FC2ブログ
おでかけブログ。ご朱印を集めてます。その他、日々のふしぎや、おバカな出来事・読書感想などを、つらつらと。
宇治市・平等院鳳凰堂に来ております。
前回からの続きです。



鳳翔館を出て、ちょうど鳳凰堂の裏側を歩いてます。

中国人らしきおじさん達が、建物を見ながらなんだかんだと話し合ってました。
中国の人って、京都のまちなみに唐時代の名残を感じるらしいので、
ここでも中国のあれに似てる~とか、何かの建物との比較とか、
そんな感想を話し合ってたのかな~って思いながら通り過ぎたんですが。



その鳳凰堂の、正面から見て裏側に立っているのが、
平等院の塔頭(たっちゅう)、浄土院の建物です。



浄土宗の栄久上人が建てたものなんだとか。



その横には、源頼政の墓がありました。
「以仁王の令旨」によって平氏打倒のため挙兵したけど、結局追い詰められ、
平等院で辞世の句を残して自刃されたそうです。

ちなみに、源頼政さんは
宮中で妖怪・鵺(ぬえ)を退治したことでも、ちょっと有名。
わたしのなかでは、どっちかっていうと、この鵺(ぬえ)退治の件で有名w
(かつてNHK大河ドラマ「平清盛」では、源頼政さんを
 宇梶さんが演じてたらしいんだけど、かすかな記憶程度・・・



こちらはもう一つの塔頭で「最勝院」の中にある不動院。
カップルがお参りしている左の所で御朱印を頂けるみたいなんですが
あいにくご不在でして、頂く事はできませんでした。



さて、一周回ってようやく鳳凰堂の正面に。
これぞ平等院!! ってかんじですよね~。

いや~・・・

それにしても・・・

なんでわたしったら、この時に限って

10円玉持ってなかった んだろ・・・



外国人観光客でさえ、10円玉と一緒に撮ってたのに。
我ながら信じらんない。ちょうど無くなってた。残念過ぎ。

気を取り直して、上の写真、ズームすると、



真ん中に、仏様のお顔が見える。
この鳳凰堂の建物内部への入場は有料になっていて、20分ごとに各回50名の定員。



拝観料を支払う際に時間を言い渡されるので、
指示に従ってその時間に集合場所へ行くと、
さすがに世界遺産だけあって、半数以上が外国人だった(笑)
とはいっても、マナーの悪い人は一人もいなかったよ。

fc2blog_201906051700585da.jpg

前もって鳳翔館で創建当時の極彩色な内部のようすを見ておいたのは
やっぱり大正解。

阿弥陀如来坐像だったり、天蓋などの立体的なものに関しては、
たとえ金箔が剥げていても、造形をみるものだだから
全然問題ないんだけど、

壁画に関しては、内部が薄暗いこともあって、
説明されないと何が描いてあるのかよく分からなかったりする。

それだけ歴史が古いって事だし、
理屈としては「そういうもんだ」って分かっているけど、
ちょっと残念な気持ちになってしまうからねえ(;´∀`)

創建時の状態を頭に入れておいて、脳内で補完しながら見ないと。

それに、
ちょうどこの時は工事中だったので、内部に足場も組まれていて、
本当に、いろいろな意味で見えにくかった。

わたしなんて、また来ようと思えば来れるから良いけど、
わざわざやってきた外国人さんにとっては、
これはちょっと気の毒かも。・・・って思った。

まあ、そのための「鳳翔館」ではあるんだけど、
たとえばフランスのラスコー洞窟の壁画なんかは保存の観点から、
洞窟壁画の完全コピーを別に作って観光客に見せてるって話じゃん。
(岩の凹凸も完璧に再現してるらしいよ・・・)

研究したり、後世に保存して残すってことと、
皆に、過去、こういうものがあったんだよ~って見せて知らせるってことと、
別々に考えてるんだろうね。
世界遺産でそこまでやるところ、日本にはないんじゃない?

この際、丸々プロジェクションマッピングやらVRなんかを駆使して
鳳凰堂内を、立体感も含めて
世界を完全再現した場所を別に作っちゃうとかどうかな?

ゴーグルをつけて、中に入ると、
そこは極彩色に彩られまるで万華鏡の中にいるよう。
そして、ピカピカの仏様・・・遠くには美しいファンタジックな景色・・・
インドのような、バリ島のような・・・中国っぽさも入った、
独特なオリエンタルな音色の調べが流れ始め・・・
気付くと、空中供養菩薩がふわふわと自在に飛び交っている・・・
いいじゃんいいじゃん。これやってほしい(笑)
せっかく来て、こんなもんかぁって思われるのも癪だしさ。
ここで楽しんで、ポジティブな思い出を持って帰ってくれれば。
ホンモノのお堂のほうは、しっかり保存していただいて、
本当に拝みたい人だけで良いってことにして・・・。

ま、妄想はここまでにしておいて。
未使用の御朱印帳がたくさんあるから
最近は、なるべく買わない方針で来てたけど・・・



数種類ある御朱印帳から、鳳凰デザインをゲット。
平等院の建物がデザインされてる御朱印帳と、かなり迷った~。

     

御朱印♪

鳳翔館で購入したもの。
(ミュージアムショップ兼授与所のようになっている)



fc2blog_2019060517005074b.jpg
絵馬のような形のお守り。

fc2blog_201906051700485cd.jpg
ハンカチ。本来のお堂の中はこれくらい極彩色。

fc2blog_201906051700548d8.jpg
ストラップ。シュッとして良いかんじ。

fc2blog_201906051700554da.jpg
これまた極彩色の模様を折り紙にしたもの。
毎年お盆の精霊流しで、うちは海へ流す「極楽丸」を作るのだけど、
それに使ったら素敵ではないか、と思って購入。

fc2blog_201906051700578b7.jpg
大判のハンカチ。いや、小判のふろしきなのか?
渋い色合いですが、お弁当を包むのに使っております。




ブログランキング・にほんブログ村へ


追記を閉じる▲



その鳳凰堂の、正面から見て裏側に立っているのが、
平等院の塔頭(たっちゅう)、浄土院の建物です。



浄土宗の栄久上人が建てたものなんだとか。



その横には、源頼政の墓がありました。
「以仁王の令旨」によって平氏打倒のため挙兵したけど、結局追い詰められ、
平等院で辞世の句を残して自刃されたそうです。

ちなみに、源頼政さんは
宮中で妖怪・鵺(ぬえ)を退治したことでも、ちょっと有名。
わたしのなかでは、どっちかっていうと、この鵺(ぬえ)退治の件で有名w
(かつてNHK大河ドラマ「平清盛」では、源頼政さんを
 宇梶さんが演じてたらしいんだけど、かすかな記憶程度・・・



こちらはもう一つの塔頭で「最勝院」の中にある不動院。
カップルがお参りしている左の所で御朱印を頂けるみたいなんですが
あいにくご不在でして、頂く事はできませんでした。



さて、一周回ってようやく鳳凰堂の正面に。
これぞ平等院!! ってかんじですよね~。

いや~・・・

それにしても・・・

なんでわたしったら、この時に限って

10円玉持ってなかった んだろ・・・



外国人観光客でさえ、10円玉と一緒に撮ってたのに。
我ながら信じらんない。ちょうど無くなってた。残念過ぎ。

気を取り直して、上の写真、ズームすると、



真ん中に、仏様のお顔が見える。
この鳳凰堂の建物内部への入場は有料になっていて、20分ごとに各回50名の定員。



拝観料を支払う際に時間を言い渡されるので、
指示に従ってその時間に集合場所へ行くと、
さすがに世界遺産だけあって、半数以上が外国人だった(笑)
とはいっても、マナーの悪い人は一人もいなかったよ。

fc2blog_201906051700585da.jpg

前もって鳳翔館で創建当時の極彩色な内部のようすを見ておいたのは
やっぱり大正解。

阿弥陀如来坐像だったり、天蓋などの立体的なものに関しては、
たとえ金箔が剥げていても、造形をみるものだだから
全然問題ないんだけど、

壁画に関しては、内部が薄暗いこともあって、
説明されないと何が描いてあるのかよく分からなかったりする。

それだけ歴史が古いって事だし、
理屈としては「そういうもんだ」って分かっているけど、
ちょっと残念な気持ちになってしまうからねえ(;´∀`)

創建時の状態を頭に入れておいて、脳内で補完しながら見ないと。

それに、
ちょうどこの時は工事中だったので、内部に足場も組まれていて、
本当に、いろいろな意味で見えにくかった。

わたしなんて、また来ようと思えば来れるから良いけど、
わざわざやってきた外国人さんにとっては、
これはちょっと気の毒かも。・・・って思った。

まあ、そのための「鳳翔館」ではあるんだけど、
たとえばフランスのラスコー洞窟の壁画なんかは保存の観点から、
洞窟壁画の完全コピーを別に作って観光客に見せてるって話じゃん。
(岩の凹凸も完璧に再現してるらしいよ・・・)

研究したり、後世に保存して残すってことと、
皆に、過去、こういうものがあったんだよ~って見せて知らせるってことと、
別々に考えてるんだろうね。
世界遺産でそこまでやるところ、日本にはないんじゃない?

この際、丸々プロジェクションマッピングやらVRなんかを駆使して
鳳凰堂内を、立体感も含めて
世界を完全再現した場所を別に作っちゃうとかどうかな?

ゴーグルをつけて、中に入ると、
そこは極彩色に彩られまるで万華鏡の中にいるよう。
そして、ピカピカの仏様・・・遠くには美しいファンタジックな景色・・・
インドのような、バリ島のような・・・中国っぽさも入った、
独特なオリエンタルな音色の調べが流れ始め・・・
気付くと、空中供養菩薩がふわふわと自在に飛び交っている・・・
いいじゃんいいじゃん。これやってほしい(笑)
せっかく来て、こんなもんかぁって思われるのも癪だしさ。
ここで楽しんで、ポジティブな思い出を持って帰ってくれれば。
ホンモノのお堂のほうは、しっかり保存していただいて、
本当に拝みたい人だけで良いってことにして・・・。

ま、妄想はここまでにしておいて。
未使用の御朱印帳がたくさんあるから
最近は、なるべく買わない方針で来てたけど・・・



数種類ある御朱印帳から、鳳凰デザインをゲット。
平等院の建物がデザインされてる御朱印帳と、かなり迷った~。

     

御朱印♪

鳳翔館で購入したもの。
(ミュージアムショップ兼授与所のようになっている)



fc2blog_2019060517005074b.jpg
絵馬のような形のお守り。

fc2blog_201906051700485cd.jpg
ハンカチ。本来のお堂の中はこれくらい極彩色。

fc2blog_201906051700548d8.jpg
ストラップ。シュッとして良いかんじ。

fc2blog_201906051700554da.jpg
これまた極彩色の模様を折り紙にしたもの。
毎年お盆の精霊流しで、うちは海へ流す「極楽丸」を作るのだけど、
それに使ったら素敵ではないか、と思って購入。

fc2blog_201906051700578b7.jpg
大判のハンカチ。いや、小判のふろしきなのか?
渋い色合いですが、お弁当を包むのに使っております。




ブログランキング・にほんブログ村へ

FC2blog テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

【2019/05/31 17:11】 | 京都
【タグ】  観光  旅行    京都  
トラックバック(0) |

Re: 京都 ★ 22 平等院2
あけぼう
へろんさん、イラッシャーイ٩(^‿^)۶

いや〜もう、絶対にリストに入れるべきですよね!

神社仏閣巡りをしてると、やたらに小銭が無くなりますよね。10円玉なんていつでも財布にあると思って、こんな初歩的なミスを…w
今はもう、参拝用の小銭ガマ口財布を用意したので大丈夫です(^-^)v
もっと前からこうしていれば良かったσ(^_^;)

Re: 京都 ★ 22 平等院2
あけぼう
進学塾アルファ狭山校さん、イラッシャーイ٩(^‿^)۶

そうそう、姫路城にそういうのがあるって聞いた事があります!城内を歩きながらお侍さんとすれ違ったりできたら、楽しいだろーな〜。ちょっとお役所感ありますもんね、姫路城w
思うに、ちびっ子でもわかるように、五感で分かりやすいようにしたものが、結局、言葉の通じにくい外国人にも良いのでは。多言語に対応とかも大切だけど、人手不足の日本では、なかなか難しそうですしね。(^^)



No title
へろん
こんにちは、
鳳凰堂、私も数年前に行きましたので懐かしいですね。
当時はまだ御朱印も知らなかったですし、また行ってみたいものです。
それにしても、10円玉は宇治観光の必須アイテムとして観光本にもリストに入れておいてもらう必要がありますね(^^)


こんばんは!
進学塾アルファ狭山校
こんばんは!鳳凰堂にはしばらく行っていないので、旅行気分を味わうことができて嬉しいです。ありがとうございます!VR構想を聞いて、姫路城に行った際にスマホを使ってARで説明を聞けたりしたのが中々面白かったのを思い出しました。せっかくの素晴らしい文化財が、がっかり観光スポットになってしまうのは悲しいですから色々な方法で楽しめるようにするのは良いと思います!

Re: 京都 ★ 22 平等院2
あけぼう
misachi68さん、イラッシャーイ٩(^‿^)۶

まあそれにともなう費用のことは、
一切考えてないんだけどねσ(^_^;)えへへ

今はないお城とかは特にやって欲しいなあ。
安土城とか絶対やって欲しいよね!
あと、失われた風景とかさ〜。

そういう「体験」が出来れば、
天気悪いとか、修復工事中だとか、ガッカリ要素があったとしても、ある程度の満足感が保たれると思うんだよね。



Re: 京都 ★ 22 平等院2
あけぼう
ViVid Mr.Kさん、イラッシャーイ٩(^‿^)۶

コメントありがとうございます!
そっかあ、頼政さんの墓参りが第1目的っていう方もいらっしゃるんですね。立派な墓でしたよね。
ちなみに、わたしもよく、ツアーガイドさんの説明を、耳をダンボにして聞いたりします。上手い人のはついつい聞いちゃいます(^^)

No title
misachi68
VRで再現するの大賛成です!!
それだと未来では消失してしまったお城とかお寺も神社も
復活できるんじゃないですかね。
VRで予習して、ナマで見れるときに体感するっていうのも
より感動的でいいかもしんない。

No title
ViVid Mr.K
こんにちは。。。
その昔、「源三位頼政の墓(扇の芝)」へ参るためだけに、平等院を訪れた(修学旅行除いて)を訪れたことを思い出しました。。。
その際に、バスツアーに紛れて平等院の説明を聞いていました(笑)
懐かしく思い出させていただきました。。。
それでは。。。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
Re: 京都 ★ 22 平等院2
へろんさん、イラッシャーイ٩(^‿^)۶

いや〜もう、絶対にリストに入れるべきですよね!

神社仏閣巡りをしてると、やたらに小銭が無くなりますよね。10円玉なんていつでも財布にあると思って、こんな初歩的なミスを…w
今はもう、参拝用の小銭ガマ口財布を用意したので大丈夫です(^-^)v
もっと前からこうしていれば良かったσ(^_^;)
2019/06/02(Sun) 17:57 | URL  | あけぼう #-[ 編集]
Re: 京都 ★ 22 平等院2
進学塾アルファ狭山校さん、イラッシャーイ٩(^‿^)۶

そうそう、姫路城にそういうのがあるって聞いた事があります!城内を歩きながらお侍さんとすれ違ったりできたら、楽しいだろーな〜。ちょっとお役所感ありますもんね、姫路城w
思うに、ちびっ子でもわかるように、五感で分かりやすいようにしたものが、結局、言葉の通じにくい外国人にも良いのでは。多言語に対応とかも大切だけど、人手不足の日本では、なかなか難しそうですしね。(^^)

2019/06/02(Sun) 17:43 | URL  | あけぼう #-[ 編集]
No title
こんにちは、
鳳凰堂、私も数年前に行きましたので懐かしいですね。
当時はまだ御朱印も知らなかったですし、また行ってみたいものです。
それにしても、10円玉は宇治観光の必須アイテムとして観光本にもリストに入れておいてもらう必要がありますね(^^)
2019/06/02(Sun) 13:34 | URL  | へろん #kYK71OPk[ 編集]
こんばんは!
こんばんは!鳳凰堂にはしばらく行っていないので、旅行気分を味わうことができて嬉しいです。ありがとうございます!VR構想を聞いて、姫路城に行った際にスマホを使ってARで説明を聞けたりしたのが中々面白かったのを思い出しました。せっかくの素晴らしい文化財が、がっかり観光スポットになってしまうのは悲しいですから色々な方法で楽しめるようにするのは良いと思います!
2019/06/01(Sat) 22:28 | URL  | 進学塾アルファ狭山校 #-[ 編集]
Re: 京都 ★ 22 平等院2
misachi68さん、イラッシャーイ٩(^‿^)۶

まあそれにともなう費用のことは、
一切考えてないんだけどねσ(^_^;)えへへ

今はないお城とかは特にやって欲しいなあ。
安土城とか絶対やって欲しいよね!
あと、失われた風景とかさ〜。

そういう「体験」が出来れば、
天気悪いとか、修復工事中だとか、ガッカリ要素があったとしても、ある程度の満足感が保たれると思うんだよね。

2019/06/01(Sat) 21:36 | URL  | あけぼう #-[ 編集]
Re: 京都 ★ 22 平等院2
ViVid Mr.Kさん、イラッシャーイ٩(^‿^)۶

コメントありがとうございます!
そっかあ、頼政さんの墓参りが第1目的っていう方もいらっしゃるんですね。立派な墓でしたよね。
ちなみに、わたしもよく、ツアーガイドさんの説明を、耳をダンボにして聞いたりします。上手い人のはついつい聞いちゃいます(^^)
2019/06/01(Sat) 21:21 | URL  | あけぼう #-[ 編集]
No title
VRで再現するの大賛成です!!
それだと未来では消失してしまったお城とかお寺も神社も
復活できるんじゃないですかね。
VRで予習して、ナマで見れるときに体感するっていうのも
より感動的でいいかもしんない。
2019/05/31(Fri) 22:51 | URL  | misachi68 #-[ 編集]
No title
こんにちは。。。
その昔、「源三位頼政の墓(扇の芝)」へ参るためだけに、平等院を訪れた(修学旅行除いて)を訪れたことを思い出しました。。。
その際に、バスツアーに紛れて平等院の説明を聞いていました(笑)
懐かしく思い出させていただきました。。。
それでは。。。
2019/05/31(Fri) 20:38 | URL  | ViVid Mr.K #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック