FC2ブログ
おでかけブログ。ご朱印を集めてます。その他、日々のふしぎや、おバカな出来事・読書感想などを、つらつらと。
諏訪湖で年に一度開催される「全国新作花火大会」。


諏訪湖は、花火の打上げ場所・観覧場所として全国でも有数のロケーションを誇ります。この諏訪湖を舞台に全国の意欲ある若手煙火師が、従来の枠にとらわれない斬新な発想と独創の技術で創作した芸術性の高い新作花火を競う大会です。
ホームーページの大会概要より)


今回のこのツアーの最大の売りは、桟敷席で花火が間近で見られるという事。
当日は大変な人出になるそうで、ツアーバスは一つ前の駅に停まり、そこからは電車で向かう。
電車も混んでいたけど、到着した駅からはそれはもうすごい人!!
みんな同じ方向に向かっているから、道に迷うなんてことは無いけどね・・・。

はじめて訪れた諏訪湖。
あけぼうは



NHK大河ドラマ「武田信玄」
(何回聴いても最高や・・・このOP・・・)

とか、


御柱祭

とかで知ってはいましたが、実際来てみると、思った以上に観光地なんですなぁ・・・。
旅館がたくさん建っています。
あけぼうの知ってる場所で言うと、雰囲気がちょっと松江(鳥取)っぽいな~と感じました。
(松江にも宍道湖という湖があります)

とにかく、我々の桟敷がどんな場所なのかが気になります。

hanabi.jpg

このへん、と矢印をした「山」の字みたいに突き出たところ。
その真ん中の一番出っ張ってる所に我々の桟敷席がありました。
そう、なかなか良い場所だったんですよ~~~!!
ポジション的にはね。
桟敷席って言うか・・・これ、普段はどう考えても桟橋というか、船着場というか・・・・。
一人当たりのスペースは50センチ四方くらいかな。まあ座布団ひいて座ったらおしまい、みたいなww

桟敷!?
こんな感じの場所w
見えているのは「山」の字の右側の列。

桟敷 背後
背後はこんな感じ。
花火の見える宿の部屋は、来年の分をお客さんが予約して帰ったりしていて、お値段も場所によっては30~50万円くらいするって添乗員さんが言ってた・・・。 セレブやね・・・ヽ(゚Д゚;)ノ!!

暑いとはいえ、そこは長野。
その頃の他の都市圏に比べれば、涼しいし、特に湖面を渡る風がとても心地よくて、過ごしやすい。
板の間の上に座るお尻や足腰の痛さや窮屈さはあるけど

桟敷 夕日

左側の沖に浮かんでるようにみえる黒いのが花火の発射台だよ。
ツアーで配られたお弁当を食べながら、しばし夕暮れ時の諏訪湖を楽しむ。


さあ、いよいよ花火大会ですよ!!



(いい感じにUPされてますかねw?)


~つづく~



人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログへ
ポチッと押していただけると小躍りします☆


FC2blog テーマ:旅日記 - ジャンル:旅行

【2010/09/26 23:15】 | 長野(諏訪湖花火)
【タグ】 諏訪湖  花火  
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック