FC2ブログ
読書感想

「星座がもっと見たくなる:星座の物語と見つけ方」読んだよ

12 0



久々の読書です☆
とはいえ、こう暑いとなんとなくじっくりと活字に向き合うことができなくって、かるーく読める一冊です。
テーマが星座ってところも、なんとなく夏らしい☆
しかも、の本の表紙を見てもらってもわかるとおり、非常に可愛くて、女子向きの本でした。
主だった星座とそれにまつわるギリシャ神話をわかり易く、可愛い挿絵付きで紹介しています。
こういう本を探していた人は多いと思います~(・∀・)
ギリシャ神話の本って、結構難しくて、受け付けない用語も多いし。それに星座に特化してるわけではないんですよね。で逆に、星座の本ってなると、本当に天文学寄りの本になっちゃうんですよ。
星座にまつわる物語を集めた本が欲しかったんです!!しかも読みやすいやつ!!

ギリシャ神話といいつつ、ギリシャ神話って古代エジプトとかエチオピア王家の話なんかもちょこっと含んでるんですよね。カシオペヤやアンドロメダは古代エチオピアの人なんですよね。あまりにもおなじみの名前なんで、てっきりギリシャ人かと思ってました。ちょっぴりエチオピアに興味が出てきたよ。

名前といえば、本当にギリシャ神話でおなじみの神々の名前って、英語名となんでこんなに、イメージがちがうんでしょうね。ポセイドン=ネプチューン みたいに。 ゼウス=ジュピター みたいに。 音が全然違うじゃん。なんか不思議だわー。

もっと欲を言えば、この本はこの本で大満足なんですけど、ギリシャ神話メインじゃないですか。それ以外の国の星の話も知りたいんですよね。

少し残念なのは我が国日本にはそれほど星座がらみの話ってないんですよね。ほんのちょっとだけこの本に載ってたのは、天稚彦のお話ですね。七夕の話です。日本は基本的に農耕民族だったから基本的に太陽と一緒に行動していて、ある程度月の満ち欠けは観察してたけど、星座に関してはそれほど発展しなかったみたいですわ。陰陽師とかいたのに何故だ・・・かなり残念。でも、たしかにモンゴル人みたいに羊と一緒に大平原を移動とかもないし、大航海とかもしないし・・・星座を目印にして方角をどうこうする必要性ないもんなー。

今後も、星座にまつわる物語の本(読みやすい)を探して行きたいと思います。


ブログランキング・にほんブログ村へ

Comments 12

There are no comments yet.

あけぼう  

よきちのひろさん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

桂恋村の星座物語集がそのうちできそうですね。
刊行されるのを待つことにしましょう☆

2012/08/21 (Tue) 10:43 | EDIT | REPLY |   

あけぼう  

きぼう丸さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

美人が多いんだ!それは夢があるね・・・。
エチオピアって陸上とかのイメージしかなくて(;´∀`)
ギリシャ神話って、やたらゼウスが女性に手を出して、女性をやたら妊娠させるイメージですが、今回改めて読んでも、やっぱりゼウスが種馬無双でしたw

2012/08/21 (Tue) 10:34 | EDIT | REPLY |   

あけぼう  

サムライ銅像研究会さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

ま、それ行ったら日本も中国の星座をコピッてるようなもんですからね。
しかし、ギリシャ神話のあの頃(?)から、国が興ったり滅びたりしているので、読んでいてもこの国の人がどんな顔をしてたのか、黒人なのか白人なのかさっぱりわかりませんw

2012/08/21 (Tue) 10:32 | EDIT | REPLY |   

あけぼう  

ピー助さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

早い時期から地中海を航海していたため、生活の知恵的なところもあったんでしょうね~。なにかにかこつけてじゃないと、なかなか覚えられないですしね(´∀`)☆ でも、ただの直線で結んだ四角いものをよく「乙女」とか「熊」とかに見立てたよなぁと、感心しますよね。

2012/08/21 (Tue) 10:27 | EDIT | REPLY |   

あけぼう  

広報テハニーちゃん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

座違いww
でも「戦国鍋TV」に戦国プラネタリウムってコーナーがあったことを、
あけぼうは知っている・・・・( ´艸`)ムププ

2012/08/21 (Tue) 10:25 | EDIT | REPLY |   

あけぼう  

misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

ギリシャ神話は確かに「絵」になるもんなぁ~w
水瓶座の瓶から流れてる飲み物はネクタルという神の酒。
ネクターの由来らしいです。ヮ(゚д゚)ォ!
あけぼうも好きですけどね。でも他のも知りたいよねぇ。
中国にも星がらみの話は結構あるみたいです。
ひろーい国だからいろいろありそう。

2012/08/21 (Tue) 10:24 | EDIT | REPLY |   

よきちのひろ  

ぴりかあけぼう・はろ~

冬の桂恋村は星降る里、
キラキラを手で触れることができます。
そして、満月のお月さん・・
兎さんは引退して因幡の隠居家に棲んでおります。
もちろん、餅つきはエゾシカさんが引き継ぎました。
エゾシカ モチツキ ペッタンコ

2012/08/21 (Tue) 09:09 | EDIT | REPLY |   

きぼう丸  

カシオペヤやアンドロメダは古代エチオピアの人なの!!!
ギリシャ人だとばかり思っていた・・・
エチオピア人って美人が多いんだよね。

ギリシャ神話は面白いね。
神様がわがままで人間らしくってw

2012/08/20 (Mon) 01:59 | EDIT | REPLY |   

サムライ銅像研究会  

 こんばんわ。
 ギリシャ神話って、一回、ローマ神話に変換されていますからね。ネプチューンもジュピターもマルスもローマ神話。よその神話使いまわすってローマ帝国人って現実的ですね。
 多神教の神話のせいか、日本人にもわりとなじみやすい神話集ですね。北欧神話とかわりと血なまぐさいし。インド神話はややこしい・・まあ、古事記でも読み直しましょうかね。

2012/08/19 (Sun) 23:40 | EDIT | REPLY |   

ピー助  

ロマンチストですね~

あけぼうさん こんばんは!v-283

ほ~っ!

それぞれの星座に神話があるのですか~

夜空に輝く万点の星。。。

よくもま~上手い具合に星座なんてものに結び付けたもんだな~と感心しております。

さらにそれらに物語を設けるなんざ・・・粋ですね~古代ギリシャの皆様

真夜中の山頂で眺める星空はいいものですよ!

単独では危険ですので、大勢で臨みましょう。

明日もご安全に!v-222v-512

2012/08/19 (Sun) 23:03 | EDIT | REPLY |   

広報ティファニー  

ウチ、

むかしのニッポンじんが
もっと、せいざをみてたら
ギンザとか、
ラクイチラクザとか、
いろんなせいざが
できてたかもネ〜

2012/08/19 (Sun) 21:44 | EDIT | REPLY |   

misachi68  

うんうん、星座って、
ギリシャ神話に絡めたものしかないのでしょうかね?って
私も思ってた~~
七夕だけなんですかねぇ
でも、三国志にも諸葛亮孔明が星を読んで
戦略練っていたりしますよねぇ

でもギリシャ神話すきなんですけどね。

2012/08/19 (Sun) 21:07 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply