FC2ブログ

しまなみ海道 ☆ 因島 白滝山へ登ってみた 3

夏。
因島に来ております。
前回からの続きです。



ここに、ここを造った伝六さんの
「一観教」のベースとなったキリスト教の痕跡として
十字架のある五百羅漢があるそうです。
暑さのせいで気力が無かったせいか、いまひとつしっかり探せず、
そのかわりに、とても気になる仏様をみつけて撮影☆



逆光もうしわけない よーく見てみて。
岩の上ある顔。見えますか?
(日差しがきつすぎて何もしなくてもコントラストはげしい)



なんかもう岩の精みたいな、顔だけ「ぬっ」と出したような。
これがもう気になって気になって。



正面から見ると、案外笑顔だったりしますw 福福しい。
どの羅漢さんも素朴な造形で好きでしたが、一番グッときたのはこれでした。



どんどん行きましょう。ここからは羅漢さんだらけ。
山のてっぺん、最も高い所へ向かって、なだらかな坂になってます。



両端は羅漢さんがずらり。



いかにも庶民の信仰、というかんじ。ふぞろいなところもまた良い。



なにか、とっても難しい事を考えておられる羅漢さん。
ものすごい首のひねり。



女性の姿のものもあります。
これは弁天さん?琵琶を持ってるような気もしますよね。



これは、杖の先がくるんと丸まっているんだと思うんですが、
なんとなく、小さな顔のようにも見えちゃって。



これは頭の所に「上」の紋がある。
村上水軍の関係者の羅漢さんなんでしょうか・・・。



これはかなりミニサイズだったりします。
風化してしまったのかもしれないけど、ゆるさが好き。



大きな仏像の台座に並ぶホトケ様。
ここだけ見ると、古代遺跡みたいなおもむき・・・。



鐘楼があったもんで、ゴーンと鳴らしておきました。
どれくらいの範囲に響き渡ったんだろう。



「日本大小神祇」。
こちらは、仏教というより神道ですね。



頂上の展望台と、その手前に仏像。



仏様を見下ろしちゃっていいのかな・・・ちょっと恐縮です。
本来はこれ、きっと仏像が3体あったんだろうけど、
遮るもののない場所だから、台風やなんかで崩れてしまったんでしょうね。

それにしても、ここまで登ってくると、本当に良い眺め!!



頑張って登ってきて良かった。
暑いけど。
暑すぎるけどw

涼しい時期ならもっと楽に登れたんだろうけどね。
そんな高い山じゃないし。
本当に死にそうになったw 
さすがに無謀すぎたw 真夏にはオススメできないわw

でも、なかなか味わい深い所でしたよ。
因島といえば、村上水軍、くらいしか思い浮かばなかったけど
他にも色々な歴史があるんですね。

では下山して移動します。つづく。

ブログランキング・にほんブログ村へ

ちなみに、みんな忘れてるかもしれないけれども、
因島は、田舎にしては
本因坊秀策・東ちずる・ポルノグラフィティ・湊かなえさん・・・と、
意外と有名人を出している島でもある・・・

テーマ : ちょっとおでかけ
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

Re: タイトルなし

misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

いや今回は水軍城には行かなかったよ。
子どもの時に行ったことはあるよ。
実は因島水軍祭りっていうのが夏にあって、
それに行きたいな~って思ってるので
その時までとっておいてるw

羅漢の顔、個性強くて面白かったよ。
風化で輪郭がゆるくなっちゃってる上に、日光がきつくて、
写真を撮ると、余計に見えづらくなっちゃって恐縮です。

羅漢さんのお顔が優しくていいですね(*´∀`*)
頂上まで登った人にお疲れ様って言ってくれてるような(o^-')bグッ!!

有名人がいっぱい出る島ってすごいなぁ
つい因島をググってしまいました。。。。

あ、因島水軍城っていうのがあるのね。
いいな〜〜
もしかして移動して行く?
プロフィール

あけぼう

Author:あけぼう
性 別:女
住 居:広島県
特 徴:とうふメンタル
近 況:Instagram(別名)

家のWi-Fiがダメなまま5月が終わりそうだ。

最新記事
過去記事の検索はこちら
☆カテゴリ☆
コメントありがとうございます
Comments<>+-
Trackback <> + -
リンク(遊びに行ってね)
FC2カウンター
◆◆◆
「Amazonが販売・配送」の商品のみ推奨
**

RSSリンクの表示