FC2ブログ
京都

京都 ★ 2 すご。これが超絶技巧・・・清水三年坂美術館

4 0
冬の京都に来ております。

京都駅からバスに乗って清水坂で下車。
そこからてくてく歩いて、目的地に向かっています。
前回からの続きです。



お馴染みの「ザ・京都」な風景。



東山のシンボル・八坂塔。



正式名は法観禅寺(ほうかんぜんじ)。
聖徳太子の創建と伝えられているそうです。
このあたりって何度も来てるけど、
この塔、実は1回もちゃんと見たこと無かったりする・・・(^_^;)
そういう人、結構多いんじゃないかな。

で、第1の目的地、



清水三年坂美術館に到着です。
本当にさりげなく建っておりました。



ここには幕末明治に制作された工芸美術品が展示されてます。
当時は江戸時代からの技法を受け継いだ職人さんや芸術家がいて、
現代ではどうやって作ってるかわからないほどの
神業的な腕を持っていた人もいたそうです。

彼等はその「超絶技巧」を凝らした美術品を生み出し、
その品々は海外で高い評価を受けて、どんどん流出していって、
我が国にはあまり残ってない状態なんだとか。

そういった作品を見ることができる美術館が、
この清水三年坂美術館ということで、前から来たかったんですよね~。

中は写真禁止なので、感想だけ。

眼福。

これはもう宝物ですわ。どれもれも細かい細工がハンパないです。
めっちゃ美しい。
どうやって作ってるのか、想像もできない作品もある。

特に、いきなり最初に展示してあった
安藤緑山作のバナナの彫刻には度肝を抜かれました。

それは、どこまでもリアルなバナナでした。

実は象牙の彫刻なんだけど、
質感もふくめてバナナにしか見えない。

本物のバナナに紛れ込ませても絶対ばれない。
いや、バナナだよ・・・これ・・・w
 
すごいですよね・・・
1人の作家が長年、研さんに研さんを重ね、
その持てる超絶技巧の粋を凝らして、
本物と見まごうまでに完璧に作り上げられた、
世界で唯一無二の・・・バナナ・・・。
壮大です、壮大な試みです。

でも、なんと言えばいいんでしょう。
作品と対峙する者に与える、この、哲学的な問いかけ・・・。


すげぇ。とにかく、すげぇとしか言いようがない。


館内の写真は無いので、せめてチケットとちらしだけでも・・・

こじんまりとした美術館なので、
ゆっくり見て回ってもそんなに長時間かからないです。
それでいて入館料800円をどう思うかは、その人次第ですが、私は大満足。

とにかく展示品が、わかりやすく ものすごい ので、
正直 ゲージュツとかよくわかんないわ~、っていう人でも、
楽しめる美術館だと思います。




ブログランキング・にほんブログ村へ 

Comments 4

There are no comments yet.

あけぼう  

Re: 京都 ★ 2 すご。これが超絶技巧・・・清水三年坂美術館

玉さん、イラッシャーイ٩(^‿^)۶

おお、玉さんでもご存知無かったですか。
ゴージャスで、細工がめちゃくちゃ凝っていて、確かに海外でウケそうです。だからこそ、現代人のわたしにもグッとくるということかなw 欲しいもん、あのバナナww

2019/03/19 (Tue) 22:12 | EDIT | REPLY |   

玉坂めぐる   

えー。私も知らなかったです。
あー。七宝のツボもあるね。
七宝の展覧会には行ったことあります。
気が遠くなるような手間で
めちゃくちゃきれいなものだなあ
と感動したけど。
なぜか、表舞台から消えた印象。
ここでも見られるんだ。
そしてバナナ・・・
覚えておこうっと。

2019/03/19 (Tue) 07:28 | EDIT | REPLY |   
あけぼう

あけぼう  

Re: タイトルなし

misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

あるんですよ~。本当に小さな美術館で、
観光地の通りになにげなくあります。
うっかり通り過ぎちゃうくらいw

なんかもうバナナは究極っていうかw
1周まわってバナナにしか見えないっていうのが面白いです。
「すげぇ!…でもバナナ…バナナすげぇ!」ってなる、
この混乱含みの感情を、是非機会があればご体験頂きたいw

2019/03/15 (Fri) 09:20 | EDIT | REPLY |   

misachi68  

わ!そんな美術館があるんですね、行ってみたい〜〜
超絶技巧の工芸品見たいわ(*´∀`*)
職人の技とゲージュツの違いもよくわからないもん。
バナナの彫刻見たい見たい。

2019/03/14 (Thu) 21:54 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply