FC2ブログ
倉敷市

2020年のなつやすみ その3  ~海の男の粋な服

4 0
瀬戸大橋のたもとにある下津井というところに来ております。

前回の、瀬戸大橋のたもとから少し車で移動して、
「むかし下津井回船問屋」という所に来ています。



海沿いをずーっと行くと駐車場があるので分かりやすい。



駐車場もじゅうぶんな広さ。
「むかし下津井廻船問屋」を直接ナビに目的地として入力すると、
もしかしたら、海沿いでなく一本中に入った道を紹介する場合があるかも。
そっちは道幅があまり広くはないので、おススメはしないかな。



町なみは、当時の面影を少し残していていい感じの通り。



むかし下津井廻船問屋の中は、当時の建物を再利用した、無料の資料館になってる。



タコツボで下津井らしさを演出。



お盆時期でもあり、ほかには1組しか見学者がいなかったので、
とにかく静かでまったりとした時間が流れてた。



2階に上がってきました。資料館らしくなってきました。



港町らしいものがいっぱいある。



なかでも、すごく良い顔の大黒さん&恵比寿さんがいたのでご紹介♪



にっこにこ~☆



海を隔てた向こう岸の香川県。
いまでも、このあたりは高松のラジオがフツーに入ってくるくらい近くて、
高松の工芸品「つまみ人形」もいろいろ展示されてた。
いちいち可愛い。これはやっぱり高松に行って是非ゲットせねば・・・。

そしてそして!
サイコーにカッコいいのがこれです。



軍艦あり、兵隊あり、お城あり・・・めちゃくちゃカッコイイな。
すごいデザイン。日清戦争がモチーフになってるらしい。
これはドンザっていう海の男の仕事着なんだそう。ただ、これに関してはデザインがこってるだけあって普段着使いではないみたい。ハレの日にこれを羽織る海の男。かっこよすぎ。解説によると、かつての下津井の網元の服らしいです。


ブログランキング・にほんブログ村へ

Comments 4

There are no comments yet.
あけぼう

あけぼう  

Re: 2020年のなつやすみ その3  ~海の男の粋な服

玉さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

いい!うんうん。
今ってこういう服はなかなか無いからね。
ちゃんとした大人が着る、魅せる服。
特攻服とか、成人式で暴れるやつの衣装とは違うんだよなー。

2020/09/08 (Tue) 23:05 | EDIT | REPLY |   

玉坂めぐる   

お屋敷のなか、こざっぱりでつやつやに拭き込んである感じ。かっこいいですね。居心地よさそうです。昔のお金もち、人を使うから人徳も大事、迫力も大事で、男前だっただろうなあ、と妄想してしまいます。
そうなるとオリジナルの正装というのが効いてくる。晴れの場のためにあつらえた意匠。みなさんが紋付き袴でも、モーニングやフロックコートでも、網元はコレなんだね。(^^)いい!

2020/09/08 (Tue) 10:45 | EDIT | REPLY |   
あけぼう

あけぼう  

misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

そうなんですよね、下津井までくると大阪まであと少しですね。
恐らく瀬戸大橋の誕生で、四国方面への渡船が廃止され、それはそれで地元は大打撃だったんじゃなかろうかと思いますが、それでも設備はきれいで整っていたし、地元の歴史に誇りをもっておられるのだろうな~と思いましたよ(^^♪

2020/09/07 (Mon) 08:19 | EDIT | REPLY |   

misachi68  

雰囲気いいですね〜(*´∀`*)
昔の港町のイメージがちゃ〜んと
脳内タイムスリップできますね♪
北前船で栄えた港だったんですね。

2020/09/06 (Sun) 20:04 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply