FC2ブログ
おでかけブログ。神話や妖怪、UMAが好き。その他、日々のふしぎや、おバカな出来事・読書感想などを、つらつらと。




前回の本「茶仏」を読んだ後に、気持ちが高まってすぐに図書館で借りてきました。

著者も違うし、コンセプトも違う本ですが、そこが良くて、わたしの期待通り前回の「茶仏」の内容を、知識面でうまく補完してくれる内容になっていて大満足。

この本では、中国茶だけでなく、日本茶・紅茶・ハーブティーなど、お茶全般について紹介されています。
これを読めば、産地・種類、製法の違い、美味しい飲み方のコツ、合わせる茶菓子、道具類、信頼のおけそうなお茶の取扱店の紹介など・・・、お茶の大体のことが分かる。

深く探求したい方には物足りないのかもしれないけど、普通に「お茶に興味があるなあ~」程度の人だったらこれで充分だと思う。
特に中国と日本の「緑茶」の違いは勉強になった。むこうは炒るんだよ。こっちは蒸すんだよ。なるほどねえ~。

今まで紅茶はそれほど興味がなかったのだけど、シングルオリジンティーには興味津々。ちょっとお酒みたいな世界です。どこの農園の何年物・・・みたいな。

いろいろ勉強になりました・・・ってことで、
早速実践して飲んでみるんだー♪(^^♪



 
「ていねいな生活」を後押ししてくれそうな同シリーズの本も気になる

ブログランキング・にほんブログ村へ

FC2blog テーマ:読書メモ - ジャンル:本・雑誌

【2020/07/27 18:49】 | 読書感想
【タグ】  感想  読書  
トラックバック(0) |


あけぼう
玉さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

夜中にお茶の専門店が開いてるっていうのが、もう都会w
わたしもびちゃびちゃにするその作法、テレビで見たことがあるよー!
あれはちょっとびっくりするよねえ。
目的は、器などを湯で温めてるってことだよね?

紅茶にせよ、日本茶にせよ、そういうのは「下ごしらえ」的な部分で、
人に見せたりする場面じゃないんだけど、中国はそこから見せてく。
毒とかありませんよ~っていうアピールから始まってるのかな・・・?
そう考えたらちょっと面白いかもしんない。



NoTitle
玉坂めぐる 
おお、いい趣味。
実践するのはよいですね。

昔一度だけ、中国茶の専門店に
入ったことがあるんだけど、
(夜中の池袋だったんだけど)
中国人のマダムがすっごく乱暴に
すごいテンションで
お湯でお盆をびちゃびちゃにしながら
中国茶入れてくれて、怖かったです。
正しい作法らしいです。
酔ってたから半分夢みたいな思い出です。



あけぼう
misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

そうだよね、良い趣味になりそうだよね。
でも沼にハマりすぎちゃうと、茶器にこだわりだしそうw
そうなるとお金をアホみたいに浪費するんだろうね・・・そうならないように気をつけなきゃ、我ながら形から入りたがる人間なのだ・・・(^^;)
まずは茶仏に出てきた中国茶の色々な種類を試していきたい♪



NoTitle
misachi68
いいねいいねぇ。
お茶も追求すると奥が深いんだね。
お酒は深みにハマりたくは無いけど
お茶はいい趣味になりそう。
味と香りの違いで紅茶も緑茶も知るとさらに楽しめそう。


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
玉さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

夜中にお茶の専門店が開いてるっていうのが、もう都会w
わたしもびちゃびちゃにするその作法、テレビで見たことがあるよー!
あれはちょっとびっくりするよねえ。
目的は、器などを湯で温めてるってことだよね?

紅茶にせよ、日本茶にせよ、そういうのは「下ごしらえ」的な部分で、
人に見せたりする場面じゃないんだけど、中国はそこから見せてく。
毒とかありませんよ~っていうアピールから始まってるのかな・・・?
そう考えたらちょっと面白いかもしんない。

2020/07/31(Fri) 09:04 | URL  | あけぼう #-[ 編集]
NoTitle
おお、いい趣味。
実践するのはよいですね。

昔一度だけ、中国茶の専門店に
入ったことがあるんだけど、
(夜中の池袋だったんだけど)
中国人のマダムがすっごく乱暴に
すごいテンションで
お湯でお盆をびちゃびちゃにしながら
中国茶入れてくれて、怖かったです。
正しい作法らしいです。
酔ってたから半分夢みたいな思い出です。
2020/07/30(Thu) 21:49 | URL  | 玉坂めぐる  #WCSj23LI[ 編集]
misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

そうだよね、良い趣味になりそうだよね。
でも沼にハマりすぎちゃうと、茶器にこだわりだしそうw
そうなるとお金をアホみたいに浪費するんだろうね・・・そうならないように気をつけなきゃ、我ながら形から入りたがる人間なのだ・・・(^^;)
まずは茶仏に出てきた中国茶の色々な種類を試していきたい♪

2020/07/28(Tue) 08:32 | URL  | あけぼう #-[ 編集]
NoTitle
いいねいいねぇ。
お茶も追求すると奥が深いんだね。
お酒は深みにハマりたくは無いけど
お茶はいい趣味になりそう。
味と香りの違いで紅茶も緑茶も知るとさらに楽しめそう。
2020/07/27(Mon) 22:00 | URL  | misachi68 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック