FC2ブログ
読書感想

「コンニャク屋漂流記」読んだよ

12 0
コンニャク屋漂流記コンニャク屋漂流記
(2011/07/20)
星野 博美

商品詳細を見る



とっても良い本でした。他人の家のルーツ探しなのにすごく面白かった。
なんでかって、まず、作者と自分との共通点。
祖父(ならびに親戚筋)が漁師系。
作者自身は東京生まれで、家業が漁師なわけではなく、祖父の代から家に流れる「漁師的雰囲気」のみに接している。
だから、実際に船に乗るとすぐ船酔いするような体たらくw
でも漁師的雰囲気には子供のころから憧れが(漁師の末裔を自認するw)


作者は祖父が亡くなる前に書きとめていた回顧録を頼りに、ルーツ探しを始めるんだけど、それがもうタイムスリップ冒険記を読んでるかのようで、すっごく面白い。

本を読み進めていくうちに、普通の家でも歴史がここまで辿れるんだなって感心するとともに、どんな時でもたくましく生き抜いてきた「コンニャク屋」の人々に、他人のわたしでも愛着がわいてくる。

恐らく、こうして自分が生きてるという事は、自分の祖先もコンニャク屋と同じように、庶民という立場で様々な歴史の荒波を越えてきて、そして時を超えて今、自分に繋がってるんだな、ってしみじみ感じて、最後には涙ぐむくらい素直に感動してしまった。

作者との、もっとも大きな共通点は、いずれ自分がひとり、残されてしまうっていう想いが、いつも心のどこかにあるという事。作者は独身で末っ子だから、両親が死に、兄弟が死に・・・やがて自分ひとりになるんだろうという。
あけぼうも恐らく自分の代で我が家は途絶えるだろうから、その気持ち、ちょっとわかる。
なんか、ただのルーツ探しだけじゃなくて、今の時代の閉塞感みたいなものも捉えてて、読みごたえも充分。

本のラストでは、東日本大震災が起きるんだけど(本当に最近の本なんです)、まるで先祖たちの存在が子孫の作者を守る温かい光のようでした。本当におじいさんの回顧録は、孫への【祝福】だったんだなと思いました。 



ブログランキング・にほんブログ村へ
ちなみに今はもう使われないわが家の屋号は「いずみや」ですw

Comments 12

There are no comments yet.

あけぼう  

Re:

よきちのひろさん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

そう、それなんですよ。
「いずみや」って聞くと、ま~必ずあのオッサンが脳裏をよぎるじゃないですか(;´Д`)
それが嫌なんですよねぇ。別に泉谷しげる氏が嫌いってわけじゃないんですけど。

是非!モテ悪を気取りたいですw
気取らせてくれ~っ(ノ∀≦。)ノぷぷ-ッ♪

2012/05/16 (Wed) 17:51 | EDIT | REPLY |   

よきちのひろ  

ぴりかあけぼう・こんにちは

いずみやさんちはぴりかあけぼうで途絶える・・とのお言葉、
魂胆がミエミエでございます。
一生独身で、次から次へと男を手玉にとって、コロコロ転がす、
モテモテ悪のぴりかを気取っていませんか??
あの~  うるさい「イズミヤシゲル」おじさんはご親戚なんでしょうか??

2012/05/16 (Wed) 17:09 | EDIT | REPLY |   

あけぼう  

きぼう丸さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

緑関係!? 林業みたいな?

木こりさんでしょうか・・・(;゚∀゚)=3ムッハー

一度は「職業=木こり」って言ってみたいですw

でも、それだと牧場ってめちゃくちゃ遠いワケでもない感じがしますね~!

伊達政宗の家臣もかなりイイ!!
やっぱりメジャーどころの武将がいいなぁ。

2012/05/15 (Tue) 17:32 | EDIT | REPLY |   

あけぼう  

広報ミヨッさん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

いや~もうそろそろ、あけぼうも、
人生の標準を黒柳徹子とかに合わせたほうが
良いような気がしますw

2012/05/15 (Tue) 17:25 | EDIT | REPLY |   

あけぼう  

misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

おお~っ。
ウチの亡くなった祖父も何代も前までルーツを辿ってるんですよ☆
祖父は四国八十八ヶ所巡りなんかもしているし、
もしかして、あけぼうは祖父と趣味が近いのかもしれません(´∀`)
しかしずっとお百姓って「わかってる」っていうのも、すごいですね。
ミサ家が百万石(の一部)を支えていたんですね!

2012/05/15 (Tue) 17:22 | EDIT | REPLY |   

あけぼう  

のりちゃん、オヒサ☆^v(*´Д`)人(´Д`*)v^☆オヒサー

わーありがとー☆(∀`*)ゞ
小さい頃くらいまでは、
「いずみや」と書かれたうちわとかが、
田舎の家に無造作に転がってたりしてましたよ(*´∀`)
なんで、そんなもん作ったのかはよく分かりませんけどw
世の中いろんな冒険があるけど、この冒険は目の付け所が違ったなぁ☆

2012/05/15 (Tue) 17:18 | EDIT | REPLY |   

きぼう丸  

No title

ルーツ辿ってみたいな!

父方だと中世に緑関係の仕事についていたっぽい!
今じゃ本家は牧場ですが。

母方は伊達政宗公の家来だったらしいけど、
母は話を膨らますから〜どこまでが本当だか・・・。

うちは午娘で途絶えそうです・・・。

2012/05/15 (Tue) 02:05 | EDIT | REPLY |   

広報ミヨっちゃん  

あの〜

あきません、途絶えたらあきません。
由緒ある海賊、じゃなかった、
由緒ある漁師の末裔なんですから!

2012/05/15 (Tue) 00:44 | EDIT | REPLY |   

misachi68  

No title

わかるわかる!ルーツってたどってみたいって思います~

父は自分のルーツを何代か前まで辿ったことあるみたいですよ。
いいなぁ。
自分の源流をたどるのって冒険ですよね。

でも、嫁いだ家はずっとこの地で百姓だったのだとわかってるのは
ちょっとつまんない。

2012/05/15 (Tue) 00:18 | EDIT | REPLY |   

のり  

No title

にゃるほどなぁ…
先祖のことを知りたいという純粋な気持ちは
誰もが理解できますよね。

「時空を超える珍道中」という言葉が素敵です。
壮大な冒険のようでありながら、とても日常的。
それこそまさに家族かもしれません。

「いずみや」とても素敵ですね(^^
あけぼう家のご先祖さまのこともちょっと知れてよかったです。

2012/05/15 (Tue) 00:08 | EDIT | REPLY |   

あけぼう  

玉さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

(∀`*)ゞイヤァ 感想書くのって下手くそなんだけど、
この本は素晴らしいので宿題リストに是非追加してほしいっす☆
なかなか「調べてみたいなぁ」と思っても実行には移せないし、
一体どこから探っていいものかもわからないくらいだし…。
でも、玉さんも頑張れば、実は武士だった先祖が平民の身分を選ぶまでの大河ロマン的エピソードとか、逆に農民が武士の兜をゲットするまでの、ハラハラドキドキの冒険譚を知ることが出来るかもしれないwww

2012/05/14 (Mon) 20:19 | EDIT | REPLY |   

玉坂めぐる   

No title

よみたいよみたい。
あけぼうさんのレビュー、毎度毎度読みたくなる。
宿題増えるなあww

玉坂も母方は、江戸時代の尾道の薬屋まではわかってて
その先は村上水軍とか適当なこと言ってますけど、
頑張れば本当のことがわかるのかな。
父方は栃木の貧乏家なのに家に鎧兜一式があったから、
もとは士族なんだろうと思ってたら
戸籍に露骨に「平民」と書いてあったので
「なんだ先祖が武士の遺体から剥いだのか」と思ったと
父が笑ってたけど、それも頑張ればわかるかなwww

2012/05/14 (Mon) 19:40 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply