05
2
3
4
5
6
9
13
14
20
21
23
26
27
28
30
31
   

「本当は恐ろしい漢字」 読んだよ

本当は怖ろしい漢字本当は怖ろしい漢字
(2007/10/26)
小林 朝夫

商品詳細を見る



怖ろしい」漢字から「不思議」「奥深い」ものまで、知られざる漢字の裏側110連発!!


こわかったわー。((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

これは、漢字の成り立ち・・・つまり「美」の文字は羊+大で羊が大きく立派に育ってる様子から、みたいな、そういう漢字の中でも「怖い」由来を持つ文字や不思議な由来を持つ文字なんかを、一冊にまとめた本でした。
1ページに1つの漢字の由来とエピソードあるいは見開きで1つの感じのエピソードが書かれてたりする。
面白いというか、怖い~って思うのは、もともとの象形文字が、めちゃくちゃ「そのまんま」って事。
たとえば「七」という字は、腹を十字に斬った時にはみ出る「七つの臓器」から来てる。
筆で「十(10)」と書いて、そのタテ線の一番下からしゅるるっと線(内臓、特に腸を意識して)を伸ばしてください。それが、「七」です・・・:(;゙゚'ω゚'):
ホント、絵的というか、エピソードを読んでから改めて象形文字を見ると、びっくりする。

そして漢字の成り立ちのエピソードであるからには、やっぱりその舞台は古代中国ってことになるんだけど・・・古代ってホントやることがエグイっていうか、苛烈な世界だわ・・・絶対生まれたくない・・・。

でもやっぱり、不思議と人間、怖い話って知りたがる性質を持ってるよね(;´∀`) 
小学校の時、学級文庫に必ず心霊関係の本とか妖怪の本とかあったよなぁ・・・ってことを思い出す。

ただ、あまりにもずっと「怖い話」ばかり読んでるとさすがに飽きてくるんだよね。
そこで(?)この本も、3分の1は「怖い話」で、残りは「不思議」、「奥深い」話・・・と、系統に分かれてるから、タイトルとは違って、内容は全編「怖い話」ばっかというワケではナイので、これが案外読んでたらちょうど良かった(笑)
漢字が苦手な子のお母さんに是非w
これらのエピソードで、恐らく強烈な印象を植え付けることが可能かとww


   

人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
ポチッと押していただけると小躍りします☆



関連記事
スポンサーサイト

theme : 最近読んだ本
genre : 本・雑誌

tag : 読書 漢字 感想

tosさん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

うあー!ビックリしたΣ(゚ロ゚;)
一瞬、誰かと思いましたわーww
兄さん、よくぞ出戻られましたぁ。お待ちしておりやしたぁ。
こちらこそ、よろしくお願いします☆

あけぼう、こんばんは!

いろいろと諸事情により、突然FC2から姿を消してしまい
ご心配とご迷惑をお掛けしてしまいました。

その諸事情とやらも、だいぶ緩和されてきたようなので
少し出戻ってみる事にしました。

これからも、どうぞよろしく!

松村さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

なりなはれ、なりなはれ、妖怪に…(・∀・)
あけぼうは、痛い話がニガテだというのに、
こういう本は大好きなんですよねぇ。
象形文字にがぜん興味がわきましたよ。
あまりにもまんま過ぎて…。

さいごうさん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

グロさについては、多分大丈夫ですよ( ´∀`)bグッ!
そうなんです、今ではそんな不吉な意味とかは無いような
漢字の由来がめちゃくちゃダークです(笑)
確かに「キングダム」の作中なんかでも、
古代中国のやってる事、ものすごい残酷ですもんね~(;´Д`)

本当は怖いシリーズ、来ましたね。
世の中怖いものだらけですからね。
本当に怖いのは・・・
人間でしょうw

おら、早く妖怪になりたい・・・

すごくグロそうですね~(^_^;)
読んでみたいけど…耐えられるでしょうかw
でもでも、とっても興味深い。まさか七がそんな由来だったなんて…
ラッキーセブンどころじゃないですね。すごい不吉な数字ですよ(;゜Д゜)
いやーまずはちょっと立ち読みしてみたいですねぇ。

玉さま、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

こだまきよしさんは、本当に読書家だよねぇ~。
あ、でも白川静さんの本をゲットされてるのであれば、
この本はかなりライト層向けだから、玉しゃんには物足りないかもしんないw
逆にあけぼうは、この本ですっかり漢字の由来が楽しくなってきて
白川さんの本を次は読んでみようかなと思ってるところなんだ~。
あーでも、文字を記すこと自体が呪い的な意味合いを持つ・・・っていうのは
確かに「ある」かもしれないわぁ(;´Д`)
これらの象形文字が使われてつづられた書物とか、もう暗黒すぎる・・・。
やばいやばいw「七」の由来なんか書いて、呪詛られたら大変だ~w
でも、あけぼうはいっぱい日本の神様のお札とか買って来たから多分平気だいっww

misabhi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

あけぼうも由来とか結構好きなんですよ~。
サクサク読めるので、小説と小説のあいまの
箸休め的な本として、丁度いいかもしれないです☆

こだまきよしさんが司会してたNHKの読書番組の推薦で
白川静さんの漢字ルーツの本を買って読んでびっくりしたことがありました。
なんか、生首とか死体とかやたらに出てくるんだよね、字の由来。
文字記すこと自体になにか呪詛的な要素があるのかな、とも思ったよお。

他の古代文明も、文字といえば墓とか血塗られた歴史とか…。
そもそも戦争や政治とか過去のことを記すということは、
利害がある出来事の解釈を勝った側が無理矢理一つに合理化することになるわけで。。。恨む側からすればひどいことだし
それを収めるためにも、自然に呪詛的になりそうなきがするね。
なんて思いつきで書いてて怖くなった。
ひょっとしてブログやコメントもうすい呪詛か?(笑)(酔)
この本も面白そうだ。読もうかな。

それは興味深いですね!
漢字って結構好きなんですよ。
言葉の由来とか調べるのも好きなので、
この本、探してみますp(^_^)q
「七」ってそんな恐ろしい意味があるなんて驚きです。

はじめましてAliceといいます。
今日はアフィリエイトの紹介でコメントさせていただきに来ました!

しかも!今ならお年玉キャンペーン付きでお得ですよ♪

詳しくは私のブログか、A9ドッと混むで! →http://bit.ly/vHFAPD
Secret

プロフィール

あけぼう

Author:あけぼう
性 別:女(毒)
血液型:A型
住 居:広島県
特 徴:ご朱印女子w
近 況:
Instagram(別名)

最新記事

過去記事の検索はこちら

☆カテゴリ☆

リンク(遊びに行ってね)

コメントありがとうございます

Comments<>+-
Trackback <> + -

あけぼうの木

FC2カウンター

Translation(自動翻訳)

RSSリンクの表示

フリーエリア

ポチッとな!