FC2ブログ
読書感想

「超ワイド&パノラマ 鳥瞰イラストでよみがえる歴史の舞台」読んだよ~

4 0
  

鳥瞰イラストっていうのは、空を飛んでる鳥が見下ろした(ような)地上のようすをイラストにしたものってことなんですけど、これがなかなか面白くて!良かったですよ~。大河ドラマや時代小説を読むときの副読本にもいけそうです。

当時はこんなだったであろうというイラストなので、イメージが湧きやすい。
たとえば壬申の乱のページなら。琵琶湖から大阪湾(難波)と奈良盆地。真ん中に巨椋池。そこを両軍がどのように動いたか矢印で示してある。行軍ルートや勝敗はともかく(そっちが好きな人もいると思いますが)、全体的な地形や距離感の把握ができるところがわたしとしては楽しい。

あと、京都の全体図ね。平安京が出来た頃の時代、秀吉の時代、幕末の時代、と3パターンあるんですけど、見比べるのが面白くて。最初の平安京こそまさに碁盤の目って感じだし、立派。

ところが秀吉の時になるとあちゃ~ってくらい西側が田んぼに・・・(涙)
そんな都の中で目立ちまくってる、めっちゃ立派な聚楽第w お土居(土塁)もきっちり描いてあって、都をぐるっと囲んでるんだけど、田んぼになった西側の半分以上は囲みから除外されちゃってる(^^;) 

幕末は、各藩邸の位置がじわじわくる。
長州の人たちなんて、飲み歩けと言わんばかりの位置にあるもんw 逆に新選組がいた壬生・・・まわり田んぼばっかだし、完全に郊外って感じなんだよね。たとえば祇園あたりで飲んだとして、てくてく帰ってる間に酔いがさめるわな。要は彼ら、そういう処遇なんだよね・・・知らなかったわけじゃないけど、こうして地図で見ることであらためて実感するというか。

そして驚くことに、この3つの時代の京都で、ずーっと同じ姿で存在し続けていた場所がある。なんと「東寺」です。御所すら縮小したり東へ移動したりしてるのにもかかわらず。長い年月変わらずに、そこにありつづけてる。いや~、すごい!

鎌倉の図も面白かったー。実はわたし、鎌倉っていまだに行ったことないんですけどね? もうエリア全体の要塞っぷりがすごいです。あと家臣たちの邸宅の位置がいろいろ意味深な気がして面白いから、大河ドラマ「鎌倉殿の~」が始まったら、またあらためて眺めたいって思う。きっと登場人物の立ち位置などを念頭におきながら見ると、より味わい深いんじゃないかなあ。

壬申の乱から始まって、ラストは旅順まで。戦があった場所が多いです。地図が好きだから、どのページも舐めるように眺めました(^^♪ 唯一残念だったのは、奈良の都が無かったことくらいかなー。



ブログランキング・にほんブログ村へ
   

Comments 4

There are no comments yet.
あけぼう

あけぼう  

misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

これは持っておくと何かと参照するのに便利そうです。
そうなんですよね~移動の距離感とか感覚とかが把握できてると、小説などもスッと入ってきやすいと思う。

この本では取り上げられてない場所も気になるので、類似の本があればいいなと思って探してみたら、ちょうど良さげな本が発売されたばかりなので、こちらも入手出来次第、読んでみたいと思っていまーす♪

2021/02/03 (Wed) 08:56 | EDIT | REPLY |   

misachi68  

おお〜!これは歴史小説読む時にあったら楽しいかも!!
この前、島原の乱の小説読んでて、地形が分からなくて 
地図見ながらイメージ膨らましてたんだけど
こういうパッと見でわかる図があると嬉しいね。
奈良時代もあって欲しいわ〜。

鎌倉は私も行きにくい場所なので、
1回行ったけど2回目は無いかもしれない。
でも、大河見たら行きたくなっちゃうかもな〜〜
鳥瞰図があったらそれだけで楽しくなりそうな気もする♪

2021/02/02 (Tue) 21:05 | EDIT | REPLY |   
あけぼう

あけぼう  

Re: タイトルなし

へろんさん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

キチッとした縮尺がどーのこーのというよりも、ざっくりと空間を把握するみたいな利点ありますよねえ。
わたしは昔から方向音痴なうえに、地図の読めない人間でして。
スマホの登場以前のアナログ地図時代には、地図を進行方向にぐるぐる回して歩いていたタイプなので(^^;) 逆にこういう絵的なもののほうが、理解しやすい面がございます。

2021/02/02 (Tue) 09:09 | EDIT | REPLY |   

へろん  

鳥瞰図って普通の地図とは違った面白さがありますよね。
観光案内図が鳥瞰図風になって建物がイラストで描いてあると分かり易いし。
江戸時代にも江戸の街の鳥瞰図って結構描かれていたそうですね。想像で描いたのでしょうが、高い視点から見るということを思いつくだけでもすごいものです。

2021/02/02 (Tue) 06:44 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply