FC2ブログ

前から気になってたご当地銘菓★ヒバゴンのたまご

UMA(未確認動物)といえば、
ネス湖のネッシーや南米のチュパカブラ、ヒマラヤの雪男など、
世界各地にいろんな存在いますが、
かつて日本でも、特に昭和のある時期、
この手の不思議生物の目撃情報が多数寄せられ、
ちょっとしたブームになった事がございました。
古くはカッパ・鬼・・・ツチノコ、ケサランパサラン、
小さいおじさん、
鹿児島県指宿市の池田湖のイッシー
北海道屈斜路湖のクッシー・・・

そんななか、広島県代表としてわたくしが推すのが、
広島県北、中国山地の深い山奥に棲む類人猿型のUMA、

広島県比婆郡に生息するといわれる「ヒバゴン」です。

(ちなみに比婆郡は合併して、今は庄原市となっています)

そんなご当地では、
もちろんヒバゴンの名を冠する銘菓だってあるのです。

その名も、



あらためて、紹介です。
まずパッケージは類人猿型UMA・ヒバゴンの荒ぶる野性味を
完全に払しょくし、ファンタジー要素を前面に押し出して、
なにやらふわふわしたオモムキ。
これならお子様も大丈夫。(←?)



しかし一転、包装紙をとってみると「DANGER」の文字。
やはりヒバゴン、野獣ですからね、そう易々とは・・・

箱の中には、「ひばごん通信」なるペーパーまで入ってました。
これを読めば、ヒバゴンのことは大体わかるようになっている。



お菓子は個包装になっておりまして、
職場向けのバラマキ土産にもぴったりでございます。



中身はこんな感じ。
ココア生地の皮のなかに、練乳風味の白あん、中心にさつま芋入り黄味あん。
三層で構成された、洋風なお饅頭です。
これは老若男女にイケますわ。普通に美味しいお菓子です。

ところで、かつては地元のお役所に
「類人猿課」まで創設されたというほどブームになったヒバゴン。

その後、大人たちにとっては終わったブームだったかもしれませんが、
当時のわれわれ、子ども界では
その後の妖怪ブームにもヒバゴンはひょっこり顔を出していたりして、
(当時の教室に必ず置いてあった妖怪大辞典的な本にはヒバゴンも掲載)
少なくとも広島県の一定の年齢から上の大人なら、
「比婆郡のあのへんと言えば、ヒバゴン」の図式は鉄板なのであります。

なのになのに。
やはり時の流れは残酷ですよ。
県民であっても、平成生まれはもはや、ヒバゴンを知らないのですよ。

この「ヒバゴンのたまご」を与えてやった平成男子に、
めっちゃナチュラルに「ヒバゴンって何すか?」って聞かれました。
わし、驚愕。
まじかよ・・・お前それでも広島県民かよ・・・。

もちろん、県北のお客と話す時にうっかり粗相がないように、
ヒバゴン知識をみっちり教えてやりました(笑)
(ヒバゴン通信、早速教材として役立ったw)

もうその平成も終わるんだぜ・・・?
歳とるわけだわ・・・。

ブログランキング・にほんブログ村へ

   
テーマ: 日々のつれづれ | ジャンル: 日記

コメント

Re: No title

へろんさん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

うん、確かに胎生なのが普通ですよね、それは確かに思った・・・w
ひばごん通信はお菓子の箱には必ず入っているものなんで、
広島県庄原市(ピンポイント!)にお越しの際は、是非お買い求めください。
なぜか回し者みたいなコメント返しになっちゃってますが(^.^)

2019/01/21 (Mon) 18:25 | あけぼう #- | URL | 編集
No title

「ヒバゴンのたまご」って……なんかジブリかディズニーかって感じの包装ですね。
しかし「類人猿課」まで創設されるということは、ヒバゴンの正体は類人猿に近いものと推察されると思うのですが、だとすると卵生ではなく胎生ではなかろうか、というツッコミはともかくとして(^^;)
「ひばごん通信」ってめっちゃ読んでみたいですね。

2019/01/20 (Sun) 16:53 | へろん #kYK71OPk | URL | 編集
Re: No title

りんご村のシルルさん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

やっぱり知らないんですねー。がーんw
シルルさんはあの頃とは世代が違うかもです。
シーラカンスやカブトガニみたいに、
古生代の生き物がそのまま生き残ってる例があるんだし
もしかしたら未発見の類人猿か・・・!
みたいな感じで当時も盛りあがっていたものです。

2019/01/18 (Fri) 09:14 | あけぼう #- | URL | 編集

スイマセン。四足歩行じゃなく、二足歩行の間違いです。スイマセン。

2019/01/17 (Thu) 23:53 | シルルです。 #- | URL | 編集
No title

こんばんは、知りませんでした。
しかし、人間もちょっとした亜種なのではと思いますので、色んな生き物がいて地球ですよね。
人間は増えたから、もはや亜種ではなくなりましたが、完全なる四足歩行をしている謎の生き物でもあるような気がします。
カッパなんかも、マジでいたかもですね♪

2019/01/17 (Thu) 20:27 | りんご村のシルル #- | URL | 編集
Re: No title

玉さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

あー確かに。~ゴンの響き、そういや最近まったく聴いてない。なんで廃れちゃったんだろう、~ゴン。

ウンコ案は絶対あったはず!ただ、わたしなんか当時、土曜8時のお笑い番組も親から見せてもらえなかったくらいなので、当時の完成ではアウトってことで、ウンコ案はボツになったのかもしれませんなあ。

2019/01/16 (Wed) 09:19 | あけぼう #- | URL | 編集
Re: No title

misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

あるんですよ~~。
ただ、本当に一部にしか置いてないです。
県内でも、ウチら瀬戸内側(県南)のほうでは見たことが無い。
なので、なかなかレアなお菓子なんですよ。
ヒバゴンはいまでも庄原市のPRキャラクターとして頑張ってますw
カープ坊やともコラボしたりしてますw

2019/01/16 (Wed) 09:13 | あけぼう #- | URL | 編集
No title

たしかヒバゴンの元じゃないかな?っていう妖怪伝説があったよね。だから、ヒバゴン信じてますよ、あたしは(^^)。でも卵で生まれる者かどうかは、ちょっとね・・・うーん。でもお菓子作るとなると、「卵」なんでしょうか。きっと企画会議では「ウンコ」案もでて消えたんだろうなあ、と妄想します。
それにしても愛おしいのは「ゴン」の響き。昭和の怪獣の定番でしたよ。「-ゴン」。

2019/01/16 (Wed) 07:47 | 玉坂めぐる  #WCSj23LI | URL | 編集
No title

ヒバゴンのキャラクターデザインが可愛い(*´∀`*)
こんな可愛いお菓子があるのか〜〜
ヒバゴンのことも知りませんでしたが、
ゆるキャラにいてもおかしくないねw
いたりしてw
いただく広島土産はもみじ饅頭が多いけど、
去年は牡蠣のオイル漬けと塩レモンドレッシングをもらったな
美味しいもの色々ありそうですね。

2019/01/15 (Tue) 20:58 | misachi68 #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する