FC2ブログ

続・思ひ出の餃子の王将

なんとまぁ、長くなりすぎて続いてしまったよw
てうかこれ、「餃子の王将」の話だったんだけどな・・・・(計画性なしw)

さて。

思い出の地、学生時代のソウルフード・「餃子の王将」へ向かったあけぼう達は、思いがけず変なオッサン  に遭遇して王将の向かいにあるご当地スーパー「ヒカリヤ」へ逃げ込んだ・・・。

図を描いてみましたw

オッサン、なんか「裏口入学・・・」とかブツブツ言いながら、追ってきた。

店内図1

実はこの時は、我々は耳で「裏口入学」が聞こえてはいたものの、オッサンが追ってきてるとは夢にも思っていなかったのです。
なので、ノンキに
 
友「おお、ヒカリヤだ~なつかし~~」
あ「それにしても、さっきの裏口入学って・・・どうやったらそういう話の展開になるんだw」

てな事を喋っていたのです。


ところが・・・
店内図2 

オッサン、おるやん!!

おっさんは、相変わらず「みどり・・・」とかワケわからんことをブツブツ言いながら、野菜売り場付近を、漂っておる。
(周囲のオバさん達、オッサンは透明人間と同じなのか、平常心で買い物中)

友「オッサン、ついて来てるで!」
あ「げげっ」

とりあえず、缶詰売り場の影に隠れる我々。
店内図3


ご覧のとおり、右下に小さな出口があるのだが、我々の場所からだと積み上げられた色々な売り物等に隠れて見えない。
ゆえに、オッサンが右から来るのか、左から来るのかによって、あけぼう達の逃亡経路が逆に決まるのだ・・・!!

店内図4 

しかしオッサンはいつまでたっても、辺りをユラユラ しているので、シビレを切らした我々は、一気にその場を脱出した!!!
脱出途中に、右下の小さな出口を発見。
あ「こっちにも出口があるっ!急げ!!」
友「すげー、よくココに出口があるって分かったね!」
あ「ふふん。ダテによくオッサンに絡まれてるワケじゃないのさ」(←なぜかえらそうw)

店内図5 


ホッと一息・・・・。

それにしても。

あ「どうもワタシは、変なオッサンに縁がある・・・・(遠い目)」

そう、それは一昨年のこと。
あけぼうは地元駅ビルの中を歩いていた。

すると、常識の範囲赤いフレームの眼鏡をかけたお爺さんが、向かいから歩いてきたのだ。
服装とか、全体は普通のお爺さんなのに、眼鏡だけがやたら派手・・・っていうかどこで買ったの?その眼鏡・・・。
と思いながらも、そこはあけぼうも大人なのでポーカーフェイスで歩いていたわけですよ。

すると、お爺さん、あけぼうを笑顔で見つめると、

突然

投げキッス


ちゅばっ

飛ばしてきたwwwwww

もうマトリックスですよ。

マトリックスの世界でしたよ。

あけぼうは、ポーカーフェイスのまま、

華麗にそしてクールに

スッ・・・

と投げキッスの軌道上から逃れましたよ。


それは、去年のこと。
あけぼうは、駅前近辺を歩いていたのですよ。

すると、向かいから常識の範囲緑のフレームの眼鏡をかけたお爺さんが、向かいから歩いてきたんですよ。
服装とか、全体は普通のお爺さんなのに、眼鏡だけがやたら派手・・・っていうかどこで買ったの?その眼鏡・・・。
と思いながらも、そこはあけぼうも大人なのでポーカーフェイスで歩いていたわけですよ。

すると、お爺さん、あけぼうを笑顔で見つめると、

突然

投げキッス


ちゅばっ

飛ばしてきたwwwwww

もうマトリックスですよ。

マトリックスの世界でしたよ。

あけぼうは、ポーカーフェイスのまま、

華麗に、そしてクールに

スッ・・・

と投げキッスの軌道上から逃れましたよ。

友「デジャヴw 超デジャヴww」
あ「今思うとあれは同じお爺さんかも・・・・」
友「今年は?今年も出くわしたん??」
あ「いや、今年はそういや遭遇してないな~」
友「案外、今でこそ変なお爺やけど、昔はブイブイ言わしてた人かもしれへんで」
あ「変なお爺の安否が気遣われますね・・・」


我々は、安心しすぎていた。

店内図6 

オッサン、おるやん・・・。


もう

走るしかない。


店内図7


走れ!
聖地「餃子の王将」に向かって・・・・!!!

王将入口

店「いらっしゃいませ~お2階の方へどうぞ~~~」

言われなくても2階にあがるつもりなのだった。
ダダッと2階にあがった我々は、窓からオッサンがもう他所の方へ歩いているのを確認して、やっとホッとした。

落ち着いてみると、
ああ、懐かしい、この香り・・・この・・・

なんか店内がキレイになってる!?

なんと、改装されて、店内がちょっとキレイになってた。

時の流れを感じるなぁ・・・・。

店の従業員の人達が仮眠を取ってた畳スペースも無くなっていて、テーブル席のスペースになってる。

とはいっても、基本的なレイアウトは変わらず、我々はいつも指定席にしていた奥から2番目の座敷席に陣取った。

王将ボタン

こんなピンポンボタンも、当時は無かったよ・・・。

迷うことなく「サービスセット」を注文。

サービスセット

餃子、鳥のから揚げ、チャーハンと。
んもう、間違いの無いラインナップw
思えば、当時からこればっか頼んでた。

一口、ぱくり・・・・。

やっぱり、美味し

友「やっぱ、ウチの近くの王将より美味いわ~~~」
あ「この味だわー。王将といったらこの味ー

意外に感動したのが、実は から揚げ。
あけぼう的には、餃子に感動すると思っていたんだけど、むしろから揚げの方が、懐かしかった。
特に、備え付けの塩コショウをつけて食べた時、食べ物の記憶ってすごいな~と思った。

あっという間に、その時代にタイムスリップできたもん。

結論としては、
やっぱり、ここ、京都市山科区「餃子の王将」椥ノ辻店、は美味い。

というところに落ち着きました。
で、理由を考えてみたんだけど、まず、直営店 だということ。
そして、「餃子の王将」の本社は、同じ山科区にある、ということ。

つまり、本社の人達がひょっこり食べに来る可能性が高いということは、それだけ緊張感を保って営業しているのではないかと・・・・。

まあ、そうはいっても「思い出の味」という最強の調味料がかかってるわけだから、人によっては別に美味しくないよっていう人もいるかもしれないけどね。こればっかりは人それぞれだし。

少なくとも我々は、大満足だったよ。

新幹線代も惜しくないよ。



あ、でも。

やっぱりせっかくだからちょっと京都をうろうろしていくことにするw


~次はあなたの旅行プランに全く参考にならない京都ウロウロ編へ続くかもしれないw~

テーマ : ちょっとおでかけ
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

マナサビイさんへ

オッサンはちょっと面白かったですw
(ま、友人と一緒でしたしねe-330

王将、是非行ってみてください。店によって大違いみたいですよ。
このブログの王将は山科区の椥ノ辻店です。ちょっと観光のついでに・・・っていうのには、難しい場所かもe-263

河原町の阪急を見ると、京都にきたぞー!と思ってしまうので、マルイの白っぽい建物に変わったら一体どんな雰囲気になるのか・・・想像ができませんw

No title

あけぼうさん、大学が京都やったんですね~ i-190

オッサンに後をつけられてコワかったでしょうけど、でもこの店内の迷路みたいな絵とか見ながら読んでたらなんかおかし~! ヾ(≧∪≦*)
地元で遭遇された赤→緑フレーム眼鏡のおっさんも、意味不明でかなりきしょいけど。。。i-201

そういえば王将には長いこと行ってないなあ・・・ワタシも学生の時以来行ってないかも。
この山科の王将には行ったことないから、今度京都に行った時にいってみようかなぁ。 確かに王将って店によって味に差があるっていうのはよく聞く話ですもんね~♪

河原町の阪急、閉店しましたよね~。。。
ワタシも学生時代、ここで何回か待ち合わせをしました。友達が京都に住んでたから。懐かしいなあ。。。

元虎さんへ

セレブなのか貧乏なのか分からぬ行動・・・・w
憧れのイケメン店員がいたとかは残念ながらないです・・・疲れ果て、今から仮眠を取ろうとする調理場のおっちゃんとか、四条のところで職場環境改善のシュプレヒコールを挙げていた餃子の王将組合員達の事などを、思い出す友人とあけぼうなのでした・・・・(夢のない思い出w)

実は、変なオッサンがあけぼうに声をかけてる写真を友人が激写しているのですよwww
でも、さすがに肖像権の問題などもありw 掲載は控えたのです。

逃亡www

オッサンは平安京エイリアンだったんですねw
でもホントに危険な変質者だったかもなので逃げれて良かったです☆
しかし新幹線に乗って京都へ行き、餃子の王将の「サービスセット」を
迷うことなくチョイス出来るとはwwwww
じつは憧れのイケメン定員がいた!・・・とか無いんですか?w

虫さんへ

あーなるほど~それもそうですね~e-420
しかし車で来たことが無いからなのか駐車場の記憶が全く無いです(笑)
「あれ?こんな駐車場あったっけ・・・?」くらいの(←老化?)
周辺も、コジャレたお店が出来ていて、隔世の感がありましたよ。

No title

もう一つ追加でヒカリ屋にはもう一箇所出入り口が合ったりするんですよ(ノ´∀`*)
全部で3箇所ですね( ´∀`)bグッ!

図面に書かれていない場所の出入り口は駐車場に直結しているので便利な場所だったりしますよ(*´ω`*)

はくさんへ

変なオッサンは日本全国まんべんなく生息しておるようですねw

なんだかそこまで楽しみにされると、ちょっとプレッシャーを感じます(照)
(なぜか王将側の立場になってるあけぼうww)

No title

こちらの方にも、変!オヤジいますよ!!
こちらは・・・臭い!!オヤジですが・・・

持ち帰りで、餃子の王将創めて頂きました!
美味しかったですが・・・大きなお皿に山盛りで
食べてみたい!!!

とにかく、オープンしてからまだ、ギョウサン並んでいるんですよ~
まってられない!!

ふじもとさんへ

みどり・・・も気になりますよね。
でも近づけなかったのでその前後の言葉は全く聞こえませんでしたwww

白のブリーフで星空をwwww
ツボです(ふ、腹筋がwwww)
オッサン、ロマンチスト・・・・wwwww

すとすさんへ

すとすさんとSONOMIさんは、おそらく同世代なのかもしれないですねw
そうそう、文章でもデジャヴ感を出してみましたよ☆

おっさん…。

こんばんは~☆

裏口入学も去るコトながら…
「みどり…」非常~に気になりますよ~(笑)

ワケ分からんオッサンって、どこにでもいるんですねぇ~。
駐車場の真ん中、白のブリーフ一丁で一人夜空を眺めてるオッサンがいましたよ(汗)しかも仁王立ち…。

目立つんですよ…暗闇にまっ白のおとーさんパンツが(笑)

こんばんは

デジャヴw・・この記事も一つデジャヴwでしたね!

「あれ?この記事さっき読んだな?」

赤いフレームと緑のフレームが
差別化のポイントだったのかも知れませんね!

図解・・・sonomiさん同様、パックマンかと思いました!

ヒロハルさんへ

いやいや!e-330
ゴーグルをかけたホモの方に比べれば、どーってことないですよ(ガクブル)
大体、ゴーグルでスーパーという時点でかなりキテますよねe-286
お尻まで触られただなんて、それはもう変態さんじゃないですかv-12
よっぽどヒロハルさんがホモの方的にかわいかったんでしょうね・・・

あふろさんへ

ありがとうございますe-330
文章力が無いばかりに、図まで描いてしまいました(笑)

あー

面白かった~。
あけぼうさんには災難でしたね。

私は学生時代、バイト先のスーパーで、
スキーのゴーグルをかけたホモの男性に狙われていました。
何度かお尻を触られました。
そのオッサンが来るたびに、従業員専用の部屋で震えていました。笑。

何だかギョウザが食べたくなりました。

No title

すごいエントリーですね。
おっさんの執念にまけずともおとらない迫力と緊迫感で
状況が再現されてますね。力作です。

虫さんへ

やっぱり!虫さんはもしかしたら行ったことあるかも・・・って思っていたんですよ。
椥辻の店は美味い、という点にご賛同いただけて心強いですよ。
この店は直営店のうち、何番目くらいに出来た店なのかをネットで調べていたら「まずい」という評価もあって、ちょっと・・・あれ?って思っていたんですよ。
ヒカリヤがダイエー系列とは知りませんでした。
あけぼうが住んでいた時は、地下鉄の工事をやっていて、なんだか騒々しくホコリっぽいイメージだったのに、すっかり穏やかな住宅街になっていて、なんとなく悔しかったです(笑)

No title

椥辻店は美味しいですよね(*´∀`*)
虫も食べた事がありますよ( ´∀`)bグッ!

もちろんヒカリ屋にも行った事もあります(*ノ∀ノ)
ちなみに地元の人も知らない人が多いですが、
ヒカリ屋はダイエー系列のグルメシティーヒカリ屋山科店なのです(*´ω`*)


それにしてもそんなおじさんに出会うのはある意味運がいいのでしょうかね(;´∀`)

松村さんへ

そんなにまずいチャーシューもむしろ珍しいような・・・・(笑)
とにかく、うちの地元の店も正直それほどおいしくありませんね。
この味でこの値段ならフツーの中華料理屋さんに行ったほうがいいや~みたいな。
しかし、大阪王将が幅をきかせて店舗数を増やしているのを見ると、なんとなくモヤモヤしてみたり(笑)
ピザは確かに贅沢な感じですね。皆で小銭貯金とか、学生~~って感じですよね( ´ ▽ ` )ホノボノ

きぼう丸さんへ

ぎゃーv-12
その可能性・・・・考えもしなかったけど、ありえるかも~~~~

なんせ、生鮮野菜売り場のオバちゃんたちの完全無視っぷりは笑えましたwww

オッサンは王将の写真の左側、自転車が並んでるほうの道へと消えていきました・・・・

VARAKIVさんへ

店によってシャレにならないくらい味ちがうっぽいですよ。
さ~て、熊本は・・・どうかな?(笑)

普段オッサンに囲まれてるからか、なんていうか・・・壁が低いんでしょうね・・・
どうも、寄ってこられがちです。しかも最初はにこやかに応対してしまうんですよw
危険防止センサーがポンコツなのかもしれない・・・

そして若いイケメンに壁が高いんだと思いますe-267

No title

おじさんとの追いかけっこお疲れ様です。
おもしろおかしく書いてますけど、冷静に考えると怖いですよね。
友達が一緒だからまだしも、今のご時世。
一人だったら、ちょっと笑えません^^;
ちなみに王将。
私は地元でチャーシュー麺を昔頼んで、そのチャーシューにあまりの衝撃を受けてそれ以来、行ってません。
このチェーン店は、チェーン店らしからぬ店の経営方針があるそうで、おいしい店とまずい店でものすごく差があるそうです。
あたりの店に入ると、本格中華料理に匹敵する味を楽しめるとか・・・
そんな話も聞いた事があります。
ちなみに私の学生時代のプチ贅沢は、みんなで小銭貯金をして夏休みや春休み前に銀行に行って両替をして(当時はタダだった)ピザかケンタッキーのまとめ買いでした。
みんなで前期後期、お疲れ様でしたって感じで。

No title

もしかして、そのオヤジ・・・あけぼうさんたちにしか見えなかったりして(ガクブル)w
でもとってもわかりやすい図入りで面白さ倍増でしたw
それにしても今すぐ食べたいサービスセット!!!

No title

店が新しくなっても当時の指定席に
座ると当時の想い出とかも思い
浮かびそうですね!!

餃子の王将おいしそうですね!!
熊本にも自分が知る限りで
1店舗あるので今度行ってみよう(笑)

それにしても逃げ切れて良かったですね☆
ご安全に!!(笑)

のりさんへ

いやーありがとう、ありがとう。
頑張って店内図を描いたかいがあったよ・・・e-267
ていうか、この労力を合コンとか婚活とかに、ふりむけろや・・・って
我ながらちょっとだけ思っちゃったe-265

眼鏡爺さんは、今年は結局見ませんねぇ・・・むしろ逆に出会いたいような気もしなくもないwww
(なんかすこし残念な気分・・・これって・・・恋?)←違います。

SONOMIさんへ

確かに、ちょっとパックマンみたいな感じですねw
王将のお取り寄せかぁ。街の中華屋さんなイメージが強すぎて考えもしませんでした~。
北海道に無いんですね。北海道で王将に匹敵する学生のソウルフードってやっぱりラーメンですか?
なんか北海道はお寿司とかスイーツ系とか、ちょっとオシャレな感じがします。

ピー助さんへ

黄色い眼鏡のお爺さんに出くわしたら、また絶対ブログに書くことでしょう・・・w
ていうか、会わないなら会わないでなんとなく気になる存在ですw
餃子の王将は直営店とFC店があるみたいです。北九州市内のお店はどうでしょう??

さいごうさんへ

あのオッサンはマジで変でした・・・。
あのあたりは自分が住んでおいて何なんですが、妙な人が多かったですw

王将のあの備え付けの塩コショウ(何か正式名があるんでしょうか)が欲しいです。
売ってくれたらいいのになぁ・・・。

No title

いやードキドキしましたー!

図解付きでよく分かりました!
だから余計に、
「オッサン入り口に!あけぼうさん逃げてー!!」とヒヤヒヤしました。
無事に王将に行けてよかったです。

それにしても、めがね戦隊投げキッス爺さん、すごいですね。
レッド・グリーンと来て、ブルーとかに出会うことがありませんように。

No title

こんばんは
つかまらなくって 良かった
パックマンかと思いました(古ッ!)
チェーン店でも 味が違うのですね・・
王将京都まで行かないとダメなのですね
むろん
北海道には ないのですが
(お取り寄せで 取ってみたことあるのですが・・・)
この後 京都探索なのですね
楽しみにしています
とりあえず ご無事で何よりでしたv-398

うまいっ!

あけぼうさん こんばんは!v-283

いや~ドキドキしながら拝読いたしました。。。

捕まらなくてよかったです。

さすがに黄色いメガネのおっさんには、まだまだ遭遇していないようですのでご注意を!

餃子の王将は、どうやら北九州市内にもあるようですので探してみます。

大変お疲れ様でした。

明日もご安全に!v-222v-512

No title

先日のオッサンの話の続きが…

こ、こわぁー!
何目的かわかりませんが、危険すぎです ガク((( ;゚Д゚)))ブル

捕まらなくて本当良かったです( ;∀;)

王将いいですよね!
僕もここのチャーハン好きなんです。
お腹一杯食べれますよ(*´ω`*)
プロフィール

あけぼう

Author:あけぼう
性 別:女
住 居:広島県
特 徴:とうふメンタル
近 況:Instagram(別名)

家のWi-Fiがダメなまま5月が終わりそうだ。

最新記事
過去記事の検索はこちら
☆カテゴリ☆
コメントありがとうございます
Comments<>+-
Trackback <> + -
リンク(遊びに行ってね)
FC2カウンター
◆◆◆
「Amazonが販売・配送」の商品のみ推奨
**

RSSリンクの表示