FC2ブログ
おでかけブログ。神話や妖怪、UMAが好き。その他、日々のふしぎや、おバカな出来事・読書感想などを、つらつらと。
前回の神社で、まんまと細い道に入り込んでしまい、そこから脱出するのに精根尽き果ててしまいました。げっそり
これで帰るんじゃあ、本日の締めとして、なんともイマイチ。

今回の開運八社巡りでも、もし神社の方がおられればいつでも頂くことが出来るよう、一応「御朱印帳」も持ってきてはいたんですが、今回は山奥の神社ばかりで全く出番がありませんでした(;´∀`) まあ確かにあまり期待はしてなかったんですが・・・。

いやいや!このままじゃ帰れないでしょ!ヽ(`Д´)ノ

どっか、ここからそれほど遠くない圏内で、ご朱印が貰えそうな神社は無いものか・・・。

検索、検索・・・・友人のスマホが素早く答えを導き出します。スマホ万歳!スマホ素敵。
(ちなみにあけぼうはスマホ持ってませんw)
そしたら遠くない場所にありました!電話をしたらご朱印も書いてくださるとのこと。
「お待ちしてます」とまで言ってくださり、さっきまでの脱出劇で、荒みきっていた我々の心も和らぎました~ つД`)・゚・。・゚゚・*:.。..。.:*・゚

というわけで、その神社へ急行っ。


名和1 

じゃーん!!
見て!この、ちゃんとした駐車場~ アスファルトよ~
しばらく自然に満ち溢れた環境の中に建つ神社ばかり巡っていたせいで、すごく近代的というか「なんて便利に整備されていることか!」と感動してしまったよ(笑)

名和2 

名和神社です。
この鳥居の先へつづく石畳の左右には桜が植えられていて、春には良い花見スポットのようです。

名和3

この地域・・・そして神社の名前は名和神社・・・。
すでにピンときている方もいらっしゃるかもしれないですね。
あけぼうは到着するまでまったく気が付きませんでしたけど・・・(;´∀`)

名和4 

そう。ここでも後醍醐天皇がらみですよ~。
御祭神は 伯耆守従一位 源朝臣 名和長年公

隠岐の島を脱出した後醍醐天皇を助けるべく挙兵を決意し、船上山に立てこもって敵軍を打ち破ったというエピソードが有名な南朝側の武将・・・。
今朝鳥取へ向かう道の途中、道の駅「醍醐の里」で、この桜の目印って、キノコっぽいよな~wとか言ってた時、まさかラストにこのような由来のある神社にたどり着くとは夢にも思いませなんだ~。いやぁー、導かれちゃったか??(笑)

名和5 

関係ないけど、境内の大きな松の木に、大きな松ぼっくりがたわわに・・・。
なんていうか松=パインっていうのが、しっくりきてしまうくらいの・・っぷり。

名和6 

夕暮れ時だから、もう灯りが。
こういう夕暮れ時の、明かりがともり始めた時間帯って、神社だけがもつ、独特の雰囲気が際立ちますよね。
落ち着くんだけど、ワクワクもしてるというか・・・。
なんなんでしょう、この感情。日本人だからなのか。

名和7 

社殿はこんな感じ。 
境内の一部は名和氏の倉の跡地だったそうですよ。
義挙に及ぶ際に彼は自らこの倉を焼き払ったのだそうで、今でも当時の焼米が出土するんだそうです。

ちなみに、参拝した後ちゃんと御朱印もいただけました☆
電話応対してくださった神主さんがちゃんと待っててくださいました(ノ´∀`*)
やはり御朱印をもらう女子は少ないらしく、結構珍しがられましたよ。


名和神社 001 

頂いたご朱印。シンプル
 
大満足で今回の神社めぐりは終了です。
良かったw いい感じに締めくくることが出来た(´∀`) 


人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 中国地方旅行へ
ポチッと押していただけると小躍りします☆


追記を閉じる▲

名和1 

じゃーん!!
見て!この、ちゃんとした駐車場~ アスファルトよ~
しばらく自然に満ち溢れた環境の中に建つ神社ばかり巡っていたせいで、すごく近代的というか「なんて便利に整備されていることか!」と感動してしまったよ(笑)

名和2 

名和神社です。
この鳥居の先へつづく石畳の左右には桜が植えられていて、春には良い花見スポットのようです。

名和3

この地域・・・そして神社の名前は名和神社・・・。
すでにピンときている方もいらっしゃるかもしれないですね。
あけぼうは到着するまでまったく気が付きませんでしたけど・・・(;´∀`)

名和4 

そう。ここでも後醍醐天皇がらみですよ~。
御祭神は 伯耆守従一位 源朝臣 名和長年公

隠岐の島を脱出した後醍醐天皇を助けるべく挙兵を決意し、船上山に立てこもって敵軍を打ち破ったというエピソードが有名な南朝側の武将・・・。
今朝鳥取へ向かう道の途中、道の駅「醍醐の里」で、この桜の目印って、キノコっぽいよな~wとか言ってた時、まさかラストにこのような由来のある神社にたどり着くとは夢にも思いませなんだ~。いやぁー、導かれちゃったか??(笑)

名和5 

関係ないけど、境内の大きな松の木に、大きな松ぼっくりがたわわに・・・。
なんていうか松=パインっていうのが、しっくりきてしまうくらいの・・っぷり。

名和6 

夕暮れ時だから、もう灯りが。
こういう夕暮れ時の、明かりがともり始めた時間帯って、神社だけがもつ、独特の雰囲気が際立ちますよね。
落ち着くんだけど、ワクワクもしてるというか・・・。
なんなんでしょう、この感情。日本人だからなのか。

名和7 

社殿はこんな感じ。 
境内の一部は名和氏の倉の跡地だったそうですよ。
義挙に及ぶ際に彼は自らこの倉を焼き払ったのだそうで、今でも当時の焼米が出土するんだそうです。

ちなみに、参拝した後ちゃんと御朱印もいただけました☆
電話応対してくださった神主さんがちゃんと待っててくださいました(ノ´∀`*)
やはり御朱印をもらう女子は少ないらしく、結構珍しがられましたよ。


名和神社 001 

頂いたご朱印。シンプル
 
大満足で今回の神社めぐりは終了です。
良かったw いい感じに締めくくることが出来た(´∀`) 


人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 中国地方旅行へ
ポチッと押していただけると小躍りします☆

FC2blog テーマ:神社めぐり - ジャンル:旅行

【2011/10/14 17:02】 | 開運八社めぐり
トラックバック(0) |


あけぼう
きぼう丸さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

そうなんですよ~。
東京とか、京都とか、ちょっと名の通った大きい神社だと
結構ご朱印貰ってる人いるんですけどねぇ(;´∀`)
今回は全然です。(まぁそもそも人がいない神社ばかりだったけれども)
観光的神社と地元密着型の神社の違い・・・ってことかなぁ?


きぼう丸
ここの灯籠素敵・・・!

ご朱印ゲットできてよかったですね。
東京では女子の方がご朱印をもらっている人が多い気がしますよ。
若い男子も結構出会いますよ。


あけぼう
よきちのひろさん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

どぶろく祭り!?
そんな祭りがあるのですかΣ(-∀-)
それはアレですね、飲んだくれなければならない祭りですね!ピンときましたよ☆
宍道湖のシジミで、次回の祭り参戦まで肝臓を鍛えたいとおもいます。
ちなみに今回の朱印も桂恋村へカモメールで送付いたしましたよ。



あけぼう
松村さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

面白いお方ですよね。
あけぼうの脳内では、たまにシュワちゃんになって

「I’LL BE BACK!!」

って言ってることがあります(笑)

この際、隠岐にも行ってみたいと思いますよね。
グルメもありそうだし・・・・。



あけぼう
ピー助さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

しかしこの道を通らなければ八社巡りの完全制覇ができないとなると、やむにやまれず入り込んでしまいました。今回つくづく思ったんですが、神社めぐりには軽自動車が一番ですね☆


あけぼう
玉坂さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

そうそう、まさに口直し感覚です(笑)
軽トラ爺=実は神 説も捨てきれませんけどね(←けっこう気に入っているw)
自分たちの器の小ささが気に入らないんで・・・これはボツということで・・・ごにょごにょ。

おめでとうございます
よきちのひろ
ぴりかあけぼう・おはようございます。
幾多の艱難辛苦の末の快挙、忠心よりお慶び申し上げます。
が・・桂恋村からの情報不足で大切な神社めぐりができません。
先ずはお詫び申し上げます。
14、15の両日は故郷飛騨白川村の八幡さまのお祭りでした。
奇祭【どぶろく祭り】でぴりかさまにお飲みいただきかったんですが??
来年こそは飛騨までおでかけいただき・・
ぴりかさまの色香をふりまいていただきたいものです。
【岐阜県大野郡白川村荻町 よきち】


松村博司
お~、最後は後醍醐天皇がらみの神社でしたか。
岡山でも道すがら、いろいろ残っていますからね。
まあ、いろいろ思うところもあるでしょうが、歴代天皇でこれほどドラマチックに能動的に生きてこられた方は他にはいないだろうと思いますし。
最後の結論としては、
「やっぱり崇徳天皇の呪いは破れなかったか・・・」
って感じでしょうか^^;


困難は多いほど
ピー助
あけぼうさん こんばんは!v-283


豊榮神社での災難を経験し、きっと用心深くなったことでしょうね。

ピー助は怪しい道にはピ~ンと来ますよ。
500番以上の国道なんて超狭い道が多いので気をつけましょう!

あぜ道なんて~とんでもない。。。

今回はスマホで検索&アポイント・・・とは近代的ですね!

無事に歴史ある神社にたどり着くとは~恐れ入りました。


明日もご安全に!v-222v-512

昨夜は訪問できずに爆睡しちゃいました~v-17


玉坂めぐる 
なるほど、旅の終わりが「軽トラ爺さん(実は神)の試練」では嫌だったんですね(笑)。

なんか凄い分かる。
なんかあると、口直しにラーメンとか、げんなおしに一杯とか。(笑)
そんなことばっかりしてますよ、私は。


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
きぼう丸さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

そうなんですよ~。
東京とか、京都とか、ちょっと名の通った大きい神社だと
結構ご朱印貰ってる人いるんですけどねぇ(;´∀`)
今回は全然です。(まぁそもそも人がいない神社ばかりだったけれども)
観光的神社と地元密着型の神社の違い・・・ってことかなぁ?
2011/10/17(Mon) 09:30 | URL  | あけぼう #-[ 編集]
ここの灯籠素敵・・・!

ご朱印ゲットできてよかったですね。
東京では女子の方がご朱印をもらっている人が多い気がしますよ。
若い男子も結構出会いますよ。
2011/10/17(Mon) 00:29 | URL  | きぼう丸 #skMrwbAU[ 編集]
よきちのひろさん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

どぶろく祭り!?
そんな祭りがあるのですかΣ(-∀-)
それはアレですね、飲んだくれなければならない祭りですね!ピンときましたよ☆
宍道湖のシジミで、次回の祭り参戦まで肝臓を鍛えたいとおもいます。
ちなみに今回の朱印も桂恋村へカモメールで送付いたしましたよ。
2011/10/16(Sun) 11:40 | URL  | あけぼう #-[ 編集]
松村さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

面白いお方ですよね。
あけぼうの脳内では、たまにシュワちゃんになって

「I’LL BE BACK!!」

って言ってることがあります(笑)

この際、隠岐にも行ってみたいと思いますよね。
グルメもありそうだし・・・・。
2011/10/16(Sun) 11:37 | URL  | あけぼう #-[ 編集]
ピー助さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

しかしこの道を通らなければ八社巡りの完全制覇ができないとなると、やむにやまれず入り込んでしまいました。今回つくづく思ったんですが、神社めぐりには軽自動車が一番ですね☆
2011/10/16(Sun) 11:31 | URL  | あけぼう #-[ 編集]
玉坂さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

そうそう、まさに口直し感覚です(笑)
軽トラ爺=実は神 説も捨てきれませんけどね(←けっこう気に入っているw)
自分たちの器の小ささが気に入らないんで・・・これはボツということで・・・ごにょごにょ。
2011/10/16(Sun) 11:30 | URL  | あけぼう #-[ 編集]
おめでとうございます
ぴりかあけぼう・おはようございます。
幾多の艱難辛苦の末の快挙、忠心よりお慶び申し上げます。
が・・桂恋村からの情報不足で大切な神社めぐりができません。
先ずはお詫び申し上げます。
14、15の両日は故郷飛騨白川村の八幡さまのお祭りでした。
奇祭【どぶろく祭り】でぴりかさまにお飲みいただきかったんですが??
来年こそは飛騨までおでかけいただき・・
ぴりかさまの色香をふりまいていただきたいものです。
【岐阜県大野郡白川村荻町 よきち】
2011/10/16(Sun) 03:14 | URL  | よきちのひろ #-[ 編集]
お~、最後は後醍醐天皇がらみの神社でしたか。
岡山でも道すがら、いろいろ残っていますからね。
まあ、いろいろ思うところもあるでしょうが、歴代天皇でこれほどドラマチックに能動的に生きてこられた方は他にはいないだろうと思いますし。
最後の結論としては、
「やっぱり崇徳天皇の呪いは破れなかったか・・・」
って感じでしょうか^^;
2011/10/15(Sat) 06:56 | URL  | 松村博司 #-[ 編集]
困難は多いほど
あけぼうさん こんばんは!v-283


豊榮神社での災難を経験し、きっと用心深くなったことでしょうね。

ピー助は怪しい道にはピ~ンと来ますよ。
500番以上の国道なんて超狭い道が多いので気をつけましょう!

あぜ道なんて~とんでもない。。。

今回はスマホで検索&アポイント・・・とは近代的ですね!

無事に歴史ある神社にたどり着くとは~恐れ入りました。


明日もご安全に!v-222v-512

昨夜は訪問できずに爆睡しちゃいました~v-17
2011/10/14(Fri) 22:50 | URL  | ピー助 #-[ 編集]
なるほど、旅の終わりが「軽トラ爺さん(実は神)の試練」では嫌だったんですね(笑)。

なんか凄い分かる。
なんかあると、口直しにラーメンとか、げんなおしに一杯とか。(笑)
そんなことばっかりしてますよ、私は。
2011/10/14(Fri) 22:33 | URL  | 玉坂めぐる  #WCSj23LI[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック