FC2ブログ

「皇室、小説、ふらふら鉄道のこと。」読んだよ~



作家・三浦しおんさんと、政治学者で鉄道オタクな原先生との珍道中



皇室といえば、令和になったばかりの今、すごくホットな話題ですよね。
お2人の対談が収められたこの1冊の中で、
ちょうど生前退位の発表があったりして、すごい神タイミング。

どういう流れで「お言葉」が出されたのか。
皇室について、どれほど自分が何も知らなかったか思い知りました~。
大正天皇と貞明皇后のキャラクターまで知らないもんなあ、在位短いし…。

対談形式だからサクサク読めるんだけど、その割に情報量は結構多くて、
皇室存続のことや、女性天皇についても斬り込んでいる。
だから、さら~っと読んだ後に、
「ん?まてよ・・・」と、
咀嚼しなおすという状態が、あとあとまで続いた(笑)


三浦しをんさんは大好きだし、
女性の立場からだったり、庶民の立場からだったり、
その発言は、ほとんど賛同できることばかりだけど、
唯一「元号なんていらなくね?」派だったのが、ちょっと残念(勝手に)。

わたしは「西暦は本の「ページ」、元号は日本人だけが持つ「章」」っていう
タモリさんの発言に膝を打って「たしかにっ」と思ったクチなので、
便利かどうか、合理的かどうかってこととは別の話として、
元号は続けてほしいんだよね・・・。



ブログランキング・にほんブログ村へ

   

theme : 読んだ本の紹介
genre : 本・雑誌

tag : 感想 読書

comment

Re: No title

misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

そういうつもりで始めた対談ではないみたいなんですが、
結果的に、回数を重ねる間に、
皇室がらみのニュースが出てきて・・・ってかんじで、
リアルタイム感がすごいですw
読むなら今のうちが新鮮でおいしいと思う。
ちなみに対談相手の先生は、正直いって個人的には苦手なタイプです。
鉄道オタクってみんなこんな感じなのかしら・・・

No title

へぇ、こんな対談本があったとは。
旬な話題ですよね。
私も何でも西暦でいいんじゃないかと思う一方で
時代の象徴とでも言うべき元号は
その時代その時代の記憶に残るものなので
なくなっちゃったら寂しいなぁ。
Secret

プロフィール

あけぼう

Author:あけぼう
性 別:女
住 居:広島県
特 徴:とうふメンタル
近 況:Instagram(別名)

家のWi-Fiがダメなまま5月が終わりそうだ。

最新記事

過去記事の検索はこちら

☆カテゴリ☆

コメントありがとうございます

Comments<>+-
Trackback <> + -

リンク(遊びに行ってね)

FC2カウンター

◆◆◆

「Amazonが販売・配送」の商品のみ推奨

**

RSSリンクの表示