FC2ブログ

「神の木―いける・たずねる」読んだよ~



ご神木についての本。
各地のご神木を紹介するような写真集的な本じゃなくて、
華道家の先生と、
国文学者の先生が出した本だというところがミソだと思います。

正直、大きな樹木って長い歳月を生きてきた風格を醸し出しているから、
それだけで疑問にも思わずご神木として受け入れてきたけど、
「なぜその木がご神木とされたのか」
とか
「ご神木とされたのは、なぜその種類の木なのか」
といったことまで考えたことがなかった。

この本にはよくご神木や神事などに使われる
椿、樟、槙、杉、梶、桂、檜、柞(いすのき)、松、白膠木(ぬるで)、柳、欅
これら12種類の木について取り上げてます。

著者のひとり、国文学者の光田先生による樹木についての蘊蓄がとても面白くて、目からうろこでした。

たとえば、樟脳。
おなじみの樟(くすのき)のもっている虫除けの効果が、昔の人々にとってはその木の霊能と受け止められていたのではないかとか。防虫剤も何もない時代、これはちょっと納得しちゃうかも。

木の持つ力に感謝してその特性を活かしきる。
そんな昔の人たちの自然に対する謙虚な態度も感じる。
知らず知らず自然に対するリスペクトを忘れてしまってる、現代人な自分をちょっと恥じました。

あるいは柳。
現在、日本の小京都といわれるような古い町並みが残る場所には、たいてい生えている柳の木ですが、実は中国原産で、中国の南方、長江あたりからやってきた木だということは樹木に興味のある人しか知らないのでは。まして柳には雄・雌の木があって、日本にある柳はすべて雄オンリーだなんて、この本を読まなかったら知らなかった。
そのうえ、同じく中国原産で日本に入ってきた金木犀や沈丁花も、日本に入ってきたのは雄の木だけらしい。雄の木のほうが生育が早くて樹勢が衰えないそうですが、これだけきっちり雄だけが何故?・・・って理由は、実は不明なんだとか。

また、印象に残ったのは高野槇を扱った章の一文。

「一族はかつて世界に広く分布して大いに栄え、倒木が石炭をなすほどであるが、次々に滅んで今では高野槙ひとり、それも日本という洋上の島にしか残っていない。生きている化石なのである」(本文から引用)


なんだか素敵な表現ではありませんか。
高野槇の貴重さがよくわかるし。
そのうえ、これを読んでるわたしは、この高野槇が秋篠宮家の悠仁親王のお印であることを知ってる。なにやら高野槇とリンクして日本の独特さを改めて思いましたね。

そして各章のシメとして、
その樹木をいけたもう一人の著者・川瀬敏郎先生の作品の写真が出てきます。
樹木の歴史を語った光田先生とは対照的に、こちらはあくまでも「今」。
目の前の木と一対一で向き合い感じたことや、それが作品にどう繋がったかが書き添えられています。

文章は短くまとまっていて読みやすいですし、本そのものは薄いんですが内容は思いがけず濃くて良かったです。
今まで、植物についての本は何冊か読みましたが、こういうアプローチの本は初めてだったし、類似の本はなかなか無いんじゃないかな~と思う。


以上、「神の木―いける・たずねる」読書感想でした♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
光田先生の芭蕉についての本もちょっと面白そうなんだよね~
  

テーマ : 読書メモ
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

玉さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

面白かったです!さすがとんぼの本(^^)
北斎先生がそんな意図で樹木を絵の中に入れてたとは知りませんでしたあ。
柳なんて本来は、時期が来ると綿みたいなのがそこら中に飛んで洗濯物にくっついたりして、大迷惑らしいですね。最初に持ち込んだのは商人なのか遣唐使なのかw そのあたり分かってて雄だけにしておこうと思ったのか。いろいろミステリアス。どっちにしても、今の今までほとんど雄オンリーなんて、外来種の中でも特別だと思うw

おもしろそうおもしろそう。とんぼの本だし。

長寿願望の北斎先生が、身近な一番長いきなのは「木」だって
不死鳥や龍の図案に「木」を混ぜてたのを思い出しました。(^^)純粋な憧れですよね。
思えばいろいろきになる木があります。
わざと逆さまにさして変な木を作るとか。
雄だらけって言うのも、挿し木や接ぎ木で増やしてるってことだよね。
あー気になる気になる。

へろんさん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

わははw 猫のそういうのもどーんと受け止めてる感じもまた、ご神木らしいっちゃご神木らしいですよね~(笑)

ご神木。いちばん印象に残ってるのは、大阪府堺市のとある神社で、ご神木の枝に乗った猫ちゃんが、ガリガリと思いっきり爪とぎをしている光景でした(笑)

misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

そうなんですよ、立派な木ってだけで風格たっぷりだから、逆に何故なのか考えたことがなかったよね。
神社を参拝したときに、何の木がご神木になってるか注目していくのも面白いかも。

それにしても、樹木にまつわる歴史的なうんちくを楽しく読める本ではあるんだけど、読んだ後、本当に自分には身の回りの自然についての知識が無いんだなあってつくづく思ったなあ~。

なかなか興味深いですね。
御神木って何だろうなぁって思ってたんだよね。
巨木とか見ちゃうと、
そりゃ、何かしら宿っていそうだなって思うけど、
きっと巨木に成長する前から崇められてたんだろうし。

φ(σ_σ)メモメモ
プロフィール

あけぼう

Author:あけぼう
性 別:女
住 居:広島県
特 徴:とうふメンタル
近 況:Instagram(別名)

家のWi-Fiがダメなまま5月が終わりそうだ。

最新記事
過去記事の検索はこちら
☆カテゴリ☆
コメントありがとうございます
Comments<>+-
Trackback <> + -
リンク(遊びに行ってね)
FC2カウンター
◆◆◆
「Amazonが販売・配送」の商品のみ推奨
**

RSSリンクの表示