FC2ブログ

Google Arts & Cultureでアメリカ自然史博物館

さすがにまだお出かけは控えているので、
有り余ってるおうち時間にGoogle Arts & Cultureで博物館めぐり。
今回はニューヨークのアメリカ自然史博物館

でっかい博物館です。
内容も充実。さすが。

アイキャッチ 博物館

哺乳類のアイテムから見ていくだけでも、しょっぱなから
みんなのロマン「マッコウクジラVSダイオウイカ」がいる!

解説の翻訳があれだけどなんとなく言いたいことは分かる。
空気を吸いに来る穴で待ってれば、餌であるペンギンがいずれ出てくる。そこをゲットするわけね。これってクマ目線で見るか、ペンギン目線で見るか、大問題だわ・・・。動物モノは「ダーウィンが来た」を見てても毎度思うけど、ホント困る。

この翻訳結果も滝沢カレンちゃんっぽい。
これって実物大のジオラマなんだろうか。きっとそうなんだろうなあ。

恐竜も充実~。
もうほぼだよね。子どもの頃、まさか恐竜と鳥が紐づくだなんて夢にも思わなかったよ・・・。
これなんかちょっと可愛いけど実際には怖いんだろうな~。
このウロコ感もすごい。
アデランスのCMじゃないけど毛があるかないかで印象だいぶ違うよね~。
骨組みだけでもどうやって走ってたのか分かりやすい。ダチョウ系だよね完全に。

昆虫の部はこんな絵から始まるから油断してたら・・・!ひえっ!!(←虫嫌い)
でも、比較的スケッチが多め。

オンライン展示としては、やっぱり恐竜や哺乳類のコーナーが面白かったかな。
こういう歴史的な部分の展示も実はたくさんあるのかもしれないけどね。
この仮面いいなー。これも面白い。こけしにちょっと近いフォルム。

実はわたしは世界史は専攻してなかったから通りいっぺんのことしか習ってなくて。
特にアメリカの歴史はあまりよく知らなくて。
そのあたり予習してから見ると楽しいのかもしれないな~。

美しい。展示物のレイアウトにセンスを感じる。
そういえばこの博物館は、映画「ナイトミュージアム」の舞台でもあった。
そりゃ充実してるわけだわ。全米でも代表的な博物館って事よね。


ブログランキング・にほんブログ村へ


| 妄想旅行 | コメント(6)

コメント

Re: No title


玉さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

確かにこの遊びは時間泥棒ですw

オンライン展示は常設展を全部見せてるってわけではなくて、
どこまで見せるかは各館の裁量次第なので、正直、少なっ!っていう所もあるw

2020年|06月|10日|08:18 |from あけぼう| URL

No title


映画「ナイトミュージアム」けっこう好きです。
そうか、そういう目でみるのもたのしいかもしれません。

この遊びはちょっとはまりそうだね。
いいこと教えてもらったなあと思うけど、
いま、ちょっと手を出したらほかのことできなくなりそうww

でも、いつかやろう。覚えておこうっと(^^)










2020年|06月|10日|00:01 |from 玉坂めぐる | URL 【編集】


へろんさん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

たしかに博物館はなかなか観光に組み込むのは大変かも~。
オーストラリアに行ったら
わたしもきっと自然を楽しむ方向で旅行しちゃいますもん(^^;)
しかも英語力ゼロなので
ビジュアルで【のみ】楽しめるところじゃないと絶対無理(笑)
日本人が旅先で博物館より美術館に行きがちなのも
そのあたりが理由かもしれませんね。

つやま自然のふしぎ館のことですね?
この記事(↓)でずいぶん前ですが私も行きました。
http://bonryo.blog6.fc2.com/blog-entry-974.html
インパクトが凄すぎてあの対決は忘れられません(笑)

2020年|06月|08日|09:09 |from あけぼう| URL

Re: Google Arts & Cultureでアメリカ自然史博物館


misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

プシタコさん、なんか目がつぶらなんだよね〜笑
ナイトミュージアムから察するに、
もっと歴史っぽい展示もあるんだろうけど、
やっぱり恐竜いいよね、楽しい!

2020年|06月|07日|12:53 |from あけぼう| URL

No title


アメリカ自然史博物館! 大英博物館とともに、一度は行ってみたいところですね。でも新婚旅行で行ったオーストラリアで、一般受けしそうな観光施設には日本語が溢れてたのに、シドニーのオーストラリア博物館には日本語が全然なくて、日本人は来ないんだな~、と寂しかったものです。それに当時より英語力が壊滅的に衰えたので、今アメリカ自然史博物館に行っても苦労しそうです(^^;)

ホッキョクグマがかぶりついてるのはクラカケアザラシみたいにも見えますね。岡山県の津山科学教育博物館ではホッキョクグマと、それに匹敵するでかさのゾウアザラシが対決していたのを思い出しました。
展示物のレイアウト、上野の国立科学博物館にもよく似てますね。あそこにもまた行ってみたくなりました。それに『ナイトミュージアム』も博物館好きには一種のバイブルですね(^^)

2020年|06月|06日|23:43 |from へろん| URL 【編集】

No title


ここ、面白〜い!
恐竜とかちょっと好きなんだよね。
で、プシッタコサウルスのおとぼけな雰囲気が気に入ってしまったわ〜〜
オウムのトカゲって意味だそう。
中途半端に爬虫類から鳥類に進化中みたいな感じもいい。

つい長居しちゃいそう。

2020年|06月|06日|22:33 |from misachi68| URL

非公開コメント

トラックバック

http://bonryo.blog6.fc2.com/tb.php/2248-b7aeae87