FC2ブログ
読書感想

「骨が語る日本人の歴史」読んだよ~

4 0



骨をとおして日本の歴史をみていく・・・っていう本です。
ちょっとサイエンスが入ってるところに信憑性を感じる文系脳なわたし(笑)

これを読んだら、
縄文顔、弥生顔って一概に言えないんだな~ってことが分かった。

というのも、縄文人の特徴は全国各地から骨が出てて、
どれも似通っていてすごく特徴がハッキリしているんだけど、
いま「弥生人」と言われてる骨って、
北九州や山口・島根の日本海側で出土した骨がほとんどなんですって。

あのへん、地理的にも渡来人が多くて当然な地域じゃないですか、
骨だってそういうのが出る出る。
それをもって、弥生人とはこういう顔、と言っちゃうのは早計で、
実際、神戸の遺跡から出た同時期の骨は、かなり縄文寄りなんですって。
でもただそれだけで、
じゃあ近畿はほぼ縄文人ばっかりだったかっていうと
断定するにはサンプルが少なすぎるわけで。
だからホント、日本はこの時期こうだった、と一概に言えないんですよね。
きっと地域によって色々だったんだろうと。

そうそう。縄文人や弥生人の復元された顔って、
あんまり鵜呑みしないほうがいいみたい。
肉付きとかって、発掘された骨からは分からないことだから、
復元顔の顔つきって、あくまで作成者のセンス次第だったりするそうな。

で、発掘された骨を調べていくと
今の日本人の元祖みたいになってくるのは古墳時代あたり。
この時代になってくると、骨から縄文っぽいところは消えていくらしい。
そのかわり、身分によってかなり違いが出てくるらしい。
身分の高い人はすらっと。庶民派は小さくゴツゴツしてる、みたいな。

そこからゆるやかに変化しつつ、江戸時代に入ってくると、
日本人の背丈が日本史上、最も低くなってくる。

しかし、そういった長い年月の変化よりも、
戦後から現在までの体形変化の方がよほど激しいんだそうです。
現代人、背高すぎ、足長すぎ、顎細すぎ、あたま絶壁すぎ・・・w
かつてない異形なのが我々w (かくいう私も絶壁です~)

後半は、日本の歴史教育はちょっと偏重しすぎじゃないか?という
作者なりの批判&提言になっています。
先史時代、縄文時代や弥生時代の扱いが少なすぎる・・・
地方史が乏しすぎる・・・
特に地方史が少ないことについては、わたしも本当にそう思う。
例えばの話、古墳時代どころか、鎌倉・室町時代でさえ、
青森あたりがどんなかんじだったのか、全然わかんないもん。

日本人は何処から来たのかってことや、
縄文人・弥生人のこともそうだけど、
実態はもっとまぜこぜでファジーなのに、
白黒はっきりさせたがるというか、二元論で語りたがるというか、
レッテルを貼って、分かりやすくし過ぎるというか。
そういう悪いクセがあるというか、そっちへ流されやすいんだな~と
この本を読んで自分を顧みましたよね~。気をつけよう。

内容に関しては、
この本が執筆された時点での最新情報という事にはなりますが、
いま、骨から、何が分かってて、何が分からないか、
それがよく分かる本でした。


石器時代までの骨は沖縄以外にはあまり残っていないという事で、
具体例に富んだ話というのは縄文人からになるんですが、
何を食べていたかってことさえ、骨から分かったりするんですね。
貝塚からだけじゃないんですよ、すごいなあ。

縄文人って抜歯の風習があって、
それも問題の無い健康な歯をわざわざ抜くんですよ。
それだけじゃなくて、歯を削って模様をつけたりもしていたんだとか。(研歯)
読んでるだけで歯が痛くなりそうな・・・思わずゾワゾワしてしまいました。

こういった抜歯や歯を削る風習っていうのは、
世界各地のさまざまな民族でも見られるらしいんですが
抜歯と研歯がセットでそろい、
しかも誰もかれもが(男女とも)派手に抜歯を施してたのは
かなり!珍しいんだとか。

頭は結髪してクシなどで飾りたて、身体中に刺青、アクセサリー、
そして、口をひらくと抜歯と研歯・・・。
作者も言うとおり、現代の感覚で見ると、
かなりまがまがしい姿ではありますが。

とにかく派手派手です。盛り盛りです。

海に隔てられた島国で
自然に恵まれて食べ物もそれなりにあって、まあまあ平和で・・・
そうするとやっぱりガラパゴス化するように出来てるんですかね、我々って。

読みながら、一時期、渋谷にいたギャルの人達を思い出しました。
特にヤマンバといわれてた人たちw
若い健康な白い肌を、わざわざ紫外線で黒く焼き、
メイク・ヘアスタイル・たくさんのピアス・長すぎるネイル・・・

すべて派手派手。盛り盛り。
思い返せばあれも結構まがまがしかったよねw

そこそこ平和で、それなりに豊かな時期が続くと、
やっぱりガラパゴス化するんでしょうかね。我々。
あの子たち、先祖がえりして縄文力が爆発してたのかもしれないな・・・。


ブログランキング・にほんブログ村へ
 
   

Comments 4

There are no comments yet.
あけぼう

あけぼう  

Re: No title

玉さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

年末くらいにNHKでこういう番組もしてましたし、やっぱりいろんな人がこの話題には興味津々なんでしょうね。この手の本もたくさんあるので、なるべく最新のものが良いんでしょうね~。わたしは何も考えずにとりあえず目の前にあった本を手に取ってしまいましたけど(^_^;)
日本の土壌は酸性に傾きやすくて骨が残らないらしいです。奇跡的に良い条件が重なっていたか、甕や石棺などに埋葬されてたらいいけど、でも途中から火葬もはじまっちゃうしw 考古学者の人は大変だと思いますわあ~。あの発掘現場の、いつ終わるともしれない「筆で土をはらう作業」もそうだけど、ホント、めちゃくちゃ気の長い仕事ですよね。私なら途中で癇癪を起こしかねないですw

2019/01/25 (Fri) 09:54 | EDIT | REPLY |   
あけぼう

あけぼう  

Re: No title

misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

DNAとか骨とか。顔つきも飛びぬけて顔の濃い人もいたりするし…。日本人のルーツ探しは興味あるよねえ。
先日ネットで部族や民族のボディペインティングには、感染症から身を守る効果があるっていう説が発表されたという記事を見ました。
素潜り漁をしていた古代の海民にとって刺青は「サメよけ」だという説もあるらしいので、現代人には分からないだけで、ちゃんとした理由があって刺青やボディペインティングを施し、民族の知恵として伝統に残したりしてるのかもしれないですよね。おもしろいなあ。

2019/01/25 (Fri) 09:45 | EDIT | REPLY |   

玉坂めぐる   

No title

おとといかさきおとといとある酒席で、はじめましてのお爺さんがこの手のお話をされてました。面白そうな話なんだけど、酔ってるしご高齢だから話ばらばらで(^^:)、最近読んだ本の話なんだろうなあと思いました。これかもしれない可能性がありますね。気になります。
改めて考えると、人骨も含め、動物の骨って、簡単に分解されちゃう。化石化するとか、石棺などに埋葬するとか、いろいろ環境の条件がそろわないと、残らない。そういう偶然はありがたいよねえ、という会話がありました。(^^)

2019/01/25 (Fri) 09:26 | EDIT | REPLY |   

misachi68  

No title

そうか、弥生人顔っていうのは無いんだね。

興味深いわぁ。
ミステリーとか読むと
人骨を復元して顔がわかるっていうのとかあるから
縄文時代の人骨でも確かにそれは可能だもんね。

縄文人の刺青については
日本は割と最近まで
どこかの島ではそんな風習残ってるって
島々を調べながら小説読んでた時に見つけて
衝撃受けたんだ。
びっくりだよ。

2019/01/24 (Thu) 22:53 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply