FC2ブログ

母の愛!幽霊子育飴を買いに

六道珍皇寺にて、「六道まいり」という京のお盆行事を見てきました我々。
お寺をあとにして、下町の商店街といったオモムキの道を、てくてく歩くと、もうひとつ、ちょっとした有名スポットがあります。

15 幽霊子育飴 


その昔・・・慶長4年。
青白い顔をした女が、夜な夜な飴を買いに来たそうな。
女の様子を不審に思った店主は、ある夜、女の後をつけて行くと・・・なんと、そこは墓場!
そして、墓場に響き渡る赤子の泣き声・・・。
赤子の声を頼りに墓を暴いてみると、女の死体と生きた赤子が。
そう、彼女は赤子を守りたい一心で幽霊となり、飴を与えて育てていたのだ・・・。


16 飴 

そんな幽霊が飴を買いに来た店が、この「みなとや」さん。なんと実在なのだ!
お店の住所は「轆轤(ろくろ)町」。
これは「髑髏(どくろ)」が転訛したらしい。おおぅ・・・それっぽ~~い。
水木しげる先生の代表作「ゲゲゲの鬼太郎」の誕生のキッカケにもなったらしいですよ。


墓場鬼太郎・・・第一話って近いものがあるもんなぁ。
このアニメは非常に好きだったなぁ・・・。

このお店から、もう目の前にこの界隈で超有名なお寺がありますよ。
寄っていきましょう。

17六波羅

六波羅蜜寺です!!

18六波羅 

ここは、空也上人の口から[南無阿弥陀仏」の6体のちっちゃい仏が飛び出てる、めちゃくちゃ有名な像がありますよね。
 
くうや 
これね☆(パンフレットを撮ってみた)
参拝した後、観に行きましたとも。
(関係ないけど、空也上人って醍醐天皇の皇子の一人だったんだね~~~。それが民衆の中に入ってって「市の聖」といわれるまでになるなんて、すごいね。知らんかったわー。ん?(*´-ω・) あれ?習ったのか?でも覚えてなーいw)
昔、教科書のこの写真の小っちゃい仏に、吹きだしを落書きして、いろいろな大喜利的バカな台詞を言わせて遊んでたことを思い出したよ・・・あの年頃ってそういう才能に溢れていたよね(すみません・・・w)。

勿論、実際の展示物の撮影はNGだったのでご紹介できませんが、・・・このほかにも平清盛の像(これも有名!)とか、ここにも閻魔大王の像があったりとか、地蔵菩薩像とか、運慶・湛慶の像・・・おもに鎌倉時代の写実的でゴリゴリッとした作風の像がたくさんありましたよ~・:*:・(*´∀`*)ウットリ・:*:・


六波羅密寺 

勿論ご朱印も忘れない(笑)
来年の大河ドラマが始まったら、このお寺も注目が集まるかも~。



人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
ポチッと押していただけると小躍りします☆

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

松村さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

そうですね、ちょっと拍子抜けしますよね。
でも、あの宝物館に行く途中に境内にちょこっとだけ立ってるお墓たち・・・。
レアなところに墓があるなぁって妙に感心してしまいました。

大伴の焼餅さま、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

確かに、あけぼうも飴をそんなになめるほうではないので、お土産でもらったら嫌がる人の気持ちはわかりますね(;´∀`)
でも、飴の中では芋飴とか、はちみつ飴とか、この麦芽飴みたいな、昔からの味が好きなので、迷わず購入しちゃいました。硬いのはともかく、もうちょっと小さく砕いて欲しかったっていうのは思いますけどね(笑)
それにしても、妙に商品の数が少ないなぁとは思っていたんですが、そういった伝統も守られていたんですね。知りませんでした。午前中に行っておいてよかったです~☆

六波羅蜜寺、来ましたね。
ワクワクしながら行って、あまりに小さな伽藍にショックを受けた記憶があります。
でも写真でしか見た事が無かった空也上人像とか平清盛像とか感動しましたね。宝物館行ってなんぼの寺ですね。
てか、来年はホットスポットになるんでしょうね、ここ。

みなとやさん

おはつです。

いつも楽しく読ませて貰ってます。子育て幽霊アメと聞いて飛んできました。

これ、お土産にすると嫌がる人がいますよねえ。(笑)買う方も買うほうだけど。

しかもみなとやさん、つくりおきしないという京都の伝統を守り、お昼前に行かないと売り切れです。

アメ買い幽霊の話は全国に伝わっているのではたして京都の六波羅が本場なのか?わかりませんね。


某大4年T.Yさん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

なぬっ。Σ(´∀`;)
寺でもらった紙にそう書いてあったので、「へぇぇ~!」とか思ったんですが、
お寺的にその説を押してるって事なのかもしれないですね~( ゚д゚ )

玉坂めぐるさん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

えーそんなことないよ~☆むしろ、やっぱり玉坂さんも幽霊子育飴はチェックしてたんだね!むふふ・・と思ってましたよ。
空也像の落書き・・・ていうか、あの頃、歴史の教科書って全面的に落書き修行の場だった気がするw

飴買い幽霊…前々記事コメントでフライングしちゃった(汗)。
私は、大好物にすぐがっつくので、普段もこういうしくじりをよくやらかします。ごめんなさい。(汗汗)
あけぼうさんが外すわけないよね、こういう名所を。まったくねえ。(うえん。以後気をつけます)

でも・・・さらに
墓場鬼太郎!六波羅蜜寺!空也像の吹き出し落書き!写実ゴリゴリ木彫!
まいるなあ、ツボ押しまくられ・・・・あふん。

空也上人

空也上人が醍醐天皇の皇子だという説は、上人の死後に広まったものですが、確たる文献的根拠はないはずです。上人の生国や素性は謎のままです。
空也上人については、高校までの歴史レベルではあまり習わないのではないでしょうか。
プロフィール

あけぼう

Author:あけぼう
性 別:女
住 居:広島県
特 徴:とうふメンタル
近 況:Instagram(別名)

家のWi-Fiがダメなまま5月が終わりそうだ。

最新記事
過去記事の検索はこちら
☆カテゴリ☆
コメントありがとうございます
Comments<>+-
Trackback <> + -
リンク(遊びに行ってね)
FC2カウンター
◆◆◆
「Amazonが販売・配送」の商品のみ推奨
**

RSSリンクの表示