FC2ブログ

「はじめましての郷土玩具」&「てのひらのえんぎもの」読んだよ~



今回は同じテーマで2冊紹介します。
まずは「はじめましての郷土玩具」の感想から♪

先日訪れた資料館で郷土玩具に魅了されてしまって。
わたしは以前から神社仏閣をめぐってるんですが、実は授与品のなかでも特に「土鈴(土人形)」が気になってはいたんですよ。干支をかたどったモノがよくありますでしょ?あれです。あまりに気に入ったものは買っちゃったりもしてます。でも、すでに御朱印を集めていることだし、これ以上また収集するものを増やすのは、大変だぞ・・・と、ハマりそうな自分にあえてブレーキをかけてたw

けど、やっぱり色々見てると、張り子や土人形独特の素朴な世界観、ゆるいシルエットがたまらなくって。年齢を重ねてきたからこそ刺さる可愛さなのかも。

とにかく、自分にかけていたブレーキを解きましてw
ある一定の「縛り」を設けたうえで、集めることを決意してしまいました。
とうとう!ああ~ww

というわけで、まずは情報収集。そこでこの本、というわけ。

日本の郷土玩具にはどんなものがあるのかが、実物写真がたっぷり掲載されているので「はじめまして」の人でも非常にわかりやすいし、本の最後にはこういった郷土玩具を展示している資料館・博物館や、工房・販売店の一覧などもあって便利。まずは近場からアクセスしていける。実は、郷土玩具についてネットで調べても、どの地方にどんな郷土玩具があるかはすぐに出てくるけど、それがどこで買えるのかが分からない場合がよくある。なのですごく重宝でした。良かったよ。

お次はこちらの本「てのひらのえんぎもの」感想です。



上の「はじめましての郷土玩具」は写真中心でしたけど、逆にこちらはイラストと文章で構成されてます。
その郷土玩具が作られるようになった経緯や、どういった「いわれ」があるのか、作者が思う魅力などが、読みやすいエッセイ風の文章でつづられてます。上の本ではそれほどピンと来なかったモノが急に良く思えてきたりw 根が単純なので結構影響されました。

これらの郷土玩具たちをどういう人が制作しているのか、実際に作家の方々に取材していて、やはり他の伝統文化と同様に、後継者不足に悩まされている実態がありまして、今のうちに買っておくことが色々な意味で大事なことだなと、しみじみ思いました。

特に、わたしは上でも書いた通り、マイルールに沿って集めていきたいと思っていて、そのルールの一つが「縁起物」である、という点なんですよね。「縁起物」、つまりめでたいモチーフのものを集めたい。例えば子どもが凧揚げしている土人形みたいなのは違うってことです。なんぼ可愛くても。可愛くてもグッとこらえる。そんな「縛り」ですw 

神社仏閣の授与品を中心にしていきたいなあと思ってます。で、そう思って上の2冊を読んでいくと、今まで訪れたことのある場所にもたくさんあったじゃないか!ていうか見たことあるのもチラホラあるぞ!こんなことなら妙な自己規制なんかしないで、最初から素直に買っておけばよかった!なかなか気軽には行けない遠い場所もいっぱいある(>_<) 今更しょうがないけど、悔しくてジタバタしています(笑)

両方とも、さらさら~っと読める本です。
わたしは、いちいちメモってたから時間かかったけど(笑)


最後にちょっと余談なんですけど、1つだけ。
ここに載ってた中で個人的に印象深かったのは「宇土張子」の始まりの話。これがちょっとミステリアスで、江戸時代末期、尾道からやってきた名前も名乗らない老夫婦が病に倒れ、宇土に住む坂本家に約1年滞在療養しそのお礼として張り子の製法を伝えたのが始まり、とある。尾道って身近な場所が出てきたからドキっとしてさ。
幕末頃なら時代も近くてノンフィクションっぽいし、名乗らない人を1年も世話してあげた坂本家もすごいし、名乗らないってことは夜逃げかな~とか、いろいろ妄想が広がっちゃった。

ブログランキング・にほんブログ村へ
  

テーマ : 読書メモ
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

Re: Re:「はじめましての郷土玩具」&「てのひらのえんぎもの」読んだよ~

玉さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

それほど遠くない時代だけに、話が生々しく感じられて面白いよねw
かなり逃げたよね。でもそのままこの町に居ついたわけでもなさそうだから、健康を取り戻したのち、さらに逃げたのかもしれないね。

Re:「はじめましての郷土玩具」&「てのひらのえんぎもの」読んだよ~

はりこ職人夫婦の逃避行。
気になるね(^^)
はりこだけに、何かしがらみから抜けてきたんだね。
中身はうつろ。空っぽだ。(^0^)
追っ手はくやしいだろうなあ。

Re: こんばんは

misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

それはもしかしたらモノによっては今はもう作られてない可能性もあるから、整理するときにはよく注意したほうがいいかも~。とにかく絶滅の危機にある民芸品って多いみたいです。こけしも今はマニアが多いから、売れるかもしれないよね。宝の山かもよ♪

こんばんは

そう言えば、土鈴とか縁起物とかウチにも色々あるかも。
義父母が使ってた戸棚にお土産の縁起物とかあるわ。
実家には各地のこけし人形が並んでたっけ。
整理しようかな、とか思ってたけど
縁起物は置いておく方がいいかな、って話し合ってたところです。
招き猫も可愛いし。

蒐集し始めたら、アップ楽しみにしてま〜す

小々次郎さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

うんうん、独特の可愛さです♪
さるぼぼは、あれ、布製ってイメージなんですけど、
もしかして、さるぼぼの土鈴ってあるんですか?あれば欲しいかも~。

こんにちはー

土鈴って落雁みたいな質感だし和菓子みたいな可愛さがありますね ルールには敵っててもきっとさるぼぼは選ばれないでしょうね(涙)
プロフィール

あけぼう

Author:あけぼう
性 別:女
住 居:広島県
特 徴:とうふメンタル
近 況:Instagram(別名)

家のWi-Fiがダメなまま5月が終わりそうだ。

最新記事
過去記事の検索はこちら
☆カテゴリ☆
コメントありがとうございます
Comments<>+-
Trackback <> + -
リンク(遊びに行ってね)
FC2カウンター
◆◆◆
「Amazonが販売・配送」の商品のみ推奨
**

RSSリンクの表示