「ちょんまげぷりん」 読んだよ 


商品詳細を見る

シングルマザーの遊佐ひろ子は、お侍の格好をした謎の男と遭遇する。男は一八〇年前の江戸時代からやってきたお侍で、木島安兵衛と名乗った。半信半疑のうちにも情が移り、ひろ子は安兵衛を家に置くことに。安兵衛も恩義を感じて、家事の手伝いなどを申し出る。その所作は見事なもので、炊事・洗濯・家事などすべて完璧。仕事で疲れて家に帰ってくるひろ子にとって、それは理想の「主夫」であることに気づく―。



元々のタイトルは「ふしぎの国の安兵衛」なので、図書館で「ちょんまげぷりん」と検索しても出なかった。
文庫版「ちょんまげぷりん」が漫画チックなイケメン侍が表紙になっているのは今度関ジャニの錦戸君主演で映画化されるからなのかも。
でも、本を読むと「安兵衛」の描写はどうひっくりかえってもイケメンとは程遠いんだけど、そのあたりはいいのか?
「ふしぎの~」の表紙は可愛い感じのイラストで、どっちかというとパッと見た時、
お子ちゃまの本なのかなという印象だったけど、確かに、とても読みやすくてサクサク読めてしまうので、
中高生でも全然OKな内容だった。重たい内容の本の間に、おやつ感覚で読める本だね(ぷりんだけに)

内容は江戸時代の侍がひょんなことからタイムスリップして、主人公のシングルマザーの家に居候することになり・・・・という設定なんだけど、現代の家庭が抱える問題を、面白い中にも考えさせられる本でした。

最近読んだ本の中では、一番キレイに終わった結末かな。
変にドキッとさせたり、怖い余韻を残したりする本も多い中、
何となく結末が予想できていたとしても、それでいい。
むしろそれでいいからキレイに風呂敷をたたんで欲しい・・・そういうのってあるよね。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
ポチッと押していただけると小躍りします☆


関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bonryo.blog6.fc2.com/tb.php/53-6ec405a2