FC2ブログ
おでかけブログ。神話や妖怪、UMAが好き。その他、日々のふしぎや、おバカな出来事・読書感想などを、つらつらと。



小一時間もかからずに読めちゃうようなフォトブック。
映画「縄文にハマる人々」の監督が、
全国の縄文土偶を見て回り、グッときた土偶をたくさん載せてる。

普通、この手の本は、
どうしても文化財的な重要度や芸術性なんかが、
写真掲載の決め手となりがちだけど、

この本はそういうのとはちょっと違うチョイスのしかたなので、
ゆるい縄文土偶の中でも、
ひときわ ゆる~い&和む顔をした土偶がたくさんあって、
予想していたより満足しました。かわいいのがいっぱい。なごむ~。

映画「縄文にハマる人々」、ちょっと見てみたくなりました。
でも、うちの近くでは上映してないんだよね、残念過ぎる。


*  *  *

ここからは本の紹介から脱線しちゃいます。
本の中に、縄文土器、特に火焔型土器によくある、
独特の、うにゃうにゃとした装飾の部分。
その部分だけをクローズアップしたページがありまして。

それを眺めながら、
わたしは、よく昔むかーし、固定電話で長話しをしているときに、
しゃべりながら、気が付くと手元のメモ紙に、
うにゃうにゃした模様のようなものを描いていたことを思い出しました。

同じく、学生の時、授業がつまらなすぎて、
脳が「無」というか、半分寝てるような状態の時にも、
ノートに、うにゃうにゃした模様を描いたりしてました。

模様、と言っていいか分からないくらい、
パッションのままに描く落書きではあるんだけど、
ノートの罫線にカッチリ収まるように、うにゃうにゃで埋めたりとか、
そんなことをしていました。(そこは謎の几帳面さを発揮)

あれって実は、私の中の縄文性が無意識に出てたのかも・・・(-∀-)
こういう時の脳波とか、精神の状態を、
もしかしたら縄文人は特別なものとして表現したかったのかもしれない・・・


なんて。


そんな妄想をしているあたり、
やっぱりわたしも「縄文にハマってる人」なのだw


ブログランキング・にほんブログ村へ

 


追記を閉じる▲
*  *  *

ここからは本の紹介から脱線しちゃいます。
本の中に、縄文土器、特に火焔型土器によくある、
独特の、うにゃうにゃとした装飾の部分。
その部分だけをクローズアップしたページがありまして。

それを眺めながら、
わたしは、よく昔むかーし、固定電話で長話しをしているときに、
しゃべりながら、気が付くと手元のメモ紙に、
うにゃうにゃした模様のようなものを描いていたことを思い出しました。

同じく、学生の時、授業がつまらなすぎて、
脳が「無」というか、半分寝てるような状態の時にも、
ノートに、うにゃうにゃした模様を描いたりしてました。

模様、と言っていいか分からないくらい、
パッションのままに描く落書きではあるんだけど、
ノートの罫線にカッチリ収まるように、うにゃうにゃで埋めたりとか、
そんなことをしていました。(そこは謎の几帳面さを発揮)

あれって実は、私の中の縄文性が無意識に出てたのかも・・・(-∀-)
こういう時の脳波とか、精神の状態を、
もしかしたら縄文人は特別なものとして表現したかったのかもしれない・・・


なんて。


そんな妄想をしているあたり、
やっぱりわたしも「縄文にハマってる人」なのだw


ブログランキング・にほんブログ村へ

 

FC2blog テーマ:読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

【2018/12/16 09:36】 | 読書感想
【タグ】  読書  感想  
トラックバック(0) |

Re: タイトルなし
あけぼう
misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

わたしもこの映画の事は全然知らなくて、本から知るというw
映画ではいろんな縄文にハマった人が出てくるみたいだけど、
この本は監督自身のハマり具合の結晶かも。

Re: タイトルなし
あけぼう
玉さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

うひひw
そんな映画が爆誕してしまったようだよw
出演者は基本的に今いる人達ばかりだけど、
話には絶対名前が出てくるはず・・・と思う~。


misachi68
この映画のことは知りませんでした〜
面白そう。
でもやっぱり金沢では予定がないんだな〜〜
富山での上映予定がいつ頃になるのかチェックしなくちゃ。

このフォトブックも気になる〜〜





玉坂めぐる 
記事のタイトル見て、ん?あけぼうさんじゃん。と思いました。
そしたら、そんな映画が出来たんだねww
岡本太郎先生も出てくるんかな。
(^^)映画気になります。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
Re: タイトルなし
misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

わたしもこの映画の事は全然知らなくて、本から知るというw
映画ではいろんな縄文にハマった人が出てくるみたいだけど、
この本は監督自身のハマり具合の結晶かも。
2018/12/17(Mon) 15:05 | URL  | あけぼう #-[ 編集]
Re: タイトルなし
玉さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

うひひw
そんな映画が爆誕してしまったようだよw
出演者は基本的に今いる人達ばかりだけど、
話には絶対名前が出てくるはず・・・と思う~。
2018/12/17(Mon) 14:59 | URL  | あけぼう #-[ 編集]
この映画のことは知りませんでした〜
面白そう。
でもやっぱり金沢では予定がないんだな〜〜
富山での上映予定がいつ頃になるのかチェックしなくちゃ。

このフォトブックも気になる〜〜


2018/12/16(Sun) 21:22 | URL  | misachi68 #-[ 編集]
記事のタイトル見て、ん?あけぼうさんじゃん。と思いました。
そしたら、そんな映画が出来たんだねww
岡本太郎先生も出てくるんかな。
(^^)映画気になります。
2018/12/16(Sun) 16:28 | URL  | 玉坂めぐる  #WCSj23LI[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック