FC2ブログ
おでかけブログ。神話や妖怪、UMAが好き。その他、日々のふしぎや、おバカな出来事・読書感想などを、つらつらと。
おうち時間にGoogle Arts & Cultured博物館巡りをしてます。
今回はオーストラリア。

オーストラリア 画像


オーストラリア博物館です。
(文字リンクから画像を見てみてね)

1921年にパプアニューギニアで撮影されたという写真
解説をみると、子どもたちに人気の娯楽にカヌーレースがあったらしいです。
カヌーが子どもサイズ。こういうので自然にカヌーを自在に操るスキルを身につけて行くって言う事らしいです。遊牧民が幼い時から馬に乗るのと同じような感じなんだろうね。

ここの博物館で印象的だったのは、お面の数々。
全部パプアニューギニアのものなんだけど、部族とかによってお面の特徴も全然違うよ〜。
これはフクロウのマスク
これなんかは複雑怪奇。色々な意味のモチーフが合体してるものらしい。もうお面というより構造物だよねw
逆にこっちはシンプルすぎて真逆。抽象的すぎて現代アートみたい。

こういうの
が逆に「ちゃんと顔に見える!」ってホッとするw 神話を物語るダンスに使用されるお面らしい。ちょっと魚っぽい顔だなあ。口のところを拡大してみると、ギザギザの歯があるところとか・・・。
このマスクは先祖の霊?らしいです。入れ墨、眉毛つなげて唇にも入れて・・・ってちょっとアイヌっぽい。ちょうどアイヌの女の人がこんなかんじの刺青やるよね。こんなふうに離れた場所で共通の文化が見られるのって楽しい。

それと先住民の方が描いたアートがすごく良くて、
これは嵐を表現している絵らしいです。(解説を読解するのが大変w)
点で描くのが特徴らしい。

こっちのオレンジの絵も素敵。解説によると先祖代々の英雄の物語を表しているらしい。ある場面って事なのかな?この絵のどの部分が何を表しているのか、わたしには全く分からないけど、とにかくすごい!って思う。
この星の物語を表した絵も雰囲気があって素敵すぎる。これは家に飾りたいわ〜。

ここの博物館は文化財ばかりじゃなくて、生物も扱っているんだけど、オーストラリア大陸に関わらず様々。
でもやっぱりオーストラリアといったらコアラだよね。
長期間に渡った山火事で、コアラたちも被害に遭ってたけど、その後どんな感じなのかな?森が育つには何年かかかるだろうし、繊細な生き物だから大変だろうな。その上コロナ禍で保護活動をすべき人間たちも大変な状況だし、なんか色々しわ寄せが来てないといいんだけど。
他人事じゃなくて日本も同じ状況かもしれない。動物園だけじゃなくて動物保護の活動をしてる施設とか。少し気にしてみる必要もあるかもしれないねえ。



ブログランキング・にほんブログ村へ

FC2blog テーマ:Googleの旅 - ジャンル:旅行

【2021/03/13 12:30】 | 妄想旅行
【タグ】 博物館  妄想旅行  
トラックバック(0) |

Re: Google Arts & Cultureで博物館めぐり〜オーストラリア博物館
あけぼう
misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

多分そうだよね。
突き詰めたら能のお面と同じだと思う。
神様や化け物や、ヒトではない「なにか」になるときにつけるものだよね。そして歌ったり舞ったり。
見た目の違いがすごすぎるけどw



No title
misachi68
マスク面白いよね。
これって何か儀式だったり、娯楽だったり、ってことに
使われたのかなぁ。
日本は能の面があるけど、使い方として似てるのかな。


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
Re: Google Arts & Cultureで博物館めぐり〜オーストラリア博物館
misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

多分そうだよね。
突き詰めたら能のお面と同じだと思う。
神様や化け物や、ヒトではない「なにか」になるときにつけるものだよね。そして歌ったり舞ったり。
見た目の違いがすごすぎるけどw

2021/03/14(Sun) 00:05 | URL  | あけぼう #-[ 編集]
No title
マスク面白いよね。
これって何か儀式だったり、娯楽だったり、ってことに
使われたのかなぁ。
日本は能の面があるけど、使い方として似てるのかな。
2021/03/13(Sat) 23:19 | URL  | misachi68 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック