夏の納涼話 ぱーと2後日談

いやはや、前回入院したときに体験した怖かった思い出を披露してみたんですが。

なんで、風邪ごときでこんなに何日も入院してるの?・・・って思われた人もいるかもしれない。

一言でいうと、ヤブだった・・・としか言いようがないんですが、あけぼうが病院嫌いでギリギリまで医者にかからなかったのも遠因でござった。
高熱が出てニッチもサッチもいかなくなったとき、ちょうど日曜日で、救急をやってる病院じゃないと受けてくれなかったんですよね・・・。

当時、まさか医者不足とかベッド数が足りないとか、そんなことが社会問題になるなんて、夢にも思いませんでしたよ。とにかく基本的に、クスリにしても入院にしても「長引かせよう」というスタンスじゃなかったです?昔って。

で、ここの病院はとくにお金儲け主義ってかんじの所で、後で分かったことですが、あまり評判良くなかった(笑)

それはそうと、医者に部屋を変えてくれと猛烈抗議したあけぼうですが、ワケわからん医者の説教に屈せずゴネまくっていると、看護婦さんたちの方がおそらく空気を読んでくれたんでしょうね?なんとか無事、部屋を変えてもらう事ができました。

産婦人科病棟に★

あけぼうは昔から背が高いので、実年齢より上に見られることが多く、黙っておけば19歳とか20歳とかに見えなくもなかったんです。なんせ、シチュエーションで、ある程度脳内補正されるわけですから、黙っていればそれくらいに見られたであろうと思われます(笑)

が・・・。

ものっすごい爽やかに、同じ病室の人たちに挨拶しましたよ。
ものっっすごい笑顔で、中学生だと自己紹介しましたよ。

・・・・。

今なら、あの時の病室のご婦人方の、
なんとも言えない(驚きを隠せない)表情の意味が理解できる・・・( ̄- ̄) シーン…
あれですよ、14歳の母的な・・・

ところがどっこい、
見た目は大人!頭脳は子ども!!m9( ゚Д゚)
そんな当時のあけぼうちゃんは、中学生が産婦人科の病室に居るという意味がよく分かってなかったのですね~(笑)

知らず知らずの内に、
母校の中学校の評判を暴落させたような気もしなくも無いですわ~(;´∀`)



人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
ポチッと押していただけると小躍りします☆
関連記事

テーマ : 雑記
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

松村さん( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

やっぱり、そこは子どもだったんで、医者から
「オマエは嫌なやつ」みたいな説教をうけて、
その反動で
「いや!そんなことは無い。わたしは良い子である!挨拶もきっちりする良い子である!!」
という意識が高まりすぎちゃいまして(;´∀`)

きぼう丸さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

そうですよね、やっぱり背が高いっちゅうだけで、結構大人に見られます。
なので、本人もちょっと「自分はオトナである」と勘違いしているフシがあり、
普通の子よりもナマイキ発言が多くなるのです(笑)
仕方のないことなのです(笑)

ピー助さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

この経験を活かして、さらに医者嫌いに成長いたしましたww
あの件については、看護師さん方から、
こっそりとご婦人方に正しい事実が知らされていて・・・欲しい(笑)

玉坂めぐるさん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

絶対ヤブですよね~。やはりそう思われていましたか・・・。
しかしまあ、あの頃って、高熱と気力(=元気)が比例してなかった(笑)

いや~ん、あけぼうさんったら進んでるw
って、普通本当に産婦人科に入院してきた中学生が、堂々と中学生ですって自己紹介はしないだろ^^;

しかし、病院はいろいろありますよね。
いろんな人から入院した時の話を聞くのですが、
実は私、病気で入院した事一度もないんですよね。
まっ、それが一番幸せかなと思いますが。

知らぬが花ですな。
笑顔で産婦人科に入院する中学生・・・w
そりゃ~そんな子がいたら色々妄想しちゃいますよ・・・あたしもw

知っての通り娘も背が高いので、
小学6年に慶応大学の側で大学生に思われていましたよ。
小学生だとわかった時の相手の顔が凄かったらしい。

どうせだったらその縁で慶応に入れればよかったのにw

何事も経験

あけぼうさん こんばんは!v-283

いや~周りの妊婦さんは、赤ちゃんが口から飛び出るほどビックラこいたことでしょうね~

まるで金八先生・・・現実版!?

なかなか中学生では体験できない場所ですよ~

この貴重な経験を生かし~

今のあけぼうさんがあるのですね。

明日もご安全に!v-222v-512

なるほど、ヤブでしたか。
そうじゃないかとウスウス・・・にらんでましたよ。
だって「隙あれば三床跳びする超元気な子供」を入院させる医者。どう考えても藪でしょう(笑)。

misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

そうなんですよ~。
あ、でもね、そのあとで、あけぼう本人に直接ではなく、
(まあ直接聞いたりできませんわなw)
意外にも、眠れなかったって記憶はないんですよね・・。
それに、翌日の夕方、あけぼうったら退院したんですよ。
ただの風邪(の高熱)なのに、なかなか退院許可が出ない事に業を煮やしたウチの母が
突然「帰るよっ」といってやって来て、強引に清算して帰宅したのでした(笑)
何だったんだ・・・( ゚д゚)ポカーン
っていう入院体験でしたさ。

あ、わかるわかる!
ちょっと大人の 非難する目を浴びてしまったんですね(^_^;)

あったわ、そういうの。

でも、産婦人科だと、授乳の為に産んだ母は
夜中に起こされたりしてるし、
やっぱり、夜中に熟睡できなかったのでは?
ま、あやしくて怖い人はいないだろうけど。
プロフィール

あけぼう

Author:あけぼう
性 別:女(毒)
血液型:A型
住 居:広島県
特 徴:ご朱印女子...
近 況:
Instagram(別名)

最新記事
過去記事の検索はこちら
☆カテゴリ☆
コメントありがとうございます
Comments<>+-
Trackback <> + -
リンク(遊びに行ってね)
RSSリンクの表示
あけぼうの木
FC2カウンター
フリーエリア