FC2ブログ
妄想旅行

Google Arts & cultureで博物館めぐり~島根県古代出雲歴史博物館

4 0
おうち時間でGoogle Arts & Cultureで世界の博物館めぐりをしてます。
ここんとこずっと海外の博物館ばっかり見てきたけど、
久々に日本に戻ってきて、今回は島根県立古代出雲歴史博物館
わたしはリアルでも何度か行ったことあるんですけれども。


オンライン展示で見れるのは、加茂岩倉遺跡で発掘された銅鐸や、荒神谷遺跡から大量に出土した銅剣など。

銅鐸 

こういうのが好きな人じゃないと、ビジュアルだけではなかなか楽しめないかも(^^;)
でも国宝銅鐸がいっぱいあるんだよ!

解説を読むと、兄弟銅鐸っていう言葉があって、
同じ鋳型から作られた銅鐸のことなんだけど、

それが出雲だけじゃなくて、いろんな場所に兄弟がいるんだそう。
しかも兄弟たち、結構遠くまで散らばっていて、
和歌山とか岐阜とか徳島とか兵庫とか。(※可能性があるという記載のモノも含みます)

こうした点から当時からそれらの地域間で交流があったって事が分かるという。
なるほどねぇ。

それにしても

和歌山といえば「熊野」・・・、
兵庫なら国土創生神話でおなじみの「淡路島」・・・
徳島といえば古代祭祀を担った忌部氏・・・

兄弟がいる場所が、古代的になんだか意味深なかんじ~。
勝手に連想してドキドキしちゃうんだけど、正直、兄弟の中で岐阜だけ意表をつかれたw

岐阜? 海なし県じゃありませんか。遠くない?
島根からだと福井のあたりまで船で行って、山越えて岐阜入りなのかな・・・。

銅剣を再現したものも展示されてるんだけど、ホント、ピカピカしてるんだよね。新品の銅製品ってちょっとオレンジみ強めな金色をしていて眩しく見える。 銅鐸って結構大きいし、当時はかなりゴージャス だったかも~。


ちなみに、リアルの島根県立古代出雲歴史博物館は、
出雲大社のすぐ近く(徒歩圏内)にあるから、
出雲へ観光に行った時には絶対行くべき博物館だと思います。

入館するとすぐに、出雲大社の境内で見つかった宇豆柱(うずばしら)が展示してあるし。これが発掘されたことで、出雲大社がかつて高さ48メートルの巨大神殿だったことが明らかになったんだけど、その神殿を支えていた柱だから、とっても大きい!
そして常設展にはその巨大神殿を縮小して復元した模型もあるので、そっちも必見です♪

何年か前に訪問したときの記事は★こちら★

ブログランキング・にほんブログ村へ 

Comments 4

There are no comments yet.
あけぼう

あけぼう  

Re: おはよーございます

小々次郎さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

うん、鈴というか鐘というか。
確かに音色重視で出回った可能性は否定できないかも〜。
なるほど!小浜からだと北川を遡って熊川宿の先くらいまで行けますね。
(北川の近くに古墳が多いのも意味ありげだわ〜)
そこから、山を移動して今度は安曇川を使って船で琵琶湖へ行けそうです。
銅鐸の音が響き渡る寒風峠…って、そりゃ確かに素敵♪

2020/10/23 (Fri) 22:25 | EDIT | REPLY |   

小々次郎  

おはよーございます

鈴なんですよね 楽器ってことになると メーカーと同じ意味でここで作られた銅鐸は特別音色がいいとか評判になって 広く求められたのかも知れません 
敦賀まで行くと遠回りになるので 小浜から「若狭熊川街道」を通って 琵琶湖からまた船に乗って米原から大垣に入ったんじゃないでしょうか 「若狭熊川街道」の寒風峠に美しい音色が響いていたら・・・ ヤダ素敵!

2020/10/23 (Fri) 11:28 | EDIT | REPLY |   
あけぼう

あけぼう  

misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

銅鐸って、金属製品だからやっぱりそれなりに重いはずだよね。
だから船で近くまで運びたいと思うんだよね。
出雲から敦賀まで船で行って、川伝いに琵琶湖まで行って、琵琶湖を通って長浜あたりから大垣に入るのかな・・・。長浜から大垣へが難しいね。船が行けそうな川って当時あったのかしら・・・。
それとも名古屋から長良川を使って岐阜まで上がって行ってたのかなー。でも全行程の距離がすごい。
地図を見ながら想像すると結構楽しい。実際はどうだったんだろうね。

2020/10/22 (Thu) 09:09 | EDIT | REPLY |   

misachi68  

兄弟銅鐸が興味深いですね。
いったいどうやって岐阜まで運ばれたのか。
岐阜って7つの県と隣接してるんだよね。
いろんなルートを想像しちゃうけど
どの道通ってもとにかく遠いなぁ。
不思議。

2020/10/21 (Wed) 22:57 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply