FC2ブログ
おでかけブログ。神話や妖怪、UMAが好き。その他、日々のふしぎや、おバカな出来事・読書感想などを、つらつらと。


ブラタモリの原点的な本かも。
タモリさんの地形への愛が東京の坂道に注がれております。

はじめてタモリさんの文章を読みましたが、
予想通り知的なのはもちろん、
それでいてスカした感じのしない、淡白な文体で、
そういうところもなんだか、タモリさんらしいなあと思ってしまいました。

ワタシと坂道とのなれそめ、といった内容の序文があるんですが、
そこに出てくる幼少期のエピソードが「いかにも」ってかんじで、良くて。

自ら撮ったおススメの坂道の写真と、その素敵さの解説。
その坂を含む地域の郷土史のようなうんちくも披露されております。

しかも、散策マップもあってレストランも掲載されている。
これはタモさん情報なのか、
坂道学会情報なのか・・・そのあたりがよく分かりませんが(^^;)

残念ながら坂道の魅力にハマるまでには至りませんでしたが、
きっとこれは、じかに歩いてみてナンボなのだと思われます。

もしわたしが春から東京へ進学する大学生なら、
是非この本を携えてウロウロしたいって思うだろうなあ。


今はコロナで無理だけどさ・・・
ブログランキング・にほんブログ村へ

FC2blog テーマ:読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

【2020/05/04 09:28】 | 読書感想
【タグ】  感想  読書  
トラックバック(0) |

Re: 「タモリのTOKYO坂道美学入門」読んだよ~
あけぼう
玉さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

おおっ是非是非!
わたしの地元とも縁の深い坂がありましたよ。
わたしの場合はまずそこから行きたいなーと思っています(^^)


No title
玉坂めぐる 
おおおっ。
メモメモ。
きっといつかうろうろしてくるよう。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
Re: 「タモリのTOKYO坂道美学入門」読んだよ~
玉さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

おおっ是非是非!
わたしの地元とも縁の深い坂がありましたよ。
わたしの場合はまずそこから行きたいなーと思っています(^^)
2020/05/06(Wed) 20:11 | URL  | あけぼう #-[ 編集]
No title
おおおっ。
メモメモ。
きっといつかうろうろしてくるよう。
2020/05/06(Wed) 08:00 | URL  | 玉坂めぐる  #WCSj23LI[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック