FC2ブログ
妄想旅行

Google Arts & Cultureで博物館めぐり~ギリシャ・アクロポリス博物館

2 0
Google Arts & Cultureで博物館めぐり、今回はギリシャ・アクロポリス博物館

アテネのアクロポリス遺跡から発掘された文化財が中心で、
ここはオンライン展示では、彫刻がいくつか見られるようになってます。
といっても少ないんですけどね~~~(^^;)

ぱるてのん パルテノン ギリシャ 場所 画像 
(文字リンクをクリックして画像を見てね)

紀元前500年くらいの女の人の像
だいたいこういう髪型が普通なのかな?こっちの像も同じような髪型だしね。うっすら色がついてるのが分かる。もっとド派手な色彩で、今のフィギュアみたいな感じだったのかなあ。今じゃ白いほうが「ギリシャ彫刻」って感じだけど・・・。
ちょっと気になったから「ギリシャ彫刻 色復元 画像」で検索したら、いっぱいカラフルなの出てきたw わたしは「ありだな」って思ったけど皆さんはどう思います??

これはギリシャ神話に出てくる女性・プロクネ(と崩れちゃってるけどその息子のイティス)の像。翻訳解説だけだとイマイチよく分からなかったので、どういう話なのか検索してみたら、これがまた「うわぁ・・・」っていう話で。

アテネのパンディオン王の娘・プロクネは、トラキア王テレウスの妻なんだけど、このテレウスがまじクズやろーで、プロクネの妹・フィロメラを森の奥に連れ込んでさんざんに犯しちゃうんですよ。そのうえ、自分の悪事を喋られなくするために彼女の舌を切り落としてから、さらにもう一回犯して閉じ込めちゃう。
でも彼女は知恵を絞ってなんとかその事実を姉に伝えることに成功。もちろん事実を知ったプロクネはブチ切れます。すぐに妹を救出してからテレウスへの復讐を実行します。

その復讐がやばくて、自分がテレウスとの間にもうけた子ども、息子のイティスを殺すんです。しかもただの殺し方じゃない、フィロメアと二人してイティスをメッタ刺しにしたうえ、じっくりコトコト煮込んで、テレウスに食べさせる・・・そして食べ終わってから真実を明らかにして、衝撃を受けるテレウスに向かって追い打ち的にイティスの首を投げつけるという、そんなお話・・・壮絶・・・。

恨み サスペンス 殺意 恐怖 怒り 復讐 

いや~~妹の復讐のために自分の息子を殺しますか・・・。
現代人のワタシからすると、妹の命や尊厳と息子の命や尊厳は等しいものという認識なのでドン引き。でも、当時の感覚だと自分と妹はアテネの人間だけれども、生んだ息子はトラキア人でテレウス=夫側の属性だ、ということなんでしょうかねえ。当時の婚姻関係の感覚ってそういう感じだだったのかな。そもそも政略結婚ぽくて愛もなさそうだし。
それにしても女性の地位の低さよ。テレウスが衝撃を受けたのも、殺されたのが「息子=男」だったから。男の子を殺さないと復讐が成り立たないってこと。ていうか、こういうので殺されちゃう子どももまた軽い命だよなあ。やだやだ・・・。

しかしこの話の顛末を知っていてこの像を見たら、結構こわいですよね。何も知らずに母にくっついてるイティスあわれ。母子とも顔がないだけに、どんな表情をしていたのか想像が膨らんで余計こわい。

なんにせよすごいギリシャ神話のお話を知ってしまった・・・。

ちょっとリラックスしよ・・・。
こちらは女神アテナがリラックスしているところw
こっちのレリーフも神々がゆったりくつろいでる。
日本もたくさん神様いるけど、こんなにくつろいでる感じの絵は無いよねw
いや~~~落ち着く。




願わくばもうちょっとオンライン展示をもうすこし多く出してほしいって思ったけど、彫刻を次から次へと大量に見てると、だんだん感動が薄れていくから、これくらいでちょうどいいのかも。



ブログランキング・にほんブログ村へ 

Comments 2

There are no comments yet.
あけぼう

あけぼう  

misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

怖いよねえ~~。
わたしも本人を痛めつければいいのにって思ったよ。
死という一瞬の苦痛だけでは済ませられないほどの怒りや復讐心を抱いた時、その人の最も愛するものを奪うっていう方法をとるって事なのかねえ・・・。

色復元画像、ちょっとテーマパークっぽくなるよねw

2021/01/28 (Thu) 09:02 | EDIT | REPLY |   

misachi68  

プロクネのお話怖すぎるわ〜
復讐に息子滅多刺しって・・・母性はどこ行ったんや。
ってか本人を痛めつけるのではダメだったのか・・・

色復元画像、面白いね〜
ギリシャっぽくなくなっちゃうけどw

2021/01/27 (Wed) 23:27 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply