FC2ブログ
妄想旅行

Google Arts & Cultureで博物館めぐり~BIA

2 0
今回はアメリカの Bureau of Indian Affairs Museumを閲覧~。
アメリカのネイティブアメリカン関連の文化財を展示している美術館なんだそうです。
(それにしても、インディアンってもう言っちゃいけない言葉なんだと思ってたんだけど、本家でIndianの表記が出てくるとは思わなかった)

アメリカ 場所 インディアン イラスト ネイティブアメリカン 

以前、ホピ族のカチナ人形を見て以来、アメリカの先住民族の文化にも少し興味が。
あと「縄文人 アメリカ大陸」とかで検索していただくと色々出てくるんだけど、彼らの遺伝子が、縄文人ととても近いらしい、っていう説もあって、気になるところなんだよね~。

ちょっと高知の民芸品「鯨車」を思い出したのがこれです。いいなこの額。ちょっと欲しいかも~。
これも日本の民芸品にありそうなやつ。
どれも比較的新しい作品だけど、この絵の右下のやつも、博多の「にわか」を思い出す。

鳥を抽象化したようなものなんだけど、なんか目があうしw それに色々な別のものにも見える気がして、なんかじ~~~っと見てしまう。妙な魅力・・・。このフクロウの面も青のラインが効いてるんだよね。このカラスも独特~!ていうか、言われなかったらカラスってわかんない。でも謎の魅力・・・なんか見ちゃうんだよね。

出てきたぞ~土器っぽいもの。ただ、いつごろのモノか書かれてないので、結構新しいかもしれないからなあ、何とも言えない・・・(^^;) 解説では雲母ポットって書いてる。「体全体と縁の周りに雲を発射します」って・・・翻訳ww

のモチーフ結構出てくるんだけど、やっぱりこちらでも神聖な動物なのかね。
亀さんカワイイ!亀はどこの文化へ行ってもビジュアルがブレないよな~。そもそもオリジナルの形状が独自路線を突っ走ってるからデフォルメしても絶対わかる。

こういうの見てると、ちょっと文様とか「っぽい」感じがしてくるね。でもこれも年代は最近っぽい。BIAのコレクション全てが、とは言わないけど、どうやらオンライン展示に限って言うと、最初に期待したような古い文化財というよりも、ネイティブアメリカンの人たちの伝統に裏打ちされた感性を、彼らのアートから感じてくれ、っていう感じかな?って思う。
純粋にアートってことなら、このが好き。これとかこれなんかの木彫りシリーズも好きですね~。



ワシントンDCから車で30分くらい?になるのかな。
ここの周りはやたらとゴルフ場がある・・・・。
ブログランキング・にほんブログ村へ 

Comments 2

There are no comments yet.
あけぼう

あけぼう  

Re: Google Arts & Cultureで博物館めぐり~BIA

misachi68さん( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

縄文人との繋がりはまだ近年言われだしただけだし、諸説あるなかのひとつでしかないけど、めっちゃロマンあるから、ついついそのフィルターで見ちゃうけどw でもちょっと似たものを感じるよね〜。
カラスはわたしも思ったw こういうの大好き。

2020/09/21 (Mon) 09:09 | EDIT | REPLY |   

misachi68  

やっぱり縄文人のルーツと関わりがありそうですね。
独特のセンスも日本にあってもおかしくないものがありますね〜
でもカラスは笑ってしまったわw
ふざけてるのかと思ったよ(*´∀`*)

2020/09/20 (Sun) 20:53 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply