FC2ブログ

平家谷をゆく(赤幡神社)

広島県福山市沼隈町に来ております。
ここには、平家の落人が住んでいたという通称「平家谷」というスポットがあるのです。
もう、全国各地、いろんなところにありますけどね、平家の落人の里って・・・(;´∀`)
(前、各地に足跡を残した歴史上の人物ランキングを考えようとして挫折したけど、団体戦なら平家一門がダントツかもw)

akahata-J (1) 

非常に、のんびりした山村・・・といったかんじです。手前にあるのは桜の木なんですが、この頃、街中の桜はほぼ満開でしたので、やはり瀬戸内沿岸とはいえ、山間部は気温が低いんでしょうね~。

この写真の場所はまだ序の口といったところ。
目的の平家谷はまだまだ山奥へ入って行きます。
実は、この福山市沼隈町というところは、昔、うちの親戚が一時住んでいた家がありまして、小さい頃は時々遊びに行っていたので、まったく無縁の地というわけではないのです。しかし、さすがにこんなに奥の方へ来たのは初めてです。

で、到着です。


akahata-J (2) 

清盛の甥、通盛さんが逃れてきたところなんですね~。屋島からかぁ・・・。
たしかに、とりあえず逃げて落ち着くには、なんちゅうかほどよい距離って感じだ・・・・。




車で2時間37分ですって。


akahata-J (3) 

赤幡神社です。実際、紙垂が赤いのが分かりますでしょうか。縄にくっついてるひらひらした紙。
平家といったら赤色ですもんねー。源氏は白ですもんね。
いいもん=白ってなんとなく刷り込まれてるよね。
ただ、わるいもん=赤、ではないけどさ・・・。

akahata-J (5) 

色についてるイメージってなんなんでしょうかね。
わたしも小学生低学年の頃、電電公社の絵のコンクールで賞もらったことがありまして。
ワーイって賞品を受け取って、家で開けた時、その賞品ってバッグだったんですが、色が紺色というか青色だったので、号泣したことがありますよw 青=男の子色って思ってたんですよね。
これはちがうちがう、赤が良いって、大泣きでした~(∀`*)ゞイヤァ
話が脱線してしまいましたな
それにしても、この紙垂が赤いのは初めて見た。めずらしー。
他の平家の落人の里みたいな所もそうなのかな?

akahata-J (4) 

ちょこっと、こんな椿があしらってありました。
日中の日差しで、ちょっとクタッとなってるけど(;´∀`) でも、ちょっとほっこりするよね。

akahata-J (6) 

神社の脇にはかなり大木な椿の木が花を咲かせていましたよ。

akahata-J (7) 

その名も平家つばき。

akahata-J (8) 

桜の季節に椿がこんなに咲いてるって事は、やっぱり寒いってことなのかな。
広域の地図では海が近い沿岸部ではあるけど、ここは立派な山あいの谷です。
この近くには観光地「鞆の浦」もあるんだけど、そんな雰囲気は全然ない。 

akahata-J (9)  

のどかで静かな山村。
道路わきに突然現れます。赤幡神社でした☆


次も平家谷、つづきます。

ブログランキング・にほんブログ村へ 
ポチッとしてくれたあなた様に栄光あれ!(`・ω・´)ゞ

テーマ : 神社めぐり
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

サムライ銅像研究会さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

逆に、源氏にまつわるところはほとんどないです、こっちは。
大山祇神社とかに武具が奉納されてたりするのは、
「ゆかりの土地」と言うにはちょっと違う気がするし・・・。
落人の北限はどのあたりなんでしょうね。ちょっと気になります。

No title

 こんばんわ。
 関東では源氏にまつわる場所は多いんですけどね。平家は・・・思い当たらないなあ・・なので面白かったです。続きを期待しております。

よきちのひろさん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

ひろさんは平家の落人でございましたか。
それは遠く離れた親戚がこのあたりにお住まいかもしれませんなぁ。

ちなみにあけぼうが思いますに、
手旗信号より蹴鞠の方がモテると思います☆
勝ち~!

ぴりかあけぼう・はろ~

赤旗さま・・私も平家伝説のお仲間にして下さい・・
何を隠そう、先祖は平氏の落人と云われて育ちました。
その証拠に、村人は手旗信号遊びが出来ません。
「白あげて」の合図でも、赤を上げてしまいますから??
今は禿爺でも、ご先祖はりりしい公達でございました。

きぼう丸さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

屋島はずっと取りこぼしている所なんであります。
いつか行きたいなぁ。
祖谷は行きましたw
あけぼうもブルブルしながら、かずら橋を渡りましたw
写真で見たりするぶんには「余裕だぜ」と思っていたのに、実際は超こわいですよね~(;´∀`)
祖谷は本当に恐ろしいくらい谷が続きますよね。よく人が住んだものだ。友人の話ですが、たしかこのあたりで、トロッコでしか上がれないような斜面に集落がある所があるそうで・・・。で、「田舎に泊まろう」って番組で唯一芸能人を泊めなかった所らしいです。それくらい排他的。

きぼう丸さんはぺんてる賞を何度も貰ってるから覚えてないんですよ(´∀`)
あけぼうなんて、最初で最後に近いですからね、絵で賞もらったの(笑)

広報ミヨッさん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

どうなんでしょうね??
少なくともあけぼうの知り合いにはいないですね。
村上水軍の末裔を名乗る人はすごくたくさんいるのにねぇ(笑)

ピー助さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

お気持ちお察しいたします。
この、のんきなあけぼうですら、日曜日が終わってゆくせつなさ、
ハンパじゃなかったですからね~~~(;´Д`)
アイツに赤紙送ってやれ~!w

広報テハニーちゃん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

ヨネ~♪
しかも考えてみたらその絵のコンクール、
デンデンコーシャがテーマの絵だったw
だから、近所のデンデンコーシャの社屋を書いたんだけど
自分とこを小学生の絵のテーマにするあたり、
さすがKYだわ~~~

misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

なんかもう、たいていの場所にありますよねw
ついつい、壇ノ浦の戦いとか思い出して、
瀬戸内周辺・・・って考えがちですけど、
京都から北へ逃げる場合、福井とか加賀のほうになるし
そちらの方も落ち武者の子孫がいても不思議じゃないですよね~。
そちらの落人が住んでた地域も赤い紙垂なんでしょうか?

玉さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

そうだね、紅白で戦うのやばいよねww
あけぼう的には龍組VS虎組きぼんぬw

No title

おひさです!
相変わらず色々とお出かけで羨ましいです。

屋島も行きましたが、平家の落人の里の祖谷にも行きましたよ♪
もちろん怖々と伝説のかずら橋を渡ったもんです。

小学校の頃はぺんてる賞を何度かいただきましたが、
賞品が何だったか覚えておりません。そんだけ昔の事ですたい!

あの〜

中国地方はやはり
平家の落武者が多かったんですね。
落武者は平家を名乗れなかったでしょうけど、
隠れ平家というか、落武者の末裔の
平家って、今もけっこういてはるんでしょうか。

どきっ!

あけぼうさん こんばんは!(^◇^)b

赤い紙に書かれた書類が回ってきたら驚いちゃいますよ~

でも、それが普通な平家さんだったのですね!

明日からまた厳しい現実が始まります。

逃げたいな~っ。。。

明日もご安全にV(^◇^)m

ウチ、

デンデンコーシャのボケ!
おんなのこならアカにきまってるよネ〜
いまはエヌテーテーとなってるけど、
むかしもいまも、
あいつら、KYやでしかし!

No title

おおっ!平家の落人なんて、
大河ドラマにも係わるしタイムリーですね(^^)v

そういえば、私の住む地方にも古戦場があったり、
落人が住んでた地域とかあったり、
自分の先祖は平家の落ち武者だったんだって人がいたりしますよ。

なかなかしぶとく生き抜いた一族だったのですねぇ。

No title

赤の紙垂、面白いね。
いろんな立て看板まで赤で塗ってる徹底ぶりも楽しい。
このへんの小学校の運動会はどうるすのかなww
白になった子たちは泣いたりしないだろかw
椿もほんとはもともと白椿かもしれないよ。
ペンキで塗ってるかもしれない、アリスのハートの女王みたいに(^^)


プロフィール

あけぼう

Author:あけぼう
性 別:女
住 居:広島県
特 徴:とうふメンタル
近 況:Instagram(別名)

家のWi-Fiがダメなまま5月が終わりそうだ。

最新記事
過去記事の検索はこちら
☆カテゴリ☆
コメントありがとうございます
Comments<>+-
Trackback <> + -
リンク(遊びに行ってね)
FC2カウンター
◆◆◆
「Amazonが販売・配送」の商品のみ推奨
**

RSSリンクの表示