FC2ブログ
おでかけブログ。神話や妖怪、UMAが好き。その他、日々のふしぎや、おバカな出来事・読書感想などを、つらつらと。
開運八社巡り、東伯郡琴浦町勝田にある豊榮神社にやってきました。

田んぼの真ん中にこじんまりした鎮守の森。
一般の道路から田んぼの中のあぜ道へと車で入っていきます。
状況はこんなんです 

状況絵図 

乗って来た車が大きいせいもあって、ぎりぎりな感じの道幅です。
直角に曲がるのが難しいくらいの・・・(;´Д`)
てか、曲がってしまうと道がさらに細くなるので曲がれません。

豊栄1 

しかも!!

駐車場があるという話だったのに見当たらない・・・うそーっΣ(゚д゚lll) バカな・・・
ショックを受けつつも、車の通りも人通りもまったく無かったので、の絵図のとおり、手前の道にそのまま車を停めました。
すぐ目の前だから、誰か来たらすぐわかるし、もうここは、とっとと参拝してしまおう

豊栄2 

と思ったら神社のわきの野原が駐車場でした。
軽だったら入っていけたかもだけど・・・レベル高すぎ(;´Д`)
我々みたいな者には絶対ムリ(笑)

豊栄3 

田畑に取り囲まれているので、境内は広くはないうえ、塀で囲まれているとかいうのもない。
ちょっと田畑より一段高いところに立ってるのが境目だよ的な。

豊栄4 

狛犬。左の方は狐っぽい。

豊栄5 

なんか狛犬さんと狐さんはクール&ドライな仕事仲間ってかんじだね(笑)

豊栄6 

ここで、スクランブル!スクランブル!!

地元のお爺さんが運転する軽トラ
が、我々の車の後ろにやって来た
慌てて車を動かすために引き返したので、社殿を正面から撮ることが出来なかった・・・
その直前に手ぬぐいに朱印を押すことが出来たので、来た甲斐はあったけど、とにかくあわただしい参拝になってしまった。

で、車に戻ったものの・・・さて、どうしよう!?
軽トラのお爺さんが我々に向かって「先へ行け」とジェスチャーで促す。

えっ、でも神社方面には行けないからここに停めてるんですけど・・・

お爺、の状況絵図の右手、
民家が何軒か建っていて、その先がよく見えない「謎のゾーン」へ行けとジェスチャーで促す。


お爺が、謎のゾーンに行けって言ってるよ!

大丈夫なのかなぁ・・・??

大丈夫なんじゃね? 地元民行けって言うんだから・・・・

 






結論=とんでもなかったわ。



「謎のゾーン」へ車を進めると、そこは民家の敷地なのか路地なのか分からないような場所・・・Σ(゚д゚lll)ガーン
あっというまに、我々の車はにっちもさっちもいかなくなりました・・・。
なんかもう、バックもできなくなってしまって最悪

あけぼうが車からおりて確認すると・・・民家と農機を置いてる納屋との間の道(?)を通ったら、田んぼのあぜ道に出られそうではありました。てか、もうそれしかここから脱出できそうなところが無い。

そこで我々は意を決して、道なのか人んちの敷地なのか分からん非常に怪しい通路を・・・チビッ・・チビ・・ッと車を進めて、民家にぶつからないよーに、かつ溝にタイヤが落ちないように・・・んもう細心の注意を払いつつ・・・やっとこさ、農道へ脱出できた時にゃ、友人と2人してゲッソリしていたよ・・・ 精根尽き果てたよ・・・(;´Д`)

その頃には軽トラ爺はいなくなってました・・・許せん(TдT)

あ~あ、ひどい目に遭った・・・・(;´Д`)

豊かさと繁栄をまねく
という名前の「豊榮神社」・・・
これで「招いて」くんなかったら・・・( ゚皿゚)キーッ!!

手ぬぐい3社 

そんな艱難辛苦を乗り越えて(笑)
こうして、開運手ぬぐいがまた一歩完成に近づいたよ


人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 中国地方旅行へ
ポチッと押していただけると小躍りします☆


追記を閉じる▲

駐車場があるという話だったのに見当たらない・・・うそーっΣ(゚д゚lll) バカな・・・
ショックを受けつつも、車の通りも人通りもまったく無かったので、の絵図のとおり、手前の道にそのまま車を停めました。
すぐ目の前だから、誰か来たらすぐわかるし、もうここは、とっとと参拝してしまおう

豊栄2 

と思ったら神社のわきの野原が駐車場でした。
軽だったら入っていけたかもだけど・・・レベル高すぎ(;´Д`)
我々みたいな者には絶対ムリ(笑)

豊栄3 

田畑に取り囲まれているので、境内は広くはないうえ、塀で囲まれているとかいうのもない。
ちょっと田畑より一段高いところに立ってるのが境目だよ的な。

豊栄4 

狛犬。左の方は狐っぽい。

豊栄5 

なんか狛犬さんと狐さんはクール&ドライな仕事仲間ってかんじだね(笑)

豊栄6 

ここで、スクランブル!スクランブル!!

地元のお爺さんが運転する軽トラ
が、我々の車の後ろにやって来た
慌てて車を動かすために引き返したので、社殿を正面から撮ることが出来なかった・・・
その直前に手ぬぐいに朱印を押すことが出来たので、来た甲斐はあったけど、とにかくあわただしい参拝になってしまった。

で、車に戻ったものの・・・さて、どうしよう!?
軽トラのお爺さんが我々に向かって「先へ行け」とジェスチャーで促す。

えっ、でも神社方面には行けないからここに停めてるんですけど・・・

お爺、の状況絵図の右手、
民家が何軒か建っていて、その先がよく見えない「謎のゾーン」へ行けとジェスチャーで促す。


お爺が、謎のゾーンに行けって言ってるよ!

大丈夫なのかなぁ・・・??

大丈夫なんじゃね? 地元民行けって言うんだから・・・・

 






結論=とんでもなかったわ。



「謎のゾーン」へ車を進めると、そこは民家の敷地なのか路地なのか分からないような場所・・・Σ(゚д゚lll)ガーン
あっというまに、我々の車はにっちもさっちもいかなくなりました・・・。
なんかもう、バックもできなくなってしまって最悪

あけぼうが車からおりて確認すると・・・民家と農機を置いてる納屋との間の道(?)を通ったら、田んぼのあぜ道に出られそうではありました。てか、もうそれしかここから脱出できそうなところが無い。

そこで我々は意を決して、道なのか人んちの敷地なのか分からん非常に怪しい通路を・・・チビッ・・チビ・・ッと車を進めて、民家にぶつからないよーに、かつ溝にタイヤが落ちないように・・・んもう細心の注意を払いつつ・・・やっとこさ、農道へ脱出できた時にゃ、友人と2人してゲッソリしていたよ・・・ 精根尽き果てたよ・・・(;´Д`)

その頃には軽トラ爺はいなくなってました・・・許せん(TдT)

あ~あ、ひどい目に遭った・・・・(;´Д`)

豊かさと繁栄をまねく
という名前の「豊榮神社」・・・
これで「招いて」くんなかったら・・・( ゚皿゚)キーッ!!

手ぬぐい3社 

そんな艱難辛苦を乗り越えて(笑)
こうして、開運手ぬぐいがまた一歩完成に近づいたよ


人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 中国地方旅行へ
ポチッと押していただけると小躍りします☆

FC2blog テーマ:神社・仏閣巡り - ジャンル:旅行

【2011/10/13 17:11】 | 開運八社めぐり
トラックバック(0) |


あけぼう
misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

うんうん、村の氏神様ですね。
なるほど!確かにそれならお爺の行動は説明できますね・・・。
とにかく、お爺にはやられました(TдT)
とにかく神社めぐりは軽自動車が一番ですわ。


misachi68
いつになく、【こじんまり】とした神社ですね。
ってか、村の氏神って様子ですね。

軽トラのおじいにしてみれば、こんな辺鄙なところへ
くるんだから、謎のゾーンの住人の親戚の娘かも、とか
道に迷ってるんなら案内してやるよ的なつもりだったんかも(^_^;)
それにしても大きなお世話だが。


あけぼう
松村さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

落石注意の本当の意味は今後も知りたくないですね・・・
(((((((( ;゚Д゚))))))))ガクガクブルブルガタガタブルブル

ここ、県道沿いかなんかだったんですけど、神社はそこからでもよく見えるので、油断してしまった面もあったかも・・・。でもそこから、かなり農道をぐるっと回り込むようにして入っていくんですよね。全くやられました~(A;´・ω・)フキフキ
この「卯年開運八社巡り」って鳥取の観光HPでも結構ちゃんとページも作られていて、結構プッシュされてるはず・・・なんですけど、どこもすごい場所ばっかりです(笑) まあ面白いといえば面白いですけどww


あけぼう
よきちのひろさん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

マジですか!
なんと【ダークマター】の作用によって【通されず】に我々の車は【謎のゾーン】へと誘われたわけですねっ。
キチノスケ様におかれましては、次回の学術会議にて、あの【ダークマター】をものともしなかった、軽トラ爺の【正体】について、是非とも議題にあげていただき、先生方に研究していただきたいと希望しております。いかがでしょうか。


あけぼう
きぼう丸さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

高知の安芸と同じようなイメージでOKだと思います♪
確かに神様がいそうな雰囲気満点でした。
その軽トラ爺どっちへ行ってしまったのか分かりませんからね。
右側への道は我々がふさいでるし、
左側は神社だし、真っ直ぐ抜ける道は無いし・・・
爺のくせにすごいドライビングテクニックですわ。



あけぼう
玉坂さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

Σ(゚Д`;)ア…ア…アッハァァァァァァァァ?!!
か、・・・神!?

ヤバイw
ものの見事に我らの器の小ささが露呈してるぅッ。

でもソレ面白いw
最近の神も近代化してて、鳥とか雲とかじゃなく軽トラに乗ってやってくる☆



あけぼう
のりちゃん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

そう、まさに「その後は知らんおじじ」!!
一瞬でもアイツを(←もうアイツ呼ばわり)
「親切な地元のおじじ」と思った我々が愚かだった・・・(笑)

あけぼうが地図に込めた「謎のゾーン」の混沌としたムードを
瞬時に察知してくれるのりちゃんが好きよーe-266


松村博司
車で旅をしていると、どうしてもそういう事が起こりますよね。
私は結構早めにあきらめて歩きに切り替えます。
広めの道とかに路ピーしてw
駐車場があるといってもものすごい込み入った住宅街の中とかに入っていきそうになると、だいたいやめますし。
それでも回避しきれない事が多々ありますけどね。
旅日記を始めてからですよ。
落石注意の本当の意味を知ったのはw
確かに注意が必要です・・・



ぴりかあけぼう・おはようございます
よきちのひろ
冷静にぴりかさまの記事を分析すると・・
この地は暗黒物質【ダークマター】が存在しております。
ホーキンス博士の検証をいただきましたから間違いありません。
遥か昔のこと、この社を建立した方々も何となく感じていたのではないかと・・
【とよさか】のネーミングは車を【とおさん】と・・??・・
【桂恋村学術会議事務局 キチノスケ】


きぼう丸
軽トラお爺さん、めちゃ想像できるわ~w
田舎の神社っていいね~!
こじんまりとしているけど時々神さまはこの境内を歩いていそうw
高知の安芸もこんな道が多かったな~なんて思い出しましたよ。
地元の人の運転の上手いことったら・・・。

艱難辛苦を乗り越えているんだもの、そのうち左団扇・・・ですよ。


のり
お姉さまの手書き地図がすばらしい。

「この先謎のゾーン」なんてもう
なんでそんなそそること書くの!って感じですわ(笑)

こういう「先に行けおじじ」というのは
実は「とにかく俺の前からどけおじじ」であり
「その後は知らんおじじ」なんですね…。

参拝と共に、素敵な思い出に…ってなるかぁ!



玉坂めぐる 
狐と狛犬www可愛いねえ。v-290

狐ってふつう二匹ともシャキンと前向きに並んで
参拝客をお迎えするイメージなんで・・・
この配置は・・・よその稲荷神社からの移住かな?

狛犬はもともとこの配置だった感じなんで
移民ペアと原住民ペア
お互いいろいろ思いもあるのかもしれませんね。
仲良くやってほしいものです。(笑)

あとさ、軽トラ爺さんね・・・。





あけぼうさんたちの器をためしに降臨した
神様だったらどうする・・・?


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

うんうん、村の氏神様ですね。
なるほど!確かにそれならお爺の行動は説明できますね・・・。
とにかく、お爺にはやられました(TдT)
とにかく神社めぐりは軽自動車が一番ですわ。
2011/10/14(Fri) 17:07 | URL  | あけぼう #-[ 編集]
いつになく、【こじんまり】とした神社ですね。
ってか、村の氏神って様子ですね。

軽トラのおじいにしてみれば、こんな辺鄙なところへ
くるんだから、謎のゾーンの住人の親戚の娘かも、とか
道に迷ってるんなら案内してやるよ的なつもりだったんかも(^_^;)
それにしても大きなお世話だが。
2011/10/14(Fri) 13:50 | URL  | misachi68 #-[ 編集]
松村さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

落石注意の本当の意味は今後も知りたくないですね・・・
(((((((( ;゚Д゚))))))))ガクガクブルブルガタガタブルブル

ここ、県道沿いかなんかだったんですけど、神社はそこからでもよく見えるので、油断してしまった面もあったかも・・・。でもそこから、かなり農道をぐるっと回り込むようにして入っていくんですよね。全くやられました~(A;´・ω・)フキフキ
この「卯年開運八社巡り」って鳥取の観光HPでも結構ちゃんとページも作られていて、結構プッシュされてるはず・・・なんですけど、どこもすごい場所ばっかりです(笑) まあ面白いといえば面白いですけどww
2011/10/14(Fri) 09:46 | URL  | あけぼう #-[ 編集]
よきちのひろさん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

マジですか!
なんと【ダークマター】の作用によって【通されず】に我々の車は【謎のゾーン】へと誘われたわけですねっ。
キチノスケ様におかれましては、次回の学術会議にて、あの【ダークマター】をものともしなかった、軽トラ爺の【正体】について、是非とも議題にあげていただき、先生方に研究していただきたいと希望しております。いかがでしょうか。
2011/10/14(Fri) 09:40 | URL  | あけぼう #-[ 編集]
きぼう丸さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

高知の安芸と同じようなイメージでOKだと思います♪
確かに神様がいそうな雰囲気満点でした。
その軽トラ爺どっちへ行ってしまったのか分かりませんからね。
右側への道は我々がふさいでるし、
左側は神社だし、真っ直ぐ抜ける道は無いし・・・
爺のくせにすごいドライビングテクニックですわ。
2011/10/14(Fri) 09:27 | URL  | あけぼう #-[ 編集]
玉坂さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

Σ(゚Д`;)ア…ア…アッハァァァァァァァァ?!!
か、・・・神!?

ヤバイw
ものの見事に我らの器の小ささが露呈してるぅッ。

でもソレ面白いw
最近の神も近代化してて、鳥とか雲とかじゃなく軽トラに乗ってやってくる☆
2011/10/14(Fri) 09:22 | URL  | あけぼう #-[ 編集]
のりちゃん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

そう、まさに「その後は知らんおじじ」!!
一瞬でもアイツを(←もうアイツ呼ばわり)
「親切な地元のおじじ」と思った我々が愚かだった・・・(笑)

あけぼうが地図に込めた「謎のゾーン」の混沌としたムードを
瞬時に察知してくれるのりちゃんが好きよーe-266
2011/10/14(Fri) 09:15 | URL  | あけぼう #-[ 編集]
車で旅をしていると、どうしてもそういう事が起こりますよね。
私は結構早めにあきらめて歩きに切り替えます。
広めの道とかに路ピーしてw
駐車場があるといってもものすごい込み入った住宅街の中とかに入っていきそうになると、だいたいやめますし。
それでも回避しきれない事が多々ありますけどね。
旅日記を始めてからですよ。
落石注意の本当の意味を知ったのはw
確かに注意が必要です・・・

2011/10/14(Fri) 06:54 | URL  | 松村博司 #-[ 編集]
ぴりかあけぼう・おはようございます
冷静にぴりかさまの記事を分析すると・・
この地は暗黒物質【ダークマター】が存在しております。
ホーキンス博士の検証をいただきましたから間違いありません。
遥か昔のこと、この社を建立した方々も何となく感じていたのではないかと・・
【とよさか】のネーミングは車を【とおさん】と・・??・・
【桂恋村学術会議事務局 キチノスケ】
2011/10/14(Fri) 01:25 | URL  | よきちのひろ #-[ 編集]
軽トラお爺さん、めちゃ想像できるわ~w
田舎の神社っていいね~!
こじんまりとしているけど時々神さまはこの境内を歩いていそうw
高知の安芸もこんな道が多かったな~なんて思い出しましたよ。
地元の人の運転の上手いことったら・・・。

艱難辛苦を乗り越えているんだもの、そのうち左団扇・・・ですよ。
2011/10/14(Fri) 01:22 | URL  | きぼう丸 #-[ 編集]
お姉さまの手書き地図がすばらしい。

「この先謎のゾーン」なんてもう
なんでそんなそそること書くの!って感じですわ(笑)

こういう「先に行けおじじ」というのは
実は「とにかく俺の前からどけおじじ」であり
「その後は知らんおじじ」なんですね…。

参拝と共に、素敵な思い出に…ってなるかぁ!
2011/10/13(Thu) 20:45 | URL  | のり #25LHt37Y[ 編集]
狐と狛犬www可愛いねえ。v-290

狐ってふつう二匹ともシャキンと前向きに並んで
参拝客をお迎えするイメージなんで・・・
この配置は・・・よその稲荷神社からの移住かな?

狛犬はもともとこの配置だった感じなんで
移民ペアと原住民ペア
お互いいろいろ思いもあるのかもしれませんね。
仲良くやってほしいものです。(笑)

あとさ、軽トラ爺さんね・・・。





あけぼうさんたちの器をためしに降臨した
神様だったらどうする・・・?
2011/10/13(Thu) 20:39 | URL  | 玉坂めぐる  #WCSj23LI[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック