「日出処の天子は誰か」読んだよ~




私たち日本人はみな、「日出処の天子」は聖徳太子であると、教科書などで教えられてきた。しかし、それは何の根拠もなく作り上げられた虚像だった。この本により今まで当たり前だと考えられていた古代史の「常識」が根底から覆される。(「BOOK」データベースより)



日本史の授業でお馴染み、
聖徳太子が遣隋使・小野妹子に持たせた国書にある
「日出処の天子 書を日没する処の天子に致す」。

ここに出てくる、「日出処の天子」とは、実は聖徳太子のことではない。
近畿の王朝とは別の王朝が九州に存在していて、
日出処の天子とは、
その九州王朝の王「阿毎・多利思北狐(タリシホコ)」のことである・・・
という説を、さまざまな根拠を示しつつ書かれています。

それにしても意外だったのは、記録が残ってないのは日本側だけで、
中国側の歴史書には当時の日本のことが
少ないながらもそれなりに記録されているんですね。ちょこちょこと・・・。

古代史の本を読んでいると、こういう中国の歴史書を読み解く際に、
この字は中国人が適当に書いてるから誤りで、本当はこの字なのだ、とか、
この字はあえて卑字に書きかえてあるから本来はこうだ、とか
正直、こじつけくさいといいますか
結構まわりくどくて、ややこしいんですが、
こちらの説では比較的そのままの意味で進んでいくので、
シロウトにはわかりやすいかも。
(マジメな古代史ファンの人に怒られそう…スミマセン)

この九州王朝は、古くは漢の時代に金印を貰った「奴国」や
卑弥呼の治めた「邪馬台国」の流れをくむもので、
大陸との外交も近畿より前から行っていたし、
仏教も先んじて取り入れ、政治体制も早くから整えていて、
今現在、日本書紀などで聖徳太子の業績とされてるものは、
ほとんどこの九州王朝のおこなった事業だったそうです。

九州王朝の支配地域は想像以上に広く、栄えていたのですが、
白村江の戦いに敗れたことや、それに続いて大地震に見舞われ、
しだいに衰退していって、
もとは分家筋だった近畿天皇家をトップとする大和政権に
最終的には吸収されていきました。

その時、自分たちの権威を高めるべく、国史を編纂するにあたり、
九州王朝がやった事をすべて、
あたかも自分たちがおこなったかのように記録して、
今に伝えているのが「日本書紀」であると。

これって、反論も多い説なんだろうな~ということは、
わたしなんかでも、なんとなく想像できちゃうのですが、
全部が全部、納得いくってわけじゃないけど、無視できない部分も多くて。

やっぱり、北九州は大陸への玄関口である事は間違いないし、
絶対栄えていただろうなと思うのです。
王朝があってもおかしくは無いかも。
それにこの本の中で、根拠のひとつとして挙げられていた「万葉集」。
歴史書的なものではないかもしれないけど、
あれだけの大事件だった白村江の戦いですよ。なのに。
これにまつわる戦闘がらみの歌が全然ないのは、確かに違和感があるような。

で、近畿と九州のあいだに位置する中国地方に住むわたしとしては、
じゃあ中国地方の古代遺跡が、九州と近畿、どちらの王朝サイドのものなのか、
想像を膨らませてしまいます。
岡山の吉備にある、あそこはどうなの、とか・・・
島根の出雲にある、あれもどうなの、とか・・・。

今までとはまた違った目で、古墳や神社を見ることができそう。
この本に出てきた、北九州のいくつかの神社にも行ってみたくなりました。
旅行の計画を立てねば~(笑)

うん、面白い本でした。

※あとこれ、めちゃくちゃ蛇足なんですが
隋書倭国伝の「日出処の天子・・・」の文章の続きに、
これを送ったのは「アマ・タリシホコ」で、
妻の名前は「キミ」・・・って書いてあるんです。
奥さんの名前まである!って地味にビックリしたんですよね~。

それも、「キミ」って昭和くらいまで普通にありそうな名前じゃないですか。
おばあちゃんの名前が「キミ」です、なんていう人も多そう。
あるいは下に「子」をつけて「キミコ」だったら、今でもたくさんいると思う。

まさか、「キミ」がこんなに古い歴史をもつ名前だったなんて!
失われた王朝・九州王朝の后・・・キミ。
ありふれてると思ってた「キミ」という名前が、
急にミステリアスに、なんだかステキに響き始めました(笑)


ブログランキング・にほんブログ村へ
ちなみに友人に「ミキコ」だったらいるんだけど。おしい~~~w
 
関連記事
2018年09日 読書感想 こめんと5 とらっくばっく0
  

こめんと

あけぼう
misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

おお!読まれましたか~~~!
だよね~~~結構納得させられちゃうんだよねw
翁の舞の石室はおっしゃるとおりで、いずれ行くと思いますw
実は、前に佐賀へ行ったときにも、寄ろうかなと思って検索だけはしてた神社だったんですよ。結構メジャーな所なんで。
佐賀旅行であの辺を車で走った時の現地の印象とか、目にした地名とか、本の内容に出てくるところも多くて、あらためて九州王朝説ツアーがしたいくらいですw
2018.10.17 09:34
misachi68
ようやく読み終えました。
読み応えあったわ〜
いちいち頷きながらそうだったのか!ってなりましたし、
そうだったんならそれで
また九州王朝の物語とか誰か小説にしてくれないかな、ってワクワクしちゃったわ。
翁の舞の石室にちょっとときめいてしまったので
これはあけぼうさん見に行くでしょ!って思ったりw
2018.10.16 23:02
あけぼう
りんご村のシルルさん、イラッシャーイ(*ˊᗜˋ*)ノ゙

そうですね~。古代史はどんな説もありっちゃありだと思うから、自分の知識不足もあるし、とりあえず余程荒唐無稽でない限りは、まずは受け入れるスタンスで読んでます。

九州王朝説はちゃんと読んだのははじめてなんですが、読みながら、シルルさんの神武天皇の記事の事を思い出したりしましたよ〜♪

あと、瀬戸内の一帯、前に訪れた「王子ヶ岳」や、次回記事にする予定の山口の神社、それにうちの地元にある神社の由緒など、百済や新羅の名前がチラホラ…。なので、この本の内容、しっくりくる部分も多くて。

また古代の本読んだら紹介するので、シルル説を教えて貰えると嬉しいです(^^)

2018.10.13 18:14
りんご村のシルル
度々スイマセン。
ちなみに私は、九州王朝説な話は全部が全部賛成とか、まあ古代史に関しえては色々な考え方があるのでなんとも言えませんし、この本は読んでいないのでワカリマセンが、全部「そうだ」と思っていませんでして。自分なりにまた違った話を考えています。
各地域、その時その時にあった「本当」は一つ。その本当の一端が垣間見える時に歴史の面白さに興奮します。面白い記事のアップありがとうございました。
(^^)ノ

2018.10.13 01:26
りんご村のシルル
こんばんは。
来ましたね、九州王朝説。

私が以前、神武さんは傍流で…云々とかブログに書いたのを覚えていらっしゃりますでしょうか。
神武さんは九州の王朝の子孫ではあるが、直径ではないというのが私の考えです。
奈良の橿原で「はじめて王になった」んですね。それまで王ではなかったんですね。
本家が九州にあったんだと思っているんですね。
何故奈良なのかは、もうここでは書ききれませんが、出雲国が関係していると思っています。
九州には何らかの国があったと思います。
ちなみに随書倭国伝かな、、妻は「けみ」とも読むかもしれないそうです。
私はこの本知りませんが、日本書記なんかは相当複雑にさまざまな王朝の事をごっちゃにして書いているかなと思っています。九州と近畿だけではありません。中国地方も関係していると思っています。なのでまとまらないんです。
この当時の人々の常識の根拠は記紀以外にあったんだと思います。
いつか話したいww。
長くなりました、興奮したww。
ではまた♪
2018.10.13 00:58

こめんとの投稿

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

とらっくばっく

trackbackURL:http://bonryo.blog6.fc2.com/tb.php/2033-502136b7

プロフィール

あけぼう

Author:あけぼう
性 別:女
住 居:広島県
特 徴:ご朱印女子...
近 況:Instagram(別名)

師走すぎる・・・

最新記事

過去記事の検索はこちら

☆カテゴリ☆

コメントありがとうございます

Comments<>+-
Trackback <> + -

リンク(遊びに行ってね)

FC2カウンター

**





RSSリンクの表示