FC2ブログ
未分類

Google Arts & Cultureで亀さんを見に行く

4 0
本格的な夏に突入!
なので、海が恋しくなってきました。
というわけで、今回はGoogle Arts & Cultureで南米ブラジルの海へGO!


今回はフェルナンド デ ローニャ島の tamarプロジェクトです。
ここは、傷ついたウミガメたちを保護するという活動をしているんだとかt
見学もできるので、観光スポットにもなってるそうです。

見てよ、この綺麗な海と亀!
なんだか「率いてる」みたいな写真だな~。
亀って海の中でも独特のポジションにいるよな~・・・。

この亀は「オサガメ」っていうかなり大きな種類らしい。
2メートル・・・畳一枚より大きいって事か。なかなかだよね・・・。

お掃除してもらっている様子。なんか優雅。亀の貴族的な生活。
こっちはよってたかってw まるでサインをねだるファンに囲まれてるかのよう。
先日「ウミガメの背に10万もの生物がヒッチハイク」って記事を見たんだけど
甲羅の上が小さな生き物たちのひとつの世界みたいになっていた。

亀ってホント、大きくなってしまえば優雅な生活だよね・・・
若いうちに頑張っておいて、後々は悠々自適に過ごす・・・理想だよね。

この赤ちゃんの時期が危ないんだよなーっ。
こうやって卵からかえって海へ向かうところを実際見られるの良いな。

わたしも一度は見てみたいんだよね~。
日本だと、四国の太平洋側とか鹿児島とか?
広島県民のワタシが行けるとしたらそのあたりになるのかなあ。

いや~~。とにかく亀・亀・亀なオンライン展示だけど、
海はきれいだし、亀は素敵だし、見てて楽しかった(^^♪

亀さん 

でも私たちの出したゴミなどのせいで、
亀さんをはじめ海の生物にはホント迷惑かけてる。
なるべくゴミを出さない生活を心がけなきゃってつくづく思ったよ。



ブログランキング・にほんブログ村へ

Comments 4

There are no comments yet.
あけぼう

あけぼう  

玉さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

伊豆にも亀が産卵しに行く浜辺とかあるんでしょうか。
太平洋に面してるから、ありそうだよなー。

わたしもこの記事をきっかけに、亀の水族館を探して、見つけたんですよ。
徳島にありました。いつか行ってみたい。

わたしも大きい亀さんに出会ったらついていくなあ。
生涯、その亀の周囲で暮らすw
一生懸命、甲羅に着いた藻とか微生物を食べるw

2020/08/07 (Fri) 14:58 | EDIT | REPLY |   

玉坂めぐる   

30年前に伊豆で「亀族館」って、カメだけの水族館?動物園?に行ったことがあって、楽しかったのでそれを思い出しました。いまググったら、ちょっと違う施設になってました。
亀は憧れですね。陸亀も海亀も。
大きいのは特にかっこいい。もしも私が海の生物で、運よく大きなオサガメさんなんかに出会えたなら、たぶん一生涯はりついていくと思います。
さっき確信しました。

2020/08/07 (Fri) 10:17 | EDIT | REPLY |   
あけぼう

あけぼう  

misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

亀さんの背に乗るのは(亀にとってはいい迷惑だけど)ちょっと夢だなあ(#^.^#)
子亀が海に変えるシーンは本当にこの目で見てみたいんだけど、どのポイントも結構遠いし、自然現象だから「絶対見られる」とも言い切れないしね。それなりの休みを取らないとだし・・・。なかなか難しいよねえ。

2020/08/06 (Thu) 08:53 | EDIT | REPLY |   

misachi68  

2メートルもあれば浦島太郎さんを乗せるのも
楽勝ですね。
水族館ではウミガメのコーナーはゆっくり見ちゃう(*´∀`*)
優雅な泳ぎはノロマな亀ってイメージがひっくり返りますよね。

私も浜で産卵シーンを見るより
子亀が海に帰るシーン見たい♪

2020/08/05 (Wed) 23:41 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply