FC2ブログ
おでかけブログ。神話や妖怪、UMAが好き。その他、日々のふしぎや、おバカな出来事・読書感想などを、つらつらと。
Google Arts & Cultureで博物館(美術館)めぐり。
今回はフィリピンのCANVASのページを閲覧!

実はここは施設としてのページじゃなく、
フィリピンの文化方面の意識を高めるような?活動をしてる
非営利団体のページということでした。

もうね~開くなり、「うわぁああ」って思っちゃった。
犯罪の匂いがする絵画が結構あるんだよね。
おなじ人の絵かなこれ。これもこわっ
世情が悪化したときにまず犠牲になるのは、女性・子ども・・・そういった現実を突きつけるよね。

恐怖漫画のようなこの絵も好き。ちょっとドリーミーなところがいい。

こっちも不思議系だけど、やっぱ人物がフィリピンの男の子の顔という感じね。当たり前だけど。

こっちは一部だけリアルな腕なのがやっぱり恐怖漫画っぽい。色遣いはまるで絵本みたい。これもやっぱり好き。顔を突っ込んだその向こうに何があるんだろ。なにをこの子らは見てるのか・・・気になる。

これも不思議な絵。色使いもすごい好き。明け方の金色の光と夜の闇が混ざったような。うずまきもすごい。それでいて魚もいる。そもそも、中央にいるのも少年なのかと思ったら魚の顔をしている・・・。鳥の目の真っすぐさも印象的だし。タイトルは「Tmorrows」か。・・・味わい深いなあ。

あまりフィリピンの作家さんの絵なんて見る機会無いから、新鮮だったなー。

アイキャッチ イラスト 美術館 絵画


ブログランキング・にほんブログ村へ

【2021/01/11 16:30】 | 妄想旅行
【タグ】 博物館  美術館  妄想旅行  
トラックバック(0) |


あけぼう
玉さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

フィリピンの人、情が濃そうだよね。なんか喜怒哀楽全てが濃そうなイメージだよ。
クーデターがある頃なんて、すごい時期だよね。歴史的な時期。

わたしは知人がフィリピンの工場に時々出張に行くので、バナナチップスをよくお土産に貰います。たまには違うものが欲しいけど言えない(^^;)
あと、別の知人は休みを使ってフィリピンへ英語合宿に行ってましたw 街の夜景写真を見せてもらった。なんか栄えてましたよ。うちの地元より栄えてるかもしれないww 玉さんの思い出よりかなり景色は変わってるのかもしれないねえ。





玉坂めぐる 
15~6年前にマニラに3年弱住んでました。あのころクーデターもあったし、子連れだったから、あんがい近所か、海のリゾートぐらいしか行けてない。
でもケソンは、ちょっと危険な遊園地に行ったことがあります。その近くみたいですね。
メイドさんと仲良くしてて、守ってもらったので、恩人の国だなあ。国民性はとにかく明るいんだけど、よく泣きます。ブルースも上手に歌う。
スペイン、アメリカ、日本と、軍事的な侵略をたくさんされて、独立後も治安が安定しないせいもあるのか、油断はならないけど懐が大きくフレンドリーという印象の人たちでした。絵はフィリピンの匂いがしてきます。ああ、行きたいなあ。でも街の風景とか変わっただろうなあ。


あけぼう
misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

そうですよね、なんか不安な感じがして、気になる絵ですよね。

そうか、ミサさんのところは客船が泊まりますもんね。
日本に住んでいるフィリピンの方もそうだけど、
グローバルに働いてますよねえ。英語が話せるしな~。
今年中には来てくれるんじゃないかな。そう願いたいですよね。


misachi68
どの絵も表情が明るくないのが気になりますね。
ファンタジックな絵は色使いが綺麗で素敵。
フィリピンの方がよくバイト先のお店に来られるんですよ。
あ、もちろんコロナ禍ではもう外国の方は在住の方しかいないけど、
客船の船員さんをされてる方々はよく来るんですよね。
カタコトの日本語も覚えちゃったりして。
コロナ収束したらまた来られるかなぁ。


Re: おはよーございます
あけぼう
小々次郎さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

すごく心がギュっとなる絵ですよねえ。
その時の女の子たち、今どうしてるんでしょうかねえ?狭い間取りに10人ってとんでもない環境ですよね。今は元気で幸せだと良いけど。


おはよーございます
小々次郎
涙ぐんでるのは何かに怯えてるんですかね 絵なのに悲しくなります 若い時に1階にフィリピンパブがあるアパートの3階に住んでたんですけど 隣に自分と同じ間取りの小さい2DKにそのパブで働く女の子が10人ぐらい生活していて 「おはよう働きもん」とかよくからかわれました 朝早くに隣のベランダで洗濯機を回しながらよくテレサテンを歌ってたなぁ 田舎だけど日本をどんな目で見てたのかなって 絵を見てちょっと懐かしく思い出しました


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
玉さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

フィリピンの人、情が濃そうだよね。なんか喜怒哀楽全てが濃そうなイメージだよ。
クーデターがある頃なんて、すごい時期だよね。歴史的な時期。

わたしは知人がフィリピンの工場に時々出張に行くので、バナナチップスをよくお土産に貰います。たまには違うものが欲しいけど言えない(^^;)
あと、別の知人は休みを使ってフィリピンへ英語合宿に行ってましたw 街の夜景写真を見せてもらった。なんか栄えてましたよ。うちの地元より栄えてるかもしれないww 玉さんの思い出よりかなり景色は変わってるのかもしれないねえ。


2021/01/15(Fri) 17:58 | URL  | あけぼう #-[ 編集]
15~6年前にマニラに3年弱住んでました。あのころクーデターもあったし、子連れだったから、あんがい近所か、海のリゾートぐらいしか行けてない。
でもケソンは、ちょっと危険な遊園地に行ったことがあります。その近くみたいですね。
メイドさんと仲良くしてて、守ってもらったので、恩人の国だなあ。国民性はとにかく明るいんだけど、よく泣きます。ブルースも上手に歌う。
スペイン、アメリカ、日本と、軍事的な侵略をたくさんされて、独立後も治安が安定しないせいもあるのか、油断はならないけど懐が大きくフレンドリーという印象の人たちでした。絵はフィリピンの匂いがしてきます。ああ、行きたいなあ。でも街の風景とか変わっただろうなあ。
2021/01/15(Fri) 11:39 | URL  | 玉坂めぐる  #WCSj23LI[ 編集]
misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

そうですよね、なんか不安な感じがして、気になる絵ですよね。

そうか、ミサさんのところは客船が泊まりますもんね。
日本に住んでいるフィリピンの方もそうだけど、
グローバルに働いてますよねえ。英語が話せるしな~。
今年中には来てくれるんじゃないかな。そう願いたいですよね。
2021/01/13(Wed) 08:59 | URL  | あけぼう #-[ 編集]
どの絵も表情が明るくないのが気になりますね。
ファンタジックな絵は色使いが綺麗で素敵。
フィリピンの方がよくバイト先のお店に来られるんですよ。
あ、もちろんコロナ禍ではもう外国の方は在住の方しかいないけど、
客船の船員さんをされてる方々はよく来るんですよね。
カタコトの日本語も覚えちゃったりして。
コロナ収束したらまた来られるかなぁ。
2021/01/12(Tue) 23:16 | URL  | misachi68 #-[ 編集]
Re: おはよーございます
小々次郎さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

すごく心がギュっとなる絵ですよねえ。
その時の女の子たち、今どうしてるんでしょうかねえ?狭い間取りに10人ってとんでもない環境ですよね。今は元気で幸せだと良いけど。
2021/01/12(Tue) 17:16 | URL  | あけぼう #-[ 編集]
おはよーございます
涙ぐんでるのは何かに怯えてるんですかね 絵なのに悲しくなります 若い時に1階にフィリピンパブがあるアパートの3階に住んでたんですけど 隣に自分と同じ間取りの小さい2DKにそのパブで働く女の子が10人ぐらい生活していて 「おはよう働きもん」とかよくからかわれました 朝早くに隣のベランダで洗濯機を回しながらよくテレサテンを歌ってたなぁ 田舎だけど日本をどんな目で見てたのかなって 絵を見てちょっと懐かしく思い出しました
2021/01/12(Tue) 11:09 | URL  | 小々次郎 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック