FC2ブログ
おでかけブログ。ご朱印を集めてます。その他、日々のふしぎや、おバカな出来事・読書感想などを、つらつらと。
金沢・尾山神社に来ております。
前回からの続きです。



尾山神社でもっとも感銘を受けたのが、実はここだったりします。



菊桜が満開。この菊桜の由緒がこれまた良い話で。


(クリックですこし拡大)

江戸時代後期、京都御所より前田家に下賜されたと言われる
菊桜の名木が兼六園にあったそうなんですね。
兼六園一というより、日本一の菊桜です、と書いてるあたりに誇りを感じます。

しかしその菊桜の木も、昭和45年に枯死してしまったんですね。
ところが、それに先立つこと昭和10年、たまたま積雪で折れてしまった枝を、
当時、兼六園園長だった田中さんが、涌波町の田上さんに依頼して接ぎ木に成功。
その友人の笠舞町の西野さんがさらに接ぎ木し、大切に守り育ててきたんだそう。
それを、もともとの前田家にお返ししようと、
こうして、尾山神社へ寄進したんだそうです。すごい。

歴史を守り伝えるって、こういうことだなあと思いました。
登場人物、みんな普通の市民たち。あっぱれだわ。
それだけ誇りだったし自慢だったんだろうね。

神道には「今中(いまなか)」って考え方があるって聞いたことがあります。
それは今、自分たちは、前と後の世代の真ん中に生きてるっていうことで、
つなぎ役なんだってことを意識して、
その責任をちゃんと持って生きることが大切だよ、
ってな意味が込められてるらしいです。

この菊桜のエピソードを読んで、彼らはそれを実践してるなあと思いました。



なぞのオブジェ。庭園にマッチしてるんだかしてないんだかw
ん?急にどうした?って思ったけど、カワイイから許すw


旧金谷御殿の庭園だった部分がそのまま神苑として残ってます。



オフィス街も近いのに、ここは自然いっぱい。





気持ちの良い場所です。



主もいたよw

で、拝殿の奥の方、庭園のそばに立つのが、



摂社 金谷神社 です。



2代目以降のみなさんをお祀りしているとのこと。



金谷神社のさらに奥へ行くと、気になる銅像発見。
母と子、のようです。
ふわりと降り立って、そしてまた飛び立っていく、その一瞬なのかな?
浮遊感がすごく出ていていい感じだし、それに
母と子の像で、こんなにアグレッシブなお母さんって、
今まであまり見たことが無かったような気がする。

それにしても母子の像って結構見るけど、父が出てくるやつ滅多にないね。
昔から変わらないね。そこは。父の存在感が無。



それにしても結局、この人達の正体は何? 鳥? 天狗?



尾山神社の御朱印。無事頂けました。



ブログランキング・にほんブログ村へ


追記を閉じる▲


菊桜が満開。この菊桜の由緒がこれまた良い話で。


(クリックですこし拡大)

江戸時代後期、京都御所より前田家に下賜されたと言われる
菊桜の名木が兼六園にあったそうなんですね。
兼六園一というより、日本一の菊桜です、と書いてるあたりに誇りを感じます。

しかしその菊桜の木も、昭和45年に枯死してしまったんですね。
ところが、それに先立つこと昭和10年、たまたま積雪で折れてしまった枝を、
当時、兼六園園長だった田中さんが、涌波町の田上さんに依頼して接ぎ木に成功。
その友人の笠舞町の西野さんがさらに接ぎ木し、大切に守り育ててきたんだそう。
それを、もともとの前田家にお返ししようと、
こうして、尾山神社へ寄進したんだそうです。すごい。

歴史を守り伝えるって、こういうことだなあと思いました。
登場人物、みんな普通の市民たち。あっぱれだわ。
それだけ誇りだったし自慢だったんだろうね。

神道には「今中(いまなか)」って考え方があるって聞いたことがあります。
それは今、自分たちは、前と後の世代の真ん中に生きてるっていうことで、
つなぎ役なんだってことを意識して、
その責任をちゃんと持って生きることが大切だよ、
ってな意味が込められてるらしいです。

この菊桜のエピソードを読んで、彼らはそれを実践してるなあと思いました。



なぞのオブジェ。庭園にマッチしてるんだかしてないんだかw
ん?急にどうした?って思ったけど、カワイイから許すw


旧金谷御殿の庭園だった部分がそのまま神苑として残ってます。



オフィス街も近いのに、ここは自然いっぱい。





気持ちの良い場所です。



主もいたよw

で、拝殿の奥の方、庭園のそばに立つのが、



摂社 金谷神社 です。



2代目以降のみなさんをお祀りしているとのこと。



金谷神社のさらに奥へ行くと、気になる銅像発見。
母と子、のようです。
ふわりと降り立って、そしてまた飛び立っていく、その一瞬なのかな?
浮遊感がすごく出ていていい感じだし、それに
母と子の像で、こんなにアグレッシブなお母さんって、
今まであまり見たことが無かったような気がする。

それにしても母子の像って結構見るけど、父が出てくるやつ滅多にないね。
昔から変わらないね。そこは。父の存在感が無。



それにしても結局、この人達の正体は何? 鳥? 天狗?



尾山神社の御朱印。無事頂けました。



ブログランキング・にほんブログ村へ

FC2blog テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

【2019/07/18 09:19】 | 金沢
【タグ】 旅行  観光  神社  金沢  
トラックバック(0) |

Re: NoTitle
あけぼう
玉さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

ウナギイヌの素性ってそんなんなんですね。
初めて知りました。

たしかに迫力のある羽ばたきっぷりが、蘭の魔王に似てるなあ~!
あの母子像は家庭事情をいろいろ想像しちゃいますよね。
絶対母子家庭だと思う。
けど、わりと母子だけで愉快にやっていきそう。




NoTitle
玉坂めぐる 
横からあれですが(^^)ウナギイヌは、鰻と犬のハーフなんですよ。水陸両用のお家で育ったんです。お母さんがウナギです。

最後の母子像のカッコイイお母さんも、コウノトリあたりの血が入ってそうですね。母子家庭かな、家庭の事情がいろいろありそうです。そんでこの体勢。手前みそだけど…あの蘭の魔王を思い出しました。http://konnakao.blog96.fc2.com/blog-entry-841.html  。

Re: 小々次郎
あけぼう
小々次郎さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

サラリと兼六園の橋情報入ってきてますねwさすが!
確かにネーミング的にはウナギイヌと構造がいっしょかw
あんまり詳しくないんだけど、ウナギイヌって誕生秘話とかあるんですかね。



小々次郎
紫のバラのひと?
かわいいサクラ。 名前は菊と桜といいとこ取りですね ウナギイヌを思い出します^^執念で復活させたのが素晴らしいです 簡単にクローンとかダメですね クローンも簡単じゃないでしょうけど それこそ人間味がないです 兼六園でも「千歳橋」の場所は広場に入る手前だったハズだから 春と人を迎え入れるように 咲いていたんじゃないでしょうか^^


Re: NoTitle
あけぼう
misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

おお~色が変わる・・・あ、じゃあ、観光していて「菊桜っぽいけど色が違うし、別の八重の品種なのかなあ」と思った桜は全部菊桜だったのかなあ。初めて見たので区別がつかなくて(;´∀`)
田舎の伝統はこれまた難しい話ですよね。あまりにも時代錯誤な事は受け入れがたいしなあ。具体的にどんな伝統かは分からずに勝手な事言っちゃうと、その伝統はどうしても女がやらんといかんのかい?って思ったりもする。だって今どきだよ?大体のことは男もやれよ、って思うなあ。そのかわり女も消防団とかに関わってくってのも全然あり。会合に行って飲んでくるから、おめー飯つくって風呂沸かしとけって言いたいよね。マジで。



Re: NoTitle
あけぼう
おでかけ博士さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

あ・・・そうだったんですね、ごめんなさい。
もし行くことがあれば、是非。金沢城も近いですしね(^_^)



NoTitle
misachi68
そうそう、菊桜が3回色が変わるって話は
聞いたことありますね。
ローカルニュースで紹介していたかも。
昔からあるものを次世代へと守り継いでいく、っていいことですよね。
菊桜はとても素敵なエピソードがあったんですね。
個人レベルでも守り受け継いで行くって話は
色々直面することあるんだよね。
田舎に嫁いだから、伝統の名のもとに
どこまで大切にしなくちゃいけないのか悩むこともいっぱいあるw


NoTitle
おでかけ博士
今咲いているなら行ってこようと思って・・・。
もし金沢に行くことがあれば寄ってみます。

Re: 初めまして(^_-)-☆itle
あけぼう
おでかけ博士さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

どうもどうも、はじめまして。
これはですね、そうですね、この記事単体だと書いてないから分からないですよね。すみません。これはゴールデンウィークの話なんですよ。ですから5月です。

初めまして(^_-)-☆itle
おでかけ博士
菊桜、覆いつくすように咲いてきれいです。
故郷を思い守っていく人たち。
実際に行動できるところが偉いですね。
ところで菊桜って今の季節ですか?


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
Re: NoTitle
玉さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

ウナギイヌの素性ってそんなんなんですね。
初めて知りました。

たしかに迫力のある羽ばたきっぷりが、蘭の魔王に似てるなあ~!
あの母子像は家庭事情をいろいろ想像しちゃいますよね。
絶対母子家庭だと思う。
けど、わりと母子だけで愉快にやっていきそう。


2019/07/25(Thu) 17:39 | URL  | あけぼう #-[ 編集]
NoTitle
横からあれですが(^^)ウナギイヌは、鰻と犬のハーフなんですよ。水陸両用のお家で育ったんです。お母さんがウナギです。

最後の母子像のカッコイイお母さんも、コウノトリあたりの血が入ってそうですね。母子家庭かな、家庭の事情がいろいろありそうです。そんでこの体勢。手前みそだけど…あの蘭の魔王を思い出しました。http://konnakao.blog96.fc2.com/blog-entry-841.html  。
2019/07/25(Thu) 09:54 | URL  | 玉坂めぐる  #WCSj23LI[ 編集]
Re: 小々次郎
小々次郎さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

サラリと兼六園の橋情報入ってきてますねwさすが!
確かにネーミング的にはウナギイヌと構造がいっしょかw
あんまり詳しくないんだけど、ウナギイヌって誕生秘話とかあるんですかね。

2019/07/19(Fri) 17:45 | URL  | あけぼう #-[ 編集]
小々次郎
かわいいサクラ。 名前は菊と桜といいとこ取りですね ウナギイヌを思い出します^^執念で復活させたのが素晴らしいです 簡単にクローンとかダメですね クローンも簡単じゃないでしょうけど それこそ人間味がないです 兼六園でも「千歳橋」の場所は広場に入る手前だったハズだから 春と人を迎え入れるように 咲いていたんじゃないでしょうか^^
2019/07/19(Fri) 12:38 | URL  | 紫のバラのひと? #-[ 編集]
Re: NoTitle
misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

おお~色が変わる・・・あ、じゃあ、観光していて「菊桜っぽいけど色が違うし、別の八重の品種なのかなあ」と思った桜は全部菊桜だったのかなあ。初めて見たので区別がつかなくて(;´∀`)
田舎の伝統はこれまた難しい話ですよね。あまりにも時代錯誤な事は受け入れがたいしなあ。具体的にどんな伝統かは分からずに勝手な事言っちゃうと、その伝統はどうしても女がやらんといかんのかい?って思ったりもする。だって今どきだよ?大体のことは男もやれよ、って思うなあ。そのかわり女も消防団とかに関わってくってのも全然あり。会合に行って飲んでくるから、おめー飯つくって風呂沸かしとけって言いたいよね。マジで。

2019/07/19(Fri) 09:39 | URL  | あけぼう #-[ 編集]
Re: NoTitle
おでかけ博士さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

あ・・・そうだったんですね、ごめんなさい。
もし行くことがあれば、是非。金沢城も近いですしね(^_^)

2019/07/19(Fri) 09:28 | URL  | あけぼう #-[ 編集]
NoTitle
そうそう、菊桜が3回色が変わるって話は
聞いたことありますね。
ローカルニュースで紹介していたかも。
昔からあるものを次世代へと守り継いでいく、っていいことですよね。
菊桜はとても素敵なエピソードがあったんですね。
個人レベルでも守り受け継いで行くって話は
色々直面することあるんだよね。
田舎に嫁いだから、伝統の名のもとに
どこまで大切にしなくちゃいけないのか悩むこともいっぱいあるw
2019/07/18(Thu) 21:57 | URL  | misachi68 #-[ 編集]
NoTitle
今咲いているなら行ってこようと思って・・・。
もし金沢に行くことがあれば寄ってみます。
2019/07/18(Thu) 20:06 | URL  | おでかけ博士 #-[ 編集]
Re: 初めまして(^_-)-☆itle
おでかけ博士さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

どうもどうも、はじめまして。
これはですね、そうですね、この記事単体だと書いてないから分からないですよね。すみません。これはゴールデンウィークの話なんですよ。ですから5月です。
2019/07/18(Thu) 15:50 | URL  | あけぼう #-[ 編集]
初めまして(^_-)-☆itle
菊桜、覆いつくすように咲いてきれいです。
故郷を思い守っていく人たち。
実際に行動できるところが偉いですね。
ところで菊桜って今の季節ですか?
2019/07/18(Thu) 12:49 | URL  | おでかけ博士 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック