FC2ブログ

「鳥肌が」読んだよ~




個人的にゆる~く追いかけている穂村氏の短歌エッセイですが、
夏ということで、「こわい」をテーマにした本を読んでみました。
ちょうど文庫になって本屋に置いてあったのです。いいタイミング。
装丁もおもしろくて、表紙にブツブツがあるんだよ~。

「こわい」といっても、
稲川淳二さん的な怪談とか、月刊ムー的なミステリーとか、
そういうハッキリとした「こわい」とは違って、
日常でふと感じる「こわい」が集められてます。

穂村氏個人の「こわい」だけじゃなく、
選者をしてる歌壇の応募作のなかの「こわい」歌なども紹介しつつ、
エッセイを展開しています。

ともすれば、スルーされてしまうような、何気ないちょっとしたこと。
そこに生まれる違和感やズレが・・・「こわい」。

こういうのって、とても個人的なもので、
普通は人に言ってもなかなか分かってもらえない事が多い。
(フェチとかの裏側にあるものかもしれないと思う)

穂村氏はそういうのをキャッチするのがホントうまくて、
それをエッセイでイジって、みごとに一般化していくんだよね。
気付くと「わかるわかる~」「あるある~」って思いながら読んでる(笑)

こわいんだけど、こわすぎない。
わたしはホラー&怪奇系は苦手だけど、これはちょうどいい塩梅でした。


ブログランキング・にほんブログ村へ

  
テーマ: 読んだ本の紹介 | ジャンル: 本・雑誌

コメント

Re: 「鳥肌が」読んだよ~

misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

うんうん、軽く読める。
わたしは昔から本のジャンルとして、「詩」の方面はホントに苦手だったんだけど、最近は穂村さんのおかげでずいぶんマシになってきました。

2019/08/18 (Sun) 23:13 | あけぼう #- | URL | 編集

これツイッターでも感想などRTで見て
気になってた。
軽く読めそうでいいですね(*´∀`*)
φ(σ_σ)メモメモ

2019/08/17 (Sat) 21:24 | misachi68 #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する