましぇん!!ちまんだらだら・・・見たいなあ。
それにしても、声に出すと、すごい音だなあ。

2012/10/11 (Thu) 23:51 | EDIT | REPLY |   

サムライ銅像研究会  

No title

 こんばんわ。 
 高野山の雰囲気が伝わってきます。そういえばお酒を「般若湯」といって坊さんが飲んでましたっけ。欧州でも修道院で醸造したビールやらワインやら・・坊さんって東西関係なく酒好きでんな。
 快慶作の仏像がたまりません。そんなサイケデリックな作品だなんて・・・それだけの為に旅行に行く価値ありますね。

2012/10/11 (Thu) 18:57 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply