FC2ブログ
妄想旅行

Google Arts & Cultureで博物館めぐり~ドイツ武器博物館

4 0
自宅での暇な時間、

Google Arts & Cultureで世界の博物館めぐりをしています。

今回はドイツ!

ドイツ  
(文字リンクから画像を見てみてね)

ドレスデンのツヴィンガー宮殿の中にある武器博物館

ここは好きな人にとってはかなり魅力的なんじゃないでしょうか。
オンライン展示はそんなに数はないんだけど、それでもいい感じの武具がいっぱいある。
ファンタジーに出てくるイケメンの騎士が着てそうな甲冑とか。剣とか。

甲冑 

どれもめちゃくちゃ凝った装飾が施されていて、多分王族の持ち物なんだろーね。
ホント、工芸品としても鑑賞可能な品々ですよ。

この剣なんてMAXまで拡大しても、まだ足りないくらい細かい。
この精巧さ、さすがドイツ。
柄の真ん中に人がいるの見えます?
あと左うしろの刀身(根元部分)にお行儀の良いグレイ(宇宙人)みたいなやついるな、って思ったらこれイニシャル的なもの? 西洋の剣にも「銘」を彫る、みたいなのがあるのかな? 残念ながら解説が無いんだよねえ。

万能ナイフみたいなのって昔からあるんですね。
日本でいう戦国時代くらいのもの。
装飾の中心にいるお姉さんが不穏なのがちょっと気になる(^^;)

この甲冑のかっこいいこと! 支配者っぽい~。
中央にメデューサ。脇腹のほうにチラッと見えるのがヘラクレスかな?
これはぐるっと360度回り込んでみてみたいねえ。


このドレスデン・ツヴィンガー宮殿って、お城自体もいかにもヨーロッパの城!ってかんじで素敵だし、武器博物館の他にもアルテマイスター絵画館、数学物理サロン、陶磁器コレクションの4つの美術館と博物館があるんだそうです。公式HPからも、まあまあ内部の様子が見られてイイ感じでした♪



ブログランキング・にほんブログ村へ

Comments 4

There are no comments yet.
あけぼう

あけぼう  

misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

決闘!それだ!似合う似合うwww
正直このころのドイツがどんな感じだったのかが、イマイチよく知らないんだけど、この緻密な細工や、シュッとした美意識なんかを見てると、その後工業国として栄える素地がもう見えてる感じがするよね。

2020/11/19 (Thu) 09:06 | EDIT | REPLY |   
あけぼう

あけぼう  

Re: こんにちはー

小々次郎さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

これらの剣はもう飾りみたいなもんじゃないかと、多分・・・。わたしだったら怖くて使えない(^^;) もしどこかに当たっちゃったらポロッと宝石が取れちゃうかもしれないと思うと、まったく戦いに集中できないもんww

そこへいくと、日本の刀剣は刀身にまず魅力があって、鍔などの装飾もアート性が高いのに実用でもあって、すごいですよね。

少し前にイギリスの時代劇みたいなドラマを見てたんですけど、そこではドラクエに出てくる剣みたいな太めの剣を使ってて、体格のいい男たちが、ここで見るような甲冑を着て、ガツンガツンぶっ叩くような感じで戦ってましたけど、多分そっちのほうがリアルに近そう。

2020/11/19 (Thu) 08:57 | EDIT | REPLY |   

misachi68  

No title

凝ってるね〜〜
芸術品ですよねぇ。
貴族の方々の、きっと滅多に人を傷つけない権威の象徴のような剣は
戦地へ行くより、決闘とか似合う感じ・・・

2020/11/18 (Wed) 23:22 | EDIT | REPLY |   

小々次郎  

こんにちはー

だいぶベルサイユのばらが入ってるなーと思ったけど ドイツもそうなんですね 華奢な脚の細い人が甲冑の中に入って 切るというよりはつつき合う感じ? シャーと同じで赤いリボンの人は3倍早いとか^^ 一昨年京都国立博物館に「京の刀」を見に行ってきたんですけど あれももう工芸品の域でした でもこの剣達と違って怖いくらいめちゃくちゃ切れそうでしたけどね 武器にお金かけたい気持ちはわかるなぁ

2020/11/18 (Wed) 16:28 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply