FC2ブログ
おでかけブログ。神話や妖怪、UMAが好き。その他、日々のふしぎや、おバカな出来事・読書感想などを、つらつらと。
テレビもイマイチだし、読書って気分でもないし・・・
って時にはGoogle Arts & Cultureで博物館めぐりをしています。

今回は「八雲立つ風土記の丘」!
まさかここがGoogle Arts & Cultureにあるなんてね。
もうリアルで2~3回訪れてます、わたし(笑)

http://bonryo.blog6.fc2.com/blog-entry-281.html
(クリックで訪問したときの記事へ)

展示は古代出雲の繁栄を示すような土器など、このあたりで出土したものが中心。

残念ながら顔が失われておりますが、このお相撲さんなどほぼ今と変わらない。なんて可愛い手なんだ(笑)

この獅噛環頭大刀はズームして詳細にみると、模様が凝ってますね。当時の偉い人が持ってたんだろうけど、どれくらいの価値で入手したんだろう。きっとぼったくられたんだろ~な~・・・。持ち手の輪っかのところに獅子がいて、鞘のところは龍が彫られてるっぽい。分かりやすいカッコよさ。

こんなにきれいに形が残ってるのも、すごいですね、お馬さん
このころの馬は、日本産の小さなロバくらいのサイズの馬なんでしょうか、やはり。でも目はキリッとしてますね。

土器の中でもこの子持壺というのは、どうやって使うのか全然分からない。よく分かんないものはたいてい祭祀用だってことになるけどさ、なんらかの使い方が無いと、こんな妙な形にはならない気がするんだけどな。ググったらどうも中国にも似たものがあるらしいので、大陸の影響なのかしら。では中国ではどうやって使っていたかわかっているのだろうか。また今度調べてみよ。

銅でできた印鑑。彫られている文字は潔く一文字。「」。なんで「常」?これもどういう使われ方をしたのか色々想像しちゃう。仮に現代と同じ用途だったとしたら・・・もしかして当時の首長の名字って「常さん」? あるいは当時の年貢的なものに、ランク付けするための印鑑なんだろうか「松竹梅」とか「上中下」みたいに。常ってことは「ふつう」みたいな意味なのかな。

なんて考えながら、軽く「常 意味」で検索してみたら古代の単位らしい。ほほーん。

あっ、この地形の模型は、訪問当時そこまで気に留めてなかったな。今なら海岸線を意識しながら見たよな~~~。また次回行くことがあれば、要チェックだわ・・・。

ちなみにこれが現在の地図。

上の模型に近い場所を表示したかったので、
八雲立つ風土記の丘ではなく眞名井神社を中心にしてます

人物の埴輪・・・この中央の人だけ入れ墨があるんだね。入れ墨があったりなかったり・・・この割合はなんなんだろうね?渡来人と地元民みたいな感じなのか・・・それとも、ひとりだけ流行おくれのファッション、みたいなことなのか・・・。

瓦に残った牛の文字。これリアルだね。なんで牛ってヘラで書いたのかはわかんないけど、当時の人が身近に感じられて、こういうの楽しい。こっちは「勝」。なになに?当時の瓦ってこんなに漢字だらけなわけ?祈願用みたいな瓦なのかな・・・。

この八雲立つ風土記の丘は、周囲に古墳をはじめとして古代出雲を感じられる史跡がいっぱいあるんです。で、ここはレンタサイクルもあるので、ここで予備知識を得たあと、そのまま自転車で史跡めぐりをすることが可能。ほどよく田舎なので、自然もたくさんあるから結構楽しいサイクリングになりますよ~♪ おすすめ!


自転車

ブログランキング・にほんブログ村へ

FC2blog テーマ:旅の情報・準備 - ジャンル:旅行

【2020/08/01 18:55】 | 未分類
【タグ】 旅行  博物館  妄想旅行  
トラックバック(0) |

Re: Google Arts & Cultureで「八雲立つ風土記の丘」
あけぼう
misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

だとすると、この3人は入れ墨の人が祭祀を執り行う中心人物で、残り2人がお付きの人みたいな。実は頭も気になって、ヘアスタイルなのか帽子なのか(^^;

お馬さんはサイクリングロードでレプリカと会えるよ〜。そういうのも土地柄なのか、なんか妙にしっくりきて楽しいんだよね〜♪



No title
misachi68
入れ墨って、なんとなく祭祀を司る人とか占い師ってイメージしちゃうわ。
神さまからのお告げとか聴いてるような特別感。

馬とか鹿が可愛いな〜


あけぼう
小々次郎さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

言われてみれば、ちょっとからくりがありそうですよね。
どの子壺に吹き込むかで、音も変わりそう。
ものすごい脱力感の音色が出そう(笑)


こんにちはー
小々次郎
子持壺は岡本太郎作って書いてあったら信じれるぐらいのアート作品ですね 悩み事とか打ち明けたら黙って聞いてくれそうだけど 何にも解決はしなさそう。 わかった!タメ息を吹き込むと音がなるんじゃないでしょうか(楽器) 

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
Re: Google Arts & Cultureで「八雲立つ風土記の丘」
misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

だとすると、この3人は入れ墨の人が祭祀を執り行う中心人物で、残り2人がお付きの人みたいな。実は頭も気になって、ヘアスタイルなのか帽子なのか(^^;

お馬さんはサイクリングロードでレプリカと会えるよ〜。そういうのも土地柄なのか、なんか妙にしっくりきて楽しいんだよね〜♪

2020/08/04(Tue) 21:35 | URL  | あけぼう #-[ 編集]
No title
入れ墨って、なんとなく祭祀を司る人とか占い師ってイメージしちゃうわ。
神さまからのお告げとか聴いてるような特別感。

馬とか鹿が可愛いな〜
2020/08/04(Tue) 10:13 | URL  | misachi68 #-[ 編集]
小々次郎さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

言われてみれば、ちょっとからくりがありそうですよね。
どの子壺に吹き込むかで、音も変わりそう。
ものすごい脱力感の音色が出そう(笑)
2020/08/03(Mon) 19:53 | URL  | あけぼう #-[ 編集]
こんにちはー
子持壺は岡本太郎作って書いてあったら信じれるぐらいのアート作品ですね 悩み事とか打ち明けたら黙って聞いてくれそうだけど 何にも解決はしなさそう。 わかった!タメ息を吹き込むと音がなるんじゃないでしょうか(楽器) 
2020/08/03(Mon) 13:08 | URL  | 小々次郎 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック